• このエントリーをはてなブックマークに追加
最高のパフォーマンスを発揮するためには「耐性の窓」って考え方を押さえておくといいよ!というカリフォルニア大学の話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

最高のパフォーマンスを発揮するためには「耐性の窓」って考え方を押さえておくといいよ!というカリフォルニア大学の話

2019-09-18 12:00
  • 6

 aa56208d0fb79c46113821d08beab9c9a595ad5a

 

最高のパフォーマンスを発揮するには「耐性の窓」が超大事

なにごとも中庸が大事」なんてことを申しますが、これは科学的に見てもわりと真理だったりします。

 

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

次回配信予定
  • 2022/07/08
    NHSが激賞する「28日間マインドフルネス・チャレンジ 第2週」
  • 2022/07/12
    【2022年最新版】最高の体調を極めるサプリメント完全ガイド「運動不足ヤバい編#4」
  • 2022/07/16
    NHSが激賞する「28日間マインドフルネス・チャレンジ 第3週」
コメント コメントを書く

なんで窓なんだろ
ちょうどいい風通しみたいな?

No.1 34ヶ月前

きっと受験の時、自分は過覚醒してしまうと思うので予め対策を練っておくのは大事ですね。大変参考になります!

No.2 34ヶ月前

本番の試合のときに過覚醒してしまいます……(テニス)

No.3 34ヶ月前

>>1
自分を快適な空間に留めておくための仕切りって意味じゃないですかね?

No.4 34ヶ月前

>>1グラフが視覚的に窓に似ているからでは

No.5 34ヶ月前

過覚醒状態=パニックや極度の緊張状態、低覚醒状態=無気力状態みたいな捉え方で合ってるのかな?

No.6 33ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。