• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「最悪の思い出を消し去りたい」デスマッチレスラー最後の来日理由
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「最悪の思い出を消し去りたい」デスマッチレスラー最後の来日理由

2020-01-15 20:35
  • 1
アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは「最悪の思い出を消し去りたい」デスマッチレスラー最後の来日理由です!


<1記事から買える関連記事>

・「Bloodsport ブラッドスポート」を救った男は日本通

・アメリカンプロレス改編の余波も……内部告発に揺れるROH

・スマッシング・パンプキンズが古き良きNWAの世界を復活!!

・AEWを支えるヤングバックスのルーツ「プロ・レスリング・ゲリラ」

・デスマッチカメラマン “バーニング・ハンマー・フォトグラフィー”

・「死ねばよかったのに」……デスマッチ大論争大勃発!

・地獄の軍団GCW来日大作戦インサイドレポート


6c605fb43297238a1e2034b29f6e15a48ccbc5e5



一度は引退をしてリングを離れたデスマッチレスラー、ダニー・ハボックが日本に戻ってくる。

現役中は「トーナメント・オブ・デス」「大虐殺杯」などのデスマッチトーナメントを制し、アメリカデスマッチ界のトップとして活躍したハボックであるが、2017年に腰部脊柱管狭窄症のため引退した。引退後は、H20レスリングに顔を見せたりしていたが、昨年10月のGレイバーベネフィット興行に“一夜限り”の復帰を果たすと、2月のGCWジャパンツアーにも参戦することが決定。およそ5年半ぶりの来日が発表された。

今回、来日するGCWメンバーの中において、過去来日7回を数え、日本での知名度も高いレジェンドデスマッチレスラー、ダニー・ハボック。引退から復帰を決めた彼を振り返ってみたい。


ダニー・ハボックは、アメリカ・アイオワ州のサイリンダーという人口100人にも満たない小さな田舎町で生まれ育った。幼い頃はプロレスにまったく興味がなかったハボックは、ハルク・ホーガンや“マッチョマン”ランディ・サベージの名前すら知らなかったという。そんな彼が13歳のときだった。父親の営む農場に、プロレスファンの若者が手伝いにやってきた。彼から勧められたプロレスを見るやいなや、その魅力に取り憑かれ、学校が終わると農場の納屋でプロレスごっこをやるようになった。そして、のちにUHW(アルティメット・ハードコア・レスリング)というバックヤード・レスリング団体を立ち上げるほど、プロレスにのめり込んでいったのだった。

なかでも、2000年当時、その残虐性、暴力性溢れる過激なデスマッチスタイルで話題を呼んでいたCZW(コンバット・ゾーン・レスリング)に心を奪われ、自身のバックヤード・レスリングでも過激な方向性を目指すようになる。あるとき、CZWのVHSビデオを見ていると、そこに映っている葛西純に目が釘付けになった。その試合のためにはるばる日本からやってきて、背中や左腕を蛍光灯でザックリと切り裂かれ、血まみれになりながらも、異国の地で奮闘している姿だった。ハボックは、そのキチガイじみた試合、その葛西純のたたずまいにすっかり魅了された。

「葛西純のようになりたい。そして葛西純のいる日本にも行ってみたい」

この続きと、RIZIN大晦日、サイモン・ケリー、鈴木秀樹×阿部史典、新日本ドーム…などの1月更新記事が550円(税込み)でまとめて読める「12万字・記事23本の詰め合わせセット」はコチラ 


この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!1記事85円から購入できます!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
今回の来日メンバーの中に入っていたのを知った時は驚きましたが、理由が知れて良かったです。
昔、大日本の興行で私一人だけ「Let's go DANNY」チャントをしていたのが、昨日の事の様に覚えてます。
最後の日本、充実した来日にしてもらいたいですね。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。