• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「皇室の歴史から予見する、雅子妃殿下のご回復」小林よしのりライジング Vol.46
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「皇室の歴史から予見する、雅子妃殿下のご回復」小林よしのりライジング Vol.46

2013-07-16 19:00
  • 62

613fa6073c5f8ed03d0d4810436837a241e3c2b3
第46号 2013.7.16発行


「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった“娯楽の数々”を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、珍妙な商品が盛り沢山(!?)の『おぼっちゃまくん』キャラクターグッズを紹介する「茶魔ちゃま秘宝館」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書によるよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)



【今週のお知らせ】
※雅子妃殿下が発病されてから10年。しかし皇室の長い歴史の中には、なんと36年ものあいだ心の病に侵され、常人らしい行動もとることができなかった状態から全快し、国中に慶祝された「皇太夫人」がいた!!今週の「ゴー宣」は、ますます野蛮化・凶暴化する雅子妃バッシングを徹底的にはね除ける、珠玉の一本です!今、国民が為すべきこととは何なのか?
※遂に、超絶ピュア神・オオナムチが、兄弟神ヤソガミたちの「集団リンチ」の餌食に…!!酷く傷ついたオオナムチを癒した、「赤貝の女神」と「はまぐりの女神」のセクシーな秘技とは!?今週の泉美木蘭「ザ・神様」も止まらない!!
※隠れた名作をご紹介する「よしりん漫画宝庫」。よしりんが「世界で一番スケールの小さな職業」と嘆く漫画家の自伝を、思いっきり「派手」に描いたらどうなるか?ということで描かれた『コミックロード』をご紹介!虚実入り乱れる「カブキ者・よしりん」の原型がここにある!


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第47回「雅子妃殿下の回復を、皇室の歴史から予見できる。」
2. しゃべらせてクリ!・第8回
3. もくれんの「ザ・神様!」・第13回「とことんイジメる“ど腐れ・ヤソガミ”、女に守られる“ピュア・オオナムチ”」
4. よしりん漫画宝庫・第46回「『コミックロード』カブキまくり虚実入り乱れる自伝的作品!」
5. Q&Aコーナー
6. 今週のよしりん・第45回「『世渡り下手』のよしりん」
7. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
8. 読者から寄せられた感想・ご要望など
9. 編集後記


【生放送予定】



 19日(金)19:00からニコニコ生放送

 新宿ロフトプラスワン・トークイベント
 テーマ:『AKBはこれからどうなってしまうのか?』(「ホリエモン・トークライブ」)

 堀江貴文さんとお会いするのは実は初めてです。
 『ゴー宣』の読者からしたら、「よしりんと、あのホリエモンが一緒に出るとか大丈夫!?」と心配になる組み合わせかもしれませんね。
 しかも「AKB48」がきっかけで初対面を果たすとは!
 評論家の宇野常寛さんと一緒にゲスト出演。3人で熱いトークライブを展開します!
 時間帯によって、どなたでもご視聴いただける無料公開も行う予定です。

 お楽しみに!♪




3ace7cc375f0f407b821acfc73039d45850d40e6

第47回「雅子妃殿下の回復を、皇室の歴史から予見できる。」

 雑誌「歴史人」で連載してきた『女性天皇の時代』は、現在発売中の8月号で最終回である。
 8人10代(2人は「重祚」といって、2度皇位についている)の女性天皇のうち、5人目の元正天皇で連載は終わってしまうのだが、残りは書き下ろしで書籍化する。
 タイトルが二転三転して、結局女性天皇の時代に決まって、ベスト新書から8月8日発売予定だ。

 この本では、日本の女帝が決して「例外」的なものではなく、歴史上極めて大きな役割を果たしていること、女帝の存在は立派に日本の伝統に適うこと、そして、今後の日本に女帝が誕生することこそが、明るい未来を拓くということを、可能な限りわかりやすく、楽しく読めるように心がけて書いた。
 さらには「男系固執」の本性が、実は単なる男尊女卑に過ぎず、シナの思想の影響に過ぎず、こんなものにこだわる必要はないということを説いている。


 今週は、その本で書ききれなかった古代史の話をしよう。

 史上3人目(4代目)の女帝・持統天皇は、天武天皇との子である草壁皇子(くさかべのみこ)を何としても皇位に即けたいと思っていた。ところが当時は、天皇に即位するには最低でも40歳程度の年齢と、それに伴う政治的実績が必要であり、その条件が整う前に草壁皇子はわずか28歳で早世してしまった。

 すると持統天皇は草壁皇子の遺児、つまり自分の孫である軽皇子(かるのみこ)を皇位に即けようと執念を燃やす。
 そしてそれまで固く守られてきた天皇即位の条件も破り、わずか15歳の軽皇子を強引に皇位に即けてしまう。それが第42代・文武天皇である。


 もちろん何の実績もない15歳の天皇が政治を司るのは無理で、退位した持統天皇が上皇(太上天皇)となり、実権を握り続けた。
 文武天皇は即位後間もなく3人のキサキを迎えている。もちろん「自由恋愛」などありえようもなく、相手も全て持統上皇の意向によるものだった。

 ところが、文武天皇には「皇后」が不在だった。
 天皇のキサキには格式があって、養老令の規定では最上位が「皇后」で、もちろん一人だけである。
 その次が「」で、これは定員二人。皇后と妃は皇族女性しかなれない。
 その下が「夫人(ぶにん)」、定員三人で、主に中央貴族の娘が選ばれ、さらにその下が「嬪(ひん)」、定員四人で地方豪族の娘が選ばれることが多かった。
 文武天皇のキサキは3人とも皇族ではなかったため、「皇后」だけでなく「妃」も不在で、「夫人」が一人で「嬪」が二人だったという。
 
 その中では最高位となる「夫人(ぶにん)」となったのは、藤原朝臣宮子娘(ふじわらのあそんみやこのいらつめ)。その父は藤原不比等(ふひと)、祖父は藤原鎌足だった。
 持統上皇は、自分の父である天智天皇の片腕として「大化の改新」などに貢献した藤原鎌足の子・不比等を文武天皇の後見役に選び、その娘・宮子を「夫人」とすることで不比等を文武天皇の「義父」にした。
 こうして、自分に万一のことがあった場合に後事を託そうとしたのである。
 一人も皇族女性を迎えなかったのも、皇族女性は、宮子(みやこ)より格上の「皇后」か「妃」になり、その父親の発言力の方が不比等より大きくなってしまうからだった。


 藤原宮子は「かぐや姫」のモデルだという説もあるが、その生涯については不明な部分が多い。
 和歌山県の道成寺に伝わる言い伝えでは、九海士(くあま)の浦(現在の和歌山県御坊市)という小さな漁村の海人夫婦の子だとされている。
 40歳を過ぎても子宝に恵まれなかった夫婦が、八幡宮にひたすら祈願してようやく授かった子で、八幡宮からとって「宮」と名付けられたと伝えられる。だが宮はどういうわけか、大きくなっても髪の毛が全く生えなかったという。

 ある年、九海士の浦は不漁が続いた。この時、海底から不思議な光がさしていたが、その光の正体を確かめにゆく勇気のある者はいなかった。
 そこで宮の母は「娘に髪が生えないのは、前世の報いであろう」と、罪滅ぼしに村の人々を救うべく海に入り、海底で光るものを見つけた。
 それは小さな黄金仏であった。これを持ち帰ると海から光は消え、浦は大漁続きとなった。
 宮の母は黄金仏を大切に祀り、願をかけた。すると宮に美しい黒髪が生えた。やがて身の丈よりも長い美しい黒髪となり、年頃となった宮は「髪長姫」と呼ばれるようになった。

 ある日、一羽の雀が木の枝にかかった宮の長い髪をくわえて飛び去った。雀は奈良まで飛んでいき、都の宮廷の軒端に巣をかけた。
 たまたまこの時、右大臣・藤原不比等が参内し、雀の巣から長さ七尺あまりもある女の美しい黒髪が垂れ下がっているのを見て、この髪の持ち主を宮仕えさせようと考え、持統天皇に進言した。
 持統天皇の勅命によって使者が諸国を尋ね回った結果、九海士の浦の宮がその髪の主とわかり、都へ上った宮は藤原不比等の養女として迎えられて名を宮子姫之命と改め、文武天皇の夫人となった。

 だが宮子姫は故郷のこと、特にこの黒髪を恵んでくれた観音像への思いを忘れられず、それを聞いた文武天皇は、観世音のために寺を建立し、国の鎮めの霊場とせよと命じる。こうして道成寺が造営されたという。

 もちろん、史実とは到底思えない話である。それに、いくら藤原不比等の養子に入ったとしても、地方の海人の娘が天皇の夫人となり、その息子が後に天皇になるということはこの時代には考えられない。
 とはいえ、この伝説の中にもいくばくかの真実が含まれているのではないかとも思える。つまり、このような伝説が生まれてしまうほど、藤原宮子は貴族らしからぬ、庶民的な女性だったのではないだろうかという気がしてくるのである。


 この頃の藤原不比等はまだ朝廷内での地位が低く、政治的基盤が盤石ではなかった。持統上皇の個人的な信任こそ得ていたが、もし上皇が崩御すればたちまち失脚することもありえたのだ。
 この不安定な状態を解消する方法は、持統上皇の存命中に、宮子が文武天皇の子、それも男児を産むこと以外になかった。

 そして文武天皇と藤原宮子の間には5年目にして、男子が誕生した。首皇子(おびとのみこ)、後の聖武天皇である。持統上皇にとっては曾孫となる。
 藤原不比等が自分の孫を天皇にするために、あらゆる努力をすることは間違いない。持統上皇は孫の即位を見届けただけでなく、曾孫の将来の即位までほぼ確実としたわけである。
 だがそこでやるべきことはやり尽くしたと安心してしまったためか、持統上皇は、その翌年に急病となり、そのまま崩御してしまった。おそらく持統上皇は満足して生涯を終えることができたであろう。


 だが、後には2つの不幸が残された。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他52件のコメントを表示
×
選挙、与党の圧勝でしたね・・・
ニコニコ動画の、選挙の生放送、見ましたが、
ネトウヨばかりで、見るに耐えないものでした。

さらには、原発推進派ばかりで、山本太郎氏に、誹謗中傷の嵐。
おなじみの、「日本から出て行け」とか。
ネトウヨ任命による、名誉在日って、どの位になるんでしょうね。

ニコニコ動画の制作サイドは、
「まじめな選挙特番」と、「ネット風」の、間の番組を目指し、
頑張ってたと思うんですが、
コメントする人の大半があれでは、
「やっぱ、ネットじゃ」って、思ってしまいます。

TPP・原発・皇室・・・絶望的な気がします。
75ヶ月前
×
今週のゴー宣を読んで、歴史は繰り返されるという事実に憂鬱になりましたが、宮子が36年の歳月をかけて全快したという真実に希望を感じることができました!
それにしても、宮子が5年間子供ができなかった歴史に対して、現代の雅子様との共通性を見出すよしりん先生の推理力に驚嘆するとともに、ライジングを購読しておいて良かった!!と改めて思いました!
『女性天皇の時代』とても楽しみにしています(^-^)/

また、『よしりん漫画宝庫』ではよしりん先生がモデルとなった作品を取り上げていただき、トッキーさん、どうもありがとうございました!
昔のゴー宣で『コミックロード』の「うけてる・・・僕の嘘が・・・」の1コマが使われていて、なんの漫画だろうと長年気になっていましたが、今回知る事ができすっきりしました(^^;;
漫画家というと、よしりん先生の眠らないように机の上に椅子を置いて立ちながら漫画を描いたというエピソードが印象に残っていて、そのエピソードを見たときは、なんて過酷なんだ!と戦慄したのですが『コミックロード』ではそんなエピソードも明るく(汗)表現されてるのでしょうか?後編も気になってきました(^^;;
75ヶ月前
×
今週も配信お疲れ様でした、雅子妃殿下も直に御快癒されると確信しています。ありがとうございます。
75ヶ月前
×
仕事にかまけて、ライジングの感想を2週間もサボってしまいました。。。
本当にすいま千円。

そもそも論として、昔女性の天皇が即位されていたこともあった。
だから、東宮家に御生まれになったお子さまが男の子でも女の子でも
そのまま継がれれば良いんじゃない、という考えです。
だから男系で無ければならないとか、染色体がどうのという議論は
ナンセンスの極み、としか思えません。

その上で。
雅子妃殿下のご病気についてご快癒をお祈りする立場であるものの、
今のご病状の説明が余りに少ないように感じます。
断片的な情報が五月雨式に聞こえるばかりでそれが、バッシングを
生む素地と余地を生んではいないか。
そう思えてならないのです。

お慕いする故に心配する人の心が悪意あるバッシング扇動者に
つけ込まれている。。。
そんな構図が日本の心棒を融解させているように見えて悲しいです。

小林先生のお母様のお話は、わが事のようにショックでした。
自分の母も60代半ば。
親孝行できているだろうか、と自問自答しています。

東京はここ数日酷暑から解放されていますが、じわじわとダメージが
蓄積していく時季です。
小林先生、みなぼんさん、スタッフの皆様もどうぞお体にご自愛ください!
75ヶ月前
×
今回の選挙、予想はしていましたがロクでもない結果になってしまいましたね。山本太郎が当選したことは「まだまだ日本も捨てたものじゃない」とは思うものの・・・
ネット活用も結局意味がなかったようですし何だったのかなと。朝日に出てましたが、宮城で当選したみんなの党の和田政宗が対立候補で結局落選した岡崎トミ子(民主党)の写真を使って「この人に託せますか?」みたいな動画を作って配信して、そのことを朝日の記者に突っ込まれると「事実を言っただけ。誹謗中傷には当たらない」と開き直ってるとか。そりゃアメリカではよくある話ですけど、日本でそれをやると「なんだかなあ」と思います。
和田は元々NHK仙台のアナウンサーで震災報道にも携わってたみたいですが、こういう人間が「被災地のために」だの絆だの「がんばろう日本」だの言い出すとひいてしまいますが。
75ヶ月前
×
選挙はおおかたの予想通り残念な結果に終わり
あと3年も長すぎるなあと、ため息が出ます
皇統の男系絶対主義や原発推進には未来がないのは明らかなのに
こういう結果になってしまったのを見ると
日本人は未来を諦めて今さえ良ければいい
自分が生きている間だけなんとかなればいい
というような考えに陥っているのではないかと心配になります
雅子妃殿下を追い込んで病気にしてしまうような日本ではダメなはずなのですが
居直ってバッシングに励む輩まで出る始末です
環境が整って雅子妃殿下が回復された時
日本にも希望がみえるのかなと思います
75ヶ月前
×
配信ありがとうございます。

今回のゴー宣を読んで、皇太夫人・宮子のことを知ることができて良かったと思う反面、
雅子妃殿下が全快される日は来るのかと疑問が湧きました。

自分は雅子妃殿下をバッシングしている人達はよしりん先生の指摘よりも外道で非道に見え、
そんな人達が信奉する安倍政権が参議院選挙で圧勝してしまい、雅子妃殿下への誹謗中傷は
今後更に強まるのではないかと不安を抱きました。

でも、天皇皇后両陛下と皇太子殿下が暖かく見守っておられるなら、自分も黙って回復される日が
来るのを祈るのが筋ですよね。

泉美木蘭さんの「ザ・神様!」のヤソガミたちの性根はどうしようもないなあと思う反面、
意中の女性に袖にされて憎きオオナムチが二柱の女神のあられもない治療で息を吹き返したのを
知っては嫉妬と憎悪が渦巻くのも致し方無いとも思う気持ちもちょっとだけ浮かびました。

参議院選挙は予想通りの結果になってしまいましたが、改憲に必要な人数まで至らなかったのが
唯一の救いでしょうか。これからは力をつけるための雌伏の時ですね。
75ヶ月前
×
3回目です、すみません。
よしりん先生が「今週のAKB48」も「カルチャークラブ」もまだ止めないと
お返事をくださったので、謝意を伝えたくて。

でも、先生も還暦ですし、お母様の事もあるし、
作品の構想もいろいろあるでしょうから、
AKBG言論はホント、手を広げすぎないようにしてもいいのでは。
たまには、キャンセルもしてくださいね

参議院議員、天皇の任命制にすると、天皇は「象徴」だけという
今の憲法の枠から逸脱します。左翼は騒ぐでしょうね。
しかし、日本人の真正の歴史感覚を持つのは、もはや天皇陛下しか
いないのではないか、という気がしてなりません。
よしりん先生の「ゴー宣」シリーズで、目覚める人がもっと増えてほしいですが…。

よしりん先生がまったく選挙の話をしないので、不思議に思ってしまってます。
いろんな議員の方と話し合ってるのでしょうか。
カリカリと、女の子の顔を描いているのでしょうね。おつかれさまです。
「大作」と言われて、いやいやと言ってましたが、
「反TPP論」位の厚さなのかなぁ?と想像してます。
何月何日発売か分かりませんが、
まゆゆの復権に向けての、ロケットスタートブースターとなるのを
期待しちゃってます。
長々とすみません。
75ヶ月前
×
>>35
元坂口さん、最優秀賞おめでとうございます。
以前の元坂口さんの例のネタは、嬉しかったので自分のネタと共に画像保存してます(笑)。
何より採用して下さったよしりん先生に感謝です。
私は第3回までしか投稿してませんが、皆さんのネタを見てるとまた挑戦したくなりますね〜。
75ヶ月前
×
75ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。