• このエントリーをはてなブックマークに追加
愛犬も巻き込まれた? CMパンクの乱その後
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

愛犬も巻き込まれた? CMパンクの乱その後

2022-11-03 14:28
  • 2
アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマはCMパンクの乱その後です!



<1記事から買えるバックナンバー>

AEWの噂と誹謗中傷……信者はアンチに豹変する





「オマエはロッカールームの癌だ。AEWにとって害悪でしかない」

9月4日に起きたCMパンクとヤングバックス&ケニー・オメガらによる「AEWバックステージ喧嘩事件」は、関係者らに出場停止や王座剥奪などの処分が下されるほどの大騒動となった。

ようやく先日、第三者によって行われていた調査が終わり、プロレス界を騒がせた騒動に進展が見えてきた。


「AEWバックステージ喧嘩事件」についての配信書き起こし記事はこちら


事件後、AEWは会社としての公式発表はなく、また、普段は雄弁なトニー・カーン社長も、この件に関してはコメントを発していない。そのため、騒動に関する情報や噂はレスリング・オブザーバーなど、すべてプロレスメディアからの発信となっている。しかも、どちらかというと、それらメディアの情報はエリート(ヤングバックス&ケニー・オメガ)寄りとなっている。本来は調査が終わるまでは口外してはならぬと、AEWは箝口令を敷いたはずなのだが、なぜか情報は漏れ伝わった。

調査が終わり、最近になってようやくCMパンク陣営からも情報がちらほら出始めてきた。1年前には歴史に残る大復活劇を遂げ、AEW人気の起爆剤ともなったCMパンクが、なぜクリス・ジェリコから「オマエはロッカールームの癌だ。AEWにとって害悪でしかない」とまで言われるようになってしまったのか。なぜヤングバックス、ケニー・オメガ相手に喧嘩騒ぎを起こしたのか。事件からこれまでの状況をまとめてみたい。
この続きと平本蓮、中邑真輔、猪木追悼、齋藤彰俊、石渡伸太郎、臼田勝美……などの10月更新記事が600円(税込み)でまとめて読める「16万字・記事15本」の詰め合わせセット」はコチラ

https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar2129474

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!1記事150円から購入できます!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

なんだったんだ?CMパンクって存在は?

No.1 19ヶ月前

アメリカ版KENTAなんだよ。
不細工への膝蹴りなんだよ。
ブサイクへの膝蹴りなんだよ。

No.2 18ヶ月前
コメントを書く
コメントをするにはログインして下さい。