• このエントリーをはてなブックマークに追加
露タス:ロシア国防省は、1日あたり降伏したアゾフスタリ製の約700人の過激派を報告.同省によると、5月16日以降、合計959人の過激派が降伏。アゾフスタリの領域は、ウクライナ側がマリウポリで保持している最後の地域。市の戦いはほぼ2か月続き、露軍勝利。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

露タス:ロシア国防省は、1日あたり降伏したアゾフスタリ製の約700人の過激派を報告.同省によると、5月16日以降、合計959人の過激派が降伏。アゾフスタリの領域は、ウクライナ側がマリウポリで保持している最後の地域。市の戦いはほぼ2か月続き、露軍勝利。

2022-05-19 06:54
  • 31
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他21件のコメントを表示

>>17
そうですね。

No.34 1ヶ月前

>>4
同意
いろいろ考えましたが、賛同、同意のコメントだけはして、つまらんコメントは無視で行きます。
今後とも力を合わせていきましょう。

No.36 1ヶ月前

RT 18 May, 2022

アゾフ司令官、処刑された民間人の陰惨な写真を自慢げに公開━ウクライナのネオナチが、残酷に殺された野党活動家の写真を自慢し、すべての「裏切り者」にその運命を願っている
https://www.rt.com/russia/555714-azov-kharkov-opposition-executions/

悪名高いネオナチのアゾフ連隊の指揮官だったウクライナの将校が、死んだ野党メンバーの生々しい写真をSNSで公開し、ほくそ笑んでいる。活動家たちは3月初旬にウクライナ領のセベロドネツクから「失踪」し、超法規的に処刑されたようだ。Maksim Zhorinは、そのような運命がすべての「裏切り者」を待ち受けているとほのめかした。

「セベロドネツクの『生命のための愛国者』は今こんな感じだ」と、ゾーリンは水曜日に、今は削除されたテレグラムの投稿で述べた。「彼らは3月7日に姿を消し、今、新しい写真が出てきた。彼らはあのような顔をしている」と、にやにや顔の絵文字を添えて付け加えた。

「捜査の結果、彼らが自らの頭を撃ったことが分かっても驚かない-それは彼らが[イリヤ]キバに協力しに行って、自分たちがいかに愚かだったかを思い知ったときだ」と、1月にロシアに逃亡したウクライナの議員を引き合いに出して、付け加えた。

キエフの検察当局は、活動家が行方不明になる前日の3月6日に、ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領を率直に批判したキバを反逆罪で起訴していた。彼は所属する政党「野党プラットフォーム-生活のために」から追い出され、国外に逃亡していた。

それでも、3月20日にゼレンスキーによって一時的に禁止された同党と、その他ほぼ1ダースの政党は救われなかった。5月14日に永久追放を可能にする法律が採択された。

ゾーリンの投稿は、死体袋に入れられた3人の男性と1人の女性のひどく醜い顔を示した。彼らは残酷な方法で超法規的に処刑されたようだと、アゾフのリーダーの投稿に最初に注目したテレグラムチャンネル「ウィッチハント」は述べている。

ウクライナは「中世ですらない、ISISだ」と、囚人の残忍な斬首で知られるテロ組織「イスラム国(IS)」を引き合いに出して、同チャンネルは付け加えた。

セベロドネツクは、ウクライナ東部の紛争地域であるルガンスク州の軍事政権所在地となった。キエフに忠誠を誓う部隊の主要な拠点であり、現在、ロシア軍やドネツク、ルガンスク人民共和国軍との激しい戦闘が繰り広げられている場所である。

ゾーリンは、ナチスの図像を採用した悪名高いウクライナの民兵組織「アゾフ」の単なるメンバーではない。彼はウクライナの混乱がまさに始まった2014年に彼らに加わり、2016年8月から2017年9月まで実際に部隊を指揮した人物だ。たが、ウクライナ国家警備隊での階級は少尉に過ぎないのである。

彼の公式伝記によると、ゾーリンはマリウポルとマリンカの奪取に参加し、2014年のイロヴァイスクでの敗戦を生き延びたという。2017年10月、彼はアゾフの政治的翼である「国民軍団」のハリコフ地方支部を立ち上げ、2020年1月に同党の中央委員に就任している。

No.37 1ヶ月前

RT 18 May, 2022

「いつ戦争に賛成したというのか?」-米下院議員━チップ・ロイ議員は、同僚議員たちが「青と黄色のリボンをつけて派手に見える」ように「代理戦争」を仕掛けていると非難した
https://www.rt.com/news/555717-chip-roy-ukraine-war/

チップ・ロイ下院議員(テキサス州選出)は、ステニー・ホイヤー下院院内総務が、米国はおそらくロシアと「戦争中」であると述べたことを非難した。ロイは、民主党も共和党も同様に、「自分たちを気持よくするために」ウクライナ紛争への米国の関与を深めていると非難した。

ロイのプレスオフィスが水曜日に投稿したビデオクリップで、このテキサス共和党員は、金曜日に米国が「戦争中」であると宣言したホイヤーを狙い、民主党の批判者は、国内のエネルギーコストの上昇ではなく、「敵に注目」すべきだと述べた。

「他党の多数党党首が『戦時』と言うのを聞くと...我々はいつ戦争に投票したのかと思うね」とロイは言った。

「青と黄色のリボンをつけて派手に見せたいし、自分たちのことを良く思いたいからといって、もし我々が代理戦争をして、ウクライナに400億ドルを与えるのであれば、およそ この議場で実際に議論すべきことだろう」と彼は続けた。

ロイは、今月初めにウクライナに対する400億ドルの軍事・経済援助法案の可決に反対票を投じた57人の下院共和党員の1人である。しかし、同法案は超党派の強い支持を受け、368票対57票で可決され、今週末には上院を通過する見通しとなった。

法案に反対する共和党議員は、国内問題の解決に資金を使った方が良いと主張するか、ウクライナに軍事支援を行うと核武装したロシアとの戦争に米国を引き込む危険性があると主張するか、その両方である。

この法案を「ゴミ」と評したロイ氏は、水曜日にこうした主張を繰り返した。「この国の国境が大きく開かれていることで...フェンタニル(致死性薬物)が流入し、30兆5000億ドルの借金を抱え、ガソリン価格が急騰してディーゼルのタンクを満たすのに1100ドルもかかるのに、『ああ、400億ドルの白紙委任か』となるのだ。」

「ちなみに、同じ見方をしている議員は私だけでない。」と締めくくった。

バイデン政権は、議会を通過する400億ドルのパッケージを支持する以外に、2月以来すでにウクライナに40億ドル近くの武器を提供し、ロシアの石油とガスの輸入を禁じ、モスクワに数回の経済制裁を課してきた。

米国がウクライナを武装させ、キエフ軍と情報を共有していることから、ロシアのラブロフ外相は、米国がロシアに対して「代理戦争」を展開していると非難し、ロシアのパトルシェフ安全保障会議書記は火曜日、欧米がロシアの「国家そのもの」に対して「未申告戦争」を行う口実としてウクライナを利用していると主張している。

No.38 1ヶ月前

>>4
続き そうそう18日の田中宇さんのメルマガでアメリカ左翼の腐敗記事は面白かったです。
「かつて反戦左翼は腐敗していなかったと考えられていたが、今の米民主党系の左翼はむしろ保守派よりも腐敗している。左翼NGOであるBLMの幹部は、寄付金など組織が集めた資金で豪邸を買って住んでいることが発覚している。」
https://tanakanews.com/220518ukrain.php
無料配信なので、多くの人に読んでもらいたいですね。
今 世界的に西側左翼は皆同じ傾向ですね。だからフランスルペンのような従来右翼と呼ばれる人々に国民の期待が高まっているのでしょうね。戦前歴史で燦然と輝いた我が日本共産党が反ロシア、反中国に舵を公然と切ったのも驚くことではないと納得しています。
また西側以外以外の世界の国民は先進国のニセ民主主義を見破る能力はありますね。
今論点は「対米従属」「ニセ民主主義」反対か否かより、「ニセ左翼」を論破することではないでしょうか。
まあ歴史の審判はそんなに長くかからないと思っています。

No.39 1ヶ月前

RT 8 May, 2022

捕虜となったウクライナ人将校、米国のジャベリンを「役立たず」と評する━マリウポリを防衛しているキエフ軍は、米国製ミサイルを一発も撃つことができなかったと、捕虜になった将校が主張している。
https://www.rt.com/news/555144-ukraine-javelin-nlaw-mariupol/

米国製対戦車ミサイル「ジャベリン」は、その有効性をワシントン当局が賞賛し、西側メディアはロシアとの紛争におけるウクライナの抵抗のシンボルと化してきた。しかし、マリウポリでの戦闘中に捕虜となったウクライナ海兵隊の司令官は、このハードウェアが実際にはその主張に沿うものではないことをRTに明らかにした。

ウクライナの第36海軍歩兵旅団の司令官であるウラジミール・バラニューク大佐は、「ジャベリンは、特に市街戦では役に立たないことが証明された」と述べた。

「1発も発射できなかった。都市部では常に何かが邪魔をするので、まったく役に立たないと思う」と説明した。

バラニューク部隊は、イギリスから供与された次世代軽戦車兵器(NLAW)も装備していたが、これにも欠点があるという。

「NLAWミサイルランチャーについては、まあ、ジャベリンよりも使用頻度は高かったのですが、寒冷地ではバッテリーが消耗して発射できなくなるという問題があります」と彼は言った。

肩撃ちのジャベリンミサイルは赤外線誘導を搭載し、戦車の最も脆弱な部分である屋根を攻撃する「トップアタック」軌道を採用するという。NLAWと同様に、ミサイルが自ら目標に誘導する「ファイア・アンド・フェザー」兵器である。

ワシントンからキエフに供給されたジャベリンは5,000発以上。ミズーリ州の共和党上院議員ロイ・ブラント氏は先週、このシステムの米国備蓄の3分の1を占めていると述べた。ロンドンは、ウクライナ軍に4,000発以上のNLAWと他の対戦車ミサイルを既に装備している。

ロイド・オースティン米国防長官は4月、ウクライナ紛争について「ジャベリンは...この戦闘で非常に効果的であることが証明されている」と述べた。

キリスト教の聖母マリアがジャベリンを持っている画像は、紛争中にインターネットのミームとなった。ジョー・バイデン米大統領は今週初め、ウクライナの親たちが米国のシステムに敬意を表して、生まれたばかりの子供を「ジャベリンまたはジャベリーナ」と呼んでいると自慢していた。

バラニュクと彼の海兵隊は、ウクライナ南東部の戦略的港湾都市マリウポリの北郊を、進撃してくるロシア軍から守る任務を負っていた。

この司令官は、包囲された部隊に助けを送るというキエフの約束が嘘であることに気づいた後、忠実な部下数人とともに都市から脱出しようとして失敗し、捕らえられたと主張している。

マリウポリは、現在進行中のロシアとウクライナの紛争で最も激しい戦闘を経験し、甚大な破壊を被った。この街は現在、ロシア軍によってほぼ完全に支配されており、キエフの軍人や悪名高いアゾフ大隊の民族主義者の戦闘員が潜伏しているアゾフスタル製鉄所が、ウクライナの抵抗の最後のポケットとなっている。

No.40 1ヶ月前

2014年、ゼレンスキーがDS傀儡になる前のインタビューがあった-
https://www.youtube.com/watch?v=kT_-KApK_R0

「東部やクリミアでは、人々はロシア語を話したがっている...
余計な干渉は止めよう...そっとしておこう。
合法的にロシア語を話す権利を与えよう。
言語が国を分裂させることはない。
私はユダヤ人の血を引き、ロシア語を話し、ウクライナの市民である。
この国を愛しているし、他の国の一員になりたくはない。
ロシアとウクライナは兄弟関係にあり、ロシアに住む何千もの沢山の人々を知っており、素晴らしい人々である。
私たちは一つの色、一つの血であり、言語に関係なく、お互いを理解している...」

No.41 1ヶ月前

>>16
まさにDSが「今日の事態」にするのが目的で、傀儡に据えたのがゼレンスキーでしょう。ユダヤ系大富豪、コロモイスキーのバックアップで大統領になれた この人物は、端から「このままの考え」を命を懸けて やり抜くつもりなど毛頭なかったと思われます。DSが支配を目論む国で、そういう「素養」のある者(確固たる理念などゼロの、俗物中の俗物)をスカウト&育成し、各分野の重要ポストに就かせるDSの常套手段は、日本でもお馴染みのことでしょう。

> 日本人も心しなくてはならないと思います。

キシダのゼレンスキー化も拍車が掛かるでしょう。DSが狙う中国潰しの前線基地としての「日本のウクライナ化」ということです。

No.42 1ヶ月前

>>42
納得です。「キシダのゼレンスキー化」には危惧を感じますね。

No.43 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。