• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「セラーニ戦はフェイクだ!」嵐を呼ぶ男コナー・マクレガーの帰還
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「セラーニ戦はフェイクだ!」嵐を呼ぶ男コナー・マクレガーの帰還

2020-02-01 19:32


    今回もチケットの値段は異常だった。今回も、だ。世界が大注目したコナー・マクレガー、1年3ヵ月ぶりの復帰戦。チケット価格は最安で約32000円から最高16万円まで発売され、初日発売なんと数分で完売した。今回のライブゲートに至っては入場者数1万9040人、入場収益1100万ドル(約12億円)でUFCラスベガス大会史上2番目を弾き出した。ちなみにUFCラスベガス大会史上1位は2018年10月の『UFC 229』ハビブ・ヌルマゴメドフ vsマクレガー。 どちらもマクレガ―がメインイベントだった。

    試合はご存知のように驚愕の“肩パンチ4連発”を見せつけたマクレガーがわずか40秒でドナルド・セラーニにTKO勝ち。マクレガーは試合前にESPNのインタビューでファイトマネーについてこう答えていた。

    「今回は自分のMMAキャリアの中でも最高のファイトマネーになりそうだ。最終的には8000万ドル(約88億円)くらいになると見積もっている。前回のハビブ戦は5000万ドルだった」

    試合後に公開されたファイトマネーは300万ドル(約3億3000万円)。ここにPPVの歩合など加算され、マクレガー本人の見積もりどおりになるのかもしれない。この試合でパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを獲得したマクレガーは5万ドルが支給。UFC代表ダナ・ホワイトから直接現金で手渡され、喜ぶマクレガーの画像が報じられている(8000万ドル稼ぐ男でも5万ドルは嬉しいのだろう)。

    この続きと、追悼ケンドー・ナガサキ、暗黒・新日本、亀田vsJBC、井上直樹、平田樹………などの2月更新記事が550円(税込み)でまとめて読める「11万字・記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 

    https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1871460

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!1記事85円から購入できます!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。