• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

私達は北朝鮮のミサイル開発、核兵器開発にどう対応すべきか。制裁で止められない。軍事行動は韓国・日本への報復攻撃がある。交渉しかない。国連憲章「武力による威嚇又は武力の行使を慎まなければならない」。トランプの発言はこれに反する。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

私達は北朝鮮のミサイル開発、核兵器開発にどう対応すべきか。制裁で止められない。軍事行動は韓国・日本への報復攻撃がある。交渉しかない。国連憲章「武力による威嚇又は武力の行使を慎まなければならない」。トランプの発言はこれに反する。

2017-09-21 08:11
  • 40

1: 北朝鮮がミサイル開発、核兵器開発をどんどん進めている。その進み具合は多くの人の想定より早い速度で進んでいる。

2:先ず明確になってきたのは、制裁で開発は止まらないということである。

 今日、必要な技術、部品は容易に手に入れることが出来る。

3:北朝鮮が急速に技術を進歩させた大きな理由は、旧ソ連が崩壊し、多くの軍事技術者が職を失ない、彼らが個人として、北朝鮮に技術を提供したという見方が有力である。

4:さらに制裁を強く主張する日本、米国がとる手段で、「北朝鮮が困った、制裁解除してください。そのためにはミサイル開発、核兵器開発を止めます」というものはない。

5:北朝鮮への影響力を与えられるのは、中国、ロシアであるが、両国とも、北朝鮮を崩壊にまで追い込むつもりはない。プーチン大統領は「制裁は馬鹿げている」と韓国大統領に述べている。

5:軍事攻撃は一つの選択肢だ。

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他30件のコメントを表示
×
>>30
なるほど、確かに。これでお互いの立場が明確になりました。

40年ほど前のことですが、シンガポールで若い軍人(シンガポール軍の創設に助言者として派遣されていた)と雑談したことを思い出します。彼は何と言ったか?中央政府というものは市役所の住民サービス課みたいに限りなく収斂すべきだと言った。そして、リークアンユーの取っている政策はとても素晴らしいと付け加えた。今のシンガポールとイスラエルがどうなっているか詳しくは知りません。だが、当時はそういう風に進んでいた。当時の日本も大なり小なりそういう風があった。冷戦はソ連と合衆国の跳ね上がった連中のゲームだった。

私は今も尚日本の政府は有能な市役所の住民サービス課みたいになって行く方向に向かうべきだと思うんです。今の安倍政府はナチス第三帝国になりつつある。私はトーマス・マンに限りなくシンパシーを感じて居ます。

第一次世界大戦はオーストリアの皇太子がスラブ系青年に銃撃され殺されたことから始まった。オーストラリアの皇太子はスラブ人とゲルマンの融和を高々と掲げていたのにです。何が発火源になるか分からない。安倍氏の「対話は終わった」という趣旨の発言は非常に危険だと思うが、日本人の大半は何の疑問も発しない。世論もそうだ。第三次世界大戦が始まる可能性だって十分ある状況なのですよ。

好戦性は愚か者の性癖。ただ、この性癖には付ける薬が無いのが難点ですね。
4週間前
×
>>31
「若い軍人」は「イスラエル派遣のユダヤ人である若い軍人」のことです。
4週間前
×
>>31
いや、そんな話をしてるのではありませんよ。私が知りたいのは、あなたがいつ台湾ゆきのチケットを買うか、です。あなたの議論について、私にとって非常に重要なのはその点です。その点だけだと言ってもいい。

買ったらまず、買ったと言って、その後画像をアップしてくださいね。アップのやり方がわからなければ教えますから、そういってください。
4週間前
×
ただ、40年前シンガポールにイスラエル軍人がシンガポール軍創設の助言者として派遣されていたという話はとても興味深いですね。あなたはくだらない議論はもうやめて、そういうエピソードをもっと書き込んだらいいのにとおもいます。まあ、余計なお世話だといわれるでしょうけども。

そのころイスラエルは、4次にわたる中東戦争がおわり、いちおう安定の時期ですが、「仲間」を増やすことが課題だったころです。シンガポールにも軍事援助とひきかえに、仲間になって欲しかったのかなあと想像しています。一方でアラブの産油国がブラックアフリカに対し、「巨額の経済援助をするから、イスラエルとの関係を絶て」とせまり、イスラエルはブラックアフリカでは次々と足場を失っていたころです。

戦争と混乱のイスラエルからシンガポールに派遣されたその軍人は、当時のシンガポールをみて、その軍人なりに国のあるべき姿はこれだとおもったのかもしれませんね。しかし、あなたはその軍人に、「市役所の住民サービス課がなぜ軍を創設しようとするのでしょう」と問うべきでした。

好戦的で愚かで付ける薬が無いのが金正恩ですが、日本の「シラカバ派」たちは、どうして金正恩だけは厳しく批判しないのか、ほんとうに不思議です。それに対してくだらない議論なんか返されてもココロにはひびきませんが、たとえば、あなたが本当にチケットをとるかどうかは、私にとっては、たぶん考える材料になるとおもいます。
4週間前
×
トランプが11月に日中にくるころまでは、まあ大丈夫でしょう(でもいきなりは常にありましょうが)。
しかし、そのときになってチケットとろうとしても、もうとれないかも知れませんよ。
お孫さんがキノコ雲になるかもしれません。

急ぐべきです。はやく、はやく。
4週間前
×
北朝鮮の過激的な言動にたいして、このブログで海外逃避を勧めることは、扇動的行動とみられても致し方ない。扇動的でないのであれば、りゃんさんに、ご自身の行動を、答えるべきでしょう。
答える代わりに、「これでお互いの立場が明確になった」といって、ご自身の主張をされる。りゃんさんの立場は、何度も意見の交換をしているからご存知でしょう。少なくともどういう時になったら逃避するかは、答えるべきでしょう。私にとっても大きな関心事です。多分、多くの方が関心を持っていると思いますよ。
4週間前
×
>>35
そういう風に書けとあなたの司令部から指示が来ましたか。もしそうなら情けないね。そうでなくてもその書きっぷりはまるであなたが中学生そのものであることを自ら証明している。
3週間前
×
>>36
りゃんさんが出て来ると元気になる。一体あなたは何者ぞ?北朝鮮の過激発言と海外逃避を結びつける稚拙な頭脳はここでは通用しない。何、あなたも司令部からこういえと指示が来たのかな。やめて下さい。中学生に助けられ元気になるのは。中学生でも藤井君みたいな棋士もいますが、このブログの中学生はね、とてもとても。
3週間前
×
>>37
「司令部」ってことばがあなたから時々出るのは、気になっています。そんなものありませんよ。
もしかしたら、あなたが今までそういう生き方をしてきたことの反映なのかも?と思ったりしてますよ。

「中学生」というのも、なにをおっしゃりたいのかよくわからないのですが、中学生が疑問に思うようなことは、大人だって疑問に思いますよ。大人と中学生の違いは、中学生は大人のように遠慮せず、率直に疑問を口に出すことでしょうか。

この件については、私はあなたの「鏡」です。あなたは私の書いたものを読むことで、自分の姿がよく見えるようになるわけです。目をそらさないようにしましょうね。
3週間前
×
で、チケットはまだですか? あしたじゃ遅いかもしれませんよ。
はやく、はやく。
3週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。