• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

全女消滅後の女子プロレス新世界■斎藤文彦INTERVIEWS
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

全女消滅後の女子プロレス新世界■斎藤文彦INTERVIEWS

2020-07-02 14:47
  • 1
c7d8ecc9c3965b72f0d6682d0948245b904775e7
80年代からコラムやインタビューなどを通して、アメリカのプロレスの風景を伝えてきてくれたフミ・サイトーことコラムニスト
斎藤文彦氏の連載「斎藤文彦INTERVIEWS」。マット界が誇るスーパースターや名勝負、事件の背景を探ることで、プロレスの見方を深めていきます! 
今回のテーマは全女消滅後の女子プロレス新世界です(この原稿はニコ生配信されたものを編集したものです)。



■エンド・オブ・デケイド――プロレス界の2010年代

■新日本プロレスの“ケニー・オメガ入国妨害事件”という陰謀論

■WWEvsAEW「水曜日テレビ戦争」の見方

■WWEペイジの伝記的映画『ファイティング・ファミリー』


AEWチャンピオンベルト盗難事件

■「ミスター・プロレス」ハーリー・レイスの偉大さを知ろう


■ウルティモ・ドラゴンの偉大なる功績を再検証する


■ネット社会に出現したニュータイプAEW、その可能性

■都市伝説的試合映像ブレット・ハートvsトム・マギー、ついに発掘される
 

■レッスルマニアウィーク現地取材レポート

■平成という「アントニオ猪木が去った時代」

■アメリカの新団体AEWは脅威になりえるか

■それでもケニー・オメガは新日本プロレスに残るか


【追悼・爆弾小僧】すべてはダイナマイト・キッドから始まった


■“怪物脳”に覚醒したケニー・オメガ


■怪物デイブ・メルツァーと『レスリング・オブザーバー』


■新日本プロレスのMSG侵攻は「WWE一強独裁」に何をもたらすのか


■怪物ブロック・レスナーを通して見えてくる「プロレスの作り方」


■追悼・マサ斎藤さん……献杯はカクテル「SAITO」で


■皇帝戦士ビッグバン・ベイダーよ、永遠に

■ジャイアント馬場夫人と親友サンマルチノ、2人の死――

■ベルトに届かず…されど「世界に届いた中邑真輔」のレッスルマニアを語ろう 

■ステファニー・マクマホン、幻想と現実の境界線がない生活

■ロンダ旋風、中邑&ASUKAダブル優勝!! ロイヤルランブル1万字総括

■アメリカンドリーム、ゴールダスト、コーディ……ローデス親子それぞれの物語

■ジェリコvsケニー実現で考える「アメリカから見たプロレスの国ニッポン」


旭日双光章受賞!! 白覆面の魔王ザ・デストロイヤー

■みんなが愛した美人マネージャー、エリザベス!

■職業は世界チャンピオン! リック・フレアー!!

■怪死、自殺、大事故……呪われた鉄の爪エリック一家の悲劇

■ミスターTからメイウェザーまで! WWEをメジャー化させたセレブリティマッチ

■馬場、猪木から中邑真輔まで!「WWEと日本人プロレスラー」

■WWEの最高傑作ジ・アンダーテイカー、リングを去る

■『1984年のUWF』はサイテーの本!
■伝説のプロレス番組『ギブUPまで待てない!!』 

■「現場監督」長州力と取材拒否

■ジェイク“ザ・スネーク”ロバーツ…ヘビに人生を飲み込まれなかった男


■追悼ジミー・スヌーカ……スーパーフライの栄光と殺人疑惑

■ドナルド・トランプを“怪物”にしたのはビンス・マクマホンなのか



――
女子プロレスの歴史を振り返る第3回目(第1回マッハ文朱が女子プロレスというジャンルを変えた/第2回女子プロレスの景色を変えた女帝・ブル中野)。対抗戦ブームで栄華を極めた全日本女子プロレスは、90年代半ばから緩やかな崩壊のプロローグを迎えます。

フミ 全女のピークは94年11月20日の全女・東京ドーム「憧夢超女大戦」だと思われてますが、あのドーム興行はピークというよりは、すでにバランスが崩れはじめていた時期だったのかなと。東京ドーム大会の開催自体も全女オーナーの松永兄弟が「一度は東京ドームでやりたいよね」と考えたことが動機だったんです。

――
どうせだったら一度はやってみようと。

フミ
 全女はビッグマッチや大会場興行を「大場所」という言い方で表現していたんですが、ドームの前年93年4月には北斗晶vs神取忍の死闘が行なわれた伝説の横浜アリーナがあって、同じ月には大阪府立体育館でも大場所をやって、8月には武道館、9月には愛知県体育館、10月は東京ベイNKホール、12月には両国国技館……と大場所を連発してたんです。

――
いまの新日本プロレス並に凄い!

フミ
 大場所を連発していた93年に比べると、東京ドームがあった94年は観客動員がやや落ちていたのはたしかだったんです。 それでも全女の大場所は続いていて、94年3月と95年3月にも横アリ興行をやった。そして96年8月12&13日にはベースボール・マガジン社主催の日本武道館2連戦をやっています。 なぜベースボール・マガジン社が全女の興行を買ったかといえば、1995年4月2日「夢の懸け橋~憧夢春爛漫~」東京ドーム大会の成功に味をしめたからです。

――
「夢の懸け橋」はベースボール・マガジン社が東京ドームで開催したプロレス・オールスター戦ですね。

フミ
 「夢の懸け橋」には新日本、全日本、U系を含む男子プロレス9団体、女子プロレス4団体の13団体がそれぞれ試合を提供しました。各団体が協力したのは、ベースボール・マガジン社創立45周年と『プロレス』誌創刊40周年という大義名分がありました。

――
出場を拒否したのは、SWSを「金権プロレス」と週プロに批判された天龍(源一郎)さんのWARぐらいですよね。

フミ
 同日同時刻に裏の後楽園ホールでWARの興行があって、新日本の長州力選手はその大会に参加してますね。

――
ベースボール・マガジン社はWARに後楽園を中止した際の興行補填金を提示したけど、天龍さんは突っぱねったという。

フミ
 あのドーム興行がのちの新日本プロレスによる週刊プロレス取材拒否の遠因にもなったんですけどね。

――
マスコミが縄張りを荒らすなということですよね。

フミ
  マスコミが主催する興行に新日本プロレスと全日本プロレスの選手たちが同時に出場するというのは当時は凄いことなんですよ。週プロが「一番最後まで出場の返事をもらえなかったのは、ジャイアント馬場さんの全日本プロレスなんですけどね。

――馬場さんは簡単には返事をしなかった。

フミ
 プロレスという世界はいい意味でも悪い意味でも本音以上に建前が重んじられる世界なんです。試合の順番もメインイベントは結果的に新日本プロレスだったんですが、それは旗揚げが古い順にしたからです。旗揚げ順にすると、全日本プロレスとはわずか半年の差で新日本プロレスがメインイベントになる。屁理屈を言っちゃうと全日本女子プロレスのほうが新日本よりも全日本よりも古いんですけど、 女子プロレスはオープニングマッチから順に4試合まとめちゃったんですね。

――
旗揚げ順にすれば波風を立てない。よく考えましたね。

フミ
  各プロレス団体の関係者と、その人間関係を刺激しないようなレイアウトにしたってことですね。馬場さんの返事が最後になったのは、おそらく馬場さんとしては全日本の選手を出してもいいとは思ってたんだけど、 すべてが出揃ってからOKしようと考えていたのかもしれないです。

――
馬場さんからすれば、軽々しくは返事ができないってことですね。ベースボール・マガジン社のイベント事業部にはプロ野球OBがいたけど、プロレスのことがよくわかってなくて現場を混乱させたとか。

フミ
 そのOBは馬場さんがプロ野球では後輩だったということで「馬場くん、キミも出たまえ」と言って怒らせちゃったりしたんです。

――クラッシャー過ぎますね(笑)。

フミ
 プロレス団体へのギャラ1団体あたり500万円(推定)という話だったんですが、ボクは新日本と全日本だけには1000万円ずつ払っていたと見てるんです。

――
トータルでけっこう払ってるということですね。

フミ
 それでも招待券なしで4万人近く入りましたし、チケットは安くて1万円高くて4万円もしたんです。経済がすっかり低迷した令和のいまはプロレスのチケットに3万円4万円も払うプロレスファンはもうほとんどいないと思いますが、当時は景気の良さがありました。 その東京ドームの成功でベースボール・マガジン社の事業部は「プロレスの興行は凄く儲かる」と勘違いしちゃったんです。あの大会1日だけで間違いなく億単位の金を生んでますからね。 

――それで全女の武道館2連戦の興行も買おうと。

フミ 当時の全女からすれば、その申し出は渡りに船だったんです。武道館2連戦を埋められるような企画に困ってましたから。そんなところにベースボール・マガジン社のイベント事業部が興行を買いに来ちゃったわけですね。

――全女からすれば興行のリスクはなくなったということですね。当時週プロの編集長だったターザン山本さんは反対していたんですよね。
この続きと、朝倉海、菊地成孔、中野巽耀自伝、中嶋勝彦、鶴屋浩…などの7月更新記事が550円(税込み)でまとめて読める「11万字・記事19本の詰め合わせセット」はコチラ
 

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事90円から購入できます!
 

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
アルシオンから生まれたスターは浜田文子だろ。
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。