• このエントリーをはてなブックマークに追加
<菊地成孔の日記 2021年7月31日午後5時記す>
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<菊地成孔の日記 2021年7月31日午後5時記す>

2021-07-31 19:00
  • 21

 前回のコメ欄にも書いたが、田原総一郎が完全に蘇生したのには感動に近いものがあった。その名も「コロナとオリンピック」。このテーマの前に、田原は全身の血液をスイスの病院で取り替えたぐらいの若返りを見せた。眼光が60年代に戻っていたのは凄い。あれを本当に医療でやったら何億かかかるだろう。

 

 最近、らしくもないのだが外山恒一の「政治活動入門」を読んで(どういうわけだが、1年前ぐらいからゲラが届いていて、ずっと放置していたのだが、先日灰皿をベットに落として「うわー!」とか言って騒いでる間に、気がつくと手にとっていて、読み始めたら止まらなくなった)、かなり面白かったし、田原総一郎の蘇生に対する感動は諧謔なしだし、え何オレ、還暦過ぎたら政治の話とかするようになるの?(IKKOのモノマネで)それって最悪~笑、などと口に出しながらベッドの上の灰を手のひらで落とすものの、どんどん広がってしまう。仕方がないので、口でフーフー吹いた。

 

 ドイツのジムナスティの選手が「アスリーテストを性的な目線で見られることにアゲインストするため」レオタードをやめてユニタード(ユニタードは正しくはレオタードの類語ではない、レオタードの語源はフランスのサーカス曲芸師、レオタール=男性が着ていたコスチュームから来た、つまり人名であって、「レオ」と「ユニ」には対応関係はない)にして、それがフェミニズムだ、みたいな一銭の意味もない事(「レオタードのが良い」と言っているのではない。どっちだって同じだ。そもそもドイツは過去、この問題に関して考えすぎた挙句にこじらせ、裸体運動まで追求した国で、僕が知る限り、世界で最もフェティッシュカルチャーのエグさとドギツさと広さを誇る国である。フェミニズムは大いに結構で、アスリーテストの肉体をどう観るのか?という問題はとても有意義だと思うが、この件に関してはドイツの体操界が今更何言ってんだ笑、50年おきに前行性健忘を起こすのか笑、としか言えない)よりも、外山によるファシズムの定義の方が遥かに興奮する。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他11件のコメントを表示
×
>>9 
 お返事を下さりありがとうございます!

 今回のウェブログの内容(それ以前からのものですが)は実数……ストリートでの経験があってのものだったのですね。僕自身の実数は、東京都のなかでは人口がかなり多い街に住みながらも、家族友人知人には感染したものは居ないが、友達の友達にはいる……というまるで怪談や都市伝説のような実感があり、とはいえお守りとしてマスクは付けておるわけですが(と書くと、お守り、マスク、フェティシズム(フェティソ)という流れも語れるので面白くなりました(笑))感染というか、流行病に関する視野が一元化しておらず、そこに安堵しております。

 菊地さんが外山恒一と書かれているのを読み、私は外山恒一と読んだものの、私の頭の中では舛添要一の顔が浮かび、『朝なま』で田原総一朗と討論しているのも舛添要一でしたが、『政治活動入門』と検索したら出て来たのがあの政見放送で有名な(と言いつつ僕はそれを1度も見たことがないのですが)外山恒一が出てきて面喰いました!不勉強でお恥ずかしいです、てっきりただの色物だと思っておりました。

 ともかく早速『政治活動入門』を取り寄せ、『時事ネタ嫌い』も初版のものを持っておるのですが文庫版は本棚に無く、あとがきを読むべくこちらも取り寄せました。楽しみがまた増えました、ありがとうございます!

 
1ヶ月前
userPhoto
菊地成孔
×
>>11

 長沼のプライヴェートを書くのも上限がありますが笑、ホテルに缶詰とかではなく、保健所からの指導で、自宅で隔離、ということらしいです。「さがらないように」で「佐良直美」出てきたら僕も大爆笑すると思います笑!野良猫との喧嘩はなるべく避けてください!笑
1ヶ月前
userPhoto
菊地成孔
×
>>13

 「もう、操作もできない状態になっている(システムダウンのまま運行)と考えるのが普通の思考だと思いますが笑、本当にどうなんでしょうね笑、何れにしても、何か崩壊の予感が漂う、とても良い夏が来たと思っています笑。

 長沼へのお気遣いありがとうございました。「ストーカーさん」が誰を指すのかわかりませんが(事務所前で待ち伏せされたり、また始まってきたので笑)、それが誰であれ、負けないも何も、僕はそもそも戦ってはいないので笑、なんとも言えませんが、ストーキング行為は最も激烈で最も対象と無関係な愛の行為だと思っていますので、表現者冥利に尽きます笑。
1ヶ月前
userPhoto
菊地成孔
×
>>14

 僕はあの政見放送を見ていたので、トンデモ本だと思っていたんですが笑、トンデモない話で笑、非常に有意義な本でした(もちろん、書物なので、理解できない部分や、賛同できない部分があるのは前提として)。文庫版をわざわざお買い上げいただきありがとうございます!笑
1ヶ月前
×
ちょうど、川島雄三『グラマ島の誘惑』を見ました。
森繁久彌とフランキー堺が皇族軍人の兄弟という設定はたまげました(笑)
1ヶ月前
userPhoto
菊地成孔
×
>>18

 5〜60年代の5社娯楽映画には、本当に「信じらんねえ」という設定が平気で出てきますよね笑。僕もさっきまで、川島雄三の「貸し間あります」と、実質上の遺(連)作である「とんかつ一代」と「イチかバチか」を観ていましたが(「江分利満氏の優雅な生活」の準備中に逝去。代打で監督になったのが岡本喜八)、たまげるような設定と、たまげるような完成度でした笑。
1ヶ月前
×
川島監督だと「しとやかな野獣」を見てみたいのですが、いまだに未見で、、、。ざっくりだとあの時代、森雅之がエロくていいなぁと思ってしまいます。70年代の話になりますが「トラック野郎」も好きです。あとは梶芽衣子さんのさそりシリーズも大好きです。タランティーノも絶賛でしたね。黒い十人の女は小西さん経由で映画館で鑑賞。最近BSで極妻やってて、岩下志麻&かたせ梨乃最強だなぁと。そして追記ですが野良猫と安易に戦ったのではなく深夜に酔っぱらって我が家にパラサイトしている野良猫と遭遇して追っかけまわして噛まれちゃいました、、、。
1ヶ月前
userPhoto
菊地成孔
×
>>21

 川島作品は、全部で51本あるんですが、黒澤だの小津だの、あるいは岡本喜八だのと比べて、なかなか見れないですよね。僕は映画とテレビが、ですが、70年代がなんだかダメで、そっちの路線(東映70年代ダークな感じ)が苦手なんですが、タランティーノは好きですね笑(タランティーノが絶賛している日本映画は、この方面だけではないですが)。「黒い10人」はクレージーキャッツが特出しているのでDVD持ってますが(小西さんの啓蒙活動もありますが笑)、作品としてはあんまピンときていないままです。。。。

 岩下志麻は、初期の、例えば松本清張原作の「風の視線」とか見ると、新珠三千代比較で、あんまり演技が上手い人ではなかった事が分かりますが(人が良さそう)、やはり篠田正浩シャクティパットが効いたのと、極妻みたいな、男性的な役(「怖い顔」「ドスの効いた声」で一本通せるような)を得て、遅咲きに開花した感じですよね。

 猫は(苦手ばっかりでアレですが笑)、一番苦手な生物です笑。猫アレルギーがひどいし、「猫的」な美学というか価値観というか、アレに不感症なので、単にめんどくさくていっぱいいる(動物園にはいないけれども)生き物としか思わないですね笑。窮鼠が猫を噛むのはまだ英雄的だと思いますが、猫に人間が噛まれると想像すると恐ろしいです笑。
1ヶ月前
×
>>19
まさか、『博士の異常な愛情』よりも先に原水爆をあんな形で扱う映画だったとは、まったくもって驚きです。

あと、おそらく無許可で皇居前広場をチラッと撮影していたりとか、ヒヤヒヤものです。
1ヶ月前
userPhoto
菊地成孔
×
>>23

 「生きものの記録」の話ですね。アレほど「見たらビックリする」映画は邦画ではないと思います。都内ロケは、皇居前広場も含め、当時は比較的自由でした。ただ、あの内容で皇居目広場はヤバいでしよね笑。夏に見るのが最高だと思います。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。