• このエントリーをはてなブックマークに追加
「カジノでなにが起きるのか?」小林よしのりライジング Vol.330
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「カジノでなにが起きるのか?」小林よしのりライジング Vol.330

2019-09-24 21:45
  • 78
72fb1ce34d59e15889f7d5df6d4dc68b237d894c
第330号 2019.9.24発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…今月20日、神奈川県横浜市議会は「カジノを含む統合型リゾート施設(IR)」の誘致準備費用2億6000万円を盛り込んだ補正予算案を成立させた。安倍首相はカジノを「経済成長の目玉」と絶賛し、横浜市長も地域経済の発展を謳ったが、カジノの収益は「誰かがバクチで負けたカネ」である。それが本当に経済繁栄をもたらすのだろうか?外資系カジノ屋に媚びへつらっているのに?ラスベガス、マカオ、シンガポール…実際にカジノでは何が起きているのか?
※「ゴーマニズム宣言」…戦後最悪といわれる日韓関係が一切改善の兆しを見せない中、朝日新聞や東京新聞など左翼メディアは、この事態は一方的に日本が悪く、韓国には一切の非はないとする「韓国無謬論」の信者と化し、韓国を批判する言論を封殺しようと躍起になっている。今回はその手口を分析していこう。
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!若い世代で「おしん」の再ブームが起きていることをどう見てる?時代が変わっても「面白い」と思うギャグを生み出すには何が必要?職があり家族がいるような真っ当な人たちが、サヨクやネトウヨになってしまうのは何故?安倍首相は良き改憲のための議論などしてくれるの?「ひ弱」を脱する、脱させる為にはどうすればいい?おぼっちゃまくんはなぜ角がはえているの?最終回を迎えた『凪のお暇』はどうだった?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. 泉美木蘭の「トンデモ見聞録」・第141回「カジノでなにが起きるのか?」
2. ゴーマニズム宣言・第342回「朝日新聞、今度は韓国無謬論かね?」
3. しゃべらせてクリ!・第287回「止めてクリるな!ぽっくんはひとり旅を行くぶぁい!の巻【前編】」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




d0341ad05fcd097fda3efd17d8490d73efe0402c

第141回「カジノでなにが起きるのか?」

 今月20日、神奈川県横浜市議会は「カジノを含む統合型リゾート施設(IR)」の誘致準備費用2億6000万円を盛り込んだ補正予算案を成立させた。カジノに反対する横浜市民は多く、パブリックコメントに寄せられたのも9割が反対意見だったというが、一切無視して2020年代開業へと突き進むようだ。

 挙手しているカジノ企業は、主に外資系だ。トランプ大統領のスポンサーでもある米カジノ最大手ラスベガス・サンズは、今年6月の段階では大阪湾・夢洲への進出計画を言及し、「東京と横浜はチャンスなし」などと言っていたが、8月になると一転。大阪への入札を見送って「東京と横浜に注力」と真逆の発表を行った。

 9b8ca4cab7992e9745037f676e3c3b99115f1313

 参入を狙うライバル企業は多く、牽制球を投げたり、契約を有利に運ぶためのブラフにかけたりしているのかもしれないが、「東京と横浜は、住民理解と行政対応が整わない」と言ってみたり、「大阪はインフラ面が整わない」と言ってみたり、要求も甚だしい。
 おかげで各自治体は、すっかり舶来のカジノ屋にあやつられ、「なんとかカジノ様にお越しいただきてぇ!」とばかりに目の色変えて立ち回っているというありさまである。

■カジノ企業は最高権力者のスポンサー
 米サンズはトランプ大統領のスポンサーと書いたが、2018年10月11日の朝日新聞デジタルによれば、安倍首相は、2017年2月に訪米してトランプ大統領の別荘でキスアスしていた時に、どうやらサンズへの日本での事業許可を検討しろと要求されていたらしい。
 参入を狙って根回ししているのは外資系だけではない。
 日本でも、セガサミー、ユニバーサルエンターテインメントなど、海外でカジノを展開したり、カジノ向け決済サービスを牛耳っている企業が何社もある。特にパチンコ・パチスロ機メーカーでもあるセガサミーは熱心だ。
 日本でのカジノ解禁をにらんで、2017年に韓国の現地法人と組み、仁川国際空港の近くにカジノを開業。韓国は、日本の4分の1ほどの国土に17か所ものカジノが存在するという“カジノ先進国”でもある。ここに日本人スタッフを送り込み、ノウハウを蓄積しようというらしい。

 日本でのカジノ推進議論は1999年頃からはじまり、2012年の政権交代を経て2013年に突如沸騰、2013年12月に「IR推進法」が提出されてブイブイ風が吹きはじめ、2016年12月の臨時国会で成立。このさなか、絶妙のタイミングで、こんな出来事があった。
 2013年9月、ホテルオークラ東京で開催されたある披露宴である。
 新郎は経産省若手キャリア官僚の鈴木隼人氏、新婦はセガサミー・里見治会長の令嬢。この宴の席には、現職総理である安倍晋三を筆頭に、小泉純一郎、森喜朗など元首相が並び、菅義偉官房長官ほか閣僚が勢ぞろいしたという。
 セガサミー・里見氏は資産1113億円とされる大富豪で、安倍とは第一次政権時代から親しく、下野した際も「物心両面で面倒を見た」と言われる“超極太スポンサー”だ。安倍政権が、披露宴直後の通常国会会期末ギリギリにカジノ実施法案を成立させたのは、トランプ大統領へのキスのほか、日本のギャンブル王へのご祝儀でもあったのではないか? 

 ちなみに、新郎の鈴木隼人氏は、披露宴翌年の衆院選で自民党・東京ブロック比例代表で出馬して当選。名簿順位は25位だったが、その上の24人は小選挙区で立った候補者で、事実上の名簿1位、当確候補だった。

■カジノ施設は地場産業から消費を吸い上げる 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他64件のコメントを表示

 WiLL掲載の「ゴー宣」を読み終わりました。 
 正直な感想を述べると、これぞギャグ漫画の神髄だと言えます。何も間違ったことは描かれていません。戦時中の韓国人女性がどういう経緯で慰安婦になったのか。その慰安婦が、現在どのような扱いを受けているのか、笑いを織り交ぜながら、正確にかつ詳細に紹介されています。 
 おそらく「SPA!」が掲載の見送ったのは、慰安婦像に対する批判はともかく、慰安婦像の描き方があまりにもコミカルだったからだと思います。 ですが、そもそも、慰安婦像そのものがプロパガンダでありながら(主に左翼から)絶対的な価値観とされている以上、そこを理論的に批判するだけでなく、イメージとしても相対化させるのは当然であり、それを認めないまま「表現の不自由とは」と語りだすのは欺瞞というものです。 
 今回の少女像批判は、「SPA!」に載せるなど勿体無い位です。そして、これを読まないのは、人生を損していると言っても良いですね。

No.69 33ヶ月前

私も後れ馳せながらWillを購入しました
これが少女像への侮辱云々という抗議を恐れて掲載拒否されるとは、嘆かわしいこと、ですかね...
実態のない空虚な従軍慰安婦の象徴をパロって、それで抗議してくる人たちにソンタクしなければいけない
商売・金と自由。私ごときにその最適バランスなどわかりようもないですが、このよしりんの表現活動だけは、守られるべき。買い支えたいと強く思います

No.70 33ヶ月前

遅くなりましたが、WiLLに載った問題作(?)の感想を。

価格を見て少したじろぎましたが、900円で表現の自由を守る事に微力ながら貢献できるのであればと思い、初めてWiLLを購入致しました。
私は、「少女像」には芸術性を感じませんが、「よしりん少女像」には芸術性を感じました。
改めて慰安婦問題の本質を再確認するとともに、「芸術性」についても考えさせられる傑作だと思います。
マッコリを久々に飲みたくなりました。

No.71 33ヶ月前

こんにちは。 
WiLLに掲載されたゴー宣の感想を書きますm(__)m

SPA!で不掲載になった、ということで一体どんな内容なのだろうかと発売前から楽しみにしていました。

実際に読んでみると、とにかく面白い回でした。よしりん少女像の視点で慰安婦問題の経緯がわかりやすく描かれていて、予想される批判のことまでふまえてあったので読んでいて楽しかったです。
韓国への悪口では全くなく、むしろ慰安婦になって、元慰安婦として過ごしてきた人々に焦点が当てられていて、さらに少女像が建てられるような現在の慰安婦問題まで含めて描かれているところがいいなと思いました。
事実を知りたいという気持ちが強くなります。

慰安婦問題に関しては、「叩く」か「利用する」かのような論調がよく見られますが、
よしりん少女像が語る慰安婦問題はそれらとは違うものでした。貴重な一回だったと思います。
普段からのWiLLの読者がどう感じたのだろうかということも気になります。

この回が不掲載になったのは特に内容が過激だからとかいうわけではなく、どんな批判が飛んでくるかわからない、と恐れてしまったからだと考えるのが自然だと感じました。

No.76 33ヶ月前

遅くなりましたが、よしりん先生質問にお答え頂きありがとうございました
(^人^)
『凪のお暇』本当に面白かったですね。
確かにあんなアパートあり得ないですね
f(^ー^;
おとぎ話みたい、にはなるほろけっとです。
確かに~~♪

No.78 33ヶ月前

よしりん先生の軍事パレード見たいです
ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

No.79 33ヶ月前

小林先生、肩や首や背中に痛みを感じるそうで…。
それでも、気にせず、描かれているとの事でしたね。
その“気持ち”を手本にさせて頂きたく存じます。
ご健康で在られますよう、お祈り致します。

No.80 33ヶ月前

肩や首の痛みが肩こりとかではない場合であったりもするらしいですね。

No.81 33ヶ月前

こんばんはー。
もくれんさんの「トンデモ見聞録」、読ませて頂きました。
「オドレら正気か?㏌大阪」では、残念ながらお話が聞けなかったので、改めて取り上げて下さって、ありがとうございました。
ディズニーランドの件、めっちゃ笑いました。
ですが、皆が無邪気に楽しんでいる周囲は、その様なことになっているのか・・と、ぞっとしました。
ジャンケットの存在も、こわっ!の一言です。
「カジノ」は、自分にとってフィクションか、遠い国の話という感じで、正直あまり考えたことがなかったのですが、こんなことをしようとしているのかと、腹が立ちました。
日本に、こんなギャンブルを取り入れようとしているなんて、本当に「オドレら正気か?」です。

ゴー宣・第342回
「嫌韓」と「嫌韓ヘイト」を、同列に扱っているから、色々ややこしい話になっているのでは、と、思いました。
朝日新聞さんは、相変わらず、レッテル貼りと印象操作を、伝家の宝刀にしているのでしょうか。
受け取る側も、きちんとした判断が出来るようにならなければいけないと、改めて感じました。

ありがとうございました!

No.82 33ヶ月前

山本太郎氏の改憲を巡る発言で、野党がサヨク集団と化してしまいました。山本氏は、他の議員に比べれば是々非々で発言していたと思うのですが、国民が憲法論議をしても食いついてこないと判断するや(これの是非については大問題だが)、消費税中心に世論に訴え、とりあえず自民党政権に終止符を打つ方向に舵を切ってしまいました。

一般国民の感覚から言うと、いまだに自民党は保守で、公明党はそのブレーキ役、共産党は危険過ぎて論外な存在、他の野党はいわゆる理想ばかり語り、政権担当能力がないということなのでしょう。自民党が悪だと認めるのも勇気がいるのではと思います。だから、あれだけ政策がひどくても、野党よりましということになる。
 本当に必要なのは(実際にすぐに支持を得るかどうかは?だか・・)本当の保守政党なので、立憲民主党も一時期期待されたし、れいわも同じだと思います。共産党が党名をおろせば別だが、共産党のままで共闘すると、保守的な国民は拒絶して、結局政権交代はできないと思います。
 憲法改正論議を含め、政治への無関心こそが、根源的な問題で、理論ではなく感覚で行動する日本人を変えていこうと思えば、ラグビーチームのように、結果を残すしかないかもしれません。消費税減税勢力が政権を奪取し、景気が回復すれば、はじめて自民党の失政を認めるという順番を踏まないと納得しないかなと思ったりしますが、いかがでしょうか?

No.89 33ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。