• このエントリーをはてなブックマークに追加
「森永ヒ素ミルク事件 前編」小林よしのりライジング Vol.419
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「森永ヒ素ミルク事件 前編」小林よしのりライジング Vol.419

2021-12-14 15:30
  • 166
062be5005624c14055e9e46c6ce137d0dfe9fb95
第419号 2021.12.14発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応疑い死亡者数は、厚労省に報告が上がっているだけでも1387人にも上る。それにも拘わらず、国はなおも子供への接種を広げようとしている。もしもこれが食品の中毒事件だったらどうだろう。即座に出荷停止、回収となるはずではないか?そう思ったところで、ふと「森永ヒ素ミルク中毒事件」が頭に浮かんだ。政府・専門家・医師会・マスコミが、大企業に忖度して握り潰そうとした「森永ヒ素ミルク中毒事件」。詳細を追っていくと、新コロワクチンを巡る一連の流れと非常に似ているのだ。
※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は、2017年に37歳で同国史上最年少の女性首相として就任し、以来、世界的に注目されている女性だ。しかし、新型コロナに対して、ニュージーランドは日本よりもさらに被害が少なく穏やかに済んでいたはずだが、アーダーン首相によって、実態にまったく見合わない強力すぎる政策をとることになってしまった。現在、アーダーン首相はすさまじい独裁ぶりを発揮し、ニュージーランドはとてつもない全体主義国家と化しているのだ!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!そもそも人権や民主主義って日本人に合う価値観なの?なぜ巨大製薬会社が国家の上にあるような状況になってしまった?コロナ脳+新コロワクチン脳になってしまった飲食店は、もう見限って行くべきではない?教科書や本に落書きした経験はある?コミケが政府に協力してイベント参加条件にワクチン接種証明を入れたことをどう思う?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第446回「森永ヒ素ミルク事件 前編」
2. しゃべらせてクリ!・第375回「あたくしゅ茶魔美! 沙麻代ちゃんとのガールズトークでしゅ!の巻【前編】」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第240回「NZ・アーダーン首相に見る、言論統制と民主主義破壊への道」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




a81a748d83aa1c03c99dd0581069f6ff727501a8

第446回「森永ヒ素ミルク事件 前編」

 新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応疑い死亡者数は、厚労省に報告が上がっているだけでも1387人にも上る。中でも、子供はコロナでは一人も死んでいないのに、ワクチンで死者が出ているのは重大問題だ。
 それなのに国は、なおも子供への接種を広げようとしている。

 もしもこれが食品の中毒事件だったらどうだろう。即座に出荷停止、回収となるはずではないか?
 そう思ったところで、ふと「森永ヒ素ミルク中毒事件」が頭に浮かんだ。
 大勢の子供が犠牲になった事件でもあるし、薬害エイズや新コロワクチンにも通じるものがあるかもしれない。
 ところがこの事件、その名は知っているものの、どういうわけだか、その詳細はよく知らない。
 昭和30年(1955)の事件だから、昭和28年生まれのわしとほぼ同世代の人が被害者になったわけだが、その割にはなぜか詳しいことは知らないままだった。
 そこでこの機会に知っておこうと思い、調べてみた。

 昭和30年の6月末頃から、西日本一帯の赤ちゃんに原因不明の奇病が流行った。その症状は、それまで元気だった赤ちゃんに発熱や下痢が続き、飲んだミルクを度々吐き、全身各所の皮膚が黒く変色し、腹が膨れてくるというものだった。
 病気の赤ちゃんには全員に共通点があった。森永乳業の缶入り粉ミルク「森永ドライミルク」を飲んでいたのだ。
 このことは8月初旬には判明していたが公表されず、森永ミルクの飲用中止が呼びかけられることもなかった。
 そしてその公表は、森永ミルクからヒ素が検出されて原因が確定した8月24日まで延ばされ、その間も被害は拡大し続けた。
 8月24日の新聞各紙はこの件を大きく報じたが、その見出しには「森永」の文字はなく、記事を読んでいかないと原因がわからないようになっていた。
 みんな、巨大企業・森永に忖度したのだ。

 森永乳業は新聞・雑誌・ラジオ、そして開局間もないテレビで積極的にCMを打ち、さらに「赤ちゃんコンクール」を開催して大きな効果を上げ、急速に売上げを拡大。当時は粉ミルク全国シェアの50%以上を占めていた。
 森永は「母親の愛情」と自らの企業イメージを結びつけるプロモーションを積み重ねており、その製品を疑う者はいなかった。
 だが製品の実情は、宣伝とはかけ離れたものだった。
 原料の牛乳が新鮮なら問題はないが、劣化した牛乳を粉ミルクに加工すると水に溶けにくくなるため、「安定剤」を添加して溶けやすくする必要がある。
 森永は急激にシェアを伸ばして大増産を迫られ、工場から遠く離れた酪農家からも原料乳を仕入れていた。当時は保冷設備のついたタンクローリーがなく、輸送中に品質は劣化した。そうして腐敗寸前の牛乳まで使用することになり、安定剤は必要不可欠となった。そして問題は、この「安定剤」だった。

 ヒ素が入っていたのは徳島工場(製造所コード・MF)で製造された通称「MF缶」だけで、ヒ素は徳島工場に納入された安定剤・第二リン酸ソーダに混入していた。
 第二リン酸ソーダ自体は現在でも使用される食品添加物だが、徳島工場が使用したのはなんと純度の低い「工業用」だった。
 しかもそれは、メーカーが国鉄(当時)に「機関車のボイラー洗浄用」として納入したが、ヒ素が混じっているとして返品されたものだった。
 ところがこれが再出荷され、いくつかの企業を経由して、最終的に森永乳業徳島工場に行き着き、安全検査もされずに粉ミルクに使用されたのだ。
 後の裁判で森永側は、「第二リン酸ソーダにヒ素が入っていたとは知らなかった。納入業者に騙された。森永も被害者だ」と抗弁した。
 これに対して納入業者は、「森永は用途を話さず、秘密にしたがった。もし食品用と聞いていたら、それ相当のものを納入した」と反論した。

 ヒ素ミルクの患者数は約1万2300人、死亡者は130人にも上った。
 長女が生後2か月でヒ素中毒を発症した岡崎哲夫氏は「被災者同盟」を結成し、被害児の親たちを集めて森永乳業らと交渉を開始した。
 当時岡崎氏は小さな化粧品店を営んでいたが、岡崎氏は被災者同盟の活動に、夫人は娘の看病に追われ、「被災者同盟事務所」の看板がかかった店にはマスコミや被災者が出入りして「変な店」「アカの店」と噂され、経営は傾いた。
 しかもそこに、厚生省(当時)が介入してきた。
 当時は産業育成政策や高度経済成長が最優先される時代であり、国は完全に森永乳業の側についていた。
 厚生省は日本医師会に依頼してヒ素ミルク被害の診断・治療方針に携わる委員会を設置した。その会長に就任したのは大阪大学名誉教授・西沢義人という人物だが、これがどんな人だったかは、以下の発言を引くだけで十分だろう。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他137件のコメントを表示

「オドレら正気か?新春LIVE」のポスター、良いですね。

No.162 4ヶ月前

>>159
ただしさんの詳細かつ臨場感にあふれるコメントが久しぶりに!でもモーニングショーの狂気は相変わらずの証明でもあるので喜んでいいのかどうかは複雑ですが。あと遅れましたが投票はしました。生放送はリアルタイムでは見られませんが結果が楽しみです。

No.163 4ヶ月前

>>160
>>157

ありがとうございます!
コメント書く時、余計なことは書くまいと思いながら、つい、書いてしまう。
考えたり勉強したりをすっ飛ばして、不勉強のままそのまま書いてしまう。
いやはや、とほほ、な私ですが、いつも考えるきっかけを頂き、ありがとうございます!

ところで話は変わるのですが、
先日、家事のために古新聞を開いたら、
どどーんと、「もうだまされない 新型コロナの大誤解」という本の広告が。
9月11日の日本経済新聞なんですが、「お、いい事書いてあるんじゃない?」とサラッと目を通すと、

「従来株も変異株(デルタ株)も、空気感染である‼︎」
飲食店のアクリル板などは、ウイルスが滞留してかえって危険。
不織布マスクと換気とうがい。予防策はそれしかない。
ご遺体を密封する必要なんてまったくない。
通常の生活で不織布マスクをしていれば、大きな飛沫は簡単にブロックできる。
テーブルやイス、ドアノブの消毒なんて無意味です。

「もうだまされない新型コロナの大誤解」
Amazonランキング 書籍総合第1位 (2021年6月26日調べ) 幻冬社

いい事もたくさん買いてありそうなんだけど、

「空気感染である‼︎」
「不織布マスクと換気とうがい。予防策はそれしかない」で、吹っ飛んでしまった。
これだと、マスクしてない人は多分、非難されてしまいますよね。

今まではマスクはほぼ同調圧力と思っていたけど、もしかして、こういう本とか主張も多いのかな、
マスクは科学的に正しい、という信念でマスクをしている人も意外といるわけ?とか、思ってしまった。
第4章に、「ウイルスに勝つマスクの達人になる」とあるので、詳しく読まないとわからないかもですが。
もう3ヶ月も前の新聞広告でしたが。デルタ株だし。
(因みに父が逝ってから家では新聞購読をやめてしまい、この古新聞はもらったものです、いかんなー。)

No.164 4ヶ月前

>>164
著者は、西村秀一、という方です。

連投失礼致します。

ところで、今日とても久しぶりに本八幡駅ナカの書店に寄りましたが、
目立つ棚に表紙を立ててある「コロナ関連の本」は、なんと、アーダーン首相の写真が表紙の、
ニュージーランドのコロナ対策の本と、これまたなんと、峰宗太郎の本でした。(共著) あわわわわ。
「コロナ論4」探したけどどこにもない。
この店は「コロナ論」の時も売り切れで入荷予定はない、と冷たく言われたしな。
もういいけど。書店になくてもめちゃくちゃ売れてるから。
「コロナ論4」の、アマゾンのコメント(トップレビュー)読んで、今更感動してしまいました。

だけど、この書店20年前は、(そんなに昔だったか!)「ゴーマニズム宣言」目立つ場所に必ず置いてくれていて、
当時はあたりまえのように思っていたけど、変わるもんだなあ。誰が決めるんだろ?そういうのって。

No.165 4ヶ月前

>>163
 masaさん、ご投票、どうも、ありがとうございます!
(^O^)丿

 いつも、監視、お疲れさまです。
m(_ _)m

 悪の連携、悪の波状攻撃、悪のボディープロー、久々に体験しました。
(^_^;)

 また、今日から訓練していきたいと思います。今週は、、やれる日に頑張るつもりです!
(*^^*)

No.166 4ヶ月前

こんばんは、ライジング配信ありがとうございますvv

ゴーマニズム宣言・第446回「森永ヒ素ミルク事件 前編」拝読しました。
読んでいて、とにかく森永と国のやり口に虫唾が走りました。
ワクチン接種を事実上強制しているも同然の現状は、血が流れていないだけで、戦争していた当時と変わらぬ空気が蔓延しています。
人は何度同じ過ちを繰り返せば気が済むのでしょう。


木蘭さんのトンデモ見聞録・第240回「NZ・アーダーン首相に見る、言論統制と民主主義破壊への道」拝読しました。

「民主主義が独裁を生む」を、目の当たりにすることになろうとは思ってもみませんでした。
「私は正しい」と連呼してうさん臭さが全面に出ているアーダーン首相は、自分が狂っているとは微塵も思ってないでしょう。
彼女にノーベル平和賞を与えるなんて、ヒトラーにノーベル平和賞与えるようなものです。独裁をさらに加速させる効果しかないでしょう。

No.167 4ヶ月前

>>164
いえいえ。でしゃばりました(-_-;)

ただ、チコリさんは、かなり「鋭い」と思いますよ。地頭もかなり良いと思ってます。(偉そうで申し訳ないです( ノ;_ _)ノ)
「怪しい」とか「なんか変だぞ」とか。

先週の森内発言は、詐欺師の手口に近い(笑)
煙にまいて、迷ったとこで、「判子押させる」(笑)

なので、「私はバカかも知れない」とは思わない(コメントでの文脈での場合)でいいんじゃないかな……と私は思います。

因みに、一般論として、「俺(私)は間違ってるかもしれない……」は常に思って構わない(てか、そうするべき)とも思います。

小林先生も(敢えて)断言したりしますが、それは、考えがあっての話。

科学的、論理的に考えれば、「現段階では」正しいと思われる……が、誠実な態度……と思われます。井上説は「かなりよい仮説」かと。

またワクチンに対する姿勢は「そんな悠長なこといってる場合ではない!」も「すぐ止めろ!」は、「学者」てしても、「人としても」、正しい!と(これは)断言してよい……するべきと思います。

どんどん「仮説」が「現実」を説明でき、予測も、ほぼほぼ当てることができれば、「かなりよい仮説」と「断言しちゃっても……いいかな?」みたいな。

新書の件のチコリさんの判断は、部分肯定、部分否定であり、マスクに関しての罪深さに関しても、洞察力が働いてるなぁと思います。

本八幡ですか……。以前仕事の関係で1年位住んでました。(サイゼリア記念館?の近くにある、ガード下のラーメン屋はまだあるのかな?)

本屋が本好きとは限りません。本屋の世界は、実は「問屋……販次(トーハンとか)」が「実権」を握っています(読書のすすめ店主に確認済み。清水店主激オコ)。

話が逸れました……。
いづれにしろ、チコリさんは「かなり賢い!」と私は思ってますので……。偉そうですが……( ノ;_ _)ノ

No.168 4ヶ月前

中日新聞の意見広告に目を通しました。1面使って広告を出すなんて感服します。

No.169 4ヶ月前

あの、どこにも書けないのでここに書かせて下さい。ワクチンの副作用のことです。

私はワクチンはもちろん打っていません。自分の身の周りの接種者で、最初は気づかなかったのですが(それってワクチンでは?)と思い当たることが数件あったので書かせて下さい。

夫…50代後半で肉体労働をしているが体を痛いということは滅多になかった。それがここ数ヵ月、腰が痛い、指が痛いと言い出した。

職場の人その1…膠原病の持病がある。やっと治療方針が決まり症状も軽くなっていたのに最近「血液検査の結果が悪い」「脚が痛い」と言い出した。

職場の人その2…腕にバンドをはめだした。どうやら大学病院の整形外科に通っているらしい。

職場の人その3…勤務中に滅多にトイレに行く人ではなかったがしょっちゅうトイレに行くことがある。

職場の人その4…漠然とした体調不良を訴えていたらしい。

ワクチンかな?と思われる人は以上ですが、実はワクチン未接種者の20代の女性で甲状腺の病気になったらしく、色んな不調を訴えて仕事を休みがちだったが最近は鼻血が止まらないと言い出した。もしかして原発…?

以上です。新コロワクは血栓、出血の他に膠原病様の症状を出すのかなと思いました。

No.170 4ヶ月前

ニュージーランドのアーダーン首相の狂いぶりは歴代の独裁者を彷彿とさせます。
初期の段階でコロナ感染拡大の封じ込めが上手くいったように錯覚してしまったため、
そのまやかしの成功例が脳に刷り込まれてしまったのでしょうか。
彼女自身、突っ走ってしまった以上、もう後には引けない状況なのかもしれませんが、
できれば一度止まって状況を整理してほしいです。

No.171 3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。