• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 4件
  • フールズメイト・チャンネルの番組「Jungle Salon」第4回は摩天楼オペラから苑(Vo)、優介(G)、燿(B)が登場!

    2022-06-06 17:00  

     



    “バズり”に偏重気味のSNS傾向に異議あり! アーティストやバンドが自身の音楽活動についてしっかり語れる場としてスタートした『Jungle Salon』。
     第4回は摩天楼オペラから苑(Vo)、優介(G)、燿(B)が登場! 6月22日には3年ぶりとなるフルアルバム『真実を知っていく物語』をリリース。この作品は先に発表されたシングル「儚く消える愛の讃歌」「終わらぬ涙の海で」から続く3部作の完結編。7月2日からは“バンドの15周年”と“アルバム”という2つのコンセプトに分け、各地2DAYS(DAY1-追憶の摩天楼、DAY2-真実を知っていく物語)のツアーかスタートする。今回の放送ではアルバム『真実を知っていく物語』や、来る15th Anniversary Tour -EMERALD-への意気込みを語っていただく予定で、後半ではテーマトークなどで、それぞれの素顔に迫る!

    (司会進行
  • フールズメイト・チャンネルの新番組「Jungle Salon」第3回はRayflowerからIKUOとYUKIが登場!

    2022-05-02 13:37  

     



    “バズり”に偏重気味のSNS傾向に異議あり! アーティストやバンドが自身の音楽活動についてしっかり語れる場としてスタートした『Jungle Salon』。
     第3回はRayflowerからIKUOとYUKIが登場! 東名阪のツアー“Rayflower TOUR 2022 “Spring Sprout”のファイナル、5月30日の新宿BLAZE公演(SOLD OUT!)を控えた2人だが、IKUOはBULL ZEICHEN 88をはじめT.M.Revolurionなど多くのサポートやセッション活動で活躍。YUKIはDUSTAR-3のメンバーとして、またAcid Black CherryやSound Horizonでもギターを担当、さまざまなセッション活動でも知られる。今回はRayflowerとして、久々のツアーを行った手応えや、個々の活動について語っていただきつつ、後半ではお互いの印
  • フールズメイト・チャンネルの新番組「Jungle Salon」第2回は結成20周年イヤーを迎えたKraが登場!

    2022-03-28 15:05  

     



    新番組『Jungle Salon』始動!
    “バズり”に偏重気味のSNS傾向に異議あり! アーティストやバンドが自身の音楽活動についてしっかり語れる場として、FOOL’S MATE channelでは新番組『Jungle Salon』をスタートしました!! 毎回、個性的なアーティストをゲストに招き、よりドープかつエッジ―に、人間性に迫るトークを展開。音楽以外のキッカケでアーティスト自身に興味を持っていただくよう、フレキシブルな内容を目指します。ライター:海江敦士がホストとして進行します。
    第2回目のゲストは昨年結成20周年を迎えたKra。4月2日からの【Kra 20TH ANNIVERSARY BEST TOUR “timeline”】開催中の彼らに、そのツアーへの意気込みや20周年の歩みについて、さらには今後のバンドの目標についても語ってもらう予定だ。後半では景夕と結良のキャラ
  • フールズメイト・チャンネルから新番組「Jungle Salon」がスタート!3/28生放送の記念すべき第1回はcali≠gariが登場!

    2022-03-19 16:00  

     


    メディアの減少により、アーティストが作品や活動への思いを語る場はSNSなどがメインの時代に移り変わりました。ただ、“バズる”ということにとらわれがちで、自身の音楽活動についてしっかり語れる場は激減しています。
    FOOL’S MATE channelでは新番組『Jungle Salon』を開始します。毎回、個性的なアーティストをゲストに招き、よりドープかつエッジ―に、人間性に迫るトークを展開。音楽以外のキッカケでアーティスト自身に興味を持っていただくよう、フレキシブルな内容を目指します。ライター:海江敦士がホストとして進行します
    第1回目のゲストは4月から春ツアー「TOUR Re:15 -ジュウゴじゃない(^-^)-」を敢行するcali≠gari。お楽しみに!
     
    ☆番組前半は無条件にて無料視聴可能。後半は、より人間性に迫るレアトークを予定。番組後半部分については『FOOL'S M