• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

米国務長官「北朝鮮と前提条件なしに対話の用意」と発言。これは、「対話意味なし」とするトランプ発言と矛盾。トランプは怒り、「対北朝鮮政策に何ら変化ない」との声明を発出させる。国務長官2月解任説、ホワイトハウス内にながれる。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

米国務長官「北朝鮮と前提条件なしに対話の用意」と発言。これは、「対話意味なし」とするトランプ発言と矛盾。トランプは怒り、「対北朝鮮政策に何ら変化ない」との声明を発出させる。国務長官2月解任説、ホワイトハウス内にながれる。

2017-12-16 09:53
  • 12

A-1事実関係1 「米国務長官 北朝鮮と前提条件なしに対話の用意」(毎日<12月12日)

 ティラーソン米国務長官は12日、北朝鮮が望めば「米国はいつでも前提条件なしに対話を始める用意がある」と改めて述べた。ただ、対話開始には「静かな期間が必要」と強調、対話期間中も含め北朝鮮が一定期間、核・ミサイル実験を停止することが必要との考えを示した。ワシントン市内での講演で語った。 

 ティラーソン氏は、この日も「核計画の放棄を事前に示さなければ対話の席につかないという考えは現実的ではない。北朝鮮は(計画に)多額の資金をつぎ込んでいる」と述べ、柔軟に対応する姿勢を示した。さらに、北朝鮮が対話に応じれば、問題解決のための「ロードマップ(行程表)を示すことができる」と語った。

 ただティラーソン氏は、経済制裁などにより北朝鮮に圧力をかけ続ける方針も示した。ペルーやスペインなど22カ国

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他2件のコメントを表示
userPhoto
p_f
×
> サンダース大統領報道官は「大統領の北朝鮮に対する見方には変化がない。北朝鮮は日本、中国、韓国だけでなく世界の安全に脅威を与えている」との声明を発表した。

世界の安全に脅威を与えているのは米国だ。村田光平氏曰くの天の摂理によって、それも いずれ公然と語られる日が来るのだろうが、それまで日本が無傷でいられる保証は何処にもなさそうだ。案山子以下の穀潰し政治屋が消える前に一般国民が地獄を見ることも十分あり得るだろう。河野という外相、「ご主人様」に千切れんばかりに尻尾を振って、あわよくば自分も首相にとヨダレ垂らしているのでないか。
1ヶ月前
×
北朝鮮の吐き出す言葉は粗野そのものだが、1941年に米の経済封鎖に怒って日本軍部がパールハーバーを先制攻撃するようなことは無いというのが証明されつつあると私は観察しています。

米日韓が日本海で激しく実践並みの訓練を行っているが、ロシアと中国に対する威嚇だと私は観測している。中国もロシアも自分らに対する威嚇だと認識しているに違いない。ロシアと中国は米国の権力のダブルスタンダード(二枚舌)には慣れっこで、北朝鮮へ先制攻撃かけたら、ワシントンを吹き飛ばす的な発信を米国にしているに違いない。「北朝鮮はイラクとは違う」ということをロシアと中国は米国に臭わしているに違いない。それぐらい言わないと複雑怪奇な米国権力機構には効き目が無いのだ。私ならそうするから、ロシアや中国はそうしているに違いない。テイラーソンの態度はそういう緊迫を反映している。「テイラーソン頑張れ」というのが私の感情である。

それにしても、日本の外交はどうなっているの?北朝鮮を脅威と見るなら、経済制裁を手加減すべきだ。だって、1941年の日本の先制攻撃が米国の経済制裁に抗議した正当なものであると外務省は考えている筈だから、矛盾も甚だしいではないか。もっとも、北朝鮮は日本を国家と見ていないから、どうでもいいことだろうけど。

1ヶ月前
×
>>2
あなたは北との戦争を好むからそうあって欲しいと思うでしょうが、米日韓の北朝鮮総攻撃は絶対あり得ないですよ。何故なら、ワシントンが吹き飛ぶからです。更なる言葉は私のブログを見て下さい。
1ヶ月前
×
アフガン、イラク、リビア、シリアなどの場合は、無謀な侵攻をしても米本土への反撃はできなかった。だが北朝鮮はICBMも核兵器も持っている。米国が冷静さを失って攻撃をすれば、米国の建国以来初めての本土攻撃を味わい、米国民も核戦争の恐ろしさを初めて知るはずだ。だがその時点で、数え切れない程の米国民の命も失われてしまう。
ティラーソン国務長官はその恐ろしい事実に気づいたが、トランプたちは気づいていないだけだ。
「しまった」と思った時には、トランプの肉体は溶けてなくなっているかもしれない。南無阿弥陀仏
1ヶ月前
×
北朝鮮と米国が戦争したら、米国が大打撃を受けるという、何か、日本が無謀な戦争を米国に仕掛け、真珠湾攻撃したことを思い出してしまう。米国に打撃を与えられるという見方は、同じような論理展開、時代が変わると繰り返す同じ論理展開です。

米国の一部地方が戦争で打撃を受けても、北朝鮮は戦争を勝利に導きだせない。最悪の場合、米国は、日本、韓国を見放すでしょう。強者の論理は、身を切ることをいとわない。中国、ロシアは最大限北朝鮮をバックアップするが、金正恩体制を守るために、参戦することはない、参戦すれば、ドイツ、英国、フランス、日本なども参戦することになり、世界大戦争になりかねない。世界核戦争になりかねず、ありえないことでしょう。

大国同士の戦争はなくとも、大きな力の差がある大国と小国の戦争はあり得るという見方が必要ではないか。
1ヶ月前
×
>>8
どうもお分かりになっていない。「米国と日本と韓国(指揮権は米国にあって日本海で激しい軍事訓練をしている)の軍事訓練の延長線上で北朝鮮に先制攻撃を加えれば、ロシアと中国は黙ってはいないぞ」と言う強いメッセージが米国に伝わっているので、トランプやその他のスタッフがいろいろ喋ってはいるが、米日韓から先制攻撃するなんて愚はしないだろうと言う確たる見通しを言っているわけで、又、「米日韓合同軍対北朝鮮」の戦争はあり得ないという文脈なんですが、お分かりになりますかな。若き希望様。
1ヶ月前
×
>>9
私は戦争というものの怖さを言っているのです。繰り返しますが、中国、ロシアにも従わない極悪非道な金正恩が問題であり、米国と戦争をしてまで、守る価値があるかどうか、少し頭を冷やしてお考えになったらどうですか。日本と同じ間違いはやめるべきだと北朝鮮に言うべきなのです。あなたが錯乱しているのです。
1ヶ月前
×
>>10
おや、ま、錯乱とは!金正恩体制が、仄聞、つまり仄聞する限りでは、私も問題であると観ていますよ。しかし、考えてみましょう。彼らが持ったのは「抑止力」なんです。しかけてきたら、やり返しますよ、ということなんです。そのようなハリネズミ国家をどうしてほっとけないんだろうな。中国は時間を掛けて、百年、二百年掛けてもいいじゃないかと言った具合に取り組もうじゃないかと考えているのです。ロシアも同様でしょう。ここは中国やロシアに任せましょうや。急いだらいけません。大けがしますよ。お分かりになりますかな。
4週間前
×
>>11
議論をしても始まりません。平行線でしょう。お分かりになりませんね。無意味でしょう。
4週間前
×
>>12
そんな冷たいことを言わないで反論して下さいよ。例えば、「北はハリネズミじゃない。何となれば、、、、、という証拠がある」とか、それが、この手のブログでの論争の作法ですよ。
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。