• このエントリーをはてなブックマークに追加
日経新聞は「米軍駐留費、抑止力底上げ」,だが抑止力底上げという事態は起こらない。中国は在日米軍基地を攻撃しうる1200以上のミサイルを有し、滑走路攻撃などで米軍基地を麻痺させる能力を有する(RAND研究所)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日経新聞は「米軍駐留費、抑止力底上げ」,だが抑止力底上げという事態は起こらない。中国は在日米軍基地を攻撃しうる1200以上のミサイルを有し、滑走路攻撃などで米軍基地を麻痺させる能力を有する(RAND研究所)

2021-12-09 08:44
  • 9

1:8日、日経新聞は「米軍駐留費、抑止力底上げ 日本が100億~200億円増案」の標題の下に、「政府が2022年度からの在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)を年2100億~2200億円規模にする案を米側に打診した。現行より100億~200億円ほど増える。自衛隊と米軍の共同訓練の費用項目を新設し、抑止力を高める経費へと質の転換をめざす。11月末から12月初旬に米国で開いた実務者協議で提示した。22年度予算案に反映するため、年内に調整を終える見込み。特別協定で22年度から5年ほどの負担額を定めるとしている。
2;まず在日米軍経費をどうするかの基本約束はどうなっているかを見てみよう。
 米軍基地関連を決めたものに日米地位協定がある。
 第二十四条「1 日本国に合衆国軍隊を維持することに伴うすべての経費は、2に規定するところにより日本国が負担すべきものを除くほか、この協定の存続期間中日本国に負担

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

<核兵器保有同士の米中の戦争を肯定できるか>

先の大戦で、日本は真珠湾先制攻撃した。

現時点、日本の米軍基地は、治外法権があり、米国施政権があるとみなすべきであり、中国は、真珠湾攻撃に等しい米国基地を先制攻撃できるのであろうか。その愚かさは、日本に当てはまっても、中国には当てはまらないということなのでしょうか。

軍事的には日米一体であり、基地駐留経費を全額支払うことも考慮に値するのではないか。

No.1 1ヶ月前

“「抑止力工場」建設ラッシュに沸く日本”━DS経済新聞に こんな見出しが出る日も近いのでないか。

No.2 1ヶ月前


>軍事的には日米一体であり、基地駐留経費を全額支払うことも
考慮に値するのではないか。

だってさ。

こういうことを大真面目に書く御仁が、やたらと、日本人として、とか。
他人に対して、日本人なら、とか。
笑止千万の事柄をかきなぐる。

自覚症状があるのだろうな、自分は米国命の植民地人だとの。
それは本当は恥ずかしいことだとの。

No.3 1ヶ月前

ナチスを陰で支え、一級戦犯のナチス党員を南米に途切れることなく逃げさせたアレン・ダレスは戦後一早くCIAを作り国務省を戦闘的なものに改造した。この男こそがDSの創始者だと言っても過言では無い。

そのDSに現代中国が立ちはだかっている。この中国は資本主義経済の運営だけでなく軍事技術においても赫赫たる成果を上げている。

私の観測だが、米国が主宰するパックスアメリカーナは内部から崩壊しつつあるということだ。それはまさしくローマ帝国の崩壊と同じ無様な状況をなしていると言えよう。

その根拠は次に述べる。

続く

No.4 1ヶ月前

>>4
続き
その一つ。

CDCのファウチが中国武漢ウイルス研究所に委託生産させた生物兵器COV-SARS-2は中国を滅ぼすことが出来ずに欧州を経由して米本土を襲っている。急ごしらえの遺伝子ワクチンが効かないばかりでなく副作用が深刻で米国民のフラストレーションは爆発寸前にある。

もう一つ。孫崎先生の今日のテーマ、列島の駐留米軍の維持費を米国が賄えないと言うこと。マッカーサーがパイプをくゆらせ色眼鏡をかけて厚木空港に降りた。あのハリウッド張りのイケメンは今の米国のどこにある。

悪いことは言わない。自民党の諸君。甲斐性の無い米国野郎なんか捨てちまいな。もう中国にはかなわない。あきらめが大事だ。

No.5 1ヶ月前

>>1
いやだな。もっと勉強してちょうだい。戦争を仕掛けるのは、それはファシストですよ。共産主義の存在理由は反ファシストにあるのです。従って、中国がパールyハーバーをやることはありません。私が保証します。

私事で恐縮だが、私は自由主義者で民主主義者でアナキストです。反戦も含まれているので、反ファシストです。戦前はそういう人物を容共と言ったらしいが、私は容共でもあります。

No.6 1ヶ月前

米国主導の「民主サミット」に対して、中国も「民主」だといっている。

米国の「民主」は人民が「全国民」に及ぶが、中国の「民主」は「共産党員」(一部の選別民)に主権が与えられる。

選挙権が米国では「全国民」であり、中国では「共産党員」にしか与えられない。

米国と中國では「基本的人権」に大きな差が出てくる。ウイグル問題などは選別民の問題でなく、人間以下の問題として中国はとらえているのでしょう。日本にも公明党のように人間以下と取られる政党もある。

施政権を持った米軍基地は、たくさんあり、日本の米軍基地を攻撃するだけでなく韓国の米軍基地も攻撃しなければ、米軍を攻撃したことにはならない。NATOにも米軍基地があり、中東にもあり、米軍基地を攻撃することは実質的に不可能だ。

No.7 1ヶ月前

おめでたい人。

No.8 1ヶ月前

朝鮮戦争、ベトナム戦争、イラク戦争、アフガン戦争、前科4犯の狂暴な米軍の基地を何で日本は持つの?答えられないでしょうね。

No.9 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。