• このエントリーをはてなブックマークに追加
「反論権のない皇族への壮絶な誹謗中傷」小林よしのりライジング Vol.413
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「反論権のない皇族への壮絶な誹謗中傷」小林よしのりライジング Vol.413

2021-10-20 17:05
  • 164
82d61d1b14e04c75eec9e6e73e8a5962049c5980
第413号 2021.10.19発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…コロナは急激にピークアウトして話題がしぼんでいき、それと入れ替わるように小室圭氏の帰国、眞子さまの複雑性PTSD公表で、一気に皇室関連の話題で世の中は騒然となった。先日のゴー宣道場では、眞子さまと小室氏に対して「誹謗中傷した者一覧」をホワイトボードに書き出したが、それらはほんの「氷山の一角」であり、芸能人・著名人ではむしろ「擁護した人」を見つける方が難しい状況である。これらすべてのバッシングに共通する、根本的な問題の一つは、皇族に対するバッシングをやっている連中は、「天皇や皇族の方々には反論権がない」ということすら知らないバカどもだということだ!
※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…10月15日(金曜)、厚労省のワクチン副反応検討部会が開催されたが、今回、「新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例」の資料が公開されなかった。それ以前から、接種数に対して死亡例の報告が異様に減っているのだ。接種後の心筋炎・心膜炎については、一応気にはしているようで報告書が上がっていたが、ここにはとんでもないインチキが書かれていた!国の出すデータを一切信じてはいけない!!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!昔の反天皇と今の皇室バッシングとでは質が変わった?ワクチンの副反応は否定され真実は埋もれていくことになるのでは?グーグルがコロナの次は地球温暖化ポリコレに反するものも検索から排除する!?ザリガニは美味しいよ!ぜひ一度食べてみて!もし皇室がなくなったら日本はどう変貌する?なぜおおぜいのひとのまえでじょうずにしゃべれるようになったの?福岡の暴力団「工藤会」総裁に暴力団トップとしては初めて死刑判決が出た件をどう思う?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第439回「反論権のない皇族への壮絶な誹謗中傷」
2. しゃべらせてクリ!・第369回「へごわ~っ! 貧ぼっちゃまと貧民連合の猛抗議ぶぁい!の巻【前編】」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第233回「厚労省のワクチン心筋炎隠ぺいデタラメ報告」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




231ec161f0088a24048e0165517b1ed1b3e5f970

第439回「反論権のない皇族への壮絶な誹謗中傷」

 第101回「ゴー宣道場」は10月10日、岡山で「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」をテーマに開催された。
 岡山での開催は昨年3月以来2回目で、今回の応募者数は前回の倍にも及び、新規の参加者は20%強、大盛況といえる結果となった。

 参加者の応募受付期間は7月20日から8月17日までで、この間の社会はオリンピック・パラリンピックとコロナのデルタ株感染拡大の話題に染まり、皇室にはほとんど関心が向いていないような状態だったため、一時は会場が埋まるかどうか心配になった。
 だが、さすがに「ゴー宣道場」に関心を持つ人たちはそこまで世間の空気には左右されないようで、締切が近づくにつれて急速に応募者が増えたのだった。
 とはいえ、まだ世間の興味はコロナ禍にあり、そんな中で皇室をテーマにしても一般的には注目されないのではないかと思っていたのだが、開催間近となったところで、コロナは急激にピークアウトして話題がしぼんでいき、それと入れ替わるように小室圭氏の帰国、眞子さまの複雑性PTSD公表で、一気に皇室関連の話題で世の中は騒然となった。
 結果的にはこれ以上ない、絶好のタイミングでの開催ということになったわけで、やっぱり「ゴー宣道場」、何か持ってる。

 会場では、眞子さまと小室氏に対して「誹謗中傷した者一覧」をホワイトボードに書き出してもらった。記録として、その人名一覧を転載しておこう。

岩田太郎 高橋真麻 竹田恒泰 亀山早苗 小田部雄次
安積明子 辛酸なめ子 清原博 加藤綾子 デーブ・スペクター
河西秀哉 アンミカ 山下晋司 牧嶋博子 窪田順生
宇山卓栄 山口真由 神田修一 宮下純一 篠田博之
青沼陽一郎 木村盛世 北原みのり 宮西憲春 片岡珠美
竹内久美子 おぎやはぎ小木 高岡達之 橋本琴絵 吉川美代子
篠原常一郎

 もちろんこれでもほんの「氷山の一角」であり、芸能人・著名人ではむしろ「擁護した人」を見つける方が難しいのではないかという気さえする。
 また、この一覧の中には、自分が誹謗中傷していたことを「なかったこと」にして、今ではシレっと擁護に回っている者もいる。
 岡山の公論サポーター有志諸君は、さらにそれぞれの誹謗中傷発言についての詳細な資料までまとめてくれたのだが、あまりにも膨大なので、これにひとつひとつ批判していったら、とてもじゃないがライジングに収まる分量では済まなくなる。
 そこで今回はこれらすべてのバッシングに共通する、根本的な問題を指摘して批判を加えることにする。

 第一に指摘すべきことは、眞子さまら皇族に対するバッシングをやっている連中は、「天皇や皇族の方々には反論権がない」ということすら知らないバカどもだということだ。
 天皇・皇族は、名誉毀損や侮辱を受けても事実上、告訴はできない。刑法には一応「天皇・皇后・皇嗣などの場合は、内閣総理大臣が代わって告訴する。その他の皇族は国民と同様に自ら告訴する」とは書かれているが、この条文通りに告訴が行われたことはかつて一度もないのだ。
 高森明勅氏が紹介していたが、政府の見解は、こういうものだそうだ。
「皇族という御身分の方が一般の国民を相手どって原告・被告で争われるというようなことは、これは事実問題としては考えさせられる点が非常に多いですから、まああまりないと思います」
(昭和38年3月29日、衆院内閣委員会での瓜生順良宮内庁次長の答弁)

 これはつまり、皇族は事実上「告訴できない」と言っているに等しく、天皇・皇族を名誉毀損や侮辱から守る法的措置が、実際には何も存在していないということを意味している。
 もちろん問題は法的措置に留まるものではない。それならば皇族が一般国民を相手取って、言論を用いて争うことだって「考えさせられる点が非常に多い」ことになるのは当然で、もし皇族が国民と泥仕合の論争をやろうものなら、皇族の品位が大きく汚されてしまいかねないということも、重く考えなければならなくなる。
 つまりは、皇族は法的のみならず、言論においても一切の反論権はないのである。
 皇室バッシングをやっている連中は、反論権のない人を誹謗中傷しておいて、さらに「なぜ批判に対して、何も説明しないのか」と責め立てる。
 やろうとしたってできない反論を求めておいて、「なぜ反論しないのだ」と責めているわけで、まるでチンピラのイチャモンである。
 しかも、そこまで皇室について無知蒙昧であるにもかかわらず、そいつらは決まって、あたかも自分は皇室に関心を持ち、皇室のことを思っているからこそ言っているのだというポーズをとっている。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他154件のコメントを表示

眞子さん 小室圭さん
末永くお幸せに

No.164 1ヶ月前

眞子さま、小室圭さん、末永くお幸せに

No.165 1ヶ月前

 ありきたりの言葉ですが、眞子様、小室圭さん、末永くお幸せに。
 インターネットで会見を拝見しましたが、苦労を重ねて来られたかたの語る言葉には説得力がある、と感じられました。愛の試練を乗り越えて、より一層成長されたのだろうと思います。小室圭さんの留学を先倒しされたのが眞子様のお言葉だったのは初めて知りました。将来を見すえての上での賢明な判断だったのでしょう。2人で築き上げる今後の生活はより苦難が待ち受けていると想像しますが、愛の力で乗り越えて言って欲しいです。
 Ain't No Mountain High Enough(高すぎる山はない)、乗り越えていけるね、です。

No.166 1ヶ月前

日本雑誌協会からのお二人への質問には白々しさしか感じませんでした。日本雑誌協会の会員社の中にはあの雑誌を出してるところやこの雑誌を出してるところもあるわけで、「何を、第三者の様な物言いをしているのか……」という侮蔑の感情しか湧きません。この質問者は、元婚約者の代理人が弁護士ならぬ週刊現代の記者である事も、某ジャーナリストによる小室さんのお母さんへの刑事告発が東京地検から突き返された話も百も承知で、とぼけてああいう質問を投げかけたのでしょう。「知らなかった」とは言わせない。

眞子様、圭さん、困難な時期の中でも強い絆をお守りになり続け、ようやくこの日を迎えられて良かったですね。安寧を心から願います。

No.167 1ヶ月前

「琴線に触れる」とはこの事だ(涙)。眞子さまの声は澄んで美しかった。
「これまで お優しいお導きのもと、皇族としての仕事を自分なりに出来る限り大切に果たそうと努めてまいりました」
「この30年間、たくさんの方々に助けられ、見守られ、支えられてきました」
「心を込めて私と一緒に仕事をしてくださった方々に、心から感謝申し上げます」
この時点で自分は嗚咽しそうになった…。最後に「今、心を守りながら生きること」に「困難を感じ傷ついている方々」
を気遣い、「多くの人が心を大切に守りながら生きていける社会となること」を望まれた…。
皇族として歩まれた時の集大成に、有り余る“慈しみ”を頂きただ感謝する他ない…。

No.168 1ヶ月前

眞子さま、小室さん、結婚おめでとうございます。
日本の罵詈雑言の週刊誌から遠く離れて、幸せに生きてくれる事の方がうれしいです。
PTSDも早く治る事を祈っています。

あれだけ誹謗中傷する人間は、孔子の言うところの※朽木糞牆〔キュウボクフンショウ〕の領域の人間なのだろう。
※「怠け者のたとえ。手の施しようのないものや、役に立たない無用なもののたとえ。また、腐った木には彫刻できないし、腐りくずれた土塀は上塗りができないように、怠け者は教育しがたいことのたとえ」
今日もまた、実名も出さず、文責を担う事もせず、中傷する朽木糞牆の人間の多いことだ。

No.169 1ヶ月前

☆お手紙がとどいています☆
★愛子さまブログ紹介★

みなさん、おはようございます。
「愛子さま 皇太子への道」ブログの紹介です。

眞子さまのお誕生日、そしてご結婚で、お祝いの声が届いています。
みなさんの視点から見た、感動したところ、嬉しかったところなど投稿してみてください。

●眞子さまを寿ぐー眞子さまのお誕生日をお祝い申し上げます。(バカボンの孫さん)
・眞子さまのお誕生日を祝う手紙
・お二人の幸せがとこしえにつづきますように
https://aiko-sama.com/archives/7817

●眞子さま、小室さんご結婚おめでとうございます!!(たこちゃんさん)
・眞子さまのご結婚を祝う手紙
・女性である私は、小室さんが開口一番「私は眞子さんを愛しています」という一言にシビレた
https://aiko-sama.com/archives/7824

●謹んでお祝い申し上げます。(JACKERさん)
・眞子さまのご結婚を祝う手紙
・おふたりは、相手を信じ抜いたからこそ困難を排し、愛を成就できたと思う
https://aiko-sama.com/archives/7863

愛子さま 皇太子への道
https://aiko-sama.com/

ブログ投稿のご案内
https://aiko-sama.com/blog-bosyu

衆院選特設ページ
https://aiko-sama.com/archives/7531

No.170 1ヶ月前

★訪問の報告一部を紹介★

みなさん、おはようございます。
選挙事務所訪問の記事&コメント(抜粋)の紹介です。

選挙戦も終盤に差し掛かってきました。
昨日夜現在で、報告された訪問件数は66件になりました。

西の方が報告が少ないのは、天候の影響でしょうか?

いただいた報告は記事化して、特設ページ内(↓)に格納しています。
【体験談】議員事務所に行ってきました!集
【体験談】街頭でも、想いを訴えるチャンスはある!

衆院選特設ページ
https://aiko-sama.com/archives/7531

●投稿
○さんずいさん
・名刺を求められることもあった
・勇気を出して訪問してよかった
○SAIGAさん
・事務所を回り、街頭演説にも出向いて直接握手して一言伝えられた
・自分のやってほしいことを、政治家の方にお願いするのが、こんなに簡単にできるとは思わなかった
○くろさん
・先代から勤めている85歳の秘書の方、元市長で後援会顧問の方に話を聞いてもらった
・他の人がすでに訪問したところに訪問するのは有効

●コメント 
○タルトさん
・関係者の人は高森先生のことを知っていた
・本は受け取ってもらえなかったが、話ができてよかった
○基礎医学研究者さん
・候補者ご本人に直接お話を聞いてもらうことができた
・3件事務所をまわった
○育休の亀さん
・しっかりとメッセージを伝えられた
・選挙前にもう一度行ってみようと思う
○くりんぐさん
・演説会の開催を調べて行き、本人にメッセージカードを渡せた
・事務所に行った際は、関係者と話ができた

No.171 1ヶ月前

オドレら正気か?関西ライブ拝見しました。井上氏の話のとおり、世界の中で日本が如何に医療ビジネス界の上顧客(要するに騙されやすいカモ)なのかが分る。その下地があっての詐欺的なコロナ禍・ワクチン接種禍なのに、楊井氏は未だにコロナやワクチンの評価は保留する。(というか効果があると信じている)
以前見に行った別のシンポジウムに楊井氏も登壇されていたが、「コロナが恐いウィルスであることは間違いない」的な発言があった。結局この人コロナ脳だなと思います。

No.172 1ヶ月前

木下"医師"のTweet「そして、ワクチン接種は子供を感染対策からも自身の感染のリスクからも養護者の感染・死亡リスクからも開放しうる唯一の施策です」。つまり、ワクチンを打てば「他人からうつされることもないし、他人にうつすこともない」ってことですよね。だとしたら、大人が打っておけば「子供からうつされることもないし、子供にうつすこともない」つまり、感染対策からも感染リスクからも子供を開放するわけですよね。論理的に。こういう詭弁を使って子供にワクチンを打たせようとするのは本当に危険ですね。

No.174 4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。