• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「地球温暖化の原因はCO2(二酸化炭素)か?」小林よしのりライジング Vo.331
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「地球温暖化の原因はCO2(二酸化炭素)か?」小林よしのりライジング Vo.331

2019-10-01 20:40
  • 75
72fb1ce34d59e15889f7d5df6d4dc68b237d894c
第331号 2019.10.1発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…9月23日、国連の温暖化対策サミットでスウェーデンの16歳の活動家、グレタ・トゥーンベリが各国代表を前に演説を行い、経済成長を優先して温暖化対策の取り組みに消極的だった「大人たち」への怒りをぶつけ、涙ながらにCO2(二酸化炭素)削減を訴えた。現在マスコミはグレタを大絶賛して英雄扱いしているが、グレタを持ち上げている大人たちは本当に責任を持てるのだろうか?地球温暖化の原因はCO2(二酸化炭素)なのか?
※泉美木蘭の小説「正しい宗教のつくり方」…清田政宗に背中を押されながら溶田研究会の大学生メンバーが集まる「溶田インカレ勉強会」の議論に毎月参加している鶴見佑子。間違った認識を容赦なく糾弾する主張の強い学生が多く、ただただ標的にならないよう、小さくなっているだけで精一杯だった。しかし小さい頃から引っ込み思案で、自分の意見を持たない子供だった私が今、溶田研究会と出会い幸せを感じている…!!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!大人は何故たばこを吸う人がいるの?自分には病気に対する偏見があるのでしょうか?なぜ保守を自称しながら左翼に引っ張られてしまう言論人がいるの?「2000万円の蓄えが必要」という金融庁の報告書を撤回はあり?貴ノ富士の暴行&自主引退勧告をどう見る?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第343回「地球温暖化の原因はCO2(二酸化炭素)か?」
2. しゃべらせてクリ!・第288回「止めてクリるな!ぽっくんはひとり旅を行くぶぁい!の巻【後編】」
3. 泉美木蘭の小説「正しい宗教のつくり方」・第4回「私はなにがしたいのか?」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




397160458203ddcca0fd3b22b941caa5ccc4e67c

第343回「地球温暖化の原因はCO2(二酸化炭素)か?」

 純粋まっすぐ少女が、国連に出てきて顔をゆがめて居丈高に大人たちを糾弾する演説をしている映像なんか見たら、まずその時点で少なくとも『ゴー宣』の読者ならば、直感的に警戒心が湧くのではないだろうか?

 9月23日、国連の温暖化対策サミットでスウェーデンの16歳の活動家、グレタ・トゥーンベリが各国代表を前に演説を行い、経済成長を優先して温暖化対策の取り組みに消極的だった「大人たち」への怒りをぶつけ、涙ながらにCO2(二酸化炭素)削減を訴えた。
 グレタは昨年8月から毎週金曜日に学校をボイコットして「気候のための学校ストライキ」と書かれたプラカードを手に、国会議事堂の前で座り込みを始め、同様の行動をするようにと、SNSで世界中の若者に呼びかけた。
 その活動は「#FridaysForFuture(未来のための金曜日)」と呼ばれて瞬く間に広がり、今年3月15日の金曜日に行われた「未来のための世界気候ストライキ」には、世界125カ国で100万人以上の学生が学校をさぼって参加した。
 グレタはたった1人で始めた運動を1年足らずで世界規模に拡げたということで、ノーベル平和賞の候補にノミネートされ、TIME誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれている。なおグレタは現在、学校を1年間休学して地球温暖化をアピールする活動に従事しているという。

 国連温暖化対策サミットを前にした、9月20日金曜日の抗議行動は世界160カ国で行われ、参加した学生は400万人以上にも上った。
 ニューヨーク市の公立学校は、デモ参加のための欠席を認める異例の対応を取り、このデモに参加したグレタは「きょう学校や仕事を休んだとしても、気候変動対策のほうが大切です」と訴えた。
「バカ言うな! 学校や仕事の方が大切だ! 日常に戻れ!」と言いたくなるが、『脱正義論』を読んだ者なら分かるだろう。

 ところが、現在マスコミはグレタを大絶賛して英雄扱いしている。
 ただ「若者」であることだけを武器にして、「あなた方は私たちを裏切っています。しかし、若者たちはあなた方の裏切りに気付き始めています。未来の世代の目は、あなた方に向けられています。」などと演説し、大人を糾弾するグレタに対して、特に左翼マスコミは惜しみない賛辞を贈るのだ。
 朝日新聞は9月25日の社説でグレタの演説から「若者はあなたたちの裏切りに気づき始めている。もし私たちを見捨てる道を選ぶなら、絶対に許さない」の言葉を引き、「こうした若者たちの怒りを重く受け止めねばならない」と唱えた。
 NHK「クローズアップ現代+」では9月26日の放送でグレタを特集し、キャスターの武田真一アナが「グレタさんの言葉に、大人の一人として私も目を覚まさせられました」なんて言っていた。
 マスコミは、本当に責任持てるのか?

 グレタは11歳の時に地球温暖化への不安から鬱になり、12歳で自らビーガン(完全菜食主義者。肉・魚だけでなく、卵・乳製品も一切摂らない)になり、同じく12歳の時から環境への負荷を抑えるためとして飛行機に乗ることをやめ、国連に出席する際にはCO2排出量ゼロのヨットで15日間かけて大西洋を横断して来た。
 グレタの父はスヴァンテ・トゥーンベリという俳優兼作家・プロデューサー、母はマレーナ・エルンマンというオペラ歌手で、二人とも環境保護の活動家である。
 両親はグレタと共に頻繁にメディアに登場、グレタがヨットでニューヨークに向かう際には父親が同伴。母親は「娘は空気中のCO2を裸眼で見ることができる」というイタい発言をしたことがある。
 また、グレタは発達障害の一種である「アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム症)」を抱えている。これは「コミュニケーションや対人関係が苦手」「興味の偏りやこだわりの強さ」「感覚の偏りや動きのぎこちなさ」といった特徴がある障害だが、両親はグレタの発達障害や摂食障害などについても積極的に発言しているという。

 両親がどこまで意図的にグレタを自分の活動に利用しようとしたのかはわからないが、グレタは両親が学校に行くようにと注意しているのに聞かないというし、ビーガンになることを両親にも強要したり、海外公演に行く機会の多い母親にも飛行機に乗らないよう要求したりもしているそうだから、むしろ両親の思惑をも超えた、過激な活動家になっているのかもしれない。
 おそらく両親は、思い込んだら突っ走る性質を持つアスペルガー症候群を抱えた子供に幼少時から「地球温暖化の恐怖」を刷り込んでいたはずで、そのためにグレタは鬱になり、育ち盛りの時に自らビーガンを選んでしまい、そして環境活動家になってしまったのだろう。これは虐待の結果だと言っていい。
 わしは地球温暖化よりも、この娘の将来の方がずっと心配だ。

 ネット上では、グレタについて「胡散臭い」「どう見てもヤバい子供が周りの大人に利用されてる構図」「彼女に必要なのは学校に行く事と適切な治療だと思います」といった、実にごもっともな声があふれているが、マスメディアでは絶賛しか許されない状態になっている。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他65件のコメントを表示
×
こんばんは。
大変お忙しい中、配信をありがとうございました。

ゴー宣・「地球温暖化の原因はCO2(二酸化炭素)か?」
興味深く読ませて頂きました。

自分も、グレタさんに対し、何となく異様なものを感じていました。
学校に登校しないこともあると知り、いや、学校の方が大事でしょ・・と思ったりもしましたが、外国では事情が違うのか?とも考えたりと、自分の意見に確証が持てませんでした。
何より、テレビでは大絶賛の嵐。
自分がおかしいの??と、もやもやしていました。
ゴー宣を拝読し、自分の感覚は、おかしいわけではなかったと、少しほっとしました。
それにしても、エビデンスがはっきりしていないことを、いかにも事実かのように主張していることは、大問題だと思います。
グレタさんが、「アスペルガー症候群」であることも、知りませんでした。
おそらく、自分で「その様な傾向がある」と、自覚するのは難しいでしょう。
よって、周囲の助け、子どもであれば、親の支えが、何より大切になってくると思います。
小林先生が、「わしは地球温暖化よりも、この娘の将来の方がずっと心配だ」と、おっしゃっていましたが、本当にその通りだと思います。

正しい情報がなければ、判断も間違います。
自分でも、正しい情報を手に入れるよう努力しなければなりませんが、事実を報道するようにも、努力をお願いしたいと思います。

もくれんさんの、「正しい宗教のつくり方」。
キター!!続きが、めちゃくちゃ気になっていました!
あー、鶴見祐子の微妙な気持ち、わかるなあ・・。傍から見てると切ない・・。気持ちがわかり過ぎてちょっと辛い(笑)。
心理描写が、ものすごくリアルですよね。リアル過ぎて、ぞっとするほどです。
もくれんさんの表現力が、すごいと思います。
果たして、今後、鶴見祐子はどうなるのでしょうか?
続きが気になって気になって、仕方がないです。
楽しみに楽しみにしています!

ありがとうございました!
1ヶ月前
×
10月3日に小学館新書より【天皇論「日米激突」】が発売されました!!
そこで《読者写真投稿企画・ゴー宣のある風景》を復活させることにしましたo(^o^)o

さっそくトップページに掲載したのですが、いかがでしょう?
関西人特有のいちびりで、少しネタっぽくなりました(苦笑)

皆様からも、是非、写真を投稿して頂きたいですo(^o^)

「ゴー宣本が映った風景の写真」
こちらのメールアドレスまでお送りください♪♪
kansaigosendojo@gmail.com
1ヶ月前
×
今回のゴー宣でグレタ氏を知りましたが、
その情熱と行動力の高さに、もし両親から
政治プロパガンダを吹き込まれず、
伸び伸びと育っていたら、ゆくゆくは
偉業を成し遂げたかもしれないと思え、
こんな政治プロパガンダに利用された
ことが残念で勿体ないです。

根拠のないことをさも事実であるかのように
吹聴し、同調圧力に屈するのはどこの国でも
あることで、人間共通の行動なんだなと
改めて勉強になりました。

現在はネットでまたたく間に情報が流れるので、
日本だけでなく、世界に対しても「王様は裸だ!」
と言えるように警戒しないといけないようで、
どこまで自分のちっぽけな脳がついていけるか
心配です。

「正しい宗教のつくり方」読みました。
祐子は自分とにてるところがあるので、
毎回痛いところがあるんですが、今回は
共感できるところがあったので、特に読むのが
しんどかったです。

あと、祐子の父親がよしりん先生が
歴史教科書問題に取り組んでいたときに
一時雇っていたアシスタントの父親と
ダブって見えました。

ドンドン祐子の外堀、内堀が埋まっていきますが
果たしてどうなってしまうのか、おっかなくも
木になります。
1ヶ月前
×
本日発売の「よしりん辻説法」の『泣き面に反日』にて、関西ゴー宣道場設営隊ホームページの読者企画「創作茶魔語」を使って掲載していただき、驚きました!!!!

光栄、感動、幸せ、感謝、嬉しい。
今の気持ちを表現するのに、一体どういう言葉を用いたら良いか、全然分からないのです。

小林よしのり先生、スタッフの皆様。
本当にありがとうございました(^o^)

PS.
えみりん&カレーせんべいの創作茶魔語『イカんに思いましゅ』を使って頂き、別の意味で驚いたのは「マイクが超リアルだったこと」です!

『プロの力量』に圧倒されました!
す、すごすぎます!!
1ヶ月前
×
【ブーム到来!?「創作茶魔語」を大募集♪】

関西ゴー宣道場設営隊ホームページ管理人のカレーせんべいです。

本日発売のよしりん辻説法『泣き面に反日』にて、「創作茶魔語」が使われていました♪♪
「丸ハゲよしりん」と「創作茶魔語」のまさかのコラボレーション☆

そして現在、関西HPでは「創作茶魔語」を大募集しています\(^o^)/

「言葉だけの茶魔語」もOK☆
「言葉だけの茶魔語から好きなのを選んでイラストを描く」もOK☆☆

「自分ではつまらないと思い込んでいる言葉」でも、
「自分ではヘタだと思い込んでいる絵」でも、
どこかキラリと光るのが『創作茶魔語』です☆☆

どうぞ、気楽に気軽に、ご応募ください♪♪

よしりん辻説法の「カワウソよしりん」を超えるギャグを編み出すのは、我々読者である!!・・・カモね^^

【創作茶魔語の投稿受付先】
kansaigosendojo@gmail.com

【創作茶魔語のコーナー】
https://kansai-gosen-dojo.jimdofree.com/おぼっちゃまくん-1/創作茶魔語のコーナー-1/

【ちゃまごのたまご(言葉だけの茶魔語)のコーナー】
https://kansai-gosen-dojo.jimdofree.com/おぼっちゃまくん-1/ちゃまごのたまご/
1ヶ月前
×
Flash読んだよ。
めちゃおもろかったです!
これなら確かに赤ちゃんでもわかると思いました。
何でこんなふつーのことがわからんのか、不思議でなりません…そして腹立ちます。赤ちゃん以下か!
1ヶ月前
×
木蘭宣誓の小説『正しい宗教のつくり方』を読みました。

どうか、どうか、佑子が不幸になりませんように。
(>人<;;)

高森先生…間違えた、片守先生の講演へ行って、何かに気付き、目を覚ましますように。
(>人<;;)

このまま政宗や宗泰に利用され尽くしてボロボロになる展開になりませんように。
(T人T;;)

心配ダー。あっ、今気付いたのですが、政宗にも宗泰にも“宗”の字がある。
Σ( ̄□ ̄)!
1ヶ月前
×
↑↑
木蘭宣誓X
木蘭先生〇
間違えました。
失礼致しました。
1ヶ月前
×
今の地球、これからの地球はもっと病的に、凶暴になっていく恐ろしさはありますが、あの少女の目は違う恐ろしさを感じました。
地球保護を訴える、二酸化炭素利権はあると思いますが。
ただ、地球温暖化と異常気象による災害は、産業革命以降の二酸化炭素放出量の著しい増加が原因だと思います。
1ヶ月前
×
笹氏の説教は良いと思います。

全国推進隊長が各地方の心を掌握出来ずに、全国展開は到底無理な話です。

ゴー宣道場参加者からすると、ゴー宣道場は生活が掛かっているわけなく、これが無くなっても人生に支障をきたすわけでもありません。

言葉は悪いですが、趣味や生き甲斐といったレベルです。

仕事のような感覚を持ち込み過ぎると、人はついて来なくなり、地方は自然と瓦解するでしょう。

機械やコンピューターを相手にしているわけではありません。
人対人です。
厳しくも優しくあってください。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。