• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

WWEのトップヒール、ケビン・オーエンズ……あの頃、クラブハウスで■アメプロインディ通信「フリーバーズ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

WWEのトップヒール、ケビン・オーエンズ……あの頃、クラブハウスで■アメプロインディ通信「フリーバーズ」

2019-05-02 00:00
  • 2
アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマはWWEのトップヒール、ケビン・オーエンズ……あの頃、クラブハウスでです

f8b4418c284abf214d50041567cc98f9987160a4
そこに集まったみんなでルチャリブレのビデオテープを見ようとしたときだった。その中にひとりだけルチャを毛嫌いする男がいた。彼は激しく怒った。彼の目に映るルチャの受け身や空中殺法は、どれもデタラメな動きに思えるらしく、映像で見るのすら嫌だった。「もしまたルチャの映像を流そうとしたら、俺はもうここには来ないからな!」と、顔を真っ赤にして怒鳴り散らす彼の姿を見たみんなは、ムキになる彼がおかしくて笑ってしまった。リングの上でも同じだった。ヒール志向のある彼が、どんなに横柄な態度をとっても、観客たちからは、ブーイングがおこるどころか、いつも応援されてしまうのだった。


2004年から2007年、カナダのモントリオール近郊に通称“クラブハウス”と呼ばれ、夜な夜なIWS(International Wrestling Syndicate)に所属しているレスラーたちが集まり、飲めや歌えやのどんちゃん騒ぎが繰り広げられている憩いの場があった。

ここは当時、IWSに所属していたレスラー、ダミアンの家の裏庭に、彼の父親が、息子とその仲間たちのために建てた手作りの小屋だった。小屋の前にはプールがあり、暑い夜には飛び込んだ。寒い夜には小屋に持ち込んだ暖炉の前でみんなで寄り添い暖をとった。
ダミアンが集めたROHやCZW、IWAミッドサウスなどのアメリカンインディー団体のビデオやDVDのほか、ルチャリブレ、そして日本のプロレス団体の映像も多数揃っていて、鑑賞会をしながら、今後のストーリーラインについて語りあったり、ブッキングプランなどについて話しあったりしていた。
クラブハウスの常連は、ケビン・オーエンズ、サミ・ゼイン、セクシー・エディ、バイキング、女子レスラーのバネッサ・クレイヴァンや、他にも多数のレスラー達が入れ替わり立ち替わり現れ、モントリオール界隈のプロレス関係者で、この“クラブハウス”を知らない者はいないほどだった。先ほどのルチャ嫌いの男とは、ケビン・オーエンズのことである。
この続きと、望月成晃、剛竜馬、天心vs亀田、三又又三、トム・マギー…などの記事がまとめて読める「13万字・記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 


この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
ケビンがルチャ嫌いというのは初めて知りました。
メキシコのルチャドールがよく パッケージパイルドライバー を使っているのはどう思っているのか・・。
9ヶ月前
×
やはり彼は、ヒールのが、いいですね!でも、人気があるのが、すごいですよ‼
9ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。