• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「民主主義国家ではジャーナリストが謝罪なんかしない」小林よしのりライジング Vol.291
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「民主主義国家ではジャーナリストが謝罪なんかしない」小林よしのりライジング Vol.291

2018-11-06 19:45
  • 104
72fb1ce34d59e15889f7d5df6d4dc68b237d894c
第291号 2018.11.6発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…シリアで反政府武装集団に3年もの間監禁されていたフリージャーナリスト・安田純平氏が解放され、帰国したが、するとまたもやネトウヨどもが「自己責任」を唱えてバッシングし始めた。そのバッシングはネトウヨだけにとどまらず国民全体に広まってしまい、安田氏が頭を下げなければ収まりがつかない状況にまでなってしまった。そんな国は日本か韓国くらいのものである。日本は民主主義社会ではない、ムラ社会でしかないのだ!
※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…『月刊Hanada』2018年12月号が、「『新潮45』休刊と言論の自由」という大特集を組んでいる。執筆陣は、トップに小川榮太郎独占手記、櫻井よしこ×門田隆将×有元隆志、そして後半ページに小川榮太郎×松浦大悟、稲田朋美、藤原信勝、坪内祐三、匿名の新潮社社員など。新聞に全面広告を出して大々的に発売された『月刊Hanada』、果たしてどんな内容なのか?
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!サウジアラビアのジャーナリストが殺された事件をどう思う?ジャポニカ学習帳の昆虫の写真は気持ち悪い?普通に家庭を持っている友人が、ネットの影響でネトウヨっぽくなってしまうのはなぜ?安田純平氏を「英雄扱い」するのはムリがあるのでは?女性の仕草でこれが好き!というのはある?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第299回「民主主義国家ではジャーナリストが謝罪なんかしない」
2. しゃべらせてクリ!・第248回「建もの探訪! 貧ぼっちゃまツリーハウス、裏山鹿~!の巻〈前編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第103回「不思議の国のHanada」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




e94e51e587b8e425a114e619b1be2770c6dda675

第299回「民主主義国家ではジャーナリストが謝罪なんかしない」

 シリアで反政府武装集団に3年もの間監禁されていたフリージャーナリスト・安田純平氏が解放され、帰国したが、するとまたもやネトウヨどもが「自己責任」を唱えてバッシングし始めた。
 わしがこれをブログで「安田純平氏をバッシングするヘタレ虫ども」と批判したら、(https://yoshinori-kobayashi.com/16823/)、ネトウヨどもはわしの4年前のブログ「後藤さんはプロなのだから自己責任だ」https://yoshinori-kobayashi.com/6780/)を引っぱり出してきて、「小林は、フリージャーナリストの後藤健二氏が殺害された時は『自己責任だ』と言っていた、ダブルスタンダードだ!」と騒いでいたらしい。
 度外れた馬鹿である。馬鹿は死ななきゃ治らないと昔から言われているが、その言葉に尽きると、しみじみ情けなくなるのがネトウヨの腐乱脳みそである。

 そもそもこの件で「自己責任」という言葉を使うこと自体には、別に問題があるわけではない。
 プロの戦場ジャーナリストは誰だって、自分の意思で危険地帯に入っている。自分の身は自分で守るのが原則であり、たとえ命を落とすようなことがあっても、誰のせいでもない。「自己責任」だ。そんなのは当たり前のことである。
 だから後藤健二というジャーナリストが殺されても「自己責任」であり、国家のせいでも、誰のせいでもない。

 他方で、日本国の国民には「基本的人権」が保障されると憲法には書かれている。
 憲法は国民から国家権力への命令書である。
 憲法に書いてあるということは、権力は国民から「基本的人権を守れ」と命令されているのであり、国家は自国民であればどんな人でも守らなければならない。
 その国民個人の思想信条などは関係なく、反権力の人でも等しく守らなければならないのだ。
 だから、この場合に権力者が絶対に「自己責任」という言葉を使ってはいけないことは、言うまでもない。
 それが「立憲主義」の基本であり、「自己責任で、勝手に行ったのだから、政府は守る必要はない」「政府に迷惑をかけた」「国民に謝罪しろ」と言うネトウヨは「立憲主義」を知らない腐乱脳の馬鹿どもなのだ。

 橋下徹はツイッターで、安田氏の取材活動について、「単に自分自身が現地に行ったというところにしか価値がない。それなら世界の報道機関が報じているもので十分だ」とこきおろしている。
 安田氏の取材活動には、ジャーナリストとして価値のある成果があったのかと疑問を呈しているわけだが、これはただの難癖にすぎない。
 戦場ジャーナリストが価値のある仕事の成果を挙げられるかどうかなんて、実際に危険地帯に入ってみなければわからない。そこはバクチであり、どんなに腕のあるジャーナリストだって、大ネタをつかめるかどうかは運次第なのである。

 それに、少なくとも今回の安田氏の活動によってわかったことはたくさんあり、十分な成果があったといえる。
 現地では「人質ビジネス」が拡大していて、100人もの人質を収容する建物まであるということ、各組織から身柄を預かり、人質の世話を受託するビジネスが成立しているという驚くべき事実が明らかになった。これだけでも安田純平氏の体験取材は大成果だと言える。
 人質になるとどんな目に遭うのか、どんな虐待があるのかも、得難い情報である。

 また、安田氏解放のための身代金を払ったのはカタールだが、なぜカタールの国が身代金を支払ったのかという事情も見えてきた。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他94件のコメントを表示
×
重ね重ね、京都道場、お疲れ様でした。タイムシフトでもゆっくり見ます。

SPA!のことを忘れていたので、遅ればせながら記しますが、先日ニュースワイドショー番組で、米軍の将校を装って、金品を巻き上げる、いわば振り込め詐欺の変種の話題があったのを思い出しました。

つまり、あれもインターネットの上の、(良くわからないけれども)自由に使える写真があって、それで将校の身分証明書とか、金槐とか現金とかを偽造されると、感情移入しきっている被害者には、さもありなむという出来事に見えてきて、それが一次史料か二次史料かなんてことは二の次になり、同情で一心同体の立場になり、税関の苦情と称するものでお金を払わされても、「後で金槐から補償して貰える」みたいに思ってしまう、ということなのではないか、と。

変だと思ったらそこで立ち止まって、過去の経験や常識にたちかえって、冷静になって考えてみるべきなのだけれども、一度影響を受けてしまった感情(イデオロギー)は、なかなか修正する、という方向にはすすまないのではないか、そこに修正主義が働きにくい要因があるのではないか、みたいなことを思いました。

ゆがんで見えてしまっているものを、あるいは真逆に揺れてしまった振り子を何とかして正しい方向や位置に持ち直さなければいけない、と今回の道場も見て、改めて思いました。まずは思想や信条に惑わされないで、事実を直視する勇気が必要なのでしょう。

では、次号を期待します。

追記:NHKのニュースを見て知ったのですが、カスタムハラスメントなんていうのも、あるみたいですね。あれもゆきすぎ。白河の清き流れに魚は住めないものです。
11ヶ月前
×


よしりん師範のゴー宣を読みまして。

民主主義国家である以上、ジャーナリストに敬意を持つべきということには納得です。
一般国民が安田氏をバッシングすることは即ち自らの知る権利を手放すことに他なりません。

安田氏をバッシングする輩は、アベちゃんを応援すること=自分も権力者になったつもりなんでしょうか?
まったく意味がわかりません。

ハシシタが何にでも成果を求めることにも納得がいきません。
少なくとも行かないことには成果は得られないわけで、行ったけど成果がなかったからといって責めを負うべきものではないでしょう。
まあ彼の場合、今も自らが権力者であると思っているからなのかもしれませんが。

なんにせよ国民の知る権利を代表するジャーナリストに自己規制を求めるのはお門違いも甚だしいということです。
11ヶ月前
×
こんにチワワ!
もくれん師匠のトンデモ見聞録を読みまして。

Hanadaは炎上商法狙いで自覚的にヘイトを垂れ流していますね(読んだことないけど)。
蛸壺プラスアルファ。

オガワの泣き言も情けない。
『・・・って、なんの話?
LGBT差別批判への反論、どこ行った~!?』
反論はないんかい!笑える。

新潮45(廃刊になっちゃったけど)にしろHanadaにしろ売れるんならヘイトもフェイクもオッケー、
そこまで振り切れなかったSAPIOは不定期刊にという状況は非常にマズいですね。

活字離れが言われて久しいですが、その間に日本人全体として馬鹿になり、フェイク本だけが売れてよりバカになる・・・
日本の将来が心配です。
11ヶ月前
×


>>97
大丈夫だろうけど、先生が心外に思ってたら失礼なので「一応」書いときます。

いざ、戦地に赴くと決めたら先生は肉体電池はきれても、精神燃料を燃やして行くと思っています。そして、ぶっといマッジクペン大の弾ふすまの中を突き進むでしょうね。

カッターで指をサクッと切っただけで、ギャァと思うもんね。マッジクペンくらいの弾丸が高速で当たれば酷いものです。だから、戦争は避けるべきです。しかし、日本人を根絶やしに敵が大挙していらっしゃるなら戦わないとね。だけど凄惨なので、戦う勇気の無いと言うのは優しさだし、本当だよね。

それなのに、安倍晋三や右ヨタろーは、戦地の最初の任に着く自衛隊員の事なんか、これぽっちも勘定に入れていないんだよね。己の見かけの沽券と名利しか頭に無いの。自衛隊が突破されれば、後に続くよって言う優しさの覚悟は無いの。

左ヨタろーも、甘い夢の中に閉じこもって了見は安倍晋三や右ヨタろーと同じ。戦争に対して、防衛に対して、安全に対して、己の参加を勘定に入れないのは卑怯だよ。

この欺瞞と増長は、頭蓋の中だけの戦争でも許せませんよね。



>>98
振り込め詐欺の変種から、思考停止脳を比喩的に示しておられて興味深いです。

SPA!ゴー宣の歴史修正主義って何だ?に準じますが、結局、思考の固定化を解除する鍵は「歴史の作法」に有ると言えます。

思考停止は、主観に閉じこもって、客観として物事を捉えられないに尽きると思います。簡単に言えば視野狭窄です。この為にデマを激しくします。

客観的にならなければ、実証も論証も不可能です。歴史は時間軸を捉えるものであり、実験による実証とは違います、しかし、人間行動の規則性による論証は可能なわけで、不変の公式や定理とは異なっているものの、人間の外面を捉える事については実験科学と同じです。ただ、趣きを異にする社会科学です。法律学などもそうですね。

これには科学的態度、つまり客観に対する誠実さの無ければ真実に到達は不可能です。そうでないと、人の内面の主観と自然、社会による人間の外面は永遠にすれ違い、わかり会えない関係に終始します。

ですから、ゴー宣の歴史修正主義って何だ?で、第一次史(資)料〜第三次史(資)料を重んじて使う歴史の作法を示された事は、左右ヨタろーの始末の方法を明確にしたものと思います。

如何に主観を廃して客観に忠実になり、真実に即したいかの態度です。

百田や花田に類する者どもは、上記が完全に抜け落ちています。憲法9条2項の存在も同じです。真実を求めて公正な己で在りたい欲求が不足しているのです。それが、教育の問題として連結してしまいます。

何処も彼処も、己の主観を優先して客観を軽んじ、見せかけや、手続き論で誤魔化しています。主観一番の出鱈目でも構わない者が多過ぎです。

是非とも、現在、未来を正しく捉えるには「歴史修正主義って何だ?」を考え、如何に歴史の作法を宣揚するかにかかってきます。

これこそ「過去を正しく捉えて現在と未来を知る」になります。歴史の教科書の前文に、大体書いてあるものです。

当たり前な事を繁雑に書いてしまいました。それでも、日本を左右の真ん中に持って来るのには「歴史の作法」は重要であり、繋がって戦争論が有るのを忘れてはならないと思います。

11ヶ月前
×
>>92
逃がさへんで~~
(( ̄_|

いやいや、分かります!
私も5月の道場のときに、師範方のサイン会に並ぶことも、カレーさんに声を掛けることも出来ず、逃げるように会場をあとにしました
(T^T)
またの機会に是非!
( ̄- ̄)ゞ
11ヶ月前
×
『わしは武器を手にとって戦う!』と言う先生を
『カッコいい~~♪』
(///∇///)
と見つめていたのですが、先生がペットボトルのフタを開けられず、隣の木蘭さんに開けてもらっていたことを思い出して笑ってしまいました。
(  ̄▽ ̄)
11ヶ月前
×
今週のspa!見ました
町山智浩批判が凄すぎるー。
よしりんの著作を一切見てないのは明白で、
そんな見もしないで批判をする映画批評家って、自身のキャリアを
否定されかねない、実存を脅かされて自ら墓穴を掘った状態から
一体どう切り返すのか。。。
一切無視をきめこむのか、または過去の事例通り、自爆して勝手に狂ってしまうのでしょうか?
11ヶ月前
×
政治家3名!!
11ヶ月前
×
>>102
はい、是非!!
11ヶ月前
×
>>102
どうもありがとうございます。
(^^)
11ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。