• このエントリーをはてなブックマークに追加
ペルシ下院議長の台湾訪問の展開予測で貴重だったのはアルジャジーラ記載のCIA長官分析。彼は「中国はウクライナの教訓で圧倒的な力だけでは迅速で決定的な勝利を収めることはできないと考えている。年内の解放への動きはない。今後10年事態は中国優位に」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ペルシ下院議長の台湾訪問の展開予測で貴重だったのはアルジャジーラ記載のCIA長官分析。彼は「中国はウクライナの教訓で圧倒的な力だけでは迅速で決定的な勝利を収めることはできないと考えている。年内の解放への動きはない。今後10年事態は中国優位に」

2022-08-04 07:14
  • 23
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他13件のコメントを表示

ペロシの動きに対応して人民解放軍が台湾防衛に本格的に出動展開したことに在日米軍も自衛隊もさぞ驚いていることでしょう。

プーチンがウクライナに軍事侵攻した時、核戦争も辞さないとNATOを恫喝しましたが、今回の人民解放軍の展開も本気度に於いてはプーチンと同じもので、中国が台湾に関して米軍の干渉を一切許さないという強い意思表示をしたということです。この意思表示は海鳥の楽園である尖閣も台湾と同じ扱いだということを示唆しているのです。

既に西欧人はロシアとの戦争を回避する方向に動き始めました。日本人も中国との戦争を回避する方向に舵を切る時期にさしかかっていることを賢く察知し日中関係を田中角栄の時代に引き戻す作業を開始すべきです。もし、その作業が遅れれば、不測の事態が起こりえ、その結果、「時代錯誤の日本人」とタグが付けられ、この地球上で永遠に語り継がれることになるでしょう。

No.20 1ヶ月前

TWTR:旧統一教会の名称変更「政治的な判断していない」━こんな調子でマスコミ報道を続けるのは膨大な時間の無駄だ。統一教会とは、宗教を隠れ蓑にした大規模 反社・犯罪組織であり、米国(DS)の意向に連動して日本の中枢にまで根を張り、日本を とことん対米隷属化させ、国益を大きく損なわせた元凶である。「丁寧な説明」もクソもない!即刻 日本から追い出し、こんな邪悪組織の巣窟となった自民党も解党する他ない!━そう報じてこそだろう。

No.21 1ヶ月前

>>21
全くそうです。

No.22 1ヶ月前

TWTR(RT):アメリカに対してきちんとモノを言える日本にならなければならない━それには、ロシア(プーチン)がやったのと同様に、日本も統一教会を国内から排除することが先決だ。

No.23 1ヶ月前

PressTV 03 August 2022

「平然さと無法さ」。ロシア、北朝鮮、パキスタンがペロシ氏の台湾訪問を非難
https://www.presstv.ir/Detail/2022/08/03/686728/China-Nancy-Pelosi-Chinese-Taipei-Russia

米国のナンシー・ペロシ下院議長による2日間の台北訪問は、北京を刺激したとして、多くの国から強い反発を受けている-

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、水曜日にミャンマーを訪問した際、ペロシ氏の訪台は中国を困らせるためのワシントンによる意図的な試みであるとした。

ロシアの外交官トップは、米国が平然と行動していると非難し、米国高官の台湾訪問は、ワシントンがその「平然さと無法さ」を証明したいからだと考えていると述べた。

「中華人民共和国にとってどういう意味を持つかよく分かっていながら、ほとんど青天の霹靂のような迷惑をかける理由は他に見当たらない」と述べた。

ラブロフは、地域全体に衝撃を与えたこの物議を醸す訪問を、国際規範を無視した米国の示威行為と呼んだ。

「それは、彼らの免罪符を皆に証明し、それに従って行動するためのドライブだった。『私はやりたいことは何でもやる』、そんな感じだ」とロシア外相が言った。「中国にとってどういう意味を持つか分かっていながら、何もないところから一触即発の状況を作り出す理由は、他にほとんど考えられない」

ペロシは火曜日に台湾に到着し、そのリーダーである蔡英文に会った。北京はすでに、この訪問に対して厳しい警告を発していた。

近年、中国と密接な関係を築いてきたロシアも、ペロシの訪問によって北京と衝突する可能性があると、ワシントンに警告していた。

ロシア外務省の報道官マリア・ザハロワは、火曜日の記者会見で、ロシアはこの訪問を「挑発」と見ており、一方でモスクワは北京の一つの中国原則を支持し、「いかなる形でも」台湾の独立に反対していると述べた。

国営放送スプートニクのインタビューで、ザハロワはペロシの台湾訪問を、ペロシが「ワシントンによって作り出した」ウクライナの「災害」と呼ぶものから注意をそらそうとする試みと呼んだ。

「これは、米国が自らの手でウクライナ周辺に作り出した絶対的な災難であり、この点に関して欧州の方面でつながっている全てのものの失敗である。ヨーロッパ人はワシントンに目を向け、冬が近いので次はどうなるのだろうと考えている」と述べた。

「行き詰まりは、情報のパラダイムを抜本的に変える必要があり、ペロシはそれを体現した」

モスクワと北京は共に台湾を中国の一部と認め、台湾の独立には反対している。

■北朝鮮とパキスタンもペロシ氏の台湾訪問を糾弾

北朝鮮は、ペロシ訪台に対して、中国の内政に 対する「不謹慎な干渉」であると反発した。

北朝鮮外務省は声明で、台湾への外部からの干渉を「激しく」非難し、「国の主権と領土の一体性を断固として守る中国政府の正当な立場を支持する」と述べている。

「台湾は中国の不可分の一部であり、台湾の問題は中国の内政に関わる」と、国営の朝鮮中央通信(KCNA)が発表した声明は述べている。

「火遊びをする者は火で滅びる」と、中国外務省は火曜日の声明で述べている。

パキスタンも声明を出し、「一つの中国」政策へのコミットメントを再確認し、米国高官の台湾訪問を非難した。

パキスタン外務省のアシム・イフティカル報道官は、水曜日の声明の中で、中国の主権と領土の完全性を断固として支持すると表明した。また、「パキスタンは、地域の平和と安定に深刻な影響を与える台湾海峡の状況の変化を深く懸念している」と述べた。

ペロシは、北京が挑発と主権への挑戦と見なしている訪台の間、蔡英文総統と水曜日に会談した。

「今日、世界は民主主義と独裁主義の間の選択に直面している」とペロシは言った。「ここ台湾と世界中の民主主義を維持するという米国の決意は、鉄壁のままである」

中国は水曜日に警告を繰り返し、ワシントンは「極めて深刻な結果」に備えるべきであると述べた。

中国軍は「厳戒態勢」にあり、今回の訪問に対抗して「一連の標的軍事行動を開始する」と発表した。

中国は、米国の高官による訪台が台湾の分離主義勢力を刺激し、中国の領土保全に違反すると考えている。

中華民国は中国の主権下にあり、「一つの中国」政策の下、米国を含む世界のほぼ全ての国々がその主権を認めている。

しかし、自国の政策に反し、北京を刺激するために、米国は中華民国の自称政府との外交関係を維持し、最近ではその関係を強化しようとしている。米国はまた、この島にとって最大の武器供給国でもある。

No.24 1ヶ月前

RT 4 Aug, 2022

ペロシの台湾訪問は、中国外交がうまくいかないことを示した-今、すべての賭けが始まった
https://www.rt.com/news/560139-taiwan-china-military-action-pelosi/

ペロシがもたらした瀬戸際から状況を引き戻すのは、ジョー・バイデン次第である-

スコット・リッター記

今年3月、中国の習近平国家主席はウクライナ問題でジョー・バイデン米大統領をたしなめ、「拍手するには両手が必要だった」(ロシア・ウクライナ危機を煽る上で米国が果たした役割に言及)と述べ、「虎に鈴を結びつけた者はそれを外さなければならない」と宣言した。これは中国の格言で、基本的には米国が扇動した責任を取って問題を解決しなければならないと言うものであった。

また、習近平主席は、バイデン氏を含む米政府高官が、米国が数十年にわたって米中関係を支えてきた台湾に関する「一つの中国」政策の歴史的約束から離れつつあることを示唆する発言を行ったことについても、同様に米政府高官を非難している。習近平は、現在の関係の緊張の「直接的な原因」は、「米国側の一部の人々が、私たちが到達した重要な共通認識を守っていないこと」であると指摘した。

米国は中国との衝突回避に関する約束をほぼすべて履行せず、中国を「想像上の敵」とする根強い観念を広めると同時に、「台湾独立」勢力に誤ったシグナルを送っており、習氏はこれを「非常に危険なこと」と位置づけた。このような政策方針を継続することは、中米関係に「破壊的な影響」を与えると指摘した。

8月2日、ナンシー・ペロシ米下院議長が予告なしに台湾に立ち寄った。中国側は、ペロシ氏の訪台は「深刻な政治的影響につながる」、「ペロシ氏が台北に上陸すれば、中国軍は黙っていない」と警告していたが、この訪問は実現した。米国大統領継承順位2位のペロシ氏の訪台は、国務省、国防総省、ホワイトハウスとの調整とは無関係に行われたと思われる意図的な挑発的行動である。

私は、他の元米国情報機関および国家安全保障当局者とともに、中国の台湾侵攻と米中直接軍事衝突につながりかねない出来事を引き起こすという懸念から、バイデン大統領に彼女の訪台を抑制するよう助言していた。ホワイトハウスは、政府の別働隊の活動に干渉することを拒否した。

中国は、ペロシ下院議長の台湾訪問を思いとどまらせるために、飛行機を撃墜する以外のあらゆる手段を講じたことは疑いようがない。国家の信頼性という観点から、中国は文字通りすべてを賭けたのである。ペロシを通したアメリカ側の明らかな挑発行為に対して、中国が何もしないというのは、あり得ない結果である。

今問題なのは、中国が何をするかということだ。現在の外交カードは、どう見ても使い果たされている。中国は台湾に一定の経済制裁を加えているが、現実には、中国が行使する制裁カードは、ペロシの挑発に対応するには不十分である。

そうなると残るは軍事的対応である。

中国はすでに40個以上の旅団を編成し、防空・弾道ミサイル部隊、航空機数百機、艦船数十隻という前代未聞の軍事力を動員しているとされる。ざっと計算しても25万人規模の兵力であり、その動員はまだ完了していないように見える。中国は、ペロシが台湾を出発した翌日の8月4日から8月7日まで、台湾の主権空間を侵害する演習を含む、台湾周辺での実弾演習を行うと発表している。

危機的状況下でのこの規模の軍事演習には、財政的資源と政治的資本の両面から相当なコストがかかる。これだけの軍事資源を動員することで、中国は「使うか、失うか」の状況を作り出すに至るが、集まった部隊の軍事的実行可能性は時間とともに失われていくのである。ここで重要なのは、中国が台湾に合図を送るだけで満足して演習を終了し、軍をそれぞれの兵舎に戻すのか、それとも中国政府がレッドラインを超えたと判断し、実弾演習から実際の侵攻に移行するよう軍に命令するのか、ということである。

この問いに対する答えは、中国が台湾と米国の両方と並行した外交路線を確立するかどうかにかかっている可能性が非常に高い。もし、台湾と米国の双方が、ペロシ訪台が現在の米国と台湾の政策を反映したものでは ないという意味のある安心感を与えることができ れば、中国は単に筋を通すことで満足する可能性があるのかもしれない。

しかし、ペロシ訪台は、それ自体、台湾独立の概念に基づく米台両国の政策的傾向の副産物である。この認識を変えることができなければ、中国は憲法により、台湾に対する中国の主権を維持するための一貫した措置を講じなければならなくなる。これはもちろん、戦争を意味する。

間違いなく、ナンシー・ペロシは台湾に上陸することで、虎に鈴を結びつけたのだ。今、それを外すのはジョー・バイデン次第である。

問題は、虎が協力するかどうかである。

スコット・リッター:
元米海兵隊情報将校。著書に「ペレストロイカ時代の軍縮: 軍備管理とソビエト連邦の終焉」
ソ連ではINF条約を実施する査察官として、湾岸戦争ではシュワルツコフ将軍の幕僚として、1991年から1998年までは国連の兵器査察官として勤務。

No.25 1ヶ月前

孫崎さんは、米中の台湾海峡間における戦力は中国優位であるという分析(それ自体米国の分析だったが)を一度ならず何度もここでとりあげてきた。
コメント欄に書き込むヒトビトもその分析に熱狂してきた。そんなにうまく行かないだろうという視点で書いてきたのは、changeさんとわたしくらいではなかったか。

中国優位なら、軍事演習などして騒がずに、黙って侵略すればいいだろう。じっさいは中国優位ではなかったのだ。

このたび、「中国はウクライナの教訓で圧倒的な力だけでは迅速で決定的な勝利を収めることはできないと考えている。年内の解放への動きはない」という分析を、孫崎さんが「展開予測で貴重だった」と率直に認めていることに、ヒトビトはもうちょっと学べばいいのにとおもう。

米国一般の肩を持つつもりはないが、中国が近日中に台湾侵略すべきかどうか迷っていたのは明らかであり、その迷いを消して、直近の侵略戦争を防止したという一点では、米国の上手な外交には賛辞を贈りたい。

No.27 1ヶ月前

>>27
一国二制度を愚直に防衛する中国です。米国のオフェンスにデフェンスで台湾を守るのが中国の大義です。

恐らく今後「台湾有事日本有事」と叫ぶ声は自民党からは聞こえなくなるのではないでしょうか。

No.28 1ヶ月前

TWTR:旧統一教会との関わりが指摘されている下村氏━統一教会とズブズブ=犯罪的 売国政策への加担者=「国家反逆罪」相当、ということだ。一方、スガが首相になった際、統一教会絡みの無所属議員 約50人が実質の「スガ派」だったとネットではよく出ていたが、スガへの追求はどうなっているのだ?

No.29 1ヶ月前

中国共産党は、台湾人が同じ漢民族ならば、台湾の頭上にミサイルを飛ばし、島の周囲全体で軍事演習をするだろうか。

台湾人の構成比をみると、ホーロー人74%、客家人12%、外省人12%、原住民2%である。
中國からの渡台者は家族の帯同を許されなかったから台湾に渡ったのは男ばかり、原住民の女性と結婚して子供を育ててきた。子供は純粋の中国人とはいえない。ハーフであり何代も続けば中国の血は薄くなる。

台湾の人たちに中国との統一を求める人は数%に過ぎない。また、漢民族の中国共産党から見れば、モンゴル、チベット、ウイグルなどと同じように異民族であり征服すべき者たちでしかない。同じ大陸系であるが、米国と大きく異なっているところである。

征服覇権主義の中国共産党の限界が露出しており、他民族を尊重する思想が出てこない限り、中国は「世界は一つ」でも真逆の方向を向いている。多くの人民に受け入れられないというより、米国を中心とする民主主義陣営に勝てないのでしょう。

No.30 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。