• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ウッドワード氏近刊で、「昨年4月、シリアのアサド政権が民間人に対し化学兵器を使用の疑惑が浮上した際、トランプ氏はマティス国防長官にアサド大統領の暗殺を要求。「あいつをぶち殺そう! 乗り込もうじゃないか。」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ウッドワード氏近刊で、「昨年4月、シリアのアサド政権が民間人に対し化学兵器を使用の疑惑が浮上した際、トランプ氏はマティス国防長官にアサド大統領の暗殺を要求。「あいつをぶち殺そう! 乗り込もうじゃないか。」

2018-09-06 06:52
  • 11

A-1:事実関係1:ガーディアン紙、『トランプ大統領、シリアのアサド大統領暗殺を望むを掲載。トランプ大統領、シリアのアサド大統領暗殺を望む(Trump 'wanted Assad assassinated': key claims in Bob Woodward's book

ウッドワード氏は、米紙ワシントン・ポストによるウォーターゲート事件報道でニクソン大統領を辞任に追い込んだ記者2人のうちの一人、彼は今月新著「Fear: Trump in the White House(仮訳:恐怖ホワイトハウスの中のトランプ)」を発刊予定。

この発刊に際し、ガーディアン紙は、『トランプ大統領、シリアのアサド大統領暗殺を望む(Trump 'wanted Assad assassinated': key claims in Bob Woodward's book)』を掲載。

トランプ大

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
孫崎享のつぶやき
更新頻度: 不定期
最終更新日:2018-09-23 08:32
チャンネル月額: ¥108 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

他1件のコメントを表示
×
孫崎先生が評価される通り、アサドが毒ガスを使った証拠は全くありません。むしろ米国の第五列が仕掛けた偽旗作戦であることを示す証拠が沢山出て居ます。朝日やCNN,ワシントンポスト、ガーデイアンその他諸々の西側メデイアは「アサドが犯人だ」で統一している。怖いですね。

米国支配層にとって世界は現在戦争状態にありますから、偽旗、その他、暗殺を含め合法なんですよ。日本も80年前ごろ中国大陸で今世界で米国がやっているような不法行動を堂々とやっていましたから、自国を離れて外地で行動する権力は怖いですね。

戦争キチガイのマチスがトランプのことを小学校5年生と言うのであれば、自分は幼稚園の悪ガキということを自認していることになるのでしょうね。米国の韓国駐留を第三次世界大戦阻止の為にあるという認識、程度が低くて話になりません。そういう認識との比較であれば、韓国駐留に疑問を抱くトランプはハーバード大学大学院クラスだと思いますが。トランプは無学じゃない。彼は一流のウオートンスクールの建築を出て居ます。

トランプさんにはいっそのこと韓国、日本の駐留はやめにしてほしいと願いたいものだ。そして余った資金で鉄鋼、自動車工場を作り雇用を創出する。いいじゃないですか。そんなこと言うと、必ず、自民党と自民党系は中国の支配下に入るのは嫌だ!と言って喚き始める。中国が資源も無い老人国家の日本にどんな魅力を感じますか。第一、彼らは世界を征服して強奪強姦する原理をうちに秘めていません。16世紀のピサロみたいな強欲の男をこの21世紀において沢山作り上げて居る国は日本と米国だけですよ。右翼が左翼のデモは金で動員されているとよく言うが、その背景たる心理は右翼のデモが殆どのケースお金で動いている確たる状況があるからこそ、「左翼も同様だ」と勘違いすることだと私は断じているのです。

「コッチョンマセヨ」という言葉は「心配するな」という韓国語だが私はその響きがとても好き。中国人や朝鮮人が押し寄せて来て日本人を強姦強奪なんかしません。コッチョンマセヨ!
3週間前
userPhoto
p_f
×
この「事実関係」では理性的で冷静な模範的?軍人マティスと、10~11歳程度の理解力しかない、常軌を逸した大統領トランプ━となっているが、マッカーサーの「日本人の精神年齢は12歳」と同じくらい当たっているのか。
2年近く前にブログで紹介されたマティス━

「アフガン戦争、イラク戦争、実施部隊の中心人物。『おかしいではないか』がオバマ選出の原動力。すべて忘れる社会に入った米国」
「中央軍司令官(2010-2013年)中東、東南アジアを所管。イランにあまりに強硬であるとして、解雇されたといわれる」
「“Mad Dog”“Warrior Monk”があだ名」
「アフガン時代、ベイルをかぶらないと言って殴る人がいる、だから彼らを撃つのは楽しみと発言」
「中東問題については、武力行使の制限をせず、より直接関わるよう促している」(WSJ)
「米国の敵に対して強固に対応を主張。特に対イラン。イラン政権が中東の安全に最も脅威と発言」(ワシントンポスト)

「クレージータウン」といっても、その実、目クソ鼻クソを笑う様相でないか。
3週間前
×
評価における「化学兵器」使用に対し疑問というより否定に近い表現は疑問が多い.

実態は判明させることを双方が拒否しており、相手側の非をあげつらっているというのが正しいのではないか。

アサド政権は一貫して反体制派の自作自演であるといっている。
米英仏3か国は、「アサド政権が使った証拠がある」といいながら、証拠を公開していない。
問題はアサド政権同盟者ロシアの態度である。
反体制派の自作自演であるといったり、化学兵器使用そのことが嘘、英国の工作によるもの、最後には英国の工作だという証拠があるといいながら、証拠を示していない。
3週間前
×
>>4
シリアの毒ガスについてはロシアは沢山の証拠を示して国連に報告している。西側のメデイアがサボタージュして真面目に取り上げないので、あなたみたいな「星条旗を神聖視する」人々には「ロシアは証拠を示していない」と信じたいのでしょうね。

斯かる問題は関東軍の有名な偽旗作戦である盧溝橋事件と本質的には同じなんです。偽旗作戦は侵略側の常套手段ですよ。孫崎先生がおっしゃるように米国の第五列の侵略についてはシリアの通常兵力で十分駆逐出来るのです。何でもってシリアやロシアが偽旗作戦を敢行するのか?さっぱり分かりません。そこには全く合理的な理由が無い。この腐りきった西側メデイアであるから猶更のこと、そんなとんまなことはしない。

言いたくはないけど、もう少し勉強して文章を著して下さいな。さもなければ、ここでは通用しませんよ。
3週間前
×
>>5
手前勝手な言い分を言い張って、通用するとか通用しないという問題ではない。また、どちらに正義があるとも言っていない。わからないといっているのです。感情的になりすぎですよ。

事実関係として、今少し、国連の動きを列記してみる。反論があるのであれば、国連活動の事実関係で示してください。
2017年以前は省略するが、
①2017年3月2日 アレッポ人権侵害について国連調査委員会の報告「アサド政権による塩素ガス使用を確認。ロシアの使用は確認できず」
②2017年5月1日国際人権団体「ヒューマンライツウォチ」が詳細の報告「アサド政権による広範囲でシスティマティックな化学兵器使用」
③2017年7月6日国連人権理事会独立国際調査委員会の報告「2011年から2017年9月までにアサド政権の化学兵器攻撃を33件確認」
④2017年10月20日国連安保理で「OPCW活動期間延長決議案」ロシアが拒否権行使
⑤2018年4月4日国際人権団体「化学兵器攻撃85件確認30件は実行者不明だが、55件はアサド政権によるものと断定」
3週間前
×
>>6
別に感情的なっている訳ではないですよ。西側のメインストリームに快く乗って、日本の状況では追いつめられている野党を「だらしない」と言わんばかりに宣い、しっかり安倍体制に準じているし、国際問題でも星条旗側に乗って星条旗に仕掛けられ負けずに奮闘しているロシアや中国、北朝鮮やイランをことさら辛辣に扱うあなたの基本に私は馴染めないだけですよ。

3週間前
×
ウッドワードの著書では、「本来」ならトランプの性格やトランプ政権内部の確執が論点になるとおもわれるが、孫崎さんの今回引用部分の一部は、米国がシリアにおける毒ガス攻撃に関与していないことの一級証拠になりうる。これはいわゆる「偽旗」論者にとって非常に都合が悪い。

孫崎さんもこの点をさすがに察知して、「B:評価」のところでは、「本来」の点にはひとこともふれず、アサドの毒ガス攻撃の点について反論を試みようとした。しかし内容は通り一遍のもので、何も目新しいものは提示できなかった。

【通常兵力で制圧が可能になった時に国際的非難が高まる化学兵器を使用したかは疑問】というのが、孫崎さんのいつもの議論だ。孫崎さんだけでなく、この議論をする人は多いのだが、これに対しては、『アサドはむしろそういう時にこそ残虐なことをやるのだ。それを知らないのは中東とかアサドとかをよくわかってない論者だ』という、これもわりとよく見る反論がある。『』の議論をする人からみれば、【】の議論はいかにも日本人的ということになろう。

私自身は、シリアにおいて、米国とロシアとは、かなり上位なレベルでは、一定のなれあい関係にあるとおもっている。それに従って、シリアやロシアのやることを米国が見過ごしたり、今度こうするとロシアやシリアが米国に伝えたりなどということもあるだろうとおもう。これはまあ、それこそ「第三次世界大戦をおこさないため」の知恵みたいなものなのだろう。マティスがトランプの指示通りにアサドを暗殺したりしたら・・・。

しかし、その一方で、アサドがシリア国内で何度も毒ガスを使ってきた(そしてそこには北朝鮮も関与している)こと自体は間違いないと確信している。
私は日本語文のほかには、英文しか読めないが、その範囲でも最低一年くらいも継続して、ニュースや、ジャーナリストや現地の被災者からのものを含むツイッターなどや、学者の議論などを追っていって自分で辻褄を考えれば、アサドが毒ガス攻撃をしていると確信できる。そのなかでは、アサドがそんなことをするはずがなく「偽旗」なのではないかという議論も(孫崎さんのようでなく、もっと具体的に)提起され、そして十分に反論される。

ついでにいうと、アサドの毒ガスは、ちょっと前に日本のメディアもにぎわせたが、あれで終わったわけでは勿論ない。
自称戦争嫌いな日本のサヨクたちは、日本のサヨク経由でなければ世界のニュースなんか知らないから、今この現在でも、ロシアとアサド政権によるイドリブ攻撃がなされており、毒ガスだって使われそうな緊迫した事態にあることを知らないし、国連も世界中も人道危機への懸念、攻撃阻止の訴えを表明していることを知らないだろう。アサドの毒ガスは別に昨年4月に限った話ではないのだ。
https://www.asahi.com/articles/DA3S13664869.html
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018090500223&g=int

この国連大使の言説などは、米国の立場をよく示している。「 they can do that, but they can not do it with chemical weapons」。
https://twitter.com/samueloakford/status/1037085449939046401

かなりついでだが、日本は別にロシアと喧嘩する必要はまったくないが、このタイミングで、安倍プーチン会談はよくないと自分はおもう。北海道で大地震がおきたことでもあるし、会わない口実は、あるはずだ。
3週間前
×
孫崎さんが、評価で、シリア、ロシアは圧倒的に有利な立場にあり、化学兵器を使うわけがないという論理を展開したのは好ましい論理とは言えない理由を列記する。

①米国、ロシアなどは、互いに諜報組織によって諜報活動を行い、相手の行動を把握しているとみるのが妥当でしょう。「証拠がある」といって証拠を列記すれば、相手に諜報活動の手の内をさらけ出すことになり、米国、ロシアとも「証拠」などはっきりさせるわけがない。
②シリアが化学兵器を使うわけがないという理屈も、核保有が懸念されるイスラエルに対する弱者のデモンストレーションとみれば、国際社会にも一定の脅威を与えることができる。
また、反政府組織の地域を奪回しても、反政府の民間人が多数生存すれば、いつも反政府組織の行動に監視活動が必要であるし、シリアの広大な地域をコントロールできず、人の住めない廃墟にしようとしていると疑いが晴れない。
3週間前
×
圧倒的優勢だから非人道兵器など使うわけがないというのが
間違いなのはその通り。

われわれは某国がすでに勝負のついた戦争で二度にわたって
非人道兵器で大量殺戮を行ったことを知っている。

この国は戦闘で生きたままで人を焼き殺す火炎放射器という
兵器をこよなく愛好し、日本兵もよく焼き殺された。
この残虐極まりない兵器を通常配備したのは他にはナチスドイツのみ。

べとナムではダイオキシンを撒き散らした。

さらにはイラク戦争で劣化ウラン弾の使用。
国際社会の反発を歯牙にもかけず。

自分が当たり前にやることを他国がそれをするのは
けしからんというこの国の性格はなんとかならんか。
3週間前
×
圧倒的に弱かったり抵抗できなかったりする相手にたいして、ことさらに残虐なことがあるのは、人間の本質の一つだとおもいますね。まあ、米国はそれを理性をつくしてやるのが恐ろしいのですが、別にそれも米国オリジナルというわけではありません。

敗戦期に日本のこうむった被害でいえば、ソ連も日本の敗北がほぼ決定したあとに中立条約を破って日本を侵略し、8月15日以後も日本の非戦闘員を虐殺したりしてるわけですし、朝鮮人ですら、戦後の混乱期に日本人を合計で2000人程度虐殺したとも言われています。もちろん彼らの強盗強姦のたぐいは数知れずで、このときに土地を不法占拠し、それがそのままパチンコ屋になっている例もあるといわれています。ついでにいうと、これらの正式な調査すらいまだにできていないどころか、そういう調査をしようという発想すらどこからもないですね。

その一方で、打算にしろなんにしろ、勝敗が決した後は相手をことさらには追い詰めないこともあるのが人間です。

わたしはシリアの毒ガス使用という具体的な話において、人間性の本質のどっちを支持するかを理由にアサドが使用したとかしないとかを判断してはいません。No.9をよく読んでもらえればわかってもらえるとおもいますが、わたしは孫崎さんの議論とその反論については手短に紹介しているだけで、どっちに賛成とも書いていません。

わたしがアサド毒ガス犯説を確信しているのはもっと細かな話をずっと追っていっての結論ですね。もしも誰かに誤解されているなら、いやなので、念のため書いておきます。
3週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。