• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

CMパンク、おまえはそんなところで何をやってるんだ?■アメプロインディ通信「フリーバーズ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

CMパンク、おまえはそんなところで何をやってるんだ?■アメプロインディ通信「フリーバーズ」

2018-04-02 00:00

    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマはCMパンク、おまえはそんなところで何をやってるんだ?です!





    <関連記事>

    ・これはなんだ? レッスルマニアの裏側で「2018年のUWF」開催!!

    ・【#MeToo】マイケル・エルガンはすべてを失ってしまったのか

    ・TOO SWEETじゃなくてTOO DEEP!! 世界一卑猥なハンドサインをご存知?

    ・デスマッチ仁義なき戦いに警察も出動! GCWシュート事件とは何か

    ・カナダの狂乱のハードコア団体『IWS』――人生の栄光と転落

    ・アメリカのデスマッチキングは銀行強盗犯…ニック・ゲイジの最狂人生

    ・知ってるようで知らないアメリカ第3の団体ROH

    ・アメリカ第3の団体ROHを変えた2人の日本人プロレスラー



    ce4d7c6b34087b16d10dce276c20d9567c7cb067
    CMパンクのUFC2戦目が、6月9日に米イリノイ州シカゴ「UFC225」になるのではないかと噂されている。シカゴはパンクの地元であり、パンク本人も“それ”を匂わすツイートをしている。出場となれば、2016年9月「UFC203」以来、1年9ヵ月ぶりの試合となる。普段はUFCや格闘技を見ないプロレスファンも、CMパンクのUFC出場というのは、興味をそそられるのではないだろうか。ましてや、インディー時代から見てきたファンたちには、ことさら気になるはずである。

    WWEのトップスターの位置にいながら、格闘技の世界に移ったCMパンク。WWEの頃は、その“歯に衣着せぬ”発言や言動で、注目を浴びることも多かったが、それはWWE以前から変らなかった。そんなCMパンクのインディーの過去をしばし振り返りたいと思う。

    子供の頃から大のプロレスファンだったCMパンクは、10代の頃に兄と一緒にバックヤードレスリングを始めると、絶大な人気を獲得して、地元ではかなり有名な存在となった。しかし、兄が売上金を持ち逃げしたことからバックヤードレスリングの活動は頓挫。兄とはそれ以来、疎遠になっているそうだ。

    その後、エース・スティール(元WWE)のプロレススクールで本格的にプロレスを学び、1999年にプロデビューしたCMパンクは、IWAミッドサウスやROHなどで活躍。サモア・ジョーとの名勝負数え歌やクリス・ヒーロー(現WWE カシアス・オーノ)との長時間試合、レイヴェンとの血の抗争劇やエディ・ゲレロとの対決は、インディーファンには語り草となっている。

    なかでもROHでのサモア・ジョーとの試合(2004年10月16日シカゴ)は、レスリング・オブザーバー誌の5スターマッチに選定されるほどの名勝負となった。

    当時はここ数年のように5スターマッチが多くなかった時代。ROHとしては初の5スターマッチであり、アメリカの団体では1997年のWWEでのアンダーテイカー対ショーン・マイケルズ戦以来だった。

    2005年5月にWWEのトライアウトマッチに合格したパンクは、6月18日のROHでインディーを卒業することになったが、このラストマッチが衝撃的だった。


    この続きと、朝日昇、アンドレ特番、宮戸優光×中井祐樹、レッスルマニア、安田忠夫、RIZINジャッジ対談などの記事がまとめて読める「15万字・19本の記事詰め合わせセット」はコチラ 
     

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。