• このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガの80年代から90年代までを概観する:その23(1,942字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マンガの80年代から90年代までを概観する:その23(1,942字)

2021-09-23 06:00
  • 2
1960年代。マンガは市民権を得る。

そこで主役となったのが、マンガの神様である手塚ではなく、塚は塚でも赤い塚――赤塚不二夫であった。赤塚は、「1960年代に日本中に蔓延した窮屈さ」を解消する救世主として、大スターに上り詰めた。

この新しい窮屈さは、戦前の窮屈さとは違った。
戦前の窮屈さは、ロープで締められるような苦しさだった。つまり、肉体的な苦しさだ。
だから、そこからの脱却は「肉体の解放」を意味した。それは、例えば手塚の『新宝島』にあるような車での暴走だったりした。

対して、戦後のそれは真綿で首を絞められるような苦しさだった。つまり、精神的な苦しさだ。
だから、マンガにも「精神の解放」が求められた。それに答えたのが、イヤミの「シェー」であった。

では、このシェーは、どんな「精神の解放」を果たしたのか?

それは、「その発想はなかったわ」という発想である。考え方の自由さを持つことだ。特に、
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

勉強になる

No.1 4週間前

この一連の流れに「この発想はなかったわ」と拝受し、続く流れの先はいかなるものかに興味があります。

No.2 4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。