• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「自主防衛のコストは大したことない」小林よしのりライジング Vol.178
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「自主防衛のコストは大したことない」小林よしのりライジング Vol.178

2016-05-31 19:40
  • 117
c3f0d4ea8027341f15369617681477ec895171d2
第178号 2016.5.31発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…11月のアメリカ大統領選挙で、「トランプ大統領」が誕生するという事態を本気で恐れおののいているのが、日本の自称保守派の連中だ。トランプが在日米軍撤退といった発言をしているのが、恐ろしくてたまらないらしい。自称保守派は、自主防衛は決してできない非現実的なものであるかのように主張しているが、その理由の第一に挙げているのが「コスト」である。自主防衛にすると「22兆2661億~23兆7661億円」ものコストがかかるというが、このコスト試算には極めて悪質なトリックが使われていた!!
※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…『男女不平等。僕らは結局稼ぎで選ばれる』日本は、あと20年足らずで、男性の3人に1人は結婚できない時代になるという。なぜ男性ばかりが割を食っているのか?一方で、世界経済フォーラムが発表した「ジェンダーギャップ指数(男女平等指数)」では、日本は145か国中101位となっているらしい。果たして、男と女、どっちが不平等!?
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!引きこもりのニートを社会復帰させて自活させるにはどうしたら良い?「とと姉ちゃん」の評価が低いのは何故?「ゴー宣道場全国拡大化」のための提案!朝帰りの際、妻に向かって平静を装うコツは?先生でも「間違いを認める」には労力と気力が要る?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第173回「自主防衛のコストは大したことない」
2. しゃべらせてクリ!・第138回「新作『おぼっちゃまくん』に注文ぶぁ~い!の巻〈後編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第6回「どっちが不平等?『生涯未婚男女』と『ジェンダーギャップ』」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 読者から寄せられた感想・ご要望など
7. 編集後記




92012ce2937a424ec04761a13cac032ec9ba9961

第173回「自主防衛のコストは大したことない」

 11月のアメリカ大統領選挙は、米国メディアも「大統領選史上、最も不人気な候補同士」という、共和党ドナルド・トランプと民主党ヒラリー・クリントンの対決となることがほぼ確実だが、最近の世論調査では、初めてトランプの支持率がヒラリーを上回ったという。
 そして「トランプ大統領」が誕生するという事態を、本気で恐れおののいているのが自称保守派の連中だ。
 トランプが、「日本は在日米軍の駐留経費を全額負担せよ、さもなければ米軍を日本から撤退させる」といった発言をしているのが、自称保守派は恐ろしくてたまらないらしい。
 かつて自称保守派は、共和党政権であれば日米関係は盤石で、「親中派」のヒラリーが大統領になることは「最悪の事態」のように認識していたはずだが、今はヒラリーの方がいいと思っているのだろう。
 日本が独立国であれば、他国の大統領が誰になろうが、あくまでもその国の問題だと構えていられるはずで、アメリカ大統領が誰になるかで右往左往する態度こそ、属国根性そのものである。

 ともかく自称保守にとっては「在日米軍撤退」とは想像もしたくない悪夢のようで、産経新聞は5月24日、25日の2日間にわたり、「日米同盟が消える日」という特集を組んで怯え、こう狼狽しまくっていた。

 米軍が撤退すれば、すぐに中国は尖閣に上陸する。「専守防衛」しかできない自衛隊では、最後には尖閣は中国に取られてしまう。
 在日米軍の撤退は在韓米軍の引き揚げに直結し、朝鮮半島の軍事的均衡も崩れる。
中国による台湾侵攻が現実味を帯び、南シナ海は完全に「中国の海」と化す。国際情勢は一気に予測不能に陥る――

 もう、アメリカ様がいなければ夜も日も明けぬといった有様である。
 自称保守はさんざん「中国恐るるに足らず」みたいなことを言っていたはずだが、結局はそれもアメリカ様が頼りだったようである。
 自衛隊では何もできず、米軍がいなくなったら必ず中国にやられちゃうと怯えながら、空威張りしていたのだ。
 もちろんそんな自称保守の性質はとっくに見抜いていたが、こうも無残な本性をさらしながら、それがみっともないということに気づいてもいない狼狽ぶりには、苦笑するしかない。

 そもそも、在日米軍がいなくなったら、日本は国を守れないのか?
 在日米軍を撤退させ、代わりに自衛隊を置いて自主防衛することはできないのか?
 実を言えば、在日米軍がいようがいまいが、日本の防衛はまず自衛隊がすることになっているのだ。
 昨年4月の日米安全保障協議委員会(「2+2」)会合で勧告された「新ガイドライン(日米防衛協力のための指針)」には、こう明記されている。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他107件のコメントを表示
×
ゴー宣道場での議論、画面越しでしたが超絶楽しかったです。いろんな物事を考える脳のシナプスがどんどん繋がっていく快感は、ココ以外では得られませんね。知のジェットコースターにラリりました(笑)
人文軽視は、設計が生業の身にとって耳の痛い話でした。f(^^;; 本来「設計」は創造的想像力が要求される「デザイン」のはずですが、理系学部が教養課程を捨てたせいか、健全な美的感覚とスコープが涵養されません(設計的にも大問題です!!怒!)。潔癖主義も相まって、大学では教科書的演繹思考どころか疑って考えることを知らない役立たずの情報乞食ばかりが量産され、会社では群集に従順な奴隷が飼育されます。
論理学の巨人チャールズ・パースは、美学に基づき倫理学(哲学)が成り立ち、倫理学に基づいて論理学が成り立つと考えていたそうですが、それに反して、美学や哲学に欠陥のあるうわべの情報や知識や論理だけしか見えない非知的アンドロイド(n太とかn太郎とか。笑)がいろいろ跋扈してますね。
適切な価値判断をおこなうには、ゴー宣道場で議論されているように、常に美学や哲学(何が美しく、何が善か)に立ち返り、あらゆる物事を俯瞰・リンクさせることにより、創造的想像力を働かせてアブダクティブ(仮設形成的)に思考するのが、なにより重要だと思いました。

今月のSAPIOの時評2ページに大共感です。大学に入って間もない頃『社会契約論』を読んでも稚拙なスコープではサッパリ理解不能でしたが、『民主主義という病い』や道場で鍛えられた今なら、すんなり理解できそうです(笑)
『大東亜論』の岡りなのジョーカーっぷりが強烈すぎて、思わず声を出して笑いコケました(とくにp.73の絵w)。いつでもどこまでもついて行って登場してほしいです。頭山の多数決にはビックリしましたが、詭弁を撃つ手段を問わない姿勢には共感しました。

キング牧師、じゃなかった、カレー牧師の "I have a dream,..." って演説には、猛烈に感動してしまったよ(T_T) 「たこ焼きざむらい」くんのあまりの可愛さに、萌え狂いました(笑)
35ヶ月前
×
遅れましたが、今号も配信ありがとうございました。

そもそも自主防衛はカネの問題ではないのに、ここまでしてアメリカに守ってもらおうとする自称保守の「タダ乗り防衛論」の実態を知って、ぞっとしました。
日本人自身がまずは「国民皆兵」の志を持たなければ、真の独立国家としてアメリカや中国と渡り合えないと思います。
トランプの発言でビビるなんて、いったいどこの奴隷か、と問いたくなります。
『民主主義という病い』の大伴部博麻のエピソードには感動しました。国の危機を救うため、それこそ自ら奴隷となってでも愛国の誠をささげた彼の事を、心に留め忘れまじと誓います。

もくれん先生、お誕生日おめでとうございます。
ブログでの『民主主義という病い』君同士がもくれんという女を巡って争う愛憎劇、最高です(笑)そのブッ飛んだ発想に脱帽です(^^)

「トンデモ見聞録」今回も面白く、そして考えさせられました。もくれんさんの評論は巷間の評論家よりもずっと「人間の業」に忠実に向き合っていて、決してそこから逃げようとせず、問題の奥深くにある本質に斬り込んでいくスタイルは、惚れてしまいます。
今後も、もくれんさんの発言から、目が離せなくなってしまいそうです。
今回は、結婚相談所が「所得の高い、安定した職業の男性を入会させる」のが実態だということを知って、強い衝撃を受けましたが、わたしの結婚観の甘さを見事に打ち砕いて下さって、むしろ感謝の気持ちでいっぱいです。
これからは、相手の女性から「一緒になって良かった」と言ってくれるような強くて優しい男になれるように、一歩ずつ、ではありますが、思考していきます。

最後に、ハワイで撮った写真とても鮮やかでした。
カメラの性能がいいのかな、どんな精度のいい製品を使っているのかな?
あっ、それとも『民主主義という病い』くんのカッコよさにカメラが触発されたのかな(笑)
35ヶ月前
×
>>121
>>107
反応があるとうれしいタコやで(^^)
拙者、うちの隊長・カレーせんべいと
1枚と1個で感涙にむせび泣くタコやで……!

(このアクの強いキャラも、実は迷いながらやってるタコなのよ(^^;)
 ビクビクビックル!)
35ヶ月前
×
>>123 たこ焼きざむらい殿
「1枚と1個」ってなんやねん!
社会人になって「単位」で悩むとは思わんかったわ!

まぁ、それは、ともかく、
8月7日の関西ゴー宣道場の広報は任せたよ♪
小林よしのりライジングのコメント欄にも、本編の感想の邪魔にはならないように、週に1つ程度、情報発信していこうo(^o^)o
35ヶ月前
×
気になるのは、自衛隊まで動員して6日間捜索した費用がどのくらい掛かったかと言う事ですね。
鉄道会社が線路内に飛び込んだ人の家族に数百万単位の損害賠償を請求するそうですし、山に遭難した人を探し出して救助する費用も掛かると言うし。

あの家庭が子供に「暫く小遣いは無しだ」と言えば強力な効果になるんじゃないかと思ってます。
35ヶ月前
×
ファンキーモンキーの加藤、アンタッチャブルの柴田の元奥さんと不倫してその間に子供まで出来てしまったみたいですね。
加藤は既婚ですが。
なんというか、こうもこういう話題が続くと、『格差』を感じますよね。
35ヶ月前
×
>>124
ツルツルとホカホカで、一緒に頑張ろうタコ!(^^)
35ヶ月前
×
笹先生の『笹幸恵の軍事トリビア』とても楽しみです!! “誰もが見たい(笑)時事楽論”でのバターン死の行進の話が、聞いていてとても解りやすくて、頭の中にスイスイ入ってきたので、もっともっと笹先生から当時のお話を聞かせて頂きたいです。
とても楽しみにしております♪
(*^▽^*)
35ヶ月前
×
配信ありがとうございます。
映画でも小説でも漫画でも基本的には、
自分たちの国は自分で守っているのが普通です。
中には変な設定っていうのはありますが、
それは架空の世界であるのでよいのです。
が、これを現実でやっているところが、今の日本なのですよね。
情けない話です。
しかも金額も思っていたよりも安い。
タックスヘイブンに流れているお金をしっかり徴収することが出来れば十分にまかなえますよね。
まぁそもそも高いだの安いだので自主防衛を話している時点で、
今現在の自称保守、従米保守のレベルはあまりにも低いという事がわかりますね。
もちろん私を含め国民のレベルも……ですが。
何とかそこから脱するために思想していきたいです。

もくれんさんの第6回の記事、勉強になりました。
ありがとうございます。

「僕は『民主主義という病い』だよ」
面白かったです(笑)。
ありがとうございました。
35ヶ月前
×
「民主主義という病い」は、発売日(地方なので数日遅れましたが)に購入しましたが、
その後、何度も読み返しております。
「SPA!」連載時の「ゴー宣」からリアルタイムで今まで読んでいるものですが、
とても勉強になります。

「自主防衛を否定する論拠に「コストがかかりすぎる」」というのは、ネット右翼の人々もでしょうが、
そういう論調に学生時代に影響を受けてしまって、その後社会人になっている人たちも同じような論調で言っているように思います。
現に、自分の周りがそういう感じです。
そうかと言って、それに異を唱える人たちの論調も「アメリカに力いっぱいついて行け!」派に対する「アメリカに嫌々ながら渋々付いて行け!」派のように、政治信条に関する話を聞いている時に思います。

かく言う自分自身も、SNSでの人間関係(実際にお会いしたことがある人達に限ってやらせては戴いているのですが)が、
自分の中で重きを占めてしまい、PCやスマホのトラブルでネットが出来なくなると、何だか心許なくなってしまうので、
やっぱりアメリカの絶大な影響下に置かれた戦後の日本の呪縛、現代病とでもいうべきか、その辺りから全く抜け出せていないと改めて反省する次第です。

ネット右派の論調に影響された人の中には「70数年前のことをいつまでウジウジ言っているんだよ。朝鮮人かよ」と揶揄する人もいますし、ネット左派の論調に影響された人々は、ひたすら「安倍が悪い」「自民が悪い」「自分達に噛み付いてくるのは自民党のネットサポーターだろう」と、これまたくだらない陰謀論というか、お互いに醜い揚げ足の取り合いになっているようにしか見えません。
しかし、そういうネットでのやり取りからは卒業したんだよ、と構えている人たちにも、そういう影響が残っているように見える人たちは少なくないですし、自分自身もそうでない第三者の方々との交流があってこそ、自分を客観視出来ているんじゃないかとか、そもそも自分自身で思っている以上に、戦後民主主義というものから、どれだけその影響を排して自分自身を客観視出来る人たちがいるのか、という思いも致します。
そういう中で、ゴー宣読者の皆様、ゴー宣道場の門弟の皆様のご意見はとても有難いです。
師範の先生方のご意見と共に、ご意見を目にして改めて考える時に、自分自身を冷静に見つめ直すきっかけにもなります。
今後とも応援しております。
長文失礼致しました。
35ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。