• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「歪んだ動機の正義」小林よしのりライジング Vol.365
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「歪んだ動機の正義」小林よしのりライジング Vol.365

2020-07-21 23:20
  • 296
72fb1ce34d59e15889f7d5df6d4dc68b237d894c
第365号 2020.7.21発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…先週は、たとえ動機が純粋で、善意と正義のつもりでやったことでも、結果が酷いことになったら、その責任からは逃れられないということを書いた。それは大前提とした上で、今週は、そもそもハンセン病の恐怖を煽った医師・光田健輔や、新型コロナウイルスの恐怖を煽っている玉川徹・岡田晴恵の動機は「純粋」で「善意と正義」に基づいたものなのかを検証したい。
※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…スウェーデン公衆衛生局が記者会見を行い、さらに、T細胞を介した自然免疫とあわせると、40%近くが免疫を獲得していると推定されるとし、集団免疫獲得はほぼ完成したと発表した。しかし、スウェーデンという存在を認めたくない勢力、そして日本のコロナがとっくに「終了」していることを認めたくない勢力は強い。彼らは飽きもせず「ミラノ、ニューヨークの二の舞になる!」と発狂しているが、一体どういう科学的知見からそう考えるのか?
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!「コロナが収まる」とはどういう状態のことを言うの?政府が「GoToキャンペーン」から東京を外したことをどう思う?新コロ後遺症って恐ろしいの?現代において、田舎と都会との差異って感じる?旅行先で子供たちに危害が及ぶことが心配…都民は旅行をキャンセルしたほうが良い?リニアは必要だと思う?有名人が公表したくないプライベートなことを、週刊誌が暴露するのって許されるの?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第381回「歪んだ動機の正義」
2. しゃべらせてクリ!・第322回「ぽっくんを飼ってクリ、支配してクリ~!の巻〈前編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第175回「スウェーデンの勝利宣言と、発狂中の人たち」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




8090a94c6f7b584ea42c62378c5abfa802421773

第381回「歪んだ動機の正義」

 先週は、たとえ動機が純粋で、善意と正義のつもりでやったことでも、結果が酷いことになったら、その責任からは逃れられないということを書いた。
 それは大前提とした上で、今週は、そもそもハンセン病の恐怖を煽った医師・光田健輔や、新型コロナウイルスの恐怖を煽っている玉川徹・岡田晴恵の動機は「純粋」で「善意と正義」に基づいたものなのかを検証したい。

 先週も書いた通り光田健輔はエリートの出ではなく、博士号すら取っていない。「独学で医学を学んだ」と言われるほどの苦学の末、私立済生学舎を経て東京帝国大学医学部選科に進んだ。
 そして光田は、ここで他の医学生が触ろうとしなかったハンセン病患者の遺体をただひとりで解剖。この「美談」の解剖で切り出したリンパ節の染色実験から初の論文を書き(先週、初の論文は養育院時代と書いたのは誤り)、それ以降東大でハンセン病研究に没頭した。
 そして、そんな光田に東大医学部長が目をつけ、ハンセン病の入所者が数多くいた救護施設の東京養育院で勤務するよう命じたのである。

 ではなぜ、光田はハンセン病研究に没頭したのか?
 その動機は何だったのか?
 ここからは推測になるが、東大医学部選科にいた他の医学生は、ほとんどが帝大医学部を経たエリートぞろいだったはずで、私立済生学舎の出で、学士ですらない光田は相当に異色の存在だったはずだ。
 そしてそんな状況では、世の中の脚光を浴びるようなメジャーな研究テーマは全て他の医学生に持っていかれてしまい、光田が手掛けることができたのは、誰も手を付けないようなニッチな領域しかなかったであろう。そして、ハンセン病研究こそ、まさにそれに打ってつけのテーマだったのではないだろうか。
 東大を出て、養育院勤務の医官となった光田は、日本初のハンセン病専門医となった。当時の日本には、他にハンセン病の専門医は一人もいない。光田はたちまち日本における「第一人者」となり「権威」となったのだ。

 それからの光田は、苦学生時代の怨念からか、それとももともとの性格からか、「ハンセン病研究の第一人者」としての自らの権威を高めることにのみ没頭していったように思える。
 そしてそうするためには、ハンセン病自体に対する世間の関心が大いに高まらなければならない。だから光田は、わざとハンセン病はペストと同然の恐怖の伝染病だと大宣伝したのではないか。
 光田は、患者の体からまき散らされた病菌が日本全土を病の国とするかのような誇張までしていたが、それが完全にウソだということは、実際にハンセン病患者を扱ってきた光田自身が一番よく分かっていたはずだ。
 そして、この恐怖の宣伝によって日本中が震えれば震えるほど、そんな恐怖の病と闘う医師として、光田のステイタスは上がることになったわけである。

 光田はさらに財界・政界に人脈を広げ、国策に強力な影響力を発揮し、持論であったハンセン病患者の「絶対隔離」を実現する。
 そして、日本癩学会の中心を全て自分の弟子で固め、押しも押されもせぬ権威に成り上がった。
 動機がハンセン病患者のためではなく、自分の権威を高めるためであれば、当然のごとく自分の学説を否定するような意見は徹底して排除するだろう。
 ハンセン病の感染力が非常に弱く、治療薬が開発されて完治する病気になっても、徹底隔離方針を変更することなどできなかっただろう。そんなことをしたら、それまで自分がやってきたことが否定され、権威が失墜してしまうから。
 気前がよく、患者のためにも惜しみなく自腹を切ったというような「美談」も、あくまでも自分が患者を完全支配しているという、絶対的上下関係が存在しているところでのみ行われていたことだったのではないか? 患者の名前を全て記憶していたというのも、単に記憶力がよかったというだけのことじゃなかったのだろうか?
 全て推測だが、そう外れてはいないと思う。
 なお、光田に反対する学説を発表して学会で潰された医師・小笠原登は京都帝大卒のエリートだった。
 エリートが冷淡で、たたき上げが人情深いというステレオタイプがどこでも通用するとは限らないものだ。

 さて、それでは岡田晴恵や玉川徹の「動機」はどうだろうか? 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他286件のコメントを表示
×
最近アナウンスしていませんでしたが、このコメント欄は多くの読者の方々の交流の場ともなっておりますので、誤記の訂正などを除いて書き込みは原則ひとり1日3回までに制限していただいております。
ひとりの人が場を独占して連投して滔々と自説を述べたりしないよう、くれぐれも節度を持ってコメントしていただくようお願いします。
5ヶ月前
×
>>274
思い出しましたよ!
20年前、戦争論読んで、感激のあまり悶絶興奮して、
生まれて初めて、長い長い長いファンレター?を書いたことを!分厚い封筒になりました。

ずっと後で、ゴー宣の欄外かなんかで、よしりん先生が、
「感想はハガキに書いてくれ、長い文章は読むのが大変なんだ、女性のきれいな字がどんなにわしの心を癒してくれるか」
みたいなことが書いてあり、
(ずっと前のうろ覚えなので、もちろん言葉遣いはこのとおりではありません。)

どっひゃー!興奮感動のあまり、あんな分厚い長い長い手紙を出してしまった!
しかも感情のまま書きなぐり、美しくもなんともない踊りまくった字であった!
読む方は大変なんだよ、しかもよしりん先生は超多忙なんだよ、
自己満足ファンレターだった、恥ずかしいと、ひとり反省した記憶があります。

でも、よしりん先生のそれは、迷惑だ、やめてくれ、という拒絶じゃなく、
多忙の中、読もうとされている、先生の暖かい気持ちをわたしは感じました。^^
だって読む気がなきゃ、文章が長いものは、読んでるふりして読まなきゃいいだけだもん。
読もうとされてるからこそ、簡潔にしてくれ、とわざわざ書かれているのだとわたしは思いました。^^

わたしなんかいっつも感情のまま書いて、あれこんなに長くなってしまった!という、常習犯なので、
自戒しなきゃなんですけど。
一生懸命 な時ほど、長くなっちゃって、何書いてるかわからなくなっちゃった、ってことありますよね。
(それは私。Q&Aとはズレてたかな?)

5ヶ月前
×
関西設営隊隊長のだふねです(*^-^*)

8/9「ライブ! オドレら正気か?」後の場外乱闘中止。
吉村知事のツッコミどころ満載の「要請」を受ける形となり、甚だ不本意ではあります。

ですが、私たちの目指すものは「オドレら正気か? の開催と成功」であり、その後については二義的、付随的なものです。その点に関して、読者や参加者、設営隊員も含め、異議のある方はいらっしゃらないと思います。

師範方と道場を守る。盛り立てる。公論のために。
それが私の門下生としての務めです。果たさせていただきます。

というわけで、きょうが申込最終〆切です↓
https://www.gosen-dojo.com/application/

当選された方は、当日までしっかり体調を整えてお越しくださいませ。
検温、消毒、ソセアルデスタンス、感染対策をきっちり行った上で開催いたします。
皆さま、何卒よろしくお願い申し上げます。
5ヶ月前
userPhoto
KD
×
https://news.livedoor.com/article/detail/18642123/
5ヶ月前
userPhoto
KD
×
>>324
だふねさん
本物の強者ですね。凄い。
5ヶ月前
userPhoto
KD
×
>>324
ちぇぶさんも。
5ヶ月前
×
全体主義との戦い。おお……自分が生きてる間に、リアルにそんな経験ができるとは(笑)。

昔、本屋で明らかな安倍首相に対するあてつけで、「1984年」へ『管理社会への警告! まさに今読むべき』といった左がかった宣伝POPを付けてるのを見たことがありますが、朝日の玉川や共産党など、左も大いに煽ってこうなってるんですが(笑) 

共産党の志位の、「GoToトラベル」をやめて、「GoTo-PCR」に切り替えましょう! の発言、未来永劫残るからな。覚悟しとけ
5ヶ月前
×
夕方のJチャンネルという番組に、愛知県知事が夜の町キャンペーン中に店の人から窮状を強く訴えられていました。
もっと詳しく見たかったのだが、終わってがっかり。
5ヶ月前
×
>>323
そのゴー宣の欄外、覚えています。
(^-^)
ありましたよね。

私は1度、読者ハガキを書いた時、内容を訂正したくて、横線2本でバーーーッと消して、書き直した事がありました。
すごく汚くなったのですが、書いた内容を読んでもらいたいと言う我欲を優先させ、そのまま投函してしまいました。

あと1度、修正ペンで消して、その上に書いたらデコボコになってしまい、読みにくく汚くなった事もありましたが、その時も我欲を優先させ、そのまま投函してしまいました。

今思うと、とても非礼で、恥ずかしいです。

小林先生の、読もうとされている暖かい気持ちを感じられたお話は、とてもよく分かります。
(^-^)
読もうとされているから、わざわざ書かれるのですよね。
そうじゃなきゃ、読まずにスルーでいいんですもん。
お優しい方だと思います。だからこそ、厳しいのですよね。

サトルさんの書かれていた、確認と言うのも、自分にもよくあって、採用されなかったら、ああ違ってたんだなと思います。
^^;
5ヶ月前
×
>>331
そうなんですよ(笑)
この「質問」は「多少、みんなに役立つのか?」なんて考えたり(笑)
皆さんの「質問」で、なるほどなぁ……なんて気づかされることもありますから。

今回は、先週の「そもそも」に頭にきて(笑)クールダウンのため、質問自粛してました。ちょうどよかったかも知れない(笑)


5ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。