• このエントリーをはてなブックマークに追加
本(6月3日発売)ウクライナ危機の「糾弾」と「制裁」を超えて 平和を創る道の探求、 はじめに、(1)戦争(死者を出す)することに意義があるか、戦争(日露戦争)が起こた。誰にも無用で無益な困難が再来し、偽り、欺きが横行し、人類の愚かさ、残忍さを露呈した。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

本(6月3日発売)ウクライナ危機の「糾弾」と「制裁」を超えて 平和を創る道の探求、 はじめに、(1)戦争(死者を出す)することに意義があるか、戦争(日露戦争)が起こた。誰にも無用で無益な困難が再来し、偽り、欺きが横行し、人類の愚かさ、残忍さを露呈した。

2022-05-21 06:46
  • 20

本(6月3日発売)ウクライナ危機の「糾弾」と「制裁」を超えて 平和を創る道の探求、
はじめに、(1)戦争(死者を出す)することに意義があるか
 2021年、米国がアフガニスタンから撤兵して、少し世界に平和が来たかと思いました。しかし、2022年3月24日ロシア軍がウクライナに侵攻しました。
 ロシアに対する激しい糾弾と、制裁を求める声が響き渡りました。日本の国内は、「一億総糾弾」「総制裁」論です。この時期、私は講演に出かけましたが、事前に主催者から「先生、最初にロシアはけしからん。ロシアは謝罪すべきだ。即時接待せよ」と呼びかけて下さい」との注文をうけ、「講師を決めるのは貴方方の権限です。でも何を話すかは講師の権限です。私は話したいことを話します。それが嫌なら招待を取り消してもらって結構です」と申し上げたことがあります。それ位、日本国内では糾弾と、制裁を求める声が強い状況でした。ウクライナのゼレン

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他10件のコメントを表示

民生品で米国を完膚なきまで叩きのめした日本の技術力は健在である。

驚いたことにこういうことを言う人が日本にはまだまだ
いるのです。

過ぎ去った時代があまりに快適だったので、どこかの時点で
時計をとめてしまって現実逃避をするのでしょう。

No.18 1ヶ月前

あの4630万円男には、ちょっと認知症のはいったわたしの祖母が同情している。役所が誤振込さえしなかったら、男の人生は狂わなかったのにというわけだ。

この意見には一定考えるべき点はある。役所は今後反省すべき点もあるのかもしれない。大甘に甘く見て、男の罪を考えるときにはある程度情状酌量の余地すらあるのかもしれない。

しかし、違法なことをしたのは、この男だけだ。ほかのあらゆる「悪さ」とは「悪さ」が段違いだ。違法とはそういう意味なのである。そして男はそのように処遇・処置されている。

これと同じことが露宇戦争ではととたんにわからなくなるヒトビトがいる。

米国の陰謀だという議論も同類だ。米国がウクライナで代理戦争をたたかいロシアを疲弊させようとしている、もしほんとうにそうなのなら、プーチンがウクライナ侵攻を避ければよかっただけのはなしだ。この議論は、プーチンはそんなこともわからない、と言っているのと同じで、手の込んだプーチン嘲笑という感じさえする。もっとも、プーチンがあくまで侵攻をやめないなら、経済制裁は続くだろう。

こうした議論をするヒトビトは、時系列のなかで2014年以後のロシアによるクリミア侵略、ドンバス戦争に故意に触れない。ウクライナ民族主義の盛り上がりはこの2014年からのロシアの侵略を抜きには語れない。

No.19 1ヶ月前

ところで、孫崎さんの文章で、
=====
今日、日本もロシアも朝鮮半島に何の影響を持っていなくても、各々の安全保障に何ら支障がありません。朝鮮戦争は結局のところ、「誰にも無用で無益な困難」なのです
=====
とあるのには注目している。これを露宇戦争におきかえれば、露がウクライナになんの影響力も持っていなくとも、何ら支障がないということになるだろう。
一方、当時の朝鮮、そしていまのウクライナの人々には、侵略は大いに支障があることだ。
文字通り、「書いてある」ことなのに、誰もここには注意がいかないのは、見えていても見えないからだろう。あえて 笑 と書かない。笑えないからだ。 

漱石の文章は、これは、そこそこ長い文章の一部であり、しかも小説であることに注意すべきだろう。漱石の思想がこのままであったかは不明だ。さらにいうなら、
=====
陽気のせいで神も気違いになる。“人を屠りて餓えたる犬を救え”と雲の裡より叫ぶ声が、逆しまに日本海を撼かして満洲の果まで響き渡った時、日人と露人ははっと応えて百里に余る一大屠場を朔北の野やに開いた
=====
とあるのは、
1,神が雲の裡から人を屠る命令をくだす
2,それは神がキチガイになっていたからだ
3,日本人とロシア人とがそれにしたがう
と分析でき、ここからは宗教についての一種の諦念を認めることはできても、トルストイと同じ宗教的な反戦思想は感じない。

No.21 1ヶ月前

みなさんのコメントを読んでみると、あのベトナム戦争だって、当初はジエム政権への米国の防衛協力だったってことを知ってるのかなあというのがあるね。
ロシアの今回の手口ってのは、もう、ぜんぜん新しいものじゃないですよ。そして、だいたいそれをサヨクは批判してきた。米国がやった場合はね。
糾弾の声がまきおこるのは、今までのサヨク言論が大成功してたってことじゃないですか。素直によろこべないもんかねえ。

まあマニアだもんね。

No.23 1ヶ月前

孫崎さんが この本を出されるのは何故か。日本がキナ臭い方向に確実に進んでいるとの危機感からだろう。主犯は勿論、毎度お馴染み、DS戦争屋に決まっているが、DS子飼いの連中に埋め尽くされてしまった日本の支配層が煽る戦争に対して、日本の大衆が こうも免疫が無く、まんまと乗せられてしまう状況に唖然とされたのでないか。

>「知識人が先頭に立って人々を誘導している...他人を扇動することのみに努め...同胞を戦場に送り込んでいるのだ。」

トルストイ没後、日本での この具体的状況(例)を明治期のジャ―ナリスト・鈴木天眼が解説している-

“学者ともあろう者が、なぜ没論理の説を平気で唱えることができるのか。それは学界の病巣に根差している。「思ふに日本の官僚学風は。主として法科及び文科の神国主義傾向に発露せる文書学=乃至記録文字の拘泥―幻惑―の学風=でありて。重要なる用語の元義神髄を排斥し、自己乃至藩閥官僚の因襲的意態に適すべきやう解釈を人造するのが其(その)特徴である」
学者が軍閥に迎合して非科学的理論を注文通りに編み出し、その理論を利用して軍閥がますます神国主義を鼓吹する。国民の意識から理性や知性が奪い取られ、「時代愚」と呼ぶべき愚蒙が国民を捕らえ、押し潰していく。「法科や文科の官僚学風が軍閥の猛威と共に表裏を相成して科学無視―鎖国旧思想の神国思想―を煽る結果は、愈々益々、近時の『時代愚』を増長し」(1941年3月19日)。その時代愚に嫌気が差して旅に出ることにした。”(「鈴木天眼 反戦反骨の大アジア主義」)

No.24 1ヶ月前

TWTR:露軍はアゾフスタリ工場領域をを完全に解放と発表。━以下、RT記事-

20 May, 2022

アゾフスタルは「完全に解放された」-ロシア軍━ウクライナのネオナチ「アゾフ」部隊の最後のメンバーがマリウポリで投降した
https://www.rt.com/russia/555848-azovstal-surrender-liberated-military/

ロシア国防省は金曜日、マリウポリの「アゾフスタル」工場群の全領土が解放されたと発表した。ウクライナ軍人とネオナチ「アゾフ」部隊のメンバーなど、ほぼ1カ月にわたって内部に取り囲まれていた2400人以上が武器を置いて投降した。

ロシア軍報道官のイーゴリ・コナシェンコフ少将は声明で、「531人の武装勢力の最後のグループが今日、降伏した」と述べた。彼は、5月16日以来、合計2,439人のアゾフ・ナチスとウクライナ軍人が武器を捨て、「アゾフスタール」全体がロシア軍の支配下に入ったと付け加えた。

アゾフとウクライナ正規軍残党はマリウポリの海岸にある広大な鉄鋼工場に退却し、4月21日に完全に包囲された。ロシアのプーチン大統領は、軍に襲撃ではなく、「ハエが中に入れないように」封鎖し、武装勢力を降伏させるよう命じた。

コナシェンコフによれば、ロシアのショイグ国防相は金曜日にプーチンに作戦の成功を報告したという。また、アゾフ司令官は安全のために装甲車で輸送されなければならなかったという。

“アゾフ・ナチのいわゆる「司令官」は、マリウポリ住民の憎悪と、数々の残虐行為に対する彼への復讐心から、特別な装甲車で工場から連れ去られたのである。”

その日のうちにソーシャルメディアで公開されたビデオで、アゾフの司令官スヴャトスラフ「カリナ」パラマールは、彼が工場から出たことを否定し、詳細は明かせないが「ある作戦」を実行していると語った。「世界」と「ウクライナ」の支援に感謝し、「またね」と締めくくった。

月曜日に武装勢力の第一陣が降伏した後、キエフ政府はマリウポリでの「戦闘行為の終了」を発表し、アゾフスタル部隊に人命救助を命じたと述べた。ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は5月18日、アゾフスタルからの「避難作戦」は、「最も影響力のある国際調停者」の関与のもと、「わが軍と情報将校によって監督されている」と自ら発言した。

ウクライナも欧米メディアの多くも、ロシア軍が武装勢力が武器を捨てている様子をはっきりと映したビデオを公開しても、「降伏」という言葉を避けた。

No.25 1ヶ月前

RT 19 May, 2022

ジョージ・ブッシュのプーチン叩きで「イラク」滑舌は完璧な皮肉━イラク戦争の立役者がロシアのウクライナ侵攻について語るの図-Bradley Blankenship
https://www.rt.com/news/555760-bush-iraq-slip-slamming-putin/

Bradley Blankenship:米国のジャーナリスト、コラムニスト、政治評論家。CGTNでシンジケート・コラムを持ち、新華社通信などの国際通信社でフリーランスの記者として活躍中。

ブッシュ前米大統領は、民主主義の重要性と海外からの民主主義への脅威について演説し、特にロシアを狙い撃ちした際に、うっかり口が滑ったのか、恥ずかしい失態を犯してしまった。

「ロシアの選挙は不正に操作されている」 とブッシュは述べた。「政敵は投獄され、あるいは選挙プロセスへの参加を排除される。その結果、ロシアにはチェックアンドバランスが存在せず、一人の男が全く不当で残忍なイラク侵攻を決行することになった。ウクライナのことだ。」

するとブッシュは、この間違いを脇に追いやって、「イラクもだ」と言い、ロシアが何らかの形でイラクに関与しているとほのめかした-これは明らかに事実ではない。

いずれにせよ、単純な間違いかどうかは別として、ロシアのウクライナ侵攻を非難する米国の政治家の明白な偽善の最も完璧な例である。ブッシュ自身、2003年に違法なイラク侵攻を開始し、最初の数年間だけで100万人以上のイラク人の死者を出したと言われている。

結局、この戦争は、当時のイラクの指導者サダム・フセインが持っているとされる「大量破壊兵器」という偽りの口実のもと、9年間にわたる血生臭い作戦となった。米軍は、違法な化学兵器の使用、米軍による何万人もの民間人の殺害、広範な拷問の使用など、公然と戦争犯罪を犯した。これらの罪はすべて、米国によって確認されたか、ウィキリークスによってリークされた内部文書で認められている。

この恐ろしい戦争-人類史上最大の抗議行動を引き起こした戦争-を指揮した人物が、ウクライナにおけるロシアの行動を罵倒する神経を持っているという事実は、ナルシシズムの表出である。あまりに明らかに馬鹿げているので、彼自身さえ、そうだ、イラクで起こったことは「まがい物」だった、と漏らしたのである。

この「まがい物」をさらに明白にしているのは、まさに彼がロシアについて言っていた、「一人の男」がチェック・アンド・バランスなしに軍事作戦を開始することができるということだ。イラク戦争で起きたのは、まさにこれだ。このような犯罪が起こらないように設計された国際法や制度があるのだが、そのすべてが無視されたのである。このことは、国際法が法律としてではなく、一つのヘゲモニー、すなわち米国合衆国の欲望を明示するための政治的道具に過ぎないことを証明した。

まさにこのような状況、国際法の崩壊と、その結果として国際法は実際には誰も守ってくれないという感覚が、ウクライナ情勢の条件を作り出したのである。2014年から実際に続いていた紛争にロシアが介入する前、モスクワはウクライナの軍事化やウクライナのNATO加盟の可能性など、正当な安全保障上の懸念を欧米に送ったが、すべて無視された。

皮肉なことに、ロシアの利益を徹底的に無視するアプローチを始めたのは、またしてもブッシュである。ソ連崩壊後、ロシアは敵ではなく、西側諸国とパートナーになれるという希望があった。プーチン大統領の1期目が始まったとき、それは彼自身が共有する希望であった。

実際、ロシアがチェチェンでのテロに対処する際、プーチン大統領はテロ対策作戦で米国とパートナーになりたいと考えていた。アフガニスタンなど、テロに対する米国の独自の取り組みに対して、ロシアの領空などの利用を提供し、支援を約束したのである。

9.11テロ直後の2001年、ブッシュのテキサス州自宅で初対面した。ブッシュは地元のテキサス州の高校で、プーチンを「新しいスタイルのリーダー、改革者...、米国と緊密に協力して世界をより平和にするために大きな変化をもたらす男だ」と評した。その数週間後、ブッシュはイランのミサイル攻撃からNATOの同盟国を守るために、対弾道ミサイル条約を脱退した。プーチンは、この動きは軍備管理の努力を台無しにし、ヨーロッパの安全保障を弱めることになると公言した。

このような二枚舌は、それ以来、ワシントンでは基本的に常態化している。米国は、世界の指導者たちに、協力し、関係を築き、緊張を緩和したいと断言しながら、すぐに自分たちの言葉と矛盾するような政策を実行に移す。プーチンのリーダーシップの間に、何人かの米国大統領と重なり、ロシアはNATOの拡張の波に耐えてきた。ロシアの玄関先まで侵食し、ロシア周辺を軍事化した。

このように、ジョージ・W・ブッシュは、違法な侵略や外交政策におけるチェック・アンド・バランスの欠如に関して、明らかに拠って立つべき地盤がない。ブッシュがウクライナでのロシアの行動を非難する意見を述べただけでも十分皮肉だが、うっかり口が滑ったのは、その皮肉が蒸留されたように明瞭に表れたに過ぎない。

No.26 1ヶ月前

今日の天木直人氏メルマガで紹介された「在野の知識人 大地舜の動画」
https://www.youtube.com/watch?v=q9INZYObwiE

文字起こし(抜粋)-

■ウクライナ戦争

ランド研究所2019年の報告書:如何にカネをかけずにロシアを弱体化させるか。6案中、一番のオススメはウクライナに代理戦争をやらせること。

ホワイトハウスも、ロシアの弱体化が今のウクライナ支援の目的だということを はっきりと幹部達が言っている。
ところが、ホワイトハウスは代理戦争だというのは、ロシアのプロパガンダであって、そんなことはしてないと主張。しかし、それに騙されている米国人は結構少ない。
現在の米国では、リベラル派も保守派も代理戦争に関する批判の声を上げているのがよく見られる。

これは代理戦争ではないと信じている日本のロシア専門家と言われる人達が多いが、彼等は、この程度の報告書も読んでいないのか。

代理戦争ではないと欧米に洗脳されているのは、世界中で日本人だけなのかもしれない。

ウクライナ駐在も長かったスイス人、軍事アナリスト、ジャック・ボウ氏の見解:今回のウクライナ戦争を始めたのは、米国、英国、EUに後押しされたウクライナである。━つまり、「ロシアが戦闘を始めた」ということからして、既に欧米のプロパガンダに我々は引っ掛かっている、騙されているわけだ。

2021年3月:
ゼレンスキーは「クリミア半島を取り戻す」との政令を出す。そのために、先ずは東部の辺りに5万人の兵を送り込み、ドンバス地方を押さえに掛かった。これは内戦ながら、「戦争宣言」をしているということ。

2022年2月16日:
ウクライナ軍がウクライナ東部に猛爆を開始。これはミンスク条約違反。ドンバス地方に作られている二つの共和国に対しても猛爆撃をした。16日に始めて、19、20日が最も酷かったようだ。それを見てロシアが動き出したというのが事の始まりだ。
19、20日にウクライナ軍の猛爆撃があり、20日ぐらいになってからロシアは慌ててウクライナ東部の二つの共和国の独立を承認した。同時に友好・援助条約を締結している。
→ 国連憲章第51条:防衛同盟を結んだ場合、その枠組みによる相互軍事援助は可
→ この要件を満たしてから、2月24日にロシアは進撃を始めた(内戦に関与し始めた)。

■日本/日本人について

日本人はもっと個性を発揮すべきだ。コロナ騒動でも、ウクライナ戦争でも、日本は欧米の指示に従って、プロパガンダに洗脳されて、独自の意思を表明することは殆どなかった。
ロシアへの経済制裁に対して世界の半分の国が反対している。中国もインドも反対している。しかし、日本はG7の言いなりで、はいはいと言って一生懸命やっているが、本気でやっているのでなければいいが...

インド人、ラグラム・ラジャン米シカゴ大学教授の日経記事:「平和共存は いかなる戦争よりもましだ」━このような提案をできるインドの知識人は素晴らしい。日本人もこのような独自の考え方を提案していくべきで、それが世界の役に立つと思うが、(今の)日本はG7の飾り物で何も貢献していない。

もしかすると、21世紀の「悪の枢軸」というのは、英国・米国・EUの政治家達であり、彼等を支配するスーパーリッチ達なのではないか。

私達はもうスーパーリッチ達のプロパガンダにいつまでも騙されるのは止めて、真実の世界の姿を見出さないといけないと考えている。

No.27 1ヶ月前

>>23
自己レス
皆さんのコメント、というのは23よりもあとをふくめこのスレッドの全コメントを対象にしている
スレッドを消して順番を入れ替えるのはその人の自由だが、その結果わたしのコメントの意味が通りにくくなるのは困るので注釈しておく。

No.28 1ヶ月前

読みたくなきゃ得意のスクリプトを使えばいいのにねえ

No.29 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。