• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【非会員でも読める10万字セット】メイウェザー天心、リッキー・フジ、森嶋猛、島田宏、UFCフライ級…
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【非会員でも読める10万字セット】メイウェザー天心、リッキー・フジ、森嶋猛、島田宏、UFCフライ級…

2018-11-30 23:59

    非会員でも購入できる大好評インタビュー詰め合わせセット! part58は大好評インタビュー14、コラム10万字オーバーで540円!!(税込み)



    ◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉
    part57 

    ■メイウェザーvs天心大騒動大解説!!
    那須川天心を信じないで何を信じろというのか〜メイウェザー騒動・解説〜/なぜ我々は「メイウェザーvs天心」の茶番・八百長扱いを大歓迎するのか

    ・大晦日王者対決!! マネジメントが緊急激白!!「堀口恭司は来年ベラトールに出撃します」

    ・北尾、バービッグ!! 危険集団UWFインターから考える「メイウェザーvs天心」■宮戸優光

    ・ロックンロールなプロレス人生!! リッキー・フジ「今の俺からじゃ想像できないけど、UWFに憧れて……」

    ■事情通Zの「プロレス 点と線」
    ドント・ストップ!? 森嶋猛、タクシー運転手を殴る/TAKAみちのく選手の不倫トラブル/「却下します!」からの後藤vs飯伏実現! 新日本流SNS劇場!!


    ・多発するプロレスラーのケガを考える■小佐野景浩の「プロレス歴史発見」

    ・QUINTETラスベガスの衝撃――中井祐樹「日本は取り残されています」

    ・【グンマーの謎】北関東プロレス界隈の首領・島田宏インタビュー


    シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク
    大量リリースへ! UFCフライ級廃止の舞台裏!!/マネジメントから見たメイウェザーvs天心騒動

    ・これは革命宣言だ! “怪物脳”に覚醒したケニー・オメガ斎藤文彦INTERVIEWS


    オマスキファイトのMMA Unleashed
    ・メイウェザー騒動、米MMAメディアの反応まとめ 「メイウェザーは帰国して、那須川の動画でも見たんじゃないんでしょうか」
    ・実録! マクレガー・ヌルマゴメドフ試合後の乱闘劇で、オクタゴンに上がった素人がいた
    ・MMA業界初の大型トレード! その幸福な結末
    ・メイウェザーも困惑? PPVは死んだか!? 米国ボクシング放送配信事情が大激変

    ■アメプロインディ通信「フリーバーズ」
    エディ・ゲレロ「空白の5ヵ月間」とその死……
    ・勝手にしやがれ! アメプロ開催中止騒動の歴史

    ・「世界一時間のかかるチョップ」スコッティ・2・ホッティ■ジョバーのブルース

    ・筋肉教にしか理解できない「読み切り短編筋肉小説 サプリ」■二階堂綾乃


    ◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉

    c2666db4ee2d087e0ff3f10da17b97eab1d7d762
    リッキー・フジのロックンロールなロングインタビュー!! UWFに憧れた新日本プロレスの練習生がカナダに渡り、デビューするまでの軌跡を
    1万字で追います!



    【1記事から購入できるオススメバックナンバー】

    【人生最終回】安田忠夫「もうすべてがイヤになったから、練炭自殺したんだよ……」


    ミスター高橋with田山正雄 レフェリーの魔術「試合はこうして壊れていく――」 

    平田淳嗣 おまえ平田だろ!「スーパーストロングなプロレス人生」 

    新倉史祐 道場破りから前田日明vsルスカまで……「俺が見た昭和・新日本プロレス伝説」 

    康芳夫 
    世紀の呼び屋「猪木vs人喰い大統領アミンはぜひやりたかったね」 

    猪木快守 
    猪木一族の事業欲とは何か? 



    ――
    リッキーさんは今年でプロレスデビュー30周年なんですよね。

    リッキー
     88年の6月にカナダでデビューしてますからね。1冊の本を書けるくらいの体験をしてますよ(笑)。 

    ――
    インタビューではもったいない感じなんですかね(笑)。最初は新日本プロレスの練習生だったんですよね。

    リッキー
     高校卒業後に入門しまして。高校のときは野球部だったんですよ。これは余談になりますけど、来年から中日ドラゴンズで監督をやる与田剛。彼は同級生になんですよね。

    ――
    へえ、与田さんと一緒に野球を。

    リッキー
     アイツの球は速くて重いからキャッチボールをやりたくなくて。球を受けると手が痛いから(苦笑)。与田はとにかく野球がうまくて「こういう奴がプロに行くんだろうなあ〜」と思っていたら本当にプロになりましたからね。

    ――
    与田監督って肩幅がデカくないですか?

    リッキー
     ああ、大きいですよね。当時のあだ名は「えもん掛け」でしたからね(笑)。

    ――
    ハハハハハハハハ!

    リッキー
     俺は途中で野球部をやめちゃったんですよ。高校や大学って学年がひとつ違うと扱いが変わるじゃないですか。「なんで1年ぐらい早く生まれただけなのに、こんな偉そうな態度なんだ?」と思っちゃって。プロレスはもともと好きで見てたんですけど、プロレスって身体の大きい人がやるものだっていう感じで。 

    ――
    当時は180センチでも小さい……という時代でしたね。

    リッキー
     そんなときに蔵前国技館でタイガーマスクのデビュー戦を見まして、近くに寄ってみたら俺と背の高さがそんなに変わらないんですね。そこで「もしかしたら俺もプロレスラーになれるんじゃないか?」と思ったんですよ。その日からプロレスラーになるために、毎日スクワット1000回、プッシュアップ500回をやるようになって。 

    ――
    新日本プロレスにはすんなり入門できたんですか?

    リッキー
     いや、履歴書を送っても梨のつぶてで。仕方ないので高校卒業したあとは新日本道場近くにアパートを借りて、バイトしながらチャンスを伺ってたんですよ。

    ――
    完全にストーカーですね(笑)。

    リッキー
     ハハハハハハハ。道場が近くだったので、あるとき道場へ見学に行ってみたんですよ。そうしたら山本小鉄さんが1人で練習されてまして。

    ――1人でトレーニング! さすが小鉄さん。

    リッキー
     小鉄さんに「プロレスラーになりたいんです!」っておもいきって声をかけてみたら、「じゃあ見てやる」ってことでスクワットや反射神経のテストをやっていただいて。「近くに住んでいるんだったら道場を貸してやるから身体を大きくしなさい」と。通いでトレーニングの許可をしてくださったんですよ。それからバイトが終わったら新日本の道場で練習するようになったんですね。

    ――
    それは新日本のレスラーに混じって練習するんですか?

    リッキー
     そのときは個人練習の時間ですね。ほかにも何人か練習されてたんですけど、第1次UWFに移る前の高田(延彦)さんがキックの練習をしてることが多くて。高田さんも俺のことを「コイツはいったい誰なんだろう?」と思ったんでしょうね(笑)。

    ――
    練習生でもないわけですからね。

    リッキー
     事情を説明したら高田さんは丁寧にアドバイスをしてくれて。メシを腹いっぱい食ったあとにデザートとしてバナナ3本、チーズ3つ、それを牛乳とプロテインに混ぜて飲めと。高田さんの言われたとおりやったら1ヵ月で体重が10キロ近く増えましたね。

    ――
    リッキーさんと同じように通いで練習されていた方はいました?

    リッキー
     いや、いなかったですね。あとになってからウルティモ・ドラゴン選手が通いの立場で練習していたとは聞きましたけど。いま思えば、よく受け入れてくれたなって思いますね。俺が逆の立場だったら「なんだコイツは?」って思っちゃいますから(笑)。 

    ――
    そこから練習生になったんですね。

    リッキー
     しばらくしてから入寮の許可が出まして。アパートに帰ったら大家さんから「新日本プロレスから電話がありました」と。折り返したら「寮に入っていいぞ」ということで。84年8月のことでしたけど、その年の3月に船木誠勝さん、AKIRAさん、4月に闘魂三銃士(橋本真也、武藤敬司、蝶野正洋)。豊作の年だったんですよ。 

    ――
    それだけ新人が入門してるのに、途中から入寮できるって珍しいですね。

    リッキー
     それはUWFの選手離脱に加えて、長州さんたちジャパンプロレス勢もゴソッと抜けたからなんでしょうね。人数合わせというか、雑用が必要だったというか(笑)。

    ――
    大量離脱で枠が空いたと。入門が同じ年でも皆さん先輩になるんですよね。

    リッキー
     そうですね。武藤さんや蝶野さんは年上で、橋本さんは同い歳だったんですけど、船木さんは中学卒業したばかりで15歳じゃないですか。こんなこと言うとアレですけど、15歳の少年に普通に呼び捨てにされちゃうんですよ(笑)。

    ――
    船木さんは躊躇しないで呼び捨てしそう(笑)。 

    リッキー
     だから俺には同期の人間がいないんですね。ちゃんこ番とかはみんなで順番にやるんですけど、何かあると一番下の俺に降りかかってくることは多かったですし。朝の合同練習が始まる前に道場を掃除をしたり。

    ――
    やっぱり雑用は大変ですよね。

    リッキー
     当時の寮長は小杉(俊二)さんという方だったんですけど、ちゃんこの味付けにも厳しくて。あと巡業だと配車という仕事が大変でしたね。外国人レスラーの試合が終わると、タクシーを呼んでホテルに帰らせる。そのタイミングがけっこう難しいんですよ。早くタクシーを呼んじゃうとメーターが上がっちゃいますし……配車で失敗しないようにビクビクしてましたねぇ。

    ――
    あと練習生は道場から外出禁止なんですよね。

    リッキー
     外出はできなかったですね。ずっと道場の中で生活してるから「いま日本はどうなってるんだろう……?」という感じで(笑)。落ち着けるのは寝るときぐらい……いや、寝てても油断ができなかったです。朝起きると、ライガーさんのイタズラで足がベッドにロープでくくりつけられていたり(笑)。

    ――
    ハハハハハハ! ライガーさんのイタズラは最高に酷かったって聞きますけど。

    リッキー
     これは後々の話になるんですけど、俺はカナダでもライガーさんと一緒だったんですよ。安達(ミスター・ヒト)さんの家に馳(浩)さん、ライガーさんと一緒に住んでいて。あるとき家でちゃんこを作ってみんなの帰りを待ってたら、ライガーさんから電話があって「試合で足を骨折してしまった」と。松葉杖を突いて帰ってきたライガーさんはかなり落ち込んでいて。その頃は先輩・後輩の壁がなくなってて、食べ終わった皿なんかは自分で洗うみたいな感じだったんですよね。でも、ライガーさんはケガしてて落ち込んでるから「ボクが洗いますよ」っていろいろフォローしてたんですけど。皿を洗い終わったらライガーさんは急に松葉杖を外して元気に飛び回って。要は俺に皿を洗ってほしかったらしくて騙したんですよね(笑)。

    ――
    それだけのために手が込みすぎですよ!(笑)。

    リッキー
     もう普通のイタズラだと飽きちゃったということなんでしょうね(笑)。

    ――
    橋本さんもイタズラは凄かったんじゃないですか?

    リッキー
     橋本さんもいろいろと凄かったですよね。あるとき蝶野さんが呆れてたんですよ。「ブッチャー(橋本のあだ名)がまたやってるよ……」って。どうやら道場近くの多摩川の土手で、真っ黒なサングラスをかけてモデルガンが持って立ってたみたいで(笑)。

    ――
    ハハハハハハ! 前座の頃から凄い存在感ですね。

    リッキー
     選手がゴッソリ抜けて中堅がいないという状態でしたからね。あのときは荒川(真)さんがみんなの面倒を見てたんですけど。

    ――
    荒川さんはいい意味でデタラメな方ですよね。

    リッキー
     ハッハッハッハッ! それこそザ・プロレスラーという感じでしたよね。 良い部分も悪い部分も含めて豪快な方で。どこまで言っていいいのかわからないんですが……あのときは選手が大量離脱した時期だったので「次は誰が抜けるのか?」って会社は戦々恐々としてたんですね。坂口さんや藤波さんが道場に寝泊まりして誰も逃げださないようにしていたり。そんなある日、全員集合のミーティングがあったんですが、荒川さんと橋本さんと武藤さんがいなかったんですよ……。

    ――
    ああ、例の事件ですか?

    リッキー
     ああ、ご存知ですか?(笑)。 

    ――
    もちろん知ってます!(笑)。

    リッキー
     じゃあ言ってもいいんですかね(笑)。坂口さんが「荒川が若手を連れてどこかに行っててしまったけど、みんな一致団結して頑張ろう!」と。荒川さんたちが他の団体に引き抜かれたという前提でしゃべってるんですけど、しばらくしたら荒川さんが「おはようございまーす!!」と帰ってきて。会議があることを忘れてみんなでソープランドに行ってたんですよね(笑)。

    ――
    ガハハハハハハ! あの伝説の現場にいましたか! 

    リッキー
     伝説を目撃しましたね(笑)。30年以上前の話なんですけど、道場で起きたことはいまだに鮮明に覚えてるんですよねぇ(しみじみと)。たまに船木さんやAKIRAさんと会場で会ったりするんですけど、皆さんも同じみたいで。


    大好評インタビュー14本、コラム8本、10万字オーバーで¥540!! のまとめ記事はまだまだ続く……

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。