• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ロンダ旋風、中邑&ASUKAダブル優勝!! ロイヤルランブル1万字総括■斎藤文彦INTERVIEWS
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ロンダ旋風、中邑&ASUKAダブル優勝!! ロイヤルランブル1万字総括■斎藤文彦INTERVIEWS

2018-02-19 22:57

    b4c4a4e991da7666f97fd31a0cbdc9b8ca0c398b
    80年代からコラムやインタビューなどを通して、アメリカのプロレスの風景を伝えてきてくれたフミ・サイトーことコラムニスト斎藤文彦氏の連載「斎藤文彦INTERVIEWS」。マット界が誇るスーパースターや名勝負、事件の背景を探ることで、プロレスの見方を深めていきます! 今回のテーマはロンダ旋風、中邑&ASUKA同時優勝!! ロイヤルランブル1万字総括」です



    Dropkick「斎藤文彦INTERVIEWS」バックナンバー

    ■馬場、猪木から中邑真輔まで!「WWEと日本人プロレスラー」

    ■WWEの最高傑作ジ・アンダーテイカー、リングを去る

    ■『1984年のUWF』はサイテーの本!
    ■伝説のプロレス番組『ギブUPまで待てない!!』 

    ■「現場監督」長州力と取材拒否

    ■ジェイク“ザ・スネーク”ロバーツ…ヘビに人生を飲み込まれなかった男


    ■追悼ジミー・スヌーカ……スーパーフライの栄光と殺人疑惑

    ■ドナルド・トランプを“怪物”にしたのはビンス・マクマホンなのか




    ――今月のお題は、中邑真輔とASUKAのダブル優勝で湧いたWWEロイヤルランブルです!

    フミ  男子版のロイヤルランブルでは中邑真輔が日本人プロレスラーとして初優勝を飾り、今回初めて開催された女子版ロイヤルランブルでもASUKAが優勝したことで、日本でも快挙として報道されています。たしかにこの優勝は凄いことなんですが、その報道の中には誤解も多くて。たとえば「日本人レスラーが凄い!」だけでは、いまのWWEや優勝した2人の存在がどういうものなのかは見えてこないんですね。

    ――
    たしかに「日本人プロレスラーが快挙!」はあくまで日本側からの視点ではありますね。

    フミ 
    WWEは日本のマーケットを考えて彼らを起用してるわけではないです。今回の優勝で「日本のプロレスが世界に評価された!」という捉え方もされていますが、もともと日本のプロレスは世界中から認められているんですよ。「プロレスが盛んな国がどこか?」と尋ねられれば、まずアメリカで、その次に日本とメキシコ。ヨーロッパは伝統的なプロレスが絶滅したあとに、 WWEに近いプロレスが定着しつつあって。

    ――
    東京はあらゆるプロレスのスタイルが楽しめる、異常なプロレスシティですよね。

    フミ
     同時優勝とはいえ、なぜ「認められた」と報道されてしまうのか。今回の出来事からは、ここ30年間近くの日本とアメリカのプロレスの関係性が浮き上がってるんですね。まずロイヤルランブルで勝つことはどういうことかを説明からすると、今年で31回目を迎えるWWEのロイヤルランブルはフィラデルフィアで開催されました。WWEには年間14〜16回のPPVイベントがあるんですが、その中でも4大PPVと呼ばれているのが、4月のレッスルマニア、夏のサマースラム、秋のサバイバーシリーズ、そして毎年1月のロイヤルランブルなんです。

    ――
    重要な位置づけにあるんですね。

    フミ
     このロイヤルランブルはWWE年間最大のイベントであるレッスルマニアのプロローグということで、「ロード・トゥ・レッスルマニア」として注目されてるんです。

    ――いまでこそ優勝者はレッスルマニアでのタイトル挑戦権をゲットできますが、初期ロイヤルランブルは違いましたよね?

    フミ
     ロイヤルランブルが始まったのは、NWAプロケットプロいわゆるWCWとの敵対関係がきっかけなんです。1987年11月26日に4大PPVのひとつであるサバイバーシリーズが始まったんですが、それはWCWのPPV特番スターゲートに同日同時刻にぶつけるためだった。

    ――
    PPV興行戦争がきっかけだったんですね。

    フミ
     それと同じようにロイヤルランブルもWCW潰しのイベントだったんです。1988年1月24日、ニューヨーク州ナッソーコロシアムで行われたWCWのビッグマッチは、バンクハウス・ブロールというストリートファイト形式バトルロイヤルが目玉だったんです。

    ――
    ニューヨークというWWEのお膝元に殴り込んできた。

    フミ
     仕掛けられたWWEは「向こうがバンクハウスなら、こっちは30人出場の時間差バトルロイヤルだ!」ということで、まったく新しいバトルロイヤルを企画したんです。2分ごとに選手がリングに現れるから、そこには順番の妙が生まれます。1番目に出てくる選手と30番目の選手では有利不利が明らかだから、通常のバトルロイヤルと違って展開が読めない面白さがある。

    ――
    「誰が出てくるのかわからない」ということでサプライズも起こしやすいですよね。

    フミ
     選手の入場テーマが鳴った瞬間に誰が出てくるかがわかるという楽しみもあります。途中からレジェンドや大物が出てきたり。1993年のロイヤルランブルには、日本人男子レスラーとして天龍源一郎さんが初めて登場しました。

    ――
    新日本プロレスのイッテンヨンドームのダークマッチでは、ニュージャパンランボーというロイヤルランブル式のバトルロイヤルが定番になってますね。

    フミ
     ニュージャパンランボーにはこれまでキング・ハクやカブキさん、藤原喜明さん、スコット・ノートン、そして今年は垣原賢人さんがUWFのテーマ曲に乗って登場しましたね。サプライズ性が強くて、試合の見せ場を作りやすいですから、レジェンドを活かしやすいですし、イベントの掴みとしては最高なんですよ。

    ――
    興行戦争がとんでもない発明を生んだんですねぇ。

    フミ
     天龍さんが出場した93年のロイヤルランブルから優勝者にレッスルマニア出場権が与えられることになったんですが、その権利を初めて手に入れたのはヨコヅナ。4月のレッスルマニアまでその優勝者が中心に連続ドラマは進んでいくことになるので、一夜にしてWWEのキーパーソンとなる仕組みができあがったんです。

    ――
    イベントのステータスが上がったわけですね。

    フミ
     ロイヤルランブルで2回以上優勝したのはストーンコルド、ランディ・オートン、バティースタ、ショーン・マイケルズ、トリプルHと超一流揃いなんですよ。ちなみにビンス・マクマホンも優勝しています。

    ――
    さすがです!(笑)。

    フミ
     ここで重要なのは、ロイヤルランブルで優勝した人間は、だいたいレッスルマニアでチャンピオンになっているということです。

    ――
    おお! 

    フミ
     中邑真輔はスマックダウンに昇格した早い時期にジョン・シーナというトップの位置にいるスーパースターから、キンシャサでワンツスリーを取ってるんですよ。乱入やレフェリー失神といったエクスキューズ、トラブルなしでです。ランディ・オートンからもワンツスリーを取っている。中邑真輔はWWEの世界でも番付はもの凄く上なんだということを世界中のプロレスファンに知らしめていたんですね。

    ――
    そして今回の優勝でさらに箔が付いたと。

    フミ
     中邑真輔の存在感は凄いことになってるんです。いまアメリカではどの街に行っても、中邑真輔の入場シーンでは、そのテーマ曲をプロレスファンが口ずさんでいますし、大型のアメリカ人レスラーと向かい合っても見劣りしない長身にエキセントリックな動きがウケてるんでしょうね。中邑真輔のプロレスって新日本時代からなんですが、ドロップキックと見せかけてライダーキックを放ったり、プロレスの基本技にちょっとしたアクセントを付け加えている。

    ――
    あたりまえの技ができるのに、あたりまえにやらない。

    フミ
     キンシャサも走り込んで相手にヒザをぶつけてるだけの技なんですが、コーナーでアピーするモーションにしても、ひとつのビジュアルとして完成されているんです。これから中邑真輔の影響を受けて、彼のマネをするレスラーが世界中にたくさん出てくるんじゃないかと思いますね。

    ――
    ASUKAはどんな評価なんですか?

    フミ
     ASUKAのプロモーションビデオの内容はこんな感じなんですよ。「240戦無敗」「アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア……4つの大陸で負けなし」「サバイバーシリーズとロイヤルランブルで一人残りになったのは、ロックとリック・フレアーら数人しかない。そのうちのひとりがASUKAだ!」とか。

    ――
    圧倒的な強さが売りになってるんですかね。

    フミ
     言語を越えたところでのインパクトがASUKAのプロレスにはありますね。英語を喋らず「そやそや!」「ロイヤルランブルやで!」とか関西弁で捲し立てる。ASUKAが何を言ってるかわからなくても観客は沸くんです。言葉がわからなくても試合を見ればASUKAのことがよくわかるというか、そこはある意味、音楽的なんですね。歌詞の意味がわからなくても音楽は国境を超えるじゃないですか。

    ――
    メロディやリズムにハマりますよね。

    フミ
     ASUKAの試合スタイルも強さが全面に出ていてわかりやすいんだと思います。蹴る殴る、たまにヒップアタックやミサイルキックを使う。小さい子供にも伝わるプロレスというか。それからあの能面もグッズとしてみんなが買いますよね。ジョン・シーナの野球帽と同じです。

    ――
    ロイヤリティが凄そう!(笑)。

    フミ
     WWEは株式を公開している会社なので、選手の年俸なんかはキッチリと公表しているんです。ブロック・レスナーは12億円、AJスタイルズは2億5千万円とか……。

    ――
    はあ……。

    フミ
     中邑真輔やASUKAはこれから相当稼ぎそうですね。中邑真輔はもうすでに黒バージョンと赤バージョンのアクションフィギュアが2体発売されてますし、ダウンロードゲームにもWWE所属のレスラーが全員出られない中、中邑真輔やASUKAは登場してるんです。アメリカの子供たちはゲームの中で中邑真輔vsロックを実現させたりしてるんです。



    この続きと、RIZINと競技、ロイヤルランブル総括、安田忠夫・新日編、田上明、K-1崩壊などの記事がまとめて読める「13万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
     
    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!
     


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。