• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

転載:荒谷卓著「守るべき日本」:対米関係をみれば主権が守られていないのは明確だ。 グローバリストに国家の境界は存在しない。平気で自国民を犠牲にし、中国だろうが北朝鮮だろうが使えるものは利用する。メディアを使って当たり前のようにフェイクを流す。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

転載:荒谷卓著「守るべき日本」:対米関係をみれば主権が守られていないのは明確だ。 グローバリストに国家の境界は存在しない。平気で自国民を犠牲にし、中国だろうが北朝鮮だろうが使えるものは利用する。メディアを使って当たり前のようにフェイクを流す。

2021-04-17 07:34
  • 11

「守るべき日本」(『情況 2021春』
  荒谷卓(1959年生まれ。2004年、特殊作戦群が創設され、初代群長に就任。1959年退官。2009年明治神宮至誠館の館長に就任、2018年辞職。2018年三重県熊野市「国際共生創成協会 熊野飛鳥むすびの里」を設立)
・ちゃんと考えれば考えるほど、日本は一体何から何を守ろうとしているのか?
対米関係をみれば主権が守られていないのは明確だ。そして何より、日本の伝統文化がなし崩しに壊されている状況をみれば日本が日本であることを守ろうとしていないことがよくわかる。
・安全保障と防衛の頼みの綱は日米安全保障体制で、米国は「わが国と基本的な価値や利益を共にする」と言われているが、これは本当だろうか。そもそも、中国や韓国に反日感情を植えつけ、最も日本を忌み嫌う敵だったはずの米国が、今では価値を共にする味方であるとはどういうことなのか。
・我が国において、最初のグロー

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他1件のコメントを表示
userPhoto
p_f
×
「情況」誌は二度ほど買ったことがあるが、決して広く読まれる総合誌でない。
だが、ご紹介の荒谷卓氏の論は、本来なら日本の政治家、テレビ、新聞、教育者らが大いに語らなければウソだろう。
「客観的事実関係を見る限り」至極真っ当かつ肝心なことばかりだからだ。
ところが、こうした論を上記の語るべき者達は完全に封じている。何故か。「グローバリストの利益と権力獲得のためには」斯様な考えが日本で広く浸透しては困るからだ。グローバリスト、即ちDS連中は、大衆が覚醒した日には袋叩きにされると分かっているのだ。
そうしてDSは「マスメディアを利用した情報統制」、「国家の権力機構を利用した実力統制」等によって「戦争は平和である 自由は屈従である 無知は力である」を地で行くのである。勿論、G.オーウェルに恩返しなどしない。
4週間前
userPhoto
p_f
×
ツイートの「グローバリスト、米国軍産複合体の為に自衛隊を海外で使わせる体制つくりとあることを、この方は理解していないのだろうか。」━理解云々以前に、事は「メディアを使って当たり前のようにフェイクを流す」のと一緒でしょう。グローバリストが自らに都合のいい嘘と詭弁によって、利益&権力を手に入れる、または、手にしている現状にヒビが入るのを防ごうとする━連中の触手は当然SNSにも及んでいるわけです。よって、孫崎さんが「こんなバカが居ますよ」とツイッターで晒すのも良い事でしょう。私はユーザー名でブロックして元コメは表示してませんが。
4週間前
userPhoto
p_f
×
コメントの採り上げを恐縮です。件の「情況」2021年春号、“<特集>国防論のタブーをやぶる”中、孫崎さんも「日米同盟は機能するのか」のご寄稿があるようで。
4週間前
×
荒谷卓氏のおっしゃる通りです。尖閣国有化後、私が個人的に作り上げた文脈と99.99%同じなのにびっくりしています。同志と呼びたいくらいです。
4週間前
×
>>1
国体とか基本的思想とか言う意味不明の言葉を使うのはやめて下さい。今日の主題は孫崎先生の要約された箇条書きに書かれている記号群の意味です。
4週間前
×
>>8
荒谷卓「守るべき日本」で述べられているのは神から使命を帯びた天皇中心の思想「神道」です。憲法改正との整合性で「政体」とか「国体」の話があり,「転載」との整合性を見ることが何か不都合があるかどうか。

グローバルに対する見解も述べているが、節度のないグローベルは否定し、自由競争でない相手を思いやる慈愛に満ちたグローバルである。

憲法改正も大日本国憲法に準じた天皇中心の憲法改正であり、「転載」との整合性を見て何か不都合があるか。
4週間前
×
>>9
ばるほど。隠れた部分があるんですね。教えていただき有難うございます。でも、その隠れた部分は私にとっては紛れもなく目を覆いたい恥部にしか見えません。ここに孫崎先生により転載された部分は実に素晴らしい。日本人が直ちに行動を起こすべきものと捉えておりますが。

荒谷氏は熊野に隠れてこのような立派なお考えに変わっているのかもしれませんよ。貴殿にとっては昔の右翼の天皇主権説の荒谷氏のほうが好きだということであるかもしれませんよ。
4週間前
×
>>10
時が人を変えるのかもしれません。
三島由紀夫の熱狂的支持者の新谷卓が脳裏にあり、「転載」とのギャップに戸惑った。
あなたの言う通り、思想的転換があったのでしょう。
4週間前
×
>>11
なるほど。私は今も三島由紀夫が大好きです。自衛隊がクーデターを起こし、アジア、アフリカの非同盟中立を高々と掲げるのを期待しているくらいです。
4週間前
×
荒谷卓氏の思想がどういうものか不勉強で知らないが、今回の文章を読む限りでは、わたしの親しい右寄り言論と、立脚する点は総論的にほとんどかわらない。

問題は各論であり、天皇・皇室、憲法改正などがある。孫崎さんは、「憲法改正の目的はグローバリスト、米国軍産複合体の為に自衛隊を海外で使わせる体制つくり」というが、荒谷さんの立脚点から孫崎さんの観点は論理必然ではない。それは孫崎さんの信念であり、同等以上の根拠をもって、ちがう信念をもつ人もいるということです。

ちがう言い方をすれば、まさにその点に、日本のおかれた絶望的な分裂状況、日本がこれからますます苦しむ状況の根源があるということです。

同じように難しい各論のひとつに対中関係がある。今回は詳述しないが、一点指摘しておこう。反グローバリズム、反DSとくれば、日本では反米と結びつくのが普通だが、米国の一部トランプ支持者では「反中愛国」と結びつく。中国が現在おこなっている政策もグローバリズムであり、またDSの一部とズブズブだとみられているのです。そしてその観点は日本の右寄り言論の多くが共有する。

ここにも、日本のおかれた絶望的な分裂状況、日本がこれからますます苦しむ状況の根源がある。
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。