• このエントリーをはてなブックマークに追加
「よーしゃなき【論破祭り】VS.男系固執カルト」小林よしのりライジング Vol.445
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「よーしゃなき【論破祭り】VS.男系固執カルト」小林よしのりライジング Vol.445

2022-08-23 19:00
  • 323
062be5005624c14055e9e46c6ce137d0dfe9fb95
第445号 2022.8.23発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…皇統の男系派に対する「論破祭り」が、ものすごい盛り上がりとなっている。男系固執派は数がいるように見えても、誰も自分の頭では考えておらず、同じ紋切り型の言葉を全員で繰り返しているだけなのに対して、女系公認派はそれぞれが自分の頭で考え、それぞれ自分の言葉で論破している。とても頼もしいことだ。そしてもうひとつ、「論破祭り」によって男系派の驚くべき実態が次々と晒されるようになったのも、非常に意義のあることだ。中でも特に重大な問題が「統一教会」との関係で、驚くべきことに、男系派の主な論客はみんな統一教会系の団体で講演をしていたことが明らかにされた。なぜ「自虐史観」を利用する反日団体の統一協会と、いわゆる自称保守派がズブズブの関係になっているのだろうか?
※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…右派男系固執カルト論客たちが、統一協会系の新聞・世界日報で対談や座談会を行ったり、新聞の会員組織「世日クラブ」で講和を行ったりと、“ズブズブベッタリ”の関係であることが明らかになった。世界日報と関わりを持っていた人間たちは、「統一協会と世界日報の関係は昔のこと」「旧統一協会とは別法人で特定団体の機関紙ではない」等と火消しに走っている。そこで今回は世界日報と統一協会の関係を徹底調査!!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」…コロナに続きウクライナ侵略戦争でも、リベラル知識人にガッカリさせられるのは何故?駄菓子とかんしゃく玉を間違えるとかある!?統一協会が国家の中枢にまで入り込んでいたのは、敵の策略が巧妙だったのか、日本の堕落の顛末かどっち?漫画家として初めてのヒットを出した時と二度目のヒットを出した時、どちらが嬉しかった?結果的に統一協会問題を再浮上させた山上徹也は「英雄」ということになる?東京五輪の金銭スキャンダルが次々に暴かれていることをどう見る?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第474回「よーしゃなき【論破祭り】」
2. しゃべらせてクリ!・第401回「ぽっくん涙の土下座! これもそれもあれもどれも赦してクリ~!の巻【後編】」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第268回「世界日報と統一協会の深い関係」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




2d241497e3ecfeb159607acc573fe7f175f9b92a

第474回「よーしゃなき【論破祭り】」

 皇統の男系派に対する「論破祭り」が、ものすごい盛り上がりとなっている。
 8月12日、『男系固執派の「論破祭り」をせよ!』と題してわしが書いたブログがその出発点で、ここにその理念が凝縮されているので、改めて全文掲載しておこう。

8月7日放送の「そこまで言って委員会NP」の議論内容を「論破祭り」せよという指令を総合Pに出した。

笹さんにも言っておいたが、とことん「論破祭り」をやってくれ!

実名を出して論破するんだ。倉田真由美、山口真由なども容赦せずにガンガンやってほしい。

我々は今まで「常識と論理」で戦おうとしてきた。
それで何が変わった?
男系固執派には「常識と論理」がないが、「狂気」がある。
女系公認派には「常識と論理」があるが、「狂気」がない。
そこがダメなんだ!

戦いは常識ある一般国民とではない。
敵は一部の男系固執派なのだ。

メーリスでも論破祭りをせよ!
「愛子天皇サイト」でも論破祭りせよ!
『小林よしのりライジング』でも論破祭りする。
笹幸恵さんはブログで論破祭り、泉美木蘭さんと「淑女我報」で論破祭りせよ!
答えがいくらでも重なってもいい。
人によってどうせ語り口は違うんだ。
大衆に届く簡潔な解答の方がいい。

これを「東海ゴー宣道場」につなげる。
「論破祭り」「論破祭り」「論破祭り」「論破祭り」だ!

 男系派はどんな人間であろうと、どんなデタラメな意見だろうと発言をしているから、全体としては「マイノリティー」にすぎないはずなのに、非常に「ノイジー」な存在となっている。
 それに対して我々は、皇室に関わることなのだから節度をもって行動しようという意識があったものだから、「マジョリティー」であるにもかかわらず、「サイレント」な状態になっていた。
 それでゴー宣道場では高森明勅氏が「サイレント・マジョリティー」から「ボーカル・マジョリティー」になろうと呼びかけ、昨年の衆院選や先月の参院選の選挙期間中には、候補者に対して「愛子天皇をお願いします!」と陳情する運動が、前例のない規模で行われた。
 それは確かに意義があっただろうが、しかしこれもまた非常に節度を保った範囲内の運動であり、しかも今後2年以上は国政選挙も行われない。
 ノイジー・マイノリティーの男系派に打ち勝つには、ここでもうひとつ殻を破る必要があったのである。

 これまで女系公認派は、表立って発言して男系派と戦う人が高森明勅氏とわしくらいしかいない。「多勢に無勢」という思いをしていた。
 だからこそ、「オドレら正気か?」の小規模の「巡業」を増やして、論客として戦える人材を発掘していくしかないとわしは考えていた。
 ところが、「狂気」を解放して男系派を論破せよとブログで呼びかけただけで、これほどの動きが起こるとは思ってもみなかった。
 みんな常識と節度を保って発言を控えていただけで、本当は男系派の暴論・珍論の数々に反論したくてうずうずしていたようだ。
 そしていざ反論を開始してみたら、みんなそれぞれに勉強していたから、たちまち男系派を圧倒し始めてしまったのだ。
 男系固執派は数がいるように見えても、誰も自分の頭では考えておらず、同じ紋切り型の言葉を全員で繰り返しているだけなのに対して、女系公認派はそれぞれが自分の頭で考え、それぞれ自分の言葉で論破している。
 わしは一夜にして幾万の味方を得たような気分だった。

 そしてもうひとつ、「論破祭り」によって男系派の驚くべき実態が次々と晒されるようになったのも、非常に意義のあることだ。
 中でも特に重大な問題が「統一教会」との関係で、驚くべきことに、男系派の主な論客はみんな統一教会系の団体で講演をしていたことが明らかにされた。新田均、櫻井よしこ、八木秀次、中西輝政、大原康男、竹内久美子、小川榮太郎、渡部昇一、そしてもちろん、竹田恒泰もだ。そして、保守系と言われる論壇誌も揃って統一協会の広告塔になっていた。
 それだったら「保守派」がみんな男尊女卑になっていたのは当然だといえる。統一協会の教義が男尊女卑そのものなのだから。
 統一協会の教義では、韓国が「アダム国」、日本が「エバ国」で、エバの日本はひたすらアダム・韓国に仕え、お金を貢がなければならないことになっている。
 そして「合同結婚式」では、日本人の女は韓国人の一番劣等な男に嫁がされて、奴隷のような扱いをされているのだ。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他310件のコメントを表示

>>318
ごめんね、良い奴隷飼える坊主さん。睾丸鞭打なお兄さんを許しておくれ あっ 変換間違えた!

No.330 2ヶ月前

>>329
相方は京唄子ですね。(かろうじて分かる自分。)
名言は「忘れようとしても思い出せない」とか。

>>330
嬉しいよう〜〜〜!
(何だこれは)

4回目になって、失礼しました。

No.331 2ヶ月前


お誕生日にふさわしくない……と思うのですが、
図書館で借りた「遺伝子で解く!万世一系のひみつ」(文藝春秋社 竹内久美子 著述業(京都大学で動物行動学専攻))を眺めて、転記します。

題名の項目はないが、恐らくこの本の、p131からの「読者からの質問」に答える形の、当時週刊文春連載時の文を、「月間文藝春秋」「産経新聞」の記事もまとめた3編が、題名になったかと思われます。

長いです(多少端折りましたが、他の質問より答えが長く、熱が入ってることが、うかがえます)。

宜しければ、11日の東海道場での「参考テキスト」にご利用ください。

では……。

「昨今のお世継ぎ問題で揺れる皇室ですが、なぜY染色体の存在もわからなかった……略」の読者(49歳、女)からの質問に答えて
(ちなみに、この記事は日時不明。このあと「産経新聞」「月刊文藝春秋」と続けてるのだが……)

A.

「男系の男子でつなぐ。それは、男にしか存在しない性染色体、Yをほとんどそのままの状態で代々、男から男へと受け継がせる……そういう極めて重大な意味がるのです……」
(長い染色体の説明あり) 

「……しかしともあれ、男はYを父親から受け継ぐ。それは、父親のものとほぼ同じであることは言える。男系の男子でつなぐとはそういうことなのです。……」

「……昔の人はYの存在も、ましてやそれが父から息子へほとんど変わらず受け継がれることも知らなかった。どうして皇室は、いや皇室に限らず家系は普通、男系の男子でつなぐことになっているのでしょう……」

「……やはり直感ではないのか。父と息子の間には、何か特別な絆があるという」

「……たとえば、「息子よ、男どうしの話をしようじゃないか」、「おまえが早く大人になって、一緒に酒を飲む日が来るのが楽しみだ」などというセリフをよく聞きます。でも、母と娘の間にそういうセリフがあるかと言うと……?」……」

「……日本の皇室が名実ともに世界一長い歴史を持っていることは確かです。しかもそれは、ほとんど同じYでつながっているという奇跡に近い出来事なのです。……」

「……その人類の宝とも言うべき日本の皇室が、これまた世界遺産に登録されてもいいくらいの伝統のYを、今、手放すかどうかの岐路に立っている……」

「私は、愛子さまが皇位に就かれることにはまったく異論がありません。ただ、将来結婚される相手の男性となると、それは旧宮家など、千数百年間受け継がれてきた皇室タイプのYを持った方であるべきではないでしょうか……」

「……愛子さまにも当然、相手選びの自由があると考えます。けれども、何より皇室の一員であられる以上、その勤めとして伝統のYを、旧宮家などの男子を介して次代に伝えていただきたいのです……」

「……過去の女帝たちがすべてそうした中継ぎ役を果たしてきたように。女帝の問題に単なる男女平等論を持ち込むのは間違っています……」

「そう言えば……司馬遼太郎さんの本などを読むと、かの源義経は奥州での何年間かをほとんど種馬状態で過ごしている。いわゆる貴種(清和天皇の男系の子孫)ということで……(略)……すると東北地方には今日義経タイプのYを持った男が……略……今東北地方には義経を介して皇室タイプのYが多数……」

「……西国も同様。やはり桓武天皇の男系の子孫である平氏が盛んに種をばらまいて……略……今も皇室タイプのYを持った男たちが存在する……」

『そこでどうでしょう。全国一斉のY染色体調査を行ってみるというのは?』

『そして将来、愛子さまには全国調査の結果わかった、皇室タイプのYを持った男子の中から、人格に優れ、愛子さまを愛し、むろん愛子さまも愛する男子を選んでいただくのです。』

『旧宮家というような狭い範囲からお選びいただくよりは、よほどよい解決法ではないかと思うのですが』

以上週刊文春の読者からの質問に答えて。
平成18年頃と推定されます。

理由は、2006年1月13日の産経新聞にて、
「女帝論争、もう一考」と題し、「チンパンジー」や「ゴリラ」をだし、さらに2006年4月号の文藝春秋にて「女帝論争、もう一言だけ」と投稿。

これも、転記したいかと。次号ライジング……かな?

No.332 2ヶ月前

>>332
 サトルさん。こんにちは、ウサギです。私もさきほどトッキーさんのブログを読んで、だいたい似たようなことを考えていました。竹内久美子の考え方は、古代中国の陰陽・儒教思想を、現代風にアップデートした感じですね。

*********************

 トッキーさんがブログで紹介されている井田氏の証言、

「反対する議員たちからは、「女性も男性と同じ権利があると国民が知ると、女系天皇が生まれてしまう」「家族が壊れる」「男女は陰陽」などと観念的な話をされることがとても多い。」

 …この中の「男女は陰陽」という言葉、あぁ、統一協会(原理)の人たちは、やはりそうなんだ、と思いました。陰陽はもちろん古代中国から朝鮮半島日本へと伝わった古代的宗教思想ですが、これが血統論に応用されると、とんでもない話になるんですよね。(以下は、西田知己著『血の日本思想史 穢れから生命力の象徴へ』の内容の受け売りです。)

 唐代の人々の考えでは、子供が父から受け取るエッセンスのようなものは、母から受け取るものとは、根本的に違うらしいです。

 父→子:「気」あるいは「精」が継承される。これらは陰陽の「陽」に属する。
 母→子:「血」が継承される。陰陽の「陰」に属する。

 たとえば、ある唐代の史書には、次のような文言があるらしいです。

「父子至親、分形同気(父子は至親なり、形を分けて気を同じうす)」

 ここでいう「至親なり」とは、かんたんにいえば、極めて密接なつながりがある、ということです。父と子は、体こそ別々だが、本質的な「気」は共有している。逆に、母と子は「血」しか共有していないから、本質的な結びつきはない、ということになります。

 ここでは、現代日本人なら「(父と子の)血の結びつき」と言うところを、古代中国人は「(父と子の)気の結びつき」みたいに呼んでいたところが面白いですね。そして、こうした男性重視の哲学・医学思想が、社会組織の次元では、男から男へとのみ相続される「姓」の制度として展開することになります。

 以上のような「陽精陰血」とか「父精母血」とか呼ばれる哲学的・医学的思想は、平安後期には知識としては一部の日本人に知られるようになりますが、現在のような男系血統論が本格的に出現するのは、江戸時代の儒家神道家たちの著作から、ということになるようです。
 
*************************

 というわけで、竹内久美子は。儒教的な男尊女卑思想を現代的に発展させて継承する者、ということになるのでしょう。ちなみに、竹内久美子は動物行動学の専門家と称していますが、科学者でもなんでもないですね。だって、ふつうの科学者なら、このように言うはずだから。
 
 「と、まぁ、こういう考えが古い時代にはあったのですが、現代的見地からすると、何の科学的根拠もない話です。人間の気質であれ体質であれ何であれ、特に優れたエッセンスのようなものが《父から子》だけに受けつがれるなどという説は、迷信のたぐいであると言わざるを得ません。」

 このあたりで、あとは次号のコメント欄ということで。

No.335 2ヶ月前

>>335
ありがとうございます。

私も「血の日本思想史」は買い求めました(まだ未読ではありますが……)。

やはり!

トッキーさんのブログで「陰陽」と出てきた辺りから、「!」と。
安倍晴明あたりの時代から、だいぶ皇室は食い込まれてるなと感じていたので。幕末期に至るまで。

「皇室の歴史」は「防衛戦の歴史」の考えはいや増すばかりです。個人的には「(双系制への回帰による)愛子天皇の実現」こそが、「最大、最強の思想防衛戦」と考えております。

では、次号コメント欄にてお待ちしています。

No.336 2ヶ月前

>>336
 はい。ちなみに、陰陽思想自体は、ほんらいは別に男尊女卑的なものではないんですよね。陰も陽も、宇宙を構成する二つの重要な要素、同じくらい大切なもの、不可欠なもの、そのインターラクションから、この世のあらゆる森羅万象が生起する、ってやつです。
 私、陰陽思想自体は好きなのですが、これを男尊女卑の血統論に応用されたら、やめておくれよ、という感じです。
 いや、では続きは次号で…

No.337 2ヶ月前

>>337
はい。まともな本には陰陽は「漢字に振り回されてる」と書いてありますし、これがわからないと、「易学」「易経」までわからなくなりますから。(私は、易は地図……と理解してます。)

失礼しました、また日をあらためて……。

No.338 2ヶ月前

今回もまた遅れましたが、この号の感想です。

ゴー宣の感想。
連日の猛暑で夏バテになってしまい、論破祭りの始動には出遅れてしまいました。しゃべらせてクリ(次号のですが、)にも書いていますが、倒れるまではいかなくとも論破祭りのことで考えすぎて頭をフル回転させすぎたのが良くなかったです。もう少し頭を柔軟にした方が良いかもしれないです。
とりあえず今はTwitterを中心に活動を始めています。もっと涼しくなったらPCを活用していろんな形で論破祭りなど広げていこうと思います。
山口真由、竹田恒泰の本を読んでしまったのですか。少しはまともな人だとは思っていたのですが…。
倉田真由美、皇室については男系に傾いてしまい残念ですね。男系は伝統じゃないのに。
女は血の穢れって、現代の人の言う言葉じゃないでしょ。

しゃべらせてクリ、改めましてMVPありがとうございます。
「早まるな!」のネタですが、これは、茶魔が絶望して華厳の滝に飛び降りようと思うところを父・亀光が止めようとする、という意味で「早まるな!」と言うシーンに仕立てたのです。

トンデモ見聞録の感想。
男系カルトは世界日報とズブズブに繋がっており、その世界日報は統一協会とズブズブに繋がっている。
ということは、男系カルトは統一協会とズブズブに繋がっておる。もう証明されてしまいましたね。あっという間に。
なんだ、結局男系固執カルト自称保守論壇人は、統一協会とベッタリじゃないですか。「私は(統一協会と)関係ありません」って、嘘をつくんじゃないっ!
また、「(統一協会とズブズブの)世界日報と関係をもって何が悪い」と開き直る人もいますが、統一協会は反日(これは次号に詳しく載っていますが、)であるし、何より信者から巻き上げたお金で講演や出版が叶っていたことの重大性を少しは認識したらどうなのか。
自称保守論壇カルト男系固執派は恥を知れ。です。

いろんな邪魔に負けないように、愛子さまが皇太子が実現できるように一歩ずつやっていきたいです。

次号も感想を書く予定です。

No.339 2ヶ月前

 ゴー宣「よーしゃなき【論破祭り】VS.男系固執カルト」を読みました。
 小林先生からの指令が、笹先生・泉美先生コンビへ、そして総合Pちぇぶさんへ、そして総合Pちぇぶさんから、全国の公論サポーターへ、さらに全国のゴー宣ファンへ☆☆☆彡
 この素晴らしいネットワークを使った連携攻撃は、パンドラのナヴィも羨むレベルのものかと☆♪
 また、小林先生の懐刀とも呼べる存在が、優秀な女性ばかりなことも流石かと唸ります。

 ここで、もう1つ殻を破る必要があったとは、やはり先生には、全てが見えておられるのだと感じました。

 先生が、一夜にして幾万の味方を得たような気分になられたと言われるのは、とても嬉しく感じます。

 論破祭りにより、統一協会と男系固執カルトが結びついたことは、ある意味運命的であり、非常に意義深いと感じます。

 自称保守知識人たちと、安倍を筆頭にした自民党議員たちは、下の下の下の下の人間ですね。
 統一協会が、日本人女性たちに何をやっているか、それを知っても何とも思わないで居られるのは、畜生道に堕ちた餓鬼そのものだと思います。

 ツイッターで、男系固執派どもに「統一協会だな」と書くと、やりとりをやめようとするか、急に短い返信が来てそれっきりになるかで、とても効果的なことに正直驚いています。
 やはり、先生には全てが見えていらっしゃるのだと、再確認出来ました。

 狂気こそが、狂気攻撃に対抗しうる重要な要素であることを胸に、統一協会を初めとする狂った連中と戦っていきたいと思います。
 リアルでも、この言葉は当てはまると感じています。

No.340 2ヶ月前

 トンデモ見聞録「世界日報と統一協会の深い関係」を読みました。
 読みながらドキドキワクワクいたしました。ノンフィクションの、推理サスペンス作品のような感じでした。

 竹田恒泰の言い訳のバカっぽさは、さすがですね。何がイコールだよ。
 世界日報本社襲撃事件と、S氏襲撃事件からも、やはり文鮮明の単細胞でバカっぷりが見える気がします。視野を広く持つとか、先の先まで考えるとか、文には出来ないのでしょうね。だから、曲がりなりにも宗教っぽい教義も作れなかった、とか。

 世界日報の取締役のカス共。日本人女性たちを人身御供に出しても平気で金儲けする、金欲と権力欲の亡者ども。
 画像に映る顔も、中身スカスカの人でなしみたいなのばっかしだけど、その中でも、文鮮明と韓鶴子のツラの酷さは際立っていました。こんなコンビのために全てを捧げるなんて、気が狂ってしまう…。

 世界日報千葉支部=MCJ株式会社=平和文化センターには笑ってしまいました(笑)。
 そこで編集されたであろうDVDに写るマヌケ顔3人衆。このツラで関係ないと言えば言うほど、関係の深さを証明している気がします。

No.341 2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。