• このエントリーをはてなブックマークに追加
人々の財政環境。二人以上世帯調査。【金融資産保有額】30歳代中央値400万円、40歳代中央値520万円、50歳代中央値800万円、【借入金】30歳代中央値2450万円、40歳代中央値1700万円、50歳代中央値1000万円、【40代前半の月収分布】24万~26万円 9.8%
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

人々の財政環境。二人以上世帯調査。【金融資産保有額】30歳代中央値400万円、40歳代中央値520万円、50歳代中央値800万円、【借入金】30歳代中央値2450万円、40歳代中央値1700万円、50歳代中央値1000万円、【40代前半の月収分布】24万~26万円 9.8%

2021-07-30 08:13
  • 1

金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年』によると、40代の金融資産保有額の中央値は520万円。それに対して、借入金の中央値は1700万円。圧倒的に「ローン>貯蓄」という状況、
【金融資産保有額】
20歳代 平均値292万円/中央値135万円
30歳代 平均値591万円/中央値400万円
40歳代 平均値1012万円/中央値520万円
50歳代 平均値1684万円/中央値800万円
60歳代 平均値1745万円/中央値875万円
70歳代 平均値1786万円/中央値1000万円
【借入金】
20歳代 平均値478万円/中央値200万円
30歳代 平均値2367万円/中央値2450万円
40歳代 平均値2058万円/中央値1700万円
50歳代 平均値1316万円/中央値1000万円
60歳代 平均値691万円/中央値498万円
70歳代 平均値1349万円/中央値500万円
出所

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
家計の貯蓄高の問題意識問いかけと捉えると、収入格差よりも将来の人生や生活に必要な貯蓄高にたいする問題意識にかかっているのではないか。絶対値の多寡に視点を当てるのは好ましいとは思わない。

子供の時に目にした「アリとキリギリス」寓話は、心に強く焼き付けられている。

収入は職業によって格差があり、収入格差を埋めるために一つの仕事だけで解消できず副業などの可能性、また、共働きできるかできるかどうかが、収入格差の補完的役目を果たす。

他人の生活水準を気にすれば、出費がかさむので貯蓄できない。

収入に合わせた生活ができるかどうかが、貯蓄高格差になっていくのでしょう。

人の目が気になる性格かどうかが大きな分かれ道になるのでしょう。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。