• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「山口敬之氏手記『私を訴えた伊藤詩織さんへ』を再読する」小林よしのりライジング Vol.305
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「山口敬之氏手記『私を訴えた伊藤詩織さんへ』を再読する」小林よしのりライジング Vol.305

2019-02-26 21:15
  • 82
72fb1ce34d59e15889f7d5df6d4dc68b237d894c
第305号 2019.2.26発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※特別寄稿!笹幸恵「山口敬之氏手記『私を訴えた伊藤詩織さんへ』を再読する」…いささか旧聞に属するが、2017年12月号の月刊「Hanada」で、フリージャーナリストの山口敬之氏の独占手記が掲載された。タイトルは「私を訴えた伊藤詩織さんへ」。この記事は、レイプ被害に遭った伊藤詩織さんが記者会見を開き、民事訴訟を起こすことを知ったため、「自らの見解を『当該女性への書簡』という形で申し述べる」として書かれた手記である。果たして真実を語っているのはどちらか?常識のある人は、どちらの主張に説得力を感じるだろうか?
※「ゴーマニズム宣言」…自称社会学者・倉橋耕平とジャーナリスト・安田浩一による『歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う』なる対談本の中で新たな『戦争論』批判を行っている。その論旨はというと「『戦争論』の参考文献には、学術論文がない」…毎度毎度、よくこんなバカバカしい批判を思いつくなと、脱力するばかりだ。彼は作家の仕事というものを一切理解していないし、自らの学者としての程度や権威主義を無自覚に晒しているのだ。学者ってつまんねー奴ばかりだ!!
※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…元交際相手から準強制性交容疑と軽犯罪法違反で刑事告訴されたことが報じられ雲隠れしている男、田畑毅・元自民党議員。酒に酔って記憶を失い、抗拒不能の状態になったところを同意なしの性行為、さらには日常的に性行為の様子や生活の様子、カバンの中身、携帯の画面などを盗撮していたという。「付き合っている二人の痴話喧嘩」などと言う者もいるが、準強姦に交際しているか否かなど関係ない!!


【今週の目次】
1. 特別寄稿・笹幸恵「山口敬之氏手記『私を訴えた伊藤詩織さんへ』を再読する」
2. ゴーマニズム宣言・第314回「参考文献に学術書がない?」
3. しゃべらせてクリ!・第262回「あつあつおでんで身も心もほかほかぶぁ~い!の巻〈後編〉」
4. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第116回「権力の都合ならなんでもあり? 自民党・田畑毅議員準強姦事件」
5. Q&Aコーナー
6. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
7. 編集後記




7ecd14ce19754a4acb032d229b4154fc22bca92c

笹幸恵「山口敬之氏手記『私を訴えた伊藤詩織さんへ』を再読する」

 いささか旧聞に属するが、2017年12月号の月刊「Hanada」で、フリージャーナリストの山口敬之氏の独占手記が掲載された。タイトルは「私を訴えた伊藤詩織さんへ」。
 掲載された当時、一読して「なんだ、この被害者ヅラは!」と、ものすごい違和感を覚えた。何しろ本論に入る前にこう書いているのだ。
事実と異なる女性の主張によって私は名誉を著しく傷つけられ、また記者活動の中断を余儀なくされて、社会的経済的に大きなダメージを負った。

 名誉? 記者活動の中断? 社会的経済的に大きなダメージ? 
 え。なに。被害者のつもりなの? 
 もう最初からこんな調子なので、少しも頷くところがない。レイプ被害に遭った女性は、名誉とか経済的ダメージなどとは次元が全く違う苦しみの中にいるんですけど? 

 この記事は、レイプ被害に遭った伊藤詩織さんが記者会見を開き、民事訴訟を起こすことを知ったため、「自らの見解を『当該女性への書簡』という形で申し述べる」として書かれた手記である。けれど最後まで気分の悪い違和感だけが残り、熱心にもう一度読み直すという気持ちにはなれなかった。

 ところが今回、小林先生が山口氏から名誉棄損で訴えられた。私も詩織さんの『Black Box』を読み、さらには違和感ありまくりの山口氏の手記(以下、山口手記)を再び読み返すことになった。まったく不愉快だけど、こうなったらいろいろツッコミを入れながら読んでやろう。以下に記すのは、そんな私のツッコミの記録である。
 詩織さんと山口氏は当然のことながら事実認識が異なる(性暴力の有無だけでなく、たとえば山口氏のTシャツの貸し借りの認識の相違やトイレの回数など)。今回は、その事実認識の真偽を明らかにすることが目的ではなく(そもそもそんなことはできない)、あくまでも山口手記の文章に対する私の見解を記していることを最初にお断りしておきたい。ただし、私は詩織さんが書いた『Black Box』の内容を全面的に信用している。彼女が顔と名前をさらして性暴力を告発した勇気こそ、信頼に足るものだと思うからだ。

 山口手記を読んだことがない人もいると思うので、まずはこの記事について概観しておこう。
 山口氏は、詩織さんの性暴力に対する訴えが、検察審査会の「不起訴処分は妥当」とする結論によって刑事事件としては完全に終結したこと、しかし詩織さんが民事訴訟に打って出たので、自分も主張の一部を示すとして、書簡風にそれを綴っている。その主張は、【1】「デートレイプドラッグ」、【2】「ブラックアウト」(アルコール性健忘)、【3】詩織氏特有の性質、【4】あとから作られた「魂の殺人」、【5】ワシントンでの仕事への強い執着、という5つの項目に分けられている。このうち【1】と【2】では、事件当日に飲食店2軒をハシゴしたこと、自分はデートレイプドラッグなど「聞いたことも見たこともない」こと、詩織さんはアルコールの影響で記憶を失うブラックアウトであったのではないかと主張している。その上で、酒に強く、この程度の酒量で記憶をなくしたことはないという詩織さんに対し、【3】詩織氏特有の性質がある、つまり思い込みが激しいのだと記す。また【4】では、「レイプは魂の殺人です」と訴えた詩織さんに対し、その怒りは最初から一貫していないことをあれこれと具体的な事例を挙げて説明している。続く【5】では、詩織さんが仕事を斡旋するよう執拗にメールを送ってきたと困惑気味に記し、挙句に野党議員がこの問題を取り上げ、自分が誹謗中傷にさらされていると被害者ヅラしている。
 以上が、記事の概略である。

「なぜか」を多用するイヤらしさ
 山口手記で最初に気になったのは、「なぜか~~した」という記述が4か所もあるということ。ほかに似たようなニュアンスで「不思議なことに~~になった」とも書いている。細かいことだけど、こうした言葉の使い方には、書いた本人の意識が透けて見える。
 詩織さんの会見に先立ち、なぜか『週刊新潮』がセンセーショナルに報じ、なぜか複数の野党政治家が詩織さんの側に立って質問するようになった。そしてなぜか、こうした野党政治家の主張に共鳴する集団(共謀罪反対や反原発を唱える組織)が自分を糾弾するようになった。で、山口氏は言う。「これはまったくの偶然なのでしょうか?」
 要するに、詩織さんがマスコミと結託し、野党政治家を巻き込み、ある特定の政治信条を持つ人々とつながり、私(と、私が支える安倍政権)を追い込もうとしているのではないか、と言いたいのである。こうした陰謀論めいた書き方は「Hanada」読者の大好物なのだろう。筆が滑ったのか、あるいはあえて書いたのか、どういう思惑と連携があったかは知りませんが、複数の野党の国会議員や支援者があなたを支援し」云々と、陰謀が前提になっているかのような記述もある。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他72件のコメントを表示
×
これから投稿するコメントは
道場ブログ 2018/03/04 【わしに影響を与えるコメント欄に】

「ライジングのコメント欄をわざわざカネ払ってアンチが書きこみ
便所化していたので、トッキーに掃除してくれと頼んだ。
悪貨は良貨を駆逐する。」

小林先生の指示を受けた時浦氏に削除されたコメントの再投稿です。
【便所の落書き】【悪貨】であるかの判断は、閲覧者の皆様に委ねます。
2ヶ月前
×
>>39
新おぼっちゃまくん 私も早速買おうと
地元のTSUTAYAに行ったのですが
新刊のコーナーを見ても何故か見つからない…。
2月4日に出たるろ剣の北海道編2巻が3週間たった今でも
目立つ位置に積まれてるのに…
昨日発売の新おぼっちゃまくんは無い…
何故だ?同じ様に一つの時代を象徴する人気漫画の復活なのに?
キン肉マンやるろ剣やぬ~べ~は平積みされてるのに?
おぼっちゃまくんだけが無い??

必死に探したら、漫画オタク向けの準新刊が並んでる棚の
大判コミックの所に一冊だけあるのを発見!無事に購入出来ました。
これは初版の発行部数がジャンプ10週打ち切り漫画の単行本の様に
とっても少ないのでしょうね。
おぼっちゃまくん直撃世代としてはなんとも寂しい限り
単行本派の人は早めに購入しておかないとプレミア化してAmazonで
数千~1万円という超ボッタクリ価格で買わざるを得なくなりそうです。

カレーせんべいさんの感想がロックオンブログで取り上げられてましたが
正直、小林よしのりウォッチャーの間ではブログやゴー宣で紹介される
読者感想の中でも、キン肉マンの読者公募新超人における異常な採用率で
有名なケン・広島さんや石井健一さん並の頻度で毎回感想が採用され
よしりんの太鼓持ちとして名の通っている貴方のマンセー感想ですから
話半分、というか完全に疑いながら読んでみたのですが
特別書き下ろしは本当に面白かったです。幻冬連載の作品と比べると
ページ数もコロコロ時代の増量スペシャル回と同じで
話の展開もページ数の少なさで駆け足の幻冬版よりもコロコロ版に近い
1ヶ月小遣い1000円や伸び続けるツノ回といった
茶魔の試練回を思い出しました。
おそらくこの話はコロコロアニキに新作を載せた後に
先生がブログで語っていた
完全書き下ろしの単行本様に描きためていた物では?
その後描き下ろし単行本の話がブログで出なくなり
小説幻冬の連載が決まったので、
この時の未発表描き下ろしがどうなったのか
気になっていたんですよね。

今回の亀光は茶魔と2人だけのキャンプで熊と格闘した回
オネショを誤魔化した茶魔に激怒した回と同じくらいの凄みがありました
銀河万丈氏の怒号が余裕で脳内再生される程に。
私は「さらば蛇!」よりもその後に袋小路がポツンと呟いた
「茶魔の親父、そーとーイカれてるよな…」に吹きました。
どの様にイカれてるかは皆様購入してご確認を

最初のページを開くと 【インターネットへの無断転載を禁じます】
の注意書が。ワンピースやHUNTUR×HUNTER等の超人気作は毎回
最新話がジャンプ発売の2、3日前に海外サイトを通じて流出
転載されるという被害を被っていますが。単行本1冊が100万部売れる
これらの作品と違い、雀の涙の部数の単行本にとって無断転載ネタバレは
死活問題ですからね。
2ヶ月前
×
>>4
月刊Hanada2019年4月号の
【伊藤詩織事件 小林よしのり氏を訴えた理由】を読みましたが
今はレイプ魔山口という呼び方は控えておいた方がよろしいかと
山口氏や依頼を受けた若手弁護士もこのコメント欄を読んでる
可能性があるので…と言うか確実にチェックしてるでしょうね。

小林氏の熱心な支持者の多くがレイプ魔山口と断定して山口氏への
罵詈雑言コメントを書きなぐっている。これこそ小林氏が
「酒に睡眠薬を入れレイプ行為に及んだ」と見てきたような断定形の
漫画を描き散らかして山口氏の名誉を毀損し人権を侵害している例である

となるかもしれません。
>>16 のコメント【山口敬之は人間の心を持ち合わせてない】
しかり

>>49 【男女における性行為の意識の差として
取り上げて良いかもしれない】だなんて…尻毛屋君は小林先生に
アフリカ(ケニア)チームのんじょも級のブーメランシュートをかまして
地球一周ゴロゴロゴロ…ドヒューン(昇天)させる気ですか?

新ゴー宣4巻【夏のエロスをどう操るか】や
ゴー宣2nd1巻【セクハラより人材だ】 での
「ワシのはレイプではなく躊躇してる女を決心させた和姦」や
「『アタシそういうの関係な~い』と答えた軽薄女がムカついたから
足腰立たなくなるまで ヤッてやった」
みたいなエピソードがゴロゴロ出てきて
「腹上死を望んでも確実に相手の女性が先にが果てる」と豪語する
リアル宮沢鬼龍である小林先生に対して、なんと畏れ多い提案を…
スポーツ感覚なのはむしろ…
2ヶ月前
×
【粛々と「レイプ論」を書いていく】

「Hanada」は産経新聞の一面だけでなく
発行部数日本一の読売新聞2/26日(火)国際欄の下にもバーンと
広告を打ってましたね。
確かにモリカケ問題の時に小林先生が散々便乗し【いい記事】と評した
新潮や文春の広告が無断で他人様の顔写真を載せるのと同じく
Hanadaの広告にも小林先生の顔写真が大きく記載されていました。
無断で掲載された側は不愉快ですよね。

しかも広告を打った側が自分達の記事のイメージに合うように
たまたま呆けて見えたり悪人に見える様な顔写真を選んで貼る。
こういった悪意ある写真のチョイスは時浦さんや
ここの常駐組の方々がよくリツイートしてる
【365日安倍を罵倒し貶めないと死んじゃう病】の
ニート哲学者(トッキー命名)適菜収氏がよく行っていますよね。
あと彼と同類の ネトウヨの毒舌な伯父さんbot@NTUY_uncle_botも

ネトウヨの毒舌な伯父さんbotの方は私がここのコメント欄で
「彼はアベガーだけでなく小林先生を貶める類のツイートもしている」
と報告したので、時浦さんや他のコメント欄常駐組が彼のツイートを
リツイートする行為は止みましたね。トッキーtwitter取り巻き組の
T・ハクスリー @YPgovwjBrr835Y1さん1人を除いては

彼らが行っている、食事中等でたまたまスゴい間抜け顔になってる
安倍総理の顔写真を貼り付けて嘲笑うような行為は
Hanadaのたまたまキョトンとした顔で写っている
小林先生の顔写真を新聞広告に載せる行為と同じで不快ですよね。
【安倍バンカーすってんころりん映像を見逃すな!】と
総理がゴルフ中に転倒した事故動画を大喜びで宣伝していた人間と
同レベルの実に幼稚でくだらない印象操作ですよね。

ですがご安心下さい!私が読売Hnada広告を見たかぎり
「虚偽虚報を流布し、繰り返された誹謗中傷
小林氏が描いた下劣な漫画は世界中に拡散された――。」
という煽り文句は小さくて目立ちませんし
ブログで先生が「わしの大物感が凄い」とおっしゃる通り
あのアゴと首が一体化し恰幅の良さがわかる小林先生の顔写真は
ジョジョリオンの中ボス、田最環(ダモカン)スタンド名:ビタミンCの様に
「ヴァレンタイン大統領の様にまだイケメン化はしてない、
ブ男のままなのにのに大物感が凄い」といった感じで貫禄バッチリです
例えるなら小林善範(コヴァゼン)―鷲人間のボス
スタンド名:カウント・イット・オフ―GoGoハマちゃま
といった感じです

それに読売Hanada広告の小林先生の顔写真のサイズは
【小沢・枝野合流なら「悪夢」再び】という記事に貼られた
はぐれ党首コンビの顔写真や、百田尚樹さんの顔写真と
どっこいどっこいなので一番目立つ状態にはなってません。

このような【変顔写真をチョイスして嘲る】やり方を好む1人
適菜収氏は、ラジオのゲストに呼ばれた際もtwitterで
日常的に行ってる論敵罵倒ツイートと同じ感覚で
名前呼び捨て、口汚く感情的な罵りを繰り返した結果
マトモなTV、ラジオ、雑誌からはどんどん声がかからなくなり
現在の新連載は最底辺ヘイト雑誌の【実話BUNKAタブー】
本来行き着きべき所にやっと行き着いたといった感じでしょうか。
2ヶ月前
×
「粛々と【レイプ論】を描いていく。
わしはこの記事を読まないし、反論もしない。」

小林先生は言論人なのですから
自分を相手に訴訟を起こした人物の新たな主張に
きちんと目を通しておなかければマズイのでは?

HANADA最新号の山口氏の独占手記は
当然、彼の顧問弁護士のチェックも入ってるでしょうし。
1年3ヶ月前の他人に向けて書いた手記を再読するよりも
こちらを熟読、分析した方が裁判を有利に運べるのでは?

「わしは粛々と「SPA!」『ゴーマニズム宣言』で
一般論として「レイプ論」を描いていく。
今後、レイプ事件が起こったら、次々、描いていく。
「公」のための戦い、女性の人権のための戦いとなる。
人権は自然権ではないぞ、国が守るべき人の尊厳としての
人権のことだ。」

これでは【断定形】で描いて山口氏が【凶悪な犯罪者】である事が
【確認された事実】だとする漫画を流布した点が名誉棄損であると
訴えられている現状から、論点をずらして逃げ回っているように
見えてしまいますし、小林先生は稲田朋美さんや指原莉乃さんや
三浦瑠麗さんを【名誉男性】と称して
「この女達は男尊女卑的な自称保守オヤジ供の言論ホステスとして
女性が不利になる社会を目指す、本当の意味での【女性の敵】である。!」
とする論評をブログやライジングで繰り返し語ってきたのですから
(指原、三浦両氏の名誉男性認定については小林先生の
個人的な愛憎による部分が大きい様に思えますが)
論点ずらしの誤魔化しを継続しつつ、憎き山口の【人でなし】を強調し
【小林よしのりの勝利】と世間に認めさせる目的を達成する手段として
【女性の味方】を気取る男。
新おぼっちゃまくんに登場した
反セクハラ原理主義者で魔女狩り的な糾弾を行う
節句孕芽に従う言論ホスト
「名誉女性小林よしのり」
にならないようご注意下さい。

それなら先ずは新ゴー宣4巻やゴー宣2nd1巻で描かれた
「レイプではないが、躊躇してる女を決心させる為に
襲いかかるという和姦もある」とする先生の考え方を
改めなけれはいけませんね。
2ヶ月前
×
>>60
私宛のエアリプですよね。
ここの管理人 ロックオン・ストキウラトスは
「酔っぱらいに絡む人も同罪です=コメントを削除します。」
と過去のコメント欄で宣言していますので
謎の中国人さんはロックオンに狙い撃たれ
消されても構わないという命懸けの覚悟で
私へ返信して下さったわけですから
私も答えないわけにはいきませんよね。

「ぼくちん~なのねん」
懐かしい口調ですね。桃太郎伝説や電鉄の貧乏神ですか?
小林先生は貧乏神ではなく逆神ですけどね。
小林先生がブログやライジングで持ち上げたり、すり寄った人は
先生の逆神としての神通力で必ずスキャンダルに見舞われ転落し
逆に先生がブログやライジングで批判した人は
逆神の神通力により立ち直って上り調子になるという。

小林先生に「安保闘争の頃の若者よりも知的な若者たちだ!」と
評されたシールズ。小林先生が「応援しよう」と号令をかけられた
共産党の小池晃議員や立憲民主党の枝野、山尾両議員。
小林先生が「サムライの様な漢だ!立派な若者だ!」と絶賛した
安田純平さんや小室圭さん。皆さん世間からは逆の評価を受けました。

そして
「『最大限の圧力』が口癖だったアベは、あっという間に梯子を外された
自称保守どもは、トランプはアベを頼りにしていて
アベがトランプを動かしているなどと妄言を吐いていたが
トランプはアベの事なんか屁とも思っていなかった
拉致問題も蚊帳の外にされる可能性が高い
ようするに北朝鮮が大勝利!日本が最大の敗北、これが日米同盟の
リアル」2018.06.04(月)トランプがベタ折れし始めたか?
「トランプの忠犬アベは大敗北の赤っ恥、やがて日本の上空に
キノコ雲が立ち上る。トランプは金正恩とのチキンレースに
小便ちびって逃げ出した。」 2018.06.13(水)金正恩、大勝利!
と先生がブログで、これ以上はないくらい最大級に
下品な罵倒&嘲笑をして下さったお蔭で
これまででも最大級の逆神神通力が発動し
アメリカ抜きのTPPも上手く立ち上がって鉄鋼関税も適用除外され
ベトナムでの米朝首脳会談の結果も今後の日朝交渉への追い風となりました。

先生にブログで「つくづく情けなくなる。タブー感が強すぎて理解できない
不愉快で残念である。児童に対する猥褻目線は一番理解できない感覚だ。
同業者に強く批判もできないし、ただ情けないと言うしかない。」
2017.11.26(日)児童漫画のプロにとって児童は神聖だ
と批判された和月伸宏先生も
逆神の神通力のおかけで見事に復活し、るろ剣北海道編1、2巻は
小林先生の大東亜論全巻と新堕落論、辻説法、ゴー宣2nd全ての総売上を
遥かに凌ぐ勢いで売れています!。

そいうえばるろ剣北海道編2巻で劍客兵器の一人に切り殺された
警官の中に、現在の小林先生風(デブのり)の警官がいました。
「脱獄者は殺しても構わん!」と部下の警官に号令をかけ、劍客兵器の男に
「殺せと言ったな、言った以上、殺される覚悟は有るんだろうな。」
と返された後、無残に斬り殺され生首が宙を舞う。
何故かHANADAの山口敬之氏の手記【言論の悪質な「あおり運転」】
の項にて語られている「思い知らせる、巧妙に潰す、殺すときゃ殺す」
と恫喝する小林先生の振る舞いが今後招くであろう
【本人に起こりうる最悪の結末】を描いた様な内容でした。
2ヶ月前
×
>>60
「春だからおかしいのが湧いてくる。」的な悪態は既に
2017年10月末~2018年3月1日-[時浦兼 反論コメント削除宣言]
の期間中、タコ社長さん&武藤さんの悪態ツートップを筆頭に
クリリンがやって来たさん、Rashidさん、トワージさん
ニセただしさん、みるみるさん、木落猿右衛門さん
だふね女史、urikani女史、わんこ☆女史
多くの常駐組の方々からも 頂いておりまして、

私が「反論になってない単なる悪態は、小林先生や
常駐組の方々の普段の行いにも悪態内容に該当する部分があるので
容易に諸刃の剣となりますよ。」と実例を出した上で
ブーメランに変換して小林先生及びニセただしさんや
わんこ☆女史達へお返しして、 それで悪態は収まったのですが
謎の中国人さんはご存知なかった様ですね。 それらのコメントは
2018年3月1日-コメント検閲宣言以前の書き込みだったにも関わらず
さかのぼってロックオン・ストキウラトスが全削除したので
知らないのも無理ありません。

【頭でっかちなグダグダ文章】と悪態をつくよりも
私やmax301さんの【論点をずらしている】
【日頃からのファクトチェックを誇るなら相手の主張の確認は必須】
この指摘について具体的に反論された方が有効な
小林先生への援護射撃になりますよ

まあanamochi君の「小林支持者と反論者のどちらが愚かか
ニュートラルな閲覧者が判断出来る様に両方のコメントを残すべき」
とした素晴らしい提案を無視して
「読者からは小林先生への猛烈な反対意見も来ている
先生はそれにきちんと向かい合い反論して議論を進めている」
と倉橋耕平氏に向けたブログで語っていたロックオン師範代が
私とmax301さんのコメントだけを消すのに躍起になりながら
>>64 >>65 >>66 の様に小林先生が現在憎悪してる相手へ向けた
批判ならば、下品な罵り言葉のオンパレードだとしても
毎回お咎めなしで残しているわけですから、一門下生の貴方が
悪態と嘲笑で返すやり方しか出来ないのも致し方なしですが

そういえば去年3月1日から始まった異論反論コメントの
検閲、削除は今月でめでたく一周年を迎えましたね。
2ヶ月前
×
本当のところ、小林先生や時浦さん、師範の方々は
山口氏の最新手記を読んでおられるのでは?
その上で これはマズい… と思ったので
「読まない、反論しない」の【触れない宣言】をしたのでは?

「皆で訴えられた小林先生を助けよう!最新手記を読んで
小林先生への援護射撃になる様な よしりん擁護コメント
山口氏への反論コメントを書き込もう!」と考えた
門弟やコメント欄常駐組の方々に最新手記を読まれると
勝ち目のない裁判だと悟られてしまい都合が悪いので…

自発的にHanadaの【小林よしのり氏を訴えた理由】を
「読みました!」 という感想が師範からもコメント常駐組からも
全く出てこないのは【Hanadaの手記を読んだ】という
事実そのものが、小林先生に非難される可能性があって
それを恐れているからのように見えます。
その結果ここ、甘江照輝ちゃんのトレーラーでは
ファクトチェックを放棄した、訴訟の理由とは直接関係がない
山口氏の人間性をなじるコメントと
安倍政権が介入し不起訴にしたという
陰謀論コメントばかりの
嫌らしい空間になっていますね。

ですがご安心下さい!
師範や常駐組の方々が赤軍総括を恐れて
Hanadaの最新手記には触れられないであろう…と
前々から我々は見越していて、こんな事もあろうかと
既に山口氏の最新手記の大要まとめを作っておきました。
まずは山口氏が小林先生を訴えた理由から 御覧下さい
--------------------------------------------------------
・小林氏は私(山口)が白目をむき不気味に微笑みながら
全裸で女性をレイプする絵を描き、別の絵では
陰険な表情の私に安倍首相の絵が描かれた提灯を持たせて
【国家権力にレイプを揉み消してもらった卑劣な提灯ライター】
だと断定形で犯罪者認定した。
私は「酒に睡眠薬等を混入して意識を朦朧とさせた」事も
「レイプ行為に及んだ」事も 今までの人生で一度たりともしていない
実在の民間人に対して何の断りもなく、名前を呼び捨てにして
不気味な異常者、犯罪者として描き、職業を馬鹿にする様な
下劣な漫画を描いて日本中で販売することが許されるのだろうか?

・小林氏はこれまでも虚構のストーリーを事実であるかの様に捏造し
根拠なく他人の名誉を傷つけ、無実の人を犯罪者と決めける
誹謗中傷を繰り返してきた。これは大変恐ろしいことであり
誰かが彼を止めなければならない。

・私と伊藤氏の意見が対立し、警察が捜査を行った。
私も伊藤氏も複数回、検事と話をして
警察と検察が収集した考えうる限りの証拠と証言を元に
総合的な検証が行われた結果、伊藤氏の主張は退けられた。
警察と検察が収集した膨大な量の証言と証言は
曖昧な週刊誌レベルの情報にどとまる小林氏では到底知り得ない
【当局によって確認済みの、世に出回ってない客観的証拠、証言】
【質、量的にも小林氏が触れうる情報を完全に凌駕した総合的情報】
である。小林氏が私を中傷した漫画は、伊藤氏の主張が退けられた後に
描かれた。 言論人なら主張が対立している双方の意見に耳を傾けるのが
基本中の基本だが、私は小林氏とは一度も面識がなく、取材などを
申し込まれた事も一度もない。
「うら若き女性が実名で性犯罪被害を訴えているのだから事実では?」
と一般人が憶測を巡らせるのは個人の自由だが、著名な漫画家である
小林氏が【片方の主張のみを真実として採用した事への根拠を示す】という
発信者としての最低限の責務すら果たさず、それに加えて
【捜査のプロである警察と検察の判断を覆した根拠】も示さないまま
【国家権力と結託して無罪になったレイプ魔・山口敬之】
と決めつけた漫画をあたかも事実であるかの様に発表し
日本国中に流布することが許されていいはずがない。

こうした思いから私は小林氏を訴えた。


2ヶ月前
×
この手記の「根拠なく他人の名誉を傷付け
無実の人を犯罪者と決めつける」のくだりを読んで私は
小林先生に【薬害魔王 殺人医師】と称され
想像上の利権構造を作られて徹底的に叩かれ
日本における加熱製剤承認の最大功労者だったにも関わらず
社会的に抹殺され、家族を含めた人生を台無しにされ
最期は葬式すら挙げられなかった安部英医師の
真実を知れば知るほど心苦しく、後味の悪い結末を思い出しました。

薬害事件は小林先生が鵜呑みにしていた櫻井よしこ氏ですら
関連書籍を絶版にしたというのに、小林先生はいまだに
「被害者救済の為にワシは必死に安部英を悪魔化した!」
「菅直人が厚生大臣に就任しなければ、薬害エイズの解決は無かった
子供達の大量殺人を国の責任と認め、謝罪賠償に導いてくれた
大きな功績がある!」と
自分と菅直人氏の功績であるかの様に語られていますが
安部英医師にすべての責任を押し付けマスコミに晒し者にさせて
菅直人厚生大臣が冤罪の論陣を放棄した結果
B型肝炎訴訟が起きて【罪なき罪】として更なる謝罪が起きました
そして新薬の許認可は、薬害事件の教訓から海外の試用期間から
より一層遅れることになり、患者は副作用のリスクを承知で
無許可の新薬をネットで入手するようになりました。

小林先生の評価の曲がり角は911と原発と女系天皇だと言われていますが
藁人形論法の始まりは薬害エイズ問題の時でしょうね。
これで藁人形に味をしめた小林先生は安部英から安倍晋三へと
現在は必死に安倍総理を悪魔化していますが
この漫画的洗脳手法も今となっては虚しいものですね。
無茶な連載本数を抱えゴー宣のクオリティは
明らかに落ちています。毎回、狂言回しキャラクターの
岸端さんが食事中に政治や国際情勢に関する
不満や疑問を小林先生に投げ掛けてくる。
岸端さんが不自然に堅苦しい話題を振ってくるワンパターンを
流石に恥ずかしく思ったのか、最近、小林先生が「堅ったいな~」
と茶化す演出もありましたね。内容もブログやライジングで既に
扱った話題と重複、これは楽をする+「テルテルトレーラーの外側の
世間の人々にもワシの言動を上位承認させたい。」ということで
一石二鳥な方法なのでしょう。

そして肝心の本編も過去作品コピペ絵だらけの
【「絵解き」漫画】に成り下がってきますし。
コピペ絵の中でも SAPIO2017年6月号【皇室典範「特例法」の問題点】
で描かれた【創価、極左と結託し天皇を木偶人形にしたい極右安倍】
の絵は先生のお気に入りらしく、SPA!ゴー宣とFLASH辻説法でも
度々再利用されていますね。
2017年の単行本未収録SAPIOゴー宣エピソードは
ほとんどが封印作品になりそうですが…

「誰かが小林氏を止めなければならない。」
何時やるの?今でしょ!

その時が訪れたのでしょうね。
2ヶ月前
×
>>86
「ブログ全体を見ていれば読解出来るものばかりです。」

私は一つのブログに限定した【全体】でなく、今までに書かれた
「あのな、教えたろか」ブログ【全体】を読み比べると
たちまち矛盾が生じ、その場しのぎの自己正当化
取り繕いの粗だらけで「ついて行けない」
となった側の人間ですが。

閲覧者に「小林よしのりが正しい」と思い込ませた上で
(常に正しいワシの主張を否定するような言動で
ワシを侮辱し、ワシに屈辱を与えた)憎き相手側を
「こいつは無知、愚か者、人でなし」であると蔑み貶め
恨みを晴らしてスッキリする事ばかり優先し
今回のケースだけ、一時だけなら一番もっともらしく聞こえる
理由や理屈をくっつける。

毎回毎回、まだ自制心が身についてない子供が
望んだ結果を得られずに癇癪を起こしたかの様に
瞬間的な怒りに任せて熟考せず書きなぐるブログなので
書いた本人がしばらくしたら発言内容を忘れる
常に自分の主張が上位承認されないと気がすまない
子供マインドな【喉元過ぎれば熱さを忘れる】程度の
怒りの感情が発端なので、喚き散らして満足した後の子供の様に
発言内容を忘れる。むしろ小林先生に批判された側の方が
「子供を相手にしているとは夢にも思っていなかった」
と仰天するくらいに、あっさりと忘れる。

今この瞬間の怒りや不満をぶちまけてスッキリ出来れば良しとする
わがまま小皇帝の一切熟考していない書き散らかしだから
そもそも最初から前後の言動との整合性を図ろうという発想がない

こうしてバイバインの栗まんじゅう式に膨れ上がった自己矛盾は
「過去の発言を探して来る馬鹿」「常に思想して成長してアップデート」
という【魔法の言葉】で全てリセット

雪崩式に読者が離れていった最大の原因は
911テロ賛美でも、女系天皇でもなく
道場ブログを始めた事 でしょうね。

「テレビで見たコイツの言動が気に食わない」
「世間のこういった風潮が気に食わない」
「本やネットや人づてで見聞きした~が気に食わない」
と【小林よしのりの見解と違うから不満、不愉快だ】
とする怨嗟の声を、365日時間の許す限り無制限に
巻き散らかせる様になり、SAPIO欄外の
限られたスペースだけで文句、愚痴を書いていた頃は
ページ数の都合でまず扱えなかった些細な出来事に対しても
満足するまで無制限に文句、愚痴を書けるようになる。

こうして連日何かしらを痛烈に批判してるのだから
当然、小林よしのりの主張への異論反論、批判の声は
ブログが無かった頃よりも大きくなる
持論が上位承認されないと気がすまない小林先生は
批判の声への再反論に関しても、SAPIO欄外スペース縛りが消え
ブログで無制限に行えるので
いちいちムキになってその場限りの自己正当化が成せれば良しの
雑な再反論を行い、わざわざ自己矛盾が起こる原因を増やしていく

ゴー宣やわしズムといった雑誌媒体だけの時代よりも
多くの人目につきやすいネットで相も変らずゴー宣方式の
人格攻撃的な内容も含んだ他者への批判、罵倒、嘲笑
を延々と繰り返して、それで身内に甘く他人に厳しい自己矛盾も
どんどん露呈しているのですから
爆発的な勢いで人々から嫌われ、呆れられ、読者が去っていくのは
当然なのです。出版不況や本離れといった外的要因のせいではありません。

ライジングにしろ道場ブログにしろ、他者への批判ありき
誰かしらを悪く言うことを生業にしているかのように映る人間が
人々から好感をもって迎えられると思いますか?
それが一部のインテリ、堅物を除いた、普通の人々に好かれていた
おぼっちゃまくんのギャグ漫画家よしりんと
影のフィクサーを気取り世間への影響力がある事にしておきたい
言論人ゴー宣登場の小林よしのりの違いです

「ワシの読者は30~40代がメイン」 当然ですよ
熱心なシンパもアンチも
もう おぼっちゃまくん直撃世代 だけしか残ってないのです
子供時代におぼっちゃまくんに親しんだ思い出補正で
他の世代よりも愛憎が深くなるのです。
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。