• このエントリーをはてなブックマークに追加
都知事選、原発問題は争点にならないのか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

都知事選、原発問題は争点にならないのか?

2014-01-27 15:00
     

    産経新聞で佐伯啓思氏が「原発問題 争点にならず」
    という文章を書いている。

    この人も産経知識人の一角に収まってしまって、
    安倍政権の広報官に成り下がってしまい、まことに寂しい限りだ。

    親分の西部邁が原発大好きだから、しょうがないのだろう。

    東京都は電力の最大消費地であり、東京電力の大株主でもある。

    東北の民は東京都民の犠牲になっているとも考えられるので、
    原発問題には責任がある。

    都民には当事者意識が必要なのだ。

    原発は国の安全保障の問題だから、地方は関係ないという、
    国と地方の完全分断は間違っている。

    沖縄の基地問題でも、国の安全保障の問題だから、
    沖縄県民は関係ない、名護市民は関係ないとするのは、
    完全に間違っている。

    沖縄がカネの問題ではない、自衛隊でいい、
    自主防衛でいいと言えば、国は無視できないのだ。

    同様に東京都民が国の資本主義の質を変える
    選択をすることだってあり得る。

    相変わらず佐伯氏は、脱原発で東京をもっと暗くし、
    ヨーロッパに倣うなら、生活水準も落とすならと言っているが、

    もはやバカとしか言いようがない。

    現在、日本は原発ゼロであり、
    高度経済成長期も原発ゼロだったのに、
    今さらなんで脱原発が江戸時代に戻るのか?

    保守も産経世間に懐柔され、原発利権に絡め取られたら、
    思考停止の果てに倫理が欠落してしまう。

    原発をなくした方が日本はより質の高い資本主義を
    達成できるというのが、小泉純一郎の主張だろうし、
    それは正論なのである。

     

    RSSブログ情報:http://yoshinori-kobayashi.com/3579/
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    小林よしのりライジング
    更新頻度: 毎週火曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。