• このエントリーをはてなブックマークに追加
自分に適した「筋トレ種目」はどうやって選べばいいのか?のガイドライン
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自分に適した「筋トレ種目」はどうやって選べばいいのか?のガイドライン

2020-05-17 12:00
  • 6

 04f137a0e493b15a3166a4123d02c8feee9fa1d6

  

このブロマガでは、「筋トレでもっとも重要なポイント」として

 

 

の2つを紹介してきました。「筋肉の成長」を目指すなら、とりあえずこの2つを押さえておけば問題ないでしょう。

 

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

次回配信予定
  • 2022/08/15
    学習の効率を激上げするための「脳環境」設定ガイド#1「脳に優しい五感のコントロール」
  • 2022/08/17
    学習の効率を激上げするための「脳環境」設定ガイド#2「脳に優しい1日の勉強時間とは?」
  • 2022/08/19
    【2022年最新版】最高の体調を極めるサプリメント完全ガイド「血管ヤバい編#1」
  • 2022/08/23
    不安と睡眠に効きまくる「ラベンダーオイル」の推奨プロダクトはこれだ!【2022年版】
コメント コメントを書く

日常生活で足のつかない椅子に座ったり、階段を上り下りしたり、ベッドの中で膝を曲げ伸ばししたりするだけでもたまに膝を痛めてしまう脆弱な膝の持ち主です。
スクワットを真面目に続けたらやはりしばらくして膝が腫れてしまい痛みを覚えたのですが、このように身体の一部が弱い人向けの運動方法なんかもいつかまとめてもらえると助かります。
パレオさんのブロマガで健康になろう!とやれるところから実践しているのですが、筋トレ系は興味はあるもののついていけておらず…(汗)
Dラボの筋トレチャンネルが出来るのを待っても良いのですけどね!(笑)

No.1 27ヶ月前

近くにジムができるので、この記事はとても助かります。

No.2 27ヶ月前

>>1
それは大変ですね…。私は理学療法士なのですが、理学療法士協会が出している膝が悪い人用のパンフレット(2020年版)がありまして、その中に運動療法が乗っていますので、参考になるのではないかと思います。
http://www.japanpt.or.jp/upload/japanpt/obj/files/aboutpt/handbook07_200514.pdf

No.7 27ヶ月前

見た目を良くしたいという項目があるのが個人的に素晴らしいと思いました笑。こういうの嬉しいです。

No.8 27ヶ月前

>>8
めっちゃわかります

No.9 27ヶ月前

ヒンジ→ランジ
じゃありませんか?

No.10 27ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。