• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

作家栗本薫のここがピークだ! 珠玉の傑作恋愛小説『猫目石』。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

作家栗本薫のここがピークだ! 珠玉の傑作恋愛小説『猫目石』。

2020-11-26 00:30
    q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B01q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B01

     『トワイライト・サーガ』の話をしたらこの作品についても語っておかなければならないだろうということで、今度は栗本薫の最高傑作のひとつ『猫目石』の話です。

     これはねえ、初めて読んだときにはそれはそれは衝撃を受け感動したものですが、とにかく素晴らしい小説です。何しろいまから何十年もまえの作品なので、時代背景などは古びているところがありますが、中核となる骨子の部分は一切古くなっていない。永遠の名作といって良いでしょう。

     この小説のセールス・ポイントは、栗本薫(作中人物)と名探偵伊集院大介が推理対決をするという趣向なのですが、驚いたことにそれが成功しています。といっても、本格ミステリとして特に出来が良いわけではありません。

     まあ、この作品を書いたときの栗本さんは、だいぶ本格を書くことに飽きていたらしく、ミステリとしてのクオリティは「それなり」といったところです。

     それでも、この「名探偵の
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。