• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

堀口恭司の歴史的勝利――日本人格闘家が世界最強にリーチしている夢の瞬間
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

堀口恭司の歴史的勝利――日本人格闘家が世界最強にリーチしている夢の瞬間

2019-06-20 23:23
    この記事は堀口恭司vsコールドウェルを語ったDropkickニコ生配信を編集したものです(語り:ジャン斉藤)



    【1記事から買える関連記事】

    ・『那須川天心ボクシング1000万円』青木真也ドタキャンは不穏試合的ではない

    ・生贄だったミルコ・クロコップはかくして総合格闘技のアイコンとなっ

    ・史上最高の引退試合……飯塚高史、無言でリングを去る

    ・タイムトンネルからやってきたクロン・グレイシーという男のロマン

    ・高田延彦RIZIN統括本部長の「迷走解説」問題

    ・川尻達也vs北岡悟が生きた時代……「やれんのか!」は「でも、やるんだよ!」である

    ・「今日もダメだけど、まあいいか」と諦める……みんなボブ・サップを抱えて生きているのだ



    大晦日のフェイスオフで「こんなに体格差があるのに堀口恭司は勝てるの……?」と震えたもんですが、今回のMSG決戦でも「こんなに体格差があるのに堀口恭司は勝てるの……??」と再びドキドキした方も多かったでしょう。3度目の対決はないと思われますが、仮にあったとしても「こんなに体格差があるのに堀口恭司は勝てるの……???」と格闘技の神様に祈りたくなるんでしょうかね(笑)。ニューヨークで実現したダリオン・コールドウェルvs堀口恭司のベラトールバンタム級タイトルマッチ、堀口選手が見事勝利して、RIZINのベルトと合わせて2冠王に輝きました! いやあ、素晴らしいですね。

    大晦日に堀口選手が先勝してるので、気分を楽にして見られるところもちょっとだけ、ほんのちょっとだけあったんですが、やっぱりホームで勝つのはあたりまえで、アウェイで勝つことに意味がありますからね。この2連勝は凄く大きいですよ。KO・一本勝ちできなかったことは残念ですが、やっぱりコールドウェルは強いですわ! アメリカン・トップチーム移籍以降、レスリングが大強化されて、マットに背中を付けた機会がほぼない堀口選手をあんなに何度もテイクダウンするんですからねぇ。

    この勝利よりRIZINのバンタム級がますます面白くなってきました。昔から言われていますが「階級はスターによって作られる」ことがあらためて実証されたというか、堀口恭司というスターによってRIZINバンタム級はまさに黄金の階級へと磨かれました。

    UFC以外の団体は、稼働してない階級もあったり歯抜け状態だったりします。それはその階級の軸となれるファイターが不在だと、ほかの選手も集めようがないからです。UFCでさえフライ級を撤廃すると一度は決めたのに、セフードの覚醒で存続の道が見えてきた。やっぱり「階級はスターによって作られる」ということなんですよね。
    この続きと、堀口恭司、武尊vs皇治の乱闘、追悼・青木篤志さん、天心vs亀田…などの記事がまとめて読める「12万字・記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 


    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 
    1記事85円から購入できます!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。