• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 9件
  • 光ファイバ(SFP)のインライン接続全二重キャプチャ対応 ETAP-2406登場しました。

    2020-04-30 22:05  
    Dualcomm社より、光ファイバ(SFP)のインライン接続全二重キャプチャ対応 ETAP-2406が登場しました。SFPx2の100/1000MBASE-X対応のインライン接続ポートx2とモニタ用のRJ-45ポートを4つ持ち、リピータハブのように全ポートをフラッディング(SW1)と光ファイバ側SFPインライン接続の送信・受信別々のキャプチャ(SW2)を切り替えて利用できるSFP100/1000Mbps対応タップです。新製品登場しましたDualcomm社 ETAP-2406
    リピータハブのように全ポートをフラッディング(SW1)と光ファイバ側SFPインライン接続の送信・受信別々のキャプチャ(SW2)を切り替えて利用できるSFP100/1000Mbps対応タップです。

    USD899.00 お問合せください
    機種名
    ETAP-2406製品
    ETAP-2406
    製品名
    Dual-Speed 1
  • JAPAN IT WEEK 2019秋 まもなく終了します 情報セキュリティEXPOお越しいただきありがとうございました。

    2019-10-25 15:01  
    いけりり@幕張メッセ JAPAN IT WEEK最終日です。2019 秋 情報セキュリティEXPOの方 まもなく終了します。 最終日は天気も悪い中、幕張メッセまでお越しいただきありがとうございます。現地の5GHz帯の無線LANをOscium社のWiPry2500xで解析しているところです。5GHzもすごい状態です。ケーブルを付け替えることでiOS/Android/macOS/Windowsに対応しています。Dualcomm社のETAP-2003やETAP-1000も実機紹介しております。お越しいただきありがとうございました。
  • ETAP-1000 産業用ネットワーク向けゼロ遅延タップ

    2019-06-20 17:32  
    EtherCAT PROFINET ゼロ遅延カットスルー型タップ → 産業用ネットワーク向けゼロ遅延タップ
    ETAP-1000はEtherCATやPROFINETなどの産業用ネットワークを対象にしたフェイルセーフバイパス対応 PoE対応 ゼロ遅延タップです。
    機種名

    ETAP-1000 Zero-Delay Fast Ethernet Copper Tapカットアンドスルー処理により遅延ゼロのキャプチャを実現します

    遅延
    カットアンドスルー型処理により、インライン側(2ポート1リンク)は遅延ゼロで中継します
    安全
    すべてのモニタポートがフェイルセーフバイパス対応 (電源が切れてもLAN回線は継続して利用できます。)
    モニタ
    モニタポート側はインライン側の100BASE-Tと異なり10/100/1000Mbpsの一般的なポートのため、全二重の入力100+100Mbpsでも1000Mbps
  • Dualcomm社の新製品の紹介 ETAP-2003

    2018-06-27 02:10  
     Dualcomm社のPoE対応タップのDCGS2005の後継となるETAP-2003が発表になりました。→いけりりネットワークサービスDualcomm社タップ紹介 新しい製品はPoEパススルー対応の10/100/1000Mbps対応タップであるとともに、非常に安価で持ち運びしやすいAggregation型のタップです。USB給電で動作します。(モバイルバッテリーなどでも動きます) また、2つのリンクを1つのポートで集約してキャプチャできるETAP-2205なども展示されています。 既存製品ですがファイバに対応した複数モード対応のタップや スタック接続が可能なETAP-5203なども展示されています こちらはスタック接続や19インチラックへのマウントも可能です。 Dualcomm社のAggregation型タップについてはぜひいけりりにお問い合わせください。→いけりりネットワークサービスD
  • Dualcomm Failsafe Gigabit Copper Ethernet TAP ETAP-3105

    2017-06-22 17:42  
    Dualcomm  Failsafe Gigabit Copper Ethernet TAP ETAP-3105こちらはフェイルセーフ対応のリンクに挟んで用いるGigabitEthernetの2ポート(PoEパススルー対応 1-2番ポート)をバイパスして接続することで、キャプチャを行うタップです。従来製品と異なり送信と受信を2つの有線側のモニターポート(4-5番ポート)で個別に取得することで全二重のキャプチャを行えます。この際、NICが2枚必要になります。もしくは従来通りAggregationポート(3番ポート)で1枚のNICでキャプチャすることもできます。
  • Dualcomm社 ETAP-2306 Dual-Mode Gigabit Copper & Fiber Ethernet TAPのご紹介

    2017-06-22 17:10  
    いけりり@Sharkfestです。今回のSharkfestのベンダーショーケースにて、Dualcomm社の新しいタップが紹介されていました。早速入手しております。後日弊社Webページの方でも紹介していきますので、どうかよろしくお願いします。Dualcomm  Dual-Mode Gigabit Copper & Fiber Ethernet TAP ETAP-2306まずは1000BASE-T & 1000BASE-X Regeneration TAPです。何よりも、光ファイバのキャプチャに対応しました。SPFモジュールを2つ搭載しており、光ファイバのリンクに挟んでパケットキャプチャを行います。この際、送信と受信を2つの有線側のモニターポート(1-2番ポート)で個別に取得することで全二重のキャプチャを行えます。この際、NICが2枚必要になります。もしくは有線側のGigabitEtherne
  • SharkfestにてDualcomm社新製品が登場しました!

    2017-06-21 18:37  
    SharkfestにてDualcomm社新製品が登場しました。 内部で2つに分けたり、重ねて利用可能なスタッカブルタップ ETAP-5203 とSFP対応のファイバーネットワークを気軽にキャプチャできるタップ ETAP2206になります www.dualcomm.com 弊社にても取り扱いスタートする予定です。どうかよろしくお願いします。スタッカブルしてLANケーブルで延長することで最大10ポートを1ポートでモニタできるタップ ETAP-5203です。1台をVLANのように2つに分けて2つのタップとしても利用できます。SFPポートを2つ搭載してデュアルリンクでギガビットイーサネットとファイバの両方をタッピングできるユニークなETAP-2206です。
  • 全二重タップとAggregation型タップの違い

    2017-04-29 14:13  
    Profitapは安価なアグリゲーション型タップと異なり、全二重タップ(BreakoutTAP)です。
    安価なアグリゲーション型タップと全二重タップの違い アグリゲーション型タップトラフィックは全二重で取得しますが、キャプチャポートでドロップする可能性があります。
    全二重タップ(BreakoutTAP)2ポートで取得したパケットは2つのポートにコピーされます。調査には2つのNICが必要ですが、Profitapではハードウエアでキャプチャを行うとともに、pcap/pcapngファイルをUSB3ポート(帯域5GB)に送ります。またshort/jumbo/VLAN/VXLAN/MPLS/Pauseフレームほかをキャプチャ可能です。なお、Profishark 1GPlusではGPS/PPS信号に対応しています。


    ProfiShark 1G+のGPSタイムスタンプ機能はアグリゲートされたトラフィ
  • Profitap社C1P-1Gの取り扱いを開始しております

    2017-02-24 11:43  

    Profitap社の10/100/1000Mbps対応のタップ C1Pー1Gの取扱を行なっております。物理層のエラーに対応したネットワークタップです。また、VoIPおよびIEEE802.3af対応しており、 電源オフ時でのバイパスも可能です。ぜひお問い合わせくださいませ http://www.profitap.com/?attachment_id=695