• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

オールエリートレスリング旗揚げ! 最新情報まとめ、そして新日本プロレスに与える影響は?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

オールエリートレスリング旗揚げ! 最新情報まとめ、そして新日本プロレスに与える影響は?

2019-01-11 16:12
  • 1
Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマはオールエリートレスリング旗揚げ! 最新情報まとめ、そして新日本プロレスに与える影響は?です!!



【1記事50円から購入できるオススメ記事】

追悼ダイナマイト・キッド:「レスラーとして偉大だったが、人としては惨めな人生だった」

女子プロレスドラマ『GLOW』とは何か:Netflixでまもなくシーズン2配信開始

没後30周年! 改めてしのぶブルーザー・ブロディ最期の1日

前回はプロレス風味のフットボールで大失敗! ビンス・マクマホン(72)、XFLで最後のリベンジ



2018年8月、シカゴのシアーズセンターで開催された米インディープロレス史上最大のビッグイベント『All In』。この大会を主宰したコーディとヤングバックスが中心となって旗揚げがうわさされていたアメリカのプロレス新団体、オールエリートレスリング(以下AEW)が、ついに正式に発表された。

米国時間で1月8日にフロリダ州ジャクソンビルで行われた旗揚げ決起集会では、まずコーディがエグゼクティブ・バイス・プレジデントとして登壇、「AEWがプロレスの経済を変えていく、タレントに手厚い支払いを行う、試合の勝ち負けがこれまで以上に重要になってくる」などと語った。

マット・ジャクソン、ニック・ジャクソンのヤングバックスは共同エグゼクティブ・バイス・プレジデント、コーディの妻ブランディ・ローズはチーフブランドオフィサーとして登場、次のような発表を行った。

●『All In』の第2弾大会に当たる『Double or Nothing』を、5月25日、ラスベガスのMGMグランドガーデンアリーナでAEWの旗揚げ大会として開催すること

●第2回大会はフロリダ州ジャクソンビルで開催すること

●現時点での契約選手もしくは契約が見込まれる選手は次の通り:ハングマン・ペイジ、クリストファー・ダニエルズ、フランキー・カザリアン、スコーピオ・スカイ、マックスウェル・ジェイコブ・フリードマン、ジョーイ・ジャネラ、ペネロープ・フォード、ブリット・ベイカー、PAC(ネビル)

●女子部門も設立すること

●中国のOWE(Oriental Wrestling Entertainment)との提携。CIMA軍団ストロングハーツの参戦が見込まれる(ただしCIMAの名前は触れられなかった)

●ビリー・ガンがプロデューサーとして参画

そして旗揚げ会見のサプライズとして、クリス・ジェリコの入団も発表された。ジェリコは、「これから世界を変える、宇宙を変える」と宣言、「カネのためではなく、これまでにないこと、新しいことにやろうと決意した」と意気込みを語った。ジェリコの契約がAEWとの独占契約なのかどうかを含め、契約内容の詳細は明らかになっていない。

この続きと、RIZIN大晦日特集、地獄のシューティング合宿、イッテンヨン、ケニー・オメガ…などの記事がまとめて読める「11万字・記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 
 
この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
フルハム?発音的、フルアムですけれど!
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。