• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

米国防総省は、米軍がシリアで親イラン武装勢力を空爆と発表。バイデン政権は異常に金融資本、軍産複合体に依存した政権。ブリンケン国務長官、オースティン国防長官は対外軍事行動に極めて前向きな人物。米国国内的には世論コロナに全力を望んでいる中の攻撃。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

米国防総省は、米軍がシリアで親イラン武装勢力を空爆と発表。バイデン政権は異常に金融資本、軍産複合体に依存した政権。ブリンケン国務長官、オースティン国防長官は対外軍事行動に極めて前向きな人物。米国国内的には世論コロナに全力を望んでいる中の攻撃。

2021-02-27 09:07
  • 9

1:バイデン政権の特徴は、①金融機関、②軍産複合体の強烈な支援により成立したことにある。
 大統領選挙時9月、489人の安全保障関係者がバイデン氏支持、大統領批判の書簡に署名し発表、元将軍、元国防長官、元CIA長官ら。
2:特に安全保障面では、国務長官に長年の側近ブリンケン氏(58)、国防長官にオースティン氏を指名した。オースティン氏はイラク駐留米軍司令官、13~16年に中東やアフガニスタンを管轄する中央軍司令官であった。いずれも海外への軍事使用に積極的人物である。
3:米国への中東政策は次の二つを主要要因としてみたらいい。
  ①     イスラエルの安全に資するか
 ②     軍産複合体の利益になるか。
 ①     イスラエルの安全に資するかに関しては、今日イスラエルに正面から対抗しようとするのはイランであり、イスラエルは米国をイランとの軍事衝突に向かわせたい。
 ②     に関しては、中東

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

userPhoto
p_f
×
> 米国国民はバイデン政権に望む政策はコロナ対策、コロナからくる経済問題の対応。対外軍事行動は全く望んでいない。

米国の第一の敵はコロナであり、軍産複合体のカネ儲けだけのためにやる対外軍事行動など全く必要なし━米国民もそう断じているのでないか。G.W.ブッシュで係る路線がエスカレートし、オバマも実は同じ路線だったと騙された米国民は、もう懲り々々していても不思議なし。それでも飽きもせず毎度ワンパターンの対外軍事行動を繰返すのが軍産複合体だ。「飽きる」のが人間だから、連中は人間でない。
1ヶ月前
×
「イスラエルは米国をイランとの軍事衝突に向かわせたい」

全くそうですね。でも、米国がイランを軍事的に征服することは出来ません。何故なら、ヤンキーはとことん嫌われてます。ペルシャだけではなく、アラブ人もヤンキーを嫌ってます。日本では考えられないことです。

シリアやイラクで米国がいろいろいたずらするのは、イランを挑発したいからでしょう。両国の住民にとってはたまったもんじゃない。

願わくば、イランがせめて北朝鮮程度に強くなってなってもらいたい。強くなれば、米国の狼藉もおさまりましょう。

余談

極東では中国がこのところ強くなって本当に良かった。米国の狼藉が完全に牽制されて、平和が保たれている。
1ヶ月前
×
1~5は、米国のシリア空爆に対する孫崎さんの見解であり、A-1はBBC,A-2はワシントンポストが伝える米国政府の空爆に至った事由である。

まず初めにこの空爆が起きた事由とその正当性が議論されるべきである。

事由:イラク北部アルビルでは今月15日米軍主導の連合軍が駐留する基地近くにロケット弾による攻撃があり民間業者が一人死亡し、米兵1人と民間業者5名が負傷した。22日には在イラク米大使館など各国の外交公館があるバグダッド「グリーンゾーン」に攻撃があった。親イランの戦闘団の攻撃には応えるというメッセージであり、紛争の拡大は意図していないとの見解がある。

問題は発端であるが、「シリアが否定し、米国は追跡した標的に自信がある」。全面的対立である。軍事的秘密であり、この種の問題で米国は絶対に証拠を開示しない。

この手の問題は、イランで無人操作で高官が自動車内で無人の自動車から的確に狙撃された事件があり、米国の関与が想定されているが真相は闇の中である。

米国の自作自演の可能性も否定できない。大国は米国だけでなく、ロシアも中国も闇の世界がある。今回ロシア、シリア、トルコが一体的行動に移れば、米国の自作自演ではないのでしょう。何故なら自作自演して得るものがない。どちらにとっても意味のないことが一番怖い。
1ヶ月前
×
>>4
イラクもシリアも米国の領土侵犯を非難してます。そのような米国の不法行為を貴殿はどう解釈しているのでしょう?
1ヶ月前
×
>>5
孫崎さんは指摘していない。また、あなたのコメントでも話題にしていない「イラクもシリアも米国の領土侵犯を非難しています」などと全然関係のない問題を持ち出してくる。
最低でも、出所を明らかにすべきでしょう。恩給のこともよくわかっていない、二階氏が親中国なのも知らなかった、ノーパンしゃぶしゃぶも知らなかった。頭が悪くなる偏向的知識に凝り固まったひとと関わりたくないですね。
1ヶ月前
×
>>6
私たちが米国の中東での軍事行動が国際法違反だという判断を前提にして、文章を連ねています。
貴殿の文章を拝見して、この人は一体全体どういう風に米国の乱暴を認識してるのか、訊きたくなって訊いているのです。

孫崎先生が指摘されていなくても質問は可能ですよ。そういうルールはどこにもありません。自由で開かれています。恩給。二階氏、ノパンしゃぶしゃぶ、と論題をすり替える。貴殿は痛いとこつかれると急に訳の分からないことをうそぶく。感情過多で滑稽至極ですね。

イラクもシリアも今回の軍事攻撃を非難してます。イラクは元々米国基地の撤退を正式に要求してます。だが、米国はならずものだから、言うことを聞きません。仁義を弁えている反社会集団より性質が悪い。一方、シリアは米軍の領空侵犯のみならず領土侵犯もを何十年か前から避難してます。でも、図々しい米国は知らぬ振りを通してます。今回の事件と大いに関係ありますよ。
1ヶ月前
×
>5:米国国民はバイデン政権に望む政策はコロナ対策...
対外的な軍事行動はまったく望んでいない。

望んではいないかもしれませんが、すれば反対は
しないと思います。
普通の米国人は。

米国人は米軍が外国を武力攻撃することが基本的に
好きなひとたちです。
米国のミサイルによって非業の死を強要される、ムスリムや
肌の浅黒いひとたちの悲しく切ない運命に何の痛痒も感じません。

そういうふうに洗脳されたひとたちです。

普通の米国人は。
1ヶ月前
×
孫崎さんの今回の記事では、バイデン政権ということが強調されており、バイデン政権になってから米国の対イラン政策が大きく変化「した」かのようなご主張だとも受け取れる。もっとも、そのように「明言」なさってはいない。

しかし、「今回は軍産複合体主導の政権であったので、早期に方針が決まったと言えよう」との記述がある。

だが、トランプ政権もソレイマニを暗殺した。米国の発表を見る限りでは、今回の攻撃はそのときのロジックや程度を質的にこえたものではないようにみえる。将来的にも、もはや大規模な米国の介入はないだろうと、わたしはおもっている。

高橋和夫先生が今回に関係する中東情勢を手際よく解説していて、わたしもそのとおりだとおもう。
https://radiko.jp/#!/ts/TBS/20210226160448
1ヶ月前
×
孫崎さんの記事中には「クルド」ということばが出てこないが、ヒズボラなどが攻撃したアルビルというのは、クルド人自治区の首都で、イラクであってもイラクとは異なるような場所だ。石油をもとでにとても繁栄しているところで、欧米日の企業も進出している。こんな事情も知らない人が多いのだろうな。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。