• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「日本は主権なき従属国である」小林よしのりライジング Vol.128
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「日本は主権なき従属国である」小林よしのりライジング Vol.128

2015-04-14 22:35
  • 85
c3f0d4ea8027341f15369617681477ec895171d2
第128号 2015.4.14発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、小林よしのりに関するWikipediaページを徹底添削「よしりんウィキ直し!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…一昨日の12日(日)、第47回ゴー宣道場「第2弾『新戦争論1』と戦後70年」が開催された。なぜ現在の日本では民主主義の基本である「議論」が成立しにくくなっているのか?そもそも、日本に民主主義は根付くのか?在日米軍の存在から見える日本の実態とは?左翼・リベラル派が考えるように「国民」と「民主主義」は相反する概念なのか?議論の中から浮かび上がった「希望」を元に思考を続けよ!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!戦前の映画で好きなのはどの作品?パワフルかつエネルギッシュな男になる秘訣は?「東京に原発を!」という意見をどう思う?フィギュアや模型を愛でる趣味はありますか?フィリピンで12000人以上の女性を買春した元校長、その背景には何が?日米修好通商条約の調印に強硬に反対していた孝明天皇や水戸斉昭は「現実が見えていない狂信的な攘夷主義者」なの?…等々、よしりんの回答や如何に!?
※“集合痴”ウィキペディアの記事を徹底的に添削しちゃう大好評「よしりんウィキ直し!」。今回は「国民を説得できるかどうか、に関する間違い」と題する項目をウィキ直し!次々と明らかになる男系固執派の正体。詭弁、スリカエ、印象操作の果てに、極左もビックリの記述が登場!!


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第124回「日本は主権なき従属国である」
2. しゃべらせてクリ!・第88回「どぼちて~!?モテる男はつらかぶぁ~い!の巻〈前編〉」
3. よしりんウィキ直し!延長戦・第11回「『ゴーマニズム宣言スペシャル・天皇論追撃篇(新天皇論)』過去版 ~「国民を説得できるかどうか、に関する間違い」の間違い~」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 読者から寄せられた感想・ご要望など
7. 編集後記




a189324cbbbe3ba3f65ede50441a21c98f580ef7

第124回「日本は主権なき従属国である」

 第47回ゴー宣道場「第2弾『新戦争論1』と戦後70年」は4月12日開催された。
 創設師範・堀辺正史氏が久々に登壇。『新戦争論1』に収録した対談が大好評の堀辺師範がさらに何を語るかという関心も高く、会場は満員となった。

 最初にわしは、現在の日本では民主主義の基本である「議論」が成立しにくくなっていることを指摘した。
 テレビのコメンテーターも、最近では自分の「意見」を言う人は忌避され、池上彰のように、ただ世の中のことをわかりやすく「解説」する人が好まれている。
 いまは人の「意見」なんか聞いたって仕方がないという空気が出来上がっていて、しかもそれは安倍政権誕生以後、特に強まっているのだ。
 安倍政権が長期安定政権になることが見えている以上、集団的自衛権でも、原発再稼働でも、辺野古への基地移転でも、どうせ粛々と進められてしまうんだから、反対意見なんか聞いたって虚しいだけという感覚で、もう「議論」が起こらない。民主主義の根幹である議論が成立しなくなっているのである。
 こういう時に、何か危ないぞと察知して、人の意見を聞いてみよう、そして自分の頭で考えてみようという人が、これだけ道場にやってきてくれるということは非常に貴重である。とにかくこれからは、モノを考えるチャンスを逃がさない方がいい。そうしなければ、どこに連れて行かれるかわかったものではないと、まず警告しておいた。

 民主主義が機能するかどうかは、国民の側の問題である。意見を聞きたくない、議論もしたくないというのでは、国民としての劣化が激しすぎる。そもそも、日本に民主主義は根付くのか?という疑問が湧いてくる。
 これに対して、堀辺師範は日本人全員の感覚が異常になっていると指摘した。
 戦後70年の間、日本の民主主義は全く機能していない。その根本の原因は、今なお日本に在日米軍が存在していることにあると堀辺氏は言う。
 世論調査では在日米軍基地について、特にそれが沖縄に集中していることに対しては、軽減もしくは撤廃すべきという意見がずっと多数を占めている。しかし日本政府は常にその世論に背いてきた。
 それはなぜか。在日米軍とは、占領軍が名前を変えて今なお居続けているものだからである。

 日本はサンフランシスコ講和条約で主権を回復し、独立したことになっているが、これは形式上だけのこと。
 講和条約と同時に安保条約が結ばれ、それと共に「行政協定」(現在の「日米地位協定」)が結ばれたが、その際に自衛隊は米軍の指揮下に置かれるという密約が交わされている。密約は条約と同じで、文書化されていなくても今日まで生きている。
 近代国家における主権の重要な部分は、軍隊によって確保されているものである。それが米軍の指揮下にあるということは、日本人自身が討論をしてものを決めることは原則できないということを表している。
 米国にとって些細なことや、見逃してもいいことは日本人の議論で決めることができるものの、主権の重要な要素である防衛・安全保障については日本人に決定権がない。そういう意味で、日本は未だ主権を失ったままなのだ。

 このことが具体的な事実として現れたのが、2004年、沖縄国際大学への米軍ヘリ墜落事件だった。その時、墜落現場は米軍が封鎖して日本の警察も立ち入れない、治外法権の状態となった。
 これは沖縄に限った話ではない。もし仮に米軍機が国会議事堂に墜落したら国会議事堂が封鎖され、皇居に墜落したら皇居が封鎖されて、そこに日本人は入れなくなる。日本全土が潜在的に米国の支配下にあり、主権はないというのが現状なのである。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他75件のコメントを表示
×
na85さんの通り、ゴー川柳がよかですね(なぜか博多弁)。句会とは気づきませんでした。
日本は米国の植民地ですらなかった…。わかっていても、ついつい他者(この場合は米国)の動向を気にしてしまいますね。「アメリカについていけば100年安泰」の頭の人なら、いつアメリカと日本が合体するか、気をもんでいるところでしょう。

ところで、「アメリカについていけば100年安泰」や「アベノミクスを3回唱えれば景気回復」なんて自称保守がくだらぬことを言っておりますが、あれはつまり、法然の浄土宗の「南無阿弥陀仏を唱えれば浄土へ行ける」を曲解したものではないかという疑問が出てきました。

あの時代は法然や親鸞、道元、日蓮と鎌倉新宗教が起こりましたね。
蒙古の侵略がアメリカのTPPと重なるが、いったいどうすればいいのか力無き者には歯痒くて仕方ありません。
64ヶ月前
×
 平和で豊かな時代、例えば米国に守られながら経済発展のみ目指せばよかった高度成長期なら、親鸞の「善人なおもて往生をとぐ、況や悪人をや」でいいでしょう。不況に入っても未だ平和なら、禅的に一つの道を極めながら政治的に無関心でもいいでしょう。しかし、政治・外交・軍事的な荒波が押し寄せたなら、日蓮の立正安国論が必要となります。しかし今はニセモノの日蓮宗が売国政府の片棒を担ぐ時代ですからね。

 だからゴー宣密教金剛乗が必要 na85

 >>84の材木さんの歌、上手いと思った na85
64ヶ月前
×
>>46

見ましたが少し予想と違うものでした。
GHQ洗脳史観は間違いないのですが、
巧みにアメリカの無法と悪意を隠した
属国ホシュに都合の良い内容になっているという印象です。

また妙に左翼史観が混じっていて、
『天皇の名のもとにはじまった戦争』
と完全な間違いではない巧妙なナレーションで
天皇が勝手に戦争をはじめた、
戦前は天皇に政治権力があり、戦後は無くなったというように
受け取れるナレーションは本当に悪質です。
64ヶ月前
×
>>90
完全左の左翼、特に教育に左翼の思想が入った(かつて「日教組」と一括りにされていた)人を釣っておいて、実は戦後民主主義万歳米国追従天皇なきナショナリズムな右の左翼(いわゆるポチ保守)をも釣っていくという、巧妙なやり口ですね。
どちらの陣営からも叩かれたくないから、双方の顔を立ててお茶を濁そうということでしょう。最後に来るのが「戦争は悲惨だ」「二度と繰り返してはならない」のお定まりの言葉でしょうか。
国民は無力でいろ、というメッセージをNHKさんは間接的に発しているのではないでしょうか?国民にニヒリズムを与え、権利だけ主張する割に当事者意識がない国民を増やしてどうするつもりでしょうか。NHKさんは。
64ヶ月前
×
>>85
>諫議大夫さん
どうも、ご心配をおかけして申し訳ありませんでした^^
そして、どうもありがとうございますw

平日にコメント欄などは、拝見しているのですが、コメントは考えを整理して週末くらいにと思っていおりまして、ただ先週末は、ちょっと土日とも飲んだくれてて、いやいや、忙しくて、中々コメントをさせて頂けないでおりました^^;

そんなんだから、ついつい「しゃべクリ」もギリギリの投稿になってしまいます・・・^^;

みなぼん編集長様、申し訳ありませんm(_ _)m
64ヶ月前
×
お邪魔致します。
「ミス・ユニバース~」のブログを読みました。
簡潔な文章の中に、言外に「アイヌ問題」とも絡めての見識を述べられた一節、
改めて、やはり小林先生は信頼に足る!と思います。

小林先生ほど(人の属性としてある「差別心」は認めた上で)
人を分断に導きかねない「差別」意識、行動を嫌い、
注意喚起を促しておられる方はいないと思います。
64ヶ月前
×
幕末に西洋に植民地化されそうになった日本が
明治維新を経て独立を保ったのは武士階級の活躍に
よるところが大きかった事を考えると、今の
日本が本当に独立国としてやっていくには
日本に暮らす僕達全員が武士道精神を宿すのが
必須だと、道場に参加して今回のゴー宣を読んで
改めて考えが強まりました。
64ヶ月前
×
大竹まことさんのラジオ聞きました。とってもおもしろかったし、わかりやすかったです。よしりん先生がブログで書かれていた、自分には「パトリ(郷土)」への帰属意識がないから保守ではないのでは?という疑問は、私も共感を覚えます。静岡から上京してきて、静岡への愛着はあるものの、帰属意識と言えるまでのものはなく、生活の場としてはすっかり遠のいてしまったという感じです。

それに対してよしりん先生が、自分を中心に考えると違う、みたいなことを言われていて、ああ、そうなんだぁと思いました。感覚として、郷土への帰属意識を常にもっていることは大切だと改めてわかりました。今の私の生活の場所、仕事場、家庭について考えたとき、グローバリズムが野蛮に進むことはこれらを崩壊させることにつながるということが、よしりん先生の話を聞きながらひしひしと感じられました。

大竹まことさんの受け答えにとっても好感を抱きました。よしりん先生の考えや立場を聞いて、大竹さんが、今の日本人がこれだけのことをいうなんて、清々しい!みたいなことを言われていましたよね?私の生活はゴー宣と共にあるので、そこまでではありませんが、フラットに偏見なくよしりん先生の言葉に触れると、そういうのが素直な感想なんだろうなぁ、と思いました。聞いてて気持ちがよかったですし、わかりやすかったし、とってもよかったです。金曜日のデイキャッチも楽しみにしています!

64ヶ月前
×
切通先生のブログを読みました。
民主主義とは、国民主導主義なのだと気付かされました。
今、国家が危うくなっている事。国民でいる権利が危うくなっている事。戦後ずっと、実は日本では国民が育って来なかった事。国民が居なければ、民主主義は成り立たない事などを、身近な人に生き生きと語れるよう、言葉を磨いていきたいと思います。
武士のように言葉を武器にしていきたいです。
64ヶ月前
×
 渡辺麻友の「戦う書店ガール」は私も楽しんでいます。大島優子の「ヤメゴク!」がやや現実感に欠ける設定である分、よけい書店ガールを楽しめている自分がいます。私は優子唯一推しなのに…嗚呼。

 第1回の書店のポップ是非論は大変興味深いです。書店員の付けたポップが例え売り上げに貢献したとしても、作家の伝えようとした主題とは違うものを紹介している場合があるわけですが、逆にポップの紹介文を押し付けがましく感じた客が購読を控える場合も当然あると思います。
 また、炎上ネタを常に探しているようなSNSクレーマーが書店で偶然見かけたポップに反応し、ポップを付けた書店よりも作品や著者に噛みつくことだってあるでしょう(作品を読みもせず)。ネットのレビューによく見られるあれです。
 こんな世相ですから、書店員の思いを押し付ける結果につながるポップは受け入れられにくいでしょう。とくに、意見は要らないけど解説だけは欲しいというのがトレンドですから、内容の簡潔な解説よりも書店員個人の思い入れを含んだ紹介文のポップ(どちらかと言えば意見に傾く)は歓迎されないかもしれません。
 こうなってくると書店のポップライターは、無難な解説に留まるモノだけ書く人になるか、意見を書いても圧倒的に支持されるタレント性を身に帯びるかしかないでしょう。つまり、極端に簡略化して言えば、池上彰になるか小林よしのりになるかです。天然系お嬢様キャラの渡辺麻友は、物語の中でも徐々にタレント性を帯びていくのだろうと推測しますが…。
 意見の押しつけを嫌いつつ解説だけを欲するという現代のトレンドは、聞く耳を持たず議論も噛みあわないという大衆の習性と合致しています。上から目線の押しつけを感じたら不愉快になるわけです。

 まゆゆドラマから民主主義の陥穽につなげてみた na85
64ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。