• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「櫻井よしこ『チェルノブイリ原発事故』に見る変節」小林よしのりライジング Vol.64
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「櫻井よしこ『チェルノブイリ原発事故』に見る変節」小林よしのりライジング Vol.64

2013-12-03 13:25
  • 138
bf85242ea47466a71e4c5df34e6f33cb37a3dea1
第64号 2013.12.3発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった“娯楽の数々”を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、珍妙な商品が盛り沢山(!?)の『おぼっちゃまくん』キャラクターグッズを紹介する「茶魔ちゃま秘宝館」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書によるよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴー宣」…チェルノブイリに「よみがえった町と子育てにいそしむ人々の姿」があるとデマを広め、IAEA基準の20倍の線量までなんの心配もいらないと、被災者の帰還を勧めている櫻井よしこ。『NNNきょうの出来事』のキャスターを務めていた1993年、「チェルノブイリ特集」を組み恐るべき実態を知った櫻井氏は何を言っていたのか?彼女の異様な変節、そしてその背景にある事実とは!?
※「ザ・神様」…夫婦のクライシスをエロスの力で乗り切ったオオクニヌシ。ますます日本の国を造り固めようと考えるが、国土の開拓はとてつもない一大事業。どうしたものかと思い悩むオオクニヌシの前に現われたのは、ちっちゃいおっちゃん!?果たして彼の正体とは??
※「よしりん漫画宝庫」…とにかく難しいこと抜きで遊びまくろうという考えのもと制作された『タコちゃんザ・グレート』。どうしても見え隠れする“ハードな知性”と格闘しながら(!?)、徹底的にやりたい放題のよしりん。お遊びの極め付けは、史上初の「ミュージカルマンガ」の誕生!何のこっチャイナ~!な展開に、もう笑いが止まらない!!


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第66回「櫻井よしこの異様な変節」
2. しゃべらせてクリ!・第25回「貧ぼっちゃまにガツンと言っちゃるぶぁい!の巻〈前編〉」
3. もくれんの「ザ・神様!」・第22回「ちっちゃいおっちゃん、現る! 知恵者・スクナビコナ」
4. よしりん漫画宝庫・第56回「『タコちゃん・ザ・グレート』③ハードな知性とソフトな娯楽性!」
5. Q&Aコーナー
6. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
7. 読者から寄せられた感想・ご要望など
8. 編集後記




b6fd0b5c08bdcbab65ccb308bae6ab9ed15c5d50

第66回「櫻井よしこの異様な変節」

 櫻井よしこは1980年から1996年まで16年近くにわたって日本テレビで、現在の『NEW ZERO』の前身番組である『NNNきょうの出来事』のキャスターを務め、世に知られるようになった。
 70年代までは報道の現場に女性の姿はほとんどなく、テレビでは「ニュースは男性が読まなければ信用されない」とまで言われ、女性アナウンサーの役割は「天気予報」くらいという徹底的な男尊女卑が定着していた。そんな中、櫻井は女性ニュースキャスターの草分け的存在となったのである。
 当初は小林完吾など男性アナウンサーとのコンビだったが、終盤の6年間は櫻井が単独でメインを張った。

 そんな時期の1993年5月、同番組は4回にわたる「チェルノブイリ特集」を組み、フォトジャーナリスト・広河隆一をゲストに迎えてその取材レポートを放映した。
 これはいまYou Tubeで見ることができる。おそらく無許可だろうが、20年前のテレビニュース番組の検証など昔は不可能だったので、正直に言えばありがたい。
 広河隆一はその後も一貫してチェルノブイリの取材と支援を続けている。そして櫻井は…この櫻井と、今の櫻井は本当に同一人物なのか!?

 櫻井は冒頭、こう断言する。
史上最悪のチェルノブイリ原発事故から7年経ちました。公の機関は、住民への被害はなかったなどと発表していますが、事実は全く違います
 広河は恐るべき実態を報告する。事故当初、ソ連は「住民の被害はなかった」と発表した。
 だが実は、初期の被曝を記録した唯一の物証であるカルテが何者かによって持ち去られ、所在がわからないという。
 そしてかろうじて発見されたカルテには、住民が極めて高いレベルの被曝をしていたことが記されていた。
 明らかにこれは当局による「被曝隠し」だった。
 
 さらに事故4年後の1990年、IAEA(国際原子力機関)の調査団が現地入りした。調査委員長は重松逸造という広島の医者で、現地の人々は日本人、しかも広島の医師なら公正な調査をしてもらえるものと期待した。
 だが調査団は汚染の激しい地区には立ち入りもせず、食料は持参してきて現地の食べ物は一切口にせず、早々に引き揚げた。
 そして翌年「住民に被曝被害はなかった」という報告書を発表したのだった。

 重松逸造は、米国が広島・長崎の被爆者の「標本集め」のために設立したABCC(原爆障害委員会)のスタッフを経て、ABCC等を再編した「放射線影響研究所」の理事長となり、同研究所を牛耳ってきた人物である。
 しかもそればかりか、イタイイタイ病の公害認定の際に、原因はカドミウムではないとWHOに見直しを提起したとか、スモン病の際に厚生省の調査班長を務め、キノホルムが原因だとは認めなかったとか、とにかく「ザ・御用学者」とでも言うしかない人物だったのである!

 IAEAが「安全宣言」を出したために、一時は盛り上がりを見せていた国際社会の支援は急速に収束していき、チェルノブイリは忘れられた存在となってしまった。
 そしてその陰で、住民の健康被害はどんどん拡大していった。IAEAの御用学者が、被害を拡大させたのである!

 櫻井は深刻そうな表情を浮かべて
広河さん、こうして見ますとね、国際原子力機関が住民の健康に問題ないと発表したのは一体なんだったんでしょうかね?
もう、この国際原子力機関の信用性そのものが深刻に問われているわけですね
IAEAの責任は極めて重いと言えるわけですね
・・・と、繰り返しコメントしている。


 次にチェルノブイリの北側、ベラルーシ・ミンスクの病院の取材レポートが放送された。どのベッドにも瀕死の子供たちが横たわる悲愴な映像が続き、広河が語る。
私は去年もこの病院を取材し、子供たちを撮影しました。しかしその子たちに一人も会うことはできませんでした。大半は亡くなっていたのです

 甲状腺がんに罹った10代前半の少女の身体にメスが入れられる衝撃的な映像等が流れ、解説のナレーションが入る。
医学の常識では、甲状腺がんは大人の病気です。子供が罹る率は50万人に1人と言われています。しかしチェルノブイリ周辺では、事故後4年を過ぎてから子供の甲状腺がんは爆発的に増え始めました
原発の北のホイニキ地区では352人中27人の子供が要注意と診断されました。このうち甲状腺がんは2割に上ると見られ、平均発病率の7800倍です

 特集の最後は、事故から7年が経ち、被曝した女性たちが次々子供を生むようになっているが、食品の安全管理はきわめて杜撰な上に、遺伝の影響もわからず、生まれた子供たちの将来が案じられるという内容だった。
 これを見て、櫻井は沈痛そうな表情を浮かべてこう言った。
広河さん、あの子供たちがこれから先どうなってしまうのか考えると、本当に心配ですねえ

 そしてさらに、こうも言っている。
小児の甲状腺がんは、これまでは汚染がひどい地域の子供たちに目立っていたわけなんですが、この1年間でなんと、原発からかなり離れたポーランドからさえも発症しているという報告が出てきているんですね

 この櫻井と、今の櫻井は、同じ櫻井よしこなのか!?

 もちろん、絶対に意見を変えてはいけないというわけではない。小泉純一郎が言ったように、「過ちてはすなわち改むるにはばかることなかれ」である。
 しかし、考えを改めたのなら、なぜ改めたのか、過去の発言の何が間違っていたのかをはっきりさせなければいけないのではないか? それなのに櫻井は変節の理由を明らかにしない。というより、変節したことすら黙っている。


 この番組を、単に20年前のチェルノブイリとして見てはいけない。これから数年先の福島かもしれないと思わなければならない。
 そしてさらに20年経ったチェルノブイリ事故被災地住民の健康被害はどうなっているのかをレポートしたのが、先週紹介したNHKのETV特集と、同番組のスタッフが書いた『低線量汚染地域からの報告 チェルノブイリ26年後の健康被害』(NHK出版)である。

 先週は紹介しきれなかったが、ここにはまだまだ深刻な事態が報告されている。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他128件のコメントを表示
×
na85さんへ
羽根のよう 白き想いも 染まりけり
堕ちてしまうとも あなたと共に

daiさんへ 
溶けるなら あなたの胸で 溶けたいと
受け止めてほしい 降りゆく雪を


てへ(*/ω\*)
73ヶ月前
×
>>141 daiさん

>バッシングを受けるかもしれなくて、その時にその手の雑誌に出てたら、印象悪いでは済まないと思いますよ。

現在ならばまだしも、攻撃にさらされている時期に二人の師範方がその雑誌に果たして寄稿しているのかどうか、というのが重要だと思います。

小林師範だって過去には「週刊金曜日」に寄稿していた時期がありましたし、「カバ焼きの日」は「ガロ」に寄稿しました。小林師範の事でしょうから両師範方にも直接伝えていると思いますし、自分の記事を寄稿している雑誌を読んでいると思いますから、二人がバッシングを受けている雑誌に寄稿して干されるという心配はどうしても私には考えられないのです。もちろん、「ジャパニズム」の巻き添えで両師範方が攻撃にさらされるという可能性も完全否定できませんが、「週刊金曜日」に嘗ては数話分、寄稿し、いまでも朝日新聞などの左翼、サヨク系の雑誌や新聞にも取り上げられる小林師範を見ていますと、そこまで追及する人はほんのわずかだと思います。
 もちろん、世間から吊るし上げを食らっている雑誌、または何時、つるし上げられるかわからない雑誌に寄稿する危険性は今後も警戒してほしいですが、笹師範や高森師範に限って、その点に関して、無警戒とはどうしても思えないのですが、これはあまりに私が楽観的で無防備すぎるからなのでしょうか?
73ヶ月前
×
>>146:mayuさんに、さらに返歌

○不夜城の ビルの谷間へ 墜ちた君 漆黒の翼 ネオンに輝く 

○墜ちる君 見上げてた猫 ひと鳴きし 吾の無力知り また歩き出す 

 GLAYの「a boy~ずっと忘れない~」は、よしりん師範が自分のテーマソングだと仰っていました。私も大好きな曲です。この曲の世界観をモチーフにして堕天使なmayuさんを詠み込んでみました。

 口笛を吹きながら~♪ なーご
73ヶ月前
×
手が少し空いたので、特定秘密保護法案をざっと読んでみました。
難解な法律ですが、とりいそぎ以下の問題点があろうかと思いました。

・「特定秘密」の定義が曖昧すぎる
・「指定」の妥当性検証の仕組みがない
・恣意的運用が容易に可能
・情報開示の仕組みがほとんど機能しない(限定的な「提供」になる)
・肝心な部分は「政令」に丸投げ、国会審議が不要・時の政権の意のまま
・「行政機関」に地方自治体が含まれておらず(?)、
 沖縄密約や原発の現状など自治体が強く関連する案件が
 自治体を無視して秘密指定される可能性がある(高い)
・警察権限が強すぎ警察本部長が自治体の長の情報アクセス権限を上回る
・災害情報公開義務などが設定されておらず「特定秘密」に指定される
 可能性がある

小林先生の仰られるとおり、日本は法治国家なのでゲリなどの思いや発言は全く無意味(インチキ)ですね。本日のゴー宣での答え合わせを楽しみにしています。
73ヶ月前
×
カレーさん、元坂口さん、集計ご苦労様です。
師走は忙しいですね。あっというまに締切り間近で時間が無いのでとりあえず投票のみさせて頂きます。

ライジング流行語大賞=「ちょいキモ殿下」・・・受賞した翌年には消えてほしいから
神様グランプリ=ヤガミヒメ・・・一目でいいからお目にかかりたい
73ヶ月前
userPhoto
dai
×
>>146
mayuさん
返歌ありがとうございます。素敵です。短歌やって良かったぁ~!

調子こいて再度の返歌です。

○この胸に 抱きし刹那の 冷たさが 今でも僕の 幸福の記憶
73ヶ月前
×
>>147 magomeさん
よしりん先生が、「ジャパニズム」に高森氏、笹氏が書いていることについて「悲しい気持ちになった」と書いたのは、両氏がイジメを「正義」だと主張している雑誌に加担している、あるいはイジメを容認しているととられないかと思ったからです。

たったそれだけのことがわからないのでしょうか?
73ヶ月前
×
>>152 時浦師範代

>たったそれだけのことがわからないのでしょうか?

わざわざ、ご指摘および御忠告していただきありがとうございます。ブログ記事を数回読み返して、やっと、時浦師範代の言う「たったそれだけのこと」が分かったと思います。

これは高森師範、笹師範だけではなく、ゴー宣道場そのものの問題となりかねない行為であるからこそ、小林師範がわざわざブログに書き込んだのだとようやく解りました。

言論誌における主義主張ではなく、明らかに我が國の人としての、主義主張の皮をかぶった、あるまじき行為である朝鮮人、韓国人、中国人、そして脱原発の主張に対する罵詈雑言を応援するような雑誌に原稿を寄せて協力すること自体、これからではなく、現在においても問題のある悲しき事態です。これは後世への汚点となりかねません。

いかに自分が無関心だったかと現在、改めて反省しています。

自分の >>147 >>126 の書き込みにおける無理解と非礼、この場にてお詫び申し上げます。
73ヶ月前
×
>>15
元坂口様、楽しい企画を発案していただきありがとうございます。

【ザ・神様 キャラクターグランプリ】
「スサノオ」
暴れん坊で、一度は更生するもののおっさんになってもやっぱり暴れん坊なところ。
成長してもやっぱり変わらないところが自分とかぶってしまい人ごととは思えないです。

【ライジング版 流行語大賞】
1.「ザ・神様」より「肴は炙ったクシナダヒメ」
  面白いしゴロがいい!

2.「だっておまえ・・・、感染っちゃうだろ」
 完全に意表をつかれ、爆笑してしまいました!
72ヶ月前
×
生放送見ながら書き込みナウです。一コメに、そんなエピソードあったのかw木蓮さんの一コメ超絶希望します(笑)

配信作業も壮絶ですね。みなぼんさん車の運転気を付けて!!
72ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。