• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「東京はニューヨークにはならない!」小林よしのりライジング Vol.352
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「東京はニューヨークにはならない!」小林よしのりライジング Vol.352

2020-04-14 22:15
  • 234
72fb1ce34d59e15889f7d5df6d4dc68b237d894c
第352号 2020.4.14発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…日本における新型コロナウイルスの死亡者は4月12日時点厚労省発表で98人、諸外国に比べて極めて少ない。デマ恐怖を煽りたいマスコミは「不都合な真実」である死亡者数を一切無視し、ひたすら感染者数だけを取り上げて恐怖を煽りまくっている。そして連中が最近必ず言うのが、「東京もこのままではニューヨークのようになる」「今のニューヨークは、2週間後の東京だ」である。本当に東京はニューヨークになるのか!?
※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…日本中が「新型コロナ恐怖症」「一億総強迫神経症」だ。日本の感染死者数は他国に比べて驚くほど少ないが、この事実は「新型コロナ恐怖症」に罹った者にとって都合が悪いのか、「日本には10万人の肺炎死者がいる、コロナ死者が混じっていて、本当はもっとコロナ死者がいるはずだ」という陰謀論が蔓延している。まるで「謎の大量の肺炎死者」がいるかのような情報はデマである!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!玉川徹はコロナが入ってきた原因であるグローバリズムについて、今どう考えている?もっと危険な疫病が流行した時のために、防疫体制や緊急事態法なども考え直すべきでは?家族の「コロナパニック」に従ってしまった自分は個が弱い?庶民の生活がわかっているような政治家を出すためにはどうすべき?スポンサー企業はマスコミが自粛を煽る状況をどう思っている?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第368回「東京はニューヨークにはならない!」
2. しゃべらせてクリ!・第309回「現代の闇!メタボ・パラサイト万引き家族ぶぁ~い!の巻〈後編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第162回「撲滅すべき肺炎陰謀論」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




261db4f328cffde008e481cdb91e03076984907c

第368回「東京はニューヨークにはならない!」

 生きてるうちに、こんな世界規模のパニックが見られるとは思いもしなかった。しかもそのパニックを巻き起こしている恐怖の正体が実はデマにすぎないのだから、まさに現実は漫画よりも奇怪である。
 だが、わしがいくらこれはデマだと発信しても、一向に世間には浸透しない。
 マスコミがあまりにも愚かで悪質だからだ。

 日本における新型コロナウイルスの死亡者は4月12日時点厚労省発表で98人、諸外国に比べて極めて少ない。
 デマ恐怖を煽りたいマスコミは「不都合な真実」である死亡者数を一切無視し、ひたすら感染者数だけを取り上げて「今日1日で何百人感染した、過去最高だ!」と連日煽りまくっている。
 4月12日時点厚労省発表の感染者数は6748人だが、こんなのは微々たる数字と言っていい。本当は、検査せず表に出ていない感染者は既に5万人くらいいるのではないかとわしは思っているが、それでも大した数字ではない。
 毎年のインフルエンザの感染者は1000万人だし、2009-10年に流行した新型インフルエンザは、免疫を持っている人が少なくワクチンもなかったため2000万人が感染したと推計されている。
 新型コロナの感染者数も、死者数さえ抑えられれば2000万人まで増えても全然かまわないのであって、そうなれば集団免疫ができて、これは単なる「ふつーのウイルス性感冒」になるのだ。

 マスコミの中でも特に極悪であるテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」では「コロナ真理教」の二人の教祖・玉川徹と岡田晴恵が毎朝毎朝恐怖を煽りに煽り、出来る限り全国民にPCR検査を行え、感染者は一人残らず隔離せよ、新型コロナウイルスを根絶せよという主張を繰り返し、そのためならば経済が崩壊しようとかまわないとでもいうような勢いである。
 ウイルスとは共生していくしかないのであって、根絶などできない。玉川・岡田の言うことは、できるわけのないことをできると言い張るカルトの教義そのものなのだが、マスメディアの威力で、異論を許さぬ全体主義の空気を生み出している。
 そして連中が最近必ず言うのが、「東京もこのままではニューヨークのようになる」「今のニューヨークは、2週間後の東京だ」である。
 現在のニューヨークは世界で一、二を争うような悲惨な状況だから、その映像を見せて東京もこうなるぞと脅せば、洗脳効果は抜群である。
 かつてオウム真理教は「地獄のビデオ」を見せて恐怖で信者を思考停止にさせ、教団の教義を吹き込んで洗脳していたが、やっていることはそれと全く同じなのだ。

 ところがこんなカルトにお墨付きを与える「専門家」もいるのだからタチが悪い。
 英国キングス・カレッジ・ロンドン教授で、WHO(世界保健機関)事務局長上級顧問の渋谷健司とかいう医師は「ダイヤモンドオンライン」のインタビューで、日本の現状は手遅れに近いと主張している。
 渋谷は、「外出自粛要請」をベースとする緊急事態宣言では効果が望めず、都市封鎖(ロックダウン)の対策強化をしなければ、日本で数十万人の死者が出る可能性もあるとまで言う。
 そして「検査と隔離」を徹底し、ロックダウンで交通を遮断して人とウイルスの動きを止める以外に感染拡大を防ぐ方法はないとして、こう断言する。
「ロックダウンはやるかやらないかではなく、やるしかないということです。本来であれば4月初めにロックダウンすべきでした。今からやっても遅過ぎますが、やるしかない段階です」
 ウイルスを止めるには社会を殺すしかないと言っているようなものだが、渋谷は、ロックダウンの際には「休業補償などもしっかりとやらなければなりません」と言うのだ。どこまで現実離れしたことを考えているのか?
 玉川徹などは間違いなくこの記事を読んで勇気づけられて、ますます狂気をエスカレートさせているのだろう。
 だがいくら渋谷が力説しようと、日本政府がロックダウンに踏み切ることはない。そんなことをする法的根拠はないのだから。
 その結果、数十万人の死者が出るのかどうか? 渋谷健司という医者は正しいことを言ったのか、単にカルトなだけだったのか? その結論は、いずれ必ず明確に出るのだ。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他224件のコメントを表示
×
>>283
私もTwitterでその言葉聞きました。恐らく藤井アナは善意だったと思います。その意図は「家にいる視聴者の皆さん。外に出る人をバッシングしないで下さいください。」だと思います。でも、読み返してみると少し不味いかも。
6ヶ月前
userPhoto
mk
×
本日、モーニングを食べに喫茶店へ。ビスケットなど粉っぽいのを食べるとむせてしまう体質なのだが、ホットサンドセットを注文。食べ始めるとパンの粉が喉につまり咳がー!慌ててトイレに入り咳込む。セットのサラダと交互に食べ、味のハーモニーを楽しむ予定を変更し、コーヒーと一緒にホットサンドを流し込む。ゴホォアッ!
食事を終えるまでトイレに行った回数3回。
咳もさせてくれないコロナ禍、許すまじ。
6ヶ月前
userPhoto
M.O
×
毎日新聞の世論調査によると、日本維新の会の支持率が上がり、立憲民主党を抜いて野党(?)第一党になったとのこと。
恐らく吉村知事の強権発動が支持されたということなのだろうと思いますが、橋下徹の存在感が影響したかもしれませんね。
個人的には忸怩たる思いですが、一方で立民の支持率が落ちたという事実については「当然の報い」と感じます。
山尾議員の離党の影響も大きかったのかもしれませんね。
6ヶ月前
×
木蓮さんの4/19ブログ「濃厚接触者を自粛させていくとすべて崩壊するのでは」に触発されて考えてみました。

医療費抑制政策のツケ「医療崩壊」「たらい回し」!
今でこそ「医療崩壊」と言えば新型コロナウィルス感染による医療リソースの枯渇に伴う死者数の増加を意味するように使われているけど、そもそも政府が財政健全化政策の一環で1980年代から進めてきた「医療費抑制政策(医師数抑制など)」により、ベッド数や医療施設の閉鎖など医療リソースの圧縮を推し進めてきたツケが回ってきたんじゃないのかな。
かなり以前から東京都をはじめ人口あたりの医療リソースの不足は指摘されてて、「医療崩壊」「たらい回し」って言葉も今初めてではないでしょう。ここに来て新型コロナの煽りを受けてさらに逼迫したんじゃないか。しかも医療従事者へのコロナヘイトを伴って…。
ここで「ロックダウン」など強制的に経済活動を停止したら、国民の命よりも帳簿の数字が大事な財務省が財源不足だと喚いて、さらなる増税、医療費抑制政策に舵を切ることが目に見えるようだよ。
なんとか踏ん張っている現在の日本の医療リソースを欧米並みに減らしたら、次回はイタリア、ニューヨークと同じ光景が日本に出現するだろうね。
医療崩壊を本気で心配するならモーニングショーのコメンテーターに煽られ「ロックダウン」を求めず、普通の経済活動に戻すことが先決ではないのかな。
6ヶ月前
userPhoto
M.O
×
大阪府高槻市在住です。
本日、ドトールコーヒーでお茶を飲みながら読書をしていると、右後ろの座席から携帯で話している男性の声が聞こえてきました。
「大企業はまだ余裕があるみたいやけど。私の知ってるとこでもう一つ死んでます。倒産ですわ。リーマンショックとは比べもんにならんぐらい厳しいらしい」
会計士か経営コンサルタントか分からないですが、経営者とお付き合いのある方のようでした。
直に「倒産」と聞いてドキッとしました。

一方、左後ろの座席ではテーブルを挟んで30代ぐらいの男性とオッチャンが会話。
若い方は鍼灸師のようで、現在は休業を余儀なくされている中、鍼灸以外の手段で高齢者の健康を何とか維持する方法を考えていると話していました。
その上で「今この本を読んでいる」と言って取り出した本をチラ見すると「起業のすすめ」みたいなタイトルが目に入りました。
つまり、廃業を視野に入れている、ということ。

たまたまとはいえ、立て続けに「倒産」「廃業」にまつわる話が耳に入ってきたことに驚き、現実の厳しさを思い知らされました。
こういう会話が日本のあちこちで交わされているであろうことは容易に想像が付きます。
「ひとまず5月6日まで辛抱してステイホームしていれば」なんていう根拠のない楽観論を振り回している場合ではないな、と。
木村もりよ先生は「現実から目を背けずに向き合うべき」と主張されましたが、行政やマスコミはこうした中小企業の現実にもっとフォーカスするべきだと思いました。
6ヶ月前
×
 木蘭さんが、ブログで(岡田晴恵のコメントに対し)「指数関数的増加とは?」と書いてあったので、自分なりに説明してみます。
 指数関数的というのは、患者数の増加率が前日比100%だったのが、次の日には200%になった、ということを言います。つまり、「倍々ゲームだ」と言いたいのです。
 そりゃ日本で前日比を取ればそうなりますよ。もともとの数値(患者数)が少ないのですから。感染の脅威を調べるなら、その国や地域における人口を分母にした上で、患者数を割り出すものですよ。やり口が汚いやらアホらしいやらで、よしりん先生ではなくても、岡田・玉川はコロナ恐怖を煽る愉快犯ではないのか?と思ってしまいます。
6ヶ月前
×
もくれん先生の「指数関数的にデタラメが爆発」という、このセンテンス、笑って噴き出してしまいました。
もう、どうせなら、


「 5000人 に 1.01 を365回(365日分)かけると
5000×1.01^365=188917.1717
でして、約19万人です

5000人 に 1.03 を365回(365日分)かけると
5000×1.03^365=242413622.6
で、なんとぉ、約2億4千万人ですよーっ
『2億4千万の瞳』じゃないんですよーーっ

どうですかっ、「指数関数的」というのは、とてつもない恐怖なのですっ
この世の終わりと言えなくもありませんっっ 」


くらいのボルテージで煽って欲しい(笑。
6ヶ月前
×
しゃべクリの万引き家族の件ですが、あれって政権批判じゃないんですよね。
正にあれは今生きている人が未来に対して責任を負うというものなんですね。
この前テレビで初放送されていたので観た人はいるかと思いますが、オチで全部持っていったなと感じましたね。
万引き家族ネタの一個上のリソースを食い潰すというネタにも掛かっているのですが、現役世代が過去の遺産を食い潰して未来への責任を放棄して剰えタダ乗りまでしようとするというのがあの映画に現れていたんです。
正直あの擬似家族は現代の人々の姿を写しているのですが(国語の教科書的に言うと)、あれを家族の絆だとか言うのは読みが足らんのじゃないのかと思いましたね。
貧困ではあるけど、貧ぼっちゃまやハゲ田家よりも最底辺ですよ。
左なんかは貧困は理解しようとしても底辺を理解しようとしないんですね。
まさか貧困なら犯罪も赦されるとでも思ってないでしょうね。
あの映画はそんなことは描いてないんですね。
社会はそうは赦さないと結末に持って来てます。

牽強付会ですが、今の自粛騒ぎで子供達に教育の機会を与えないのは正に万引き家族そのものの世界だなと感じます。
大人(老人)のエゴで子供の貴重な時間を潰しているのですから。
6ヶ月前
×
池田信夫もよしりん先生とほぼ同じ内容のことを話していますね。
賛成できないことも多い人だけど、今回については賛成だな。うん。
https://www.youtube.com/watch?v=iPPyRe57B7Q&feature=youtu.be
(勝手にURLコピペして良かったでしたか?)
6ヶ月前
×
二週間ほど前のことです。よしりん先生のブログを日刊スポーツが記事にし、それを元に5チャンネルに「自粛を止めて、経済を回す!それしかない! 」というスレッドが立ちました。オッと思ってウオッチすると、レスのスピードが半端ない。数時間で1000に達して更新され、数日で19回も更新。先生の他の主張もスレッドに立ち、それも次々に更新されるというすざまさでした。5チャンネルには勢いランキングというものがあり、それを見てみるとダントツのトップ。その内容も、罵詈雑言の嵐のなかで先生の同調者が現れ、その勢いを増して行くというもの。痛快な気分で「これはコロナ原理主義の空気を変える端緒になるのでは…」とすら思えましたが、ある日を境に先生関連のスレッドはすべて消えてしまった。いつまでたっても新たなスレッドは立たず、疑問は深まるばかり。5チャンネル担当者の自主規制か、もしかしたら当局からの圧力によるものなのか。みなさまのご意見をお聞かせください。
6ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。