• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「MMA史上、最も試合がつまらない男」ベン・アスクレンとUFCの5年戦争劇的決着!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「MMA史上、最も試合がつまらない男」ベン・アスクレンとUFCの5年戦争劇的決着!

2019-12-01 22:04
    世界のMMAニュースを幅広くフォローするレンノカ@Rennokaさんがお届けするMMAまとめコラム。今回は「MMA史上、最も試合がつまらない男」ベン・アスクレン、UFCとの5年戦争です!




    【1記事から購入できるバックナンバー】

    ・カイvsウルカ、視聴率、台風19号……RIZIN大阪1万字トーク■笹原圭一RIZIN広報




    ベン・アスクレンがMMAからの引退を発表した。UFCのダナ・ホワイトから「MMA史上、最も試合がつまらない男」と、こき下ろされた男は最後は多くのファンを熱狂させオクタゴンを去ることになる。それはUFCとの5年戦争が生み出したサーガでもあった。

    ♢ベラトール時代

    2008年北京オリンピック出場の経歴も持つレスリングエリート、アスクレンのMMA転向活劇はベラトールから始まった。トーナメント優勝をはたし、すぐにウェルター級王座を獲得。4度の王座防衛に成功したアスクレンにはベラトールに敵はいなかった。アスクレンはUFC入りを目指すためにフリーエージェントを宣言。自身の力に誇りを持つアスクレンは大口のラブコールをUFCに送り続ける。だが条件面で折り合いが付かず、レスリング一色のファイトスタイル的にも扱いづらいと思われ交渉は決裂してしまう。

    「アスクレンに興味はない。彼が他団体で評価を上げればUFCにいずれ来るだろう」
    「眠れないときにはベン・アスクレンが必要だ。彼はMMA史上最も退屈なファイターだからな。彼の試合を見るくらいならハエのファ◯クを見た方がまだマシだ。ベンを見ているとジョン・フィッチですらヴァンダレイ・シウバのように見える」(ダナ・ホワイト)

    「ダナは俺に興味があると言っていたはずだ。彼はビジネスマンだから俺には価値があると確信する。いずれどうなるかわかるだろう」(ベン・アスクレン)

    UFCは大きな遺恨を残したアスクレンはONE FC(現ONE Championship )に移籍する。ONEでも王座獲得し、「30歳までやりきるつもりだった」とMMA19戦無敗のまま1度目の引退を飾る。2017年11月25日、ONE最後の試合は1階級下の青木真也戦だった。


    ♢MMA史上初のトレード

    この引退によりアスクレンとUFCの邂逅はありえないと思われたが、引退の翌年に事態は急転する。
    この続きと、平本蓮、川口健次、サイモン・ケリー、新生NOAH、QUINTETなどの12月更新記事が550円(税込み)でまとめて読める「10万字・記事20本の詰め合わせセット」はコチラ 

    https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1850156

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!1記事85円から購入できます!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。