• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

『私説UWF 中野巽耀自伝』は暴露本なのか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『私説UWF 中野巽耀自伝』は暴露本なのか

2020-07-03 16:39
  • 1
539d2ff0bfd225345e27cdc1bb70644d81447882
Dropkickのプロレス格闘技本読書会!!  今回取り上げる本は『私説UWF 中野巽耀自伝』す。この記事はDropkickニコ生配信を再編集・加筆したものです(語り・ジャン斉藤)


【1記事75円から購入できるバックナンバー】

静かなる怒り……『ありがとうUWF 母さちに贈る』

三沢光晴への決別の書……馬場元子『ネェネェ馬場さん』

格闘技界を解放できるのか……『覚醒』那須川天心


「神になれなかった男」の狂気――ミスター高橋『流血の魔術 最強の演技』
高田vsヒクソンの真実とは? 金子達仁『プライド』



新生UWFやUWFインターナショナルのメンバーだった宮戸優光さんが辰巳出版から出た『私説UWF 中野巽耀自伝』で意図的に中傷を受けたとして、著者で同じ新生UWFの一員だった中野巽耀さんと、同書の編集人・佐々木賢之氏を名誉毀損で神奈川県警に告訴状を提出したことがわかりました。どの箇所が「意図的に中傷」しているのかは明かされていません。

面白いのはこのニュースが流れたことで「何が問題になっているんだ?」と購入者が殺到したらしく、 『私説UWF 中野巽耀自伝』はAmazon全体ランキングの100位以内に入っちゃったんです(笑)。

ボクは発売と同時に買っていたんですけど、積ん読状態で。失礼な話なんですけど、U系のネタは出尽くしたところもあって、そこまで刺激的ではないんじゃないかなと……。

一読してもの凄く後悔しました! なぜすぐに読まなかったのか。「私説UWF 中野巽耀自伝」は素晴らしい本です。あまた出版されたU系検証本の中でも3本の指に入る面白さでした。

『私説UWF 中野巽耀自伝』は誤解を恐れずにいえば、前書きがすべてだといえる本かもしれません。もちろん前書き以外も非常に読み応えがあるんですけど。前書きがどんな内容かといえば、そこでは中野さんが旧UWFにおけるプロレスデビュー戦を振り返っていて、 中野巽耀というプロレスラーの誇りが詰まっているんです。

UWFというのは従来のプロレス以上に「ガチなのか、ヤオなのか?」という問いかけを突きつけられてきた運動体ですが、 その前書きは中野さんなりのアンサーなんですね。中野さんがこの本で一番言いたい熱い思いがデビュー戦を通して伝わってくる。
この続きと、朝倉海、菊地成孔、中野巽耀自伝、中嶋勝彦、鶴屋浩…などの7月更新記事が550円(税込み)でまとめて読める「11万字・記事19本の詰め合わせセット」はコチラ
 

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事90円から購入できます!
 
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
おいコラ!タコこら!どさくさに紛れてkINGレイナや桜井マッハの事を暴露する事はないだろ!そこはまたぐなよ!だろ!
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。