• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 4件
  • アクセスジャーナルNO.49(2019年3月25日)大物国会議員の名前も出た仮想通貨

    2019-03-25 07:00  
    102pt
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            アクセスジャーナル <メルマガ版>
        政・官・財、マスコミ、闇社会と、あらゆる巨悪を追及!
                    2019年3月25日号:VOL.49
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    _/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
     1.SESCから勧告受けた「FIP投資顧問」オーナーは、
       あのKAZMAX
     2.<芸能ミニ情報>第80回
       あの「富士産業」社長のお相手は“有名”歌手
     3.「グッド!モーニング」(テレ朝)でトラブルを指摘された、
        大物国会議員の名前も出た仮想通貨
     4.今週の相場展望(3月18日~3月22日)&MY注目銘柄
     5.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(718)
       「『ラジオNIKKEI』は“はめ込み”の道具!?」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★1.SESCから勧告受けた「FIP投資顧問」オーナーは、
       あのKAZMAX
    ----------------------------------------------------------------------
     証券取引等監視委員会(SESC)は3月12日、「FIP投資顧問」(東京
    都中央区日本橋箱崎町)に問題が認められるとして行政処分を行うよう内閣総
    理大臣及び金融庁長官に対し勧告した。
     SESCのIRを見ると、その理由は2つあり、一つ目はFIP投資顧問は
    ネット上で「株プロフェット」という株式投資家向けのHPを開設、急騰銘柄
    を教えるとして無料会員登録させ、その実、投資顧問契約の勧誘を行っている
    が、その勧誘に導くためにあかたも買い推奨銘柄が当たったと誤解を生じさせ
    る表示をしていたというもの。
     もう1つは前代表が少なくとも3400万円を私的な遊行費などに使ってい
    たが、その事実を隠蔽した虚偽の決算書を作り、その事業報告書を関東財務局
    長に提出していたため。
     このように、FIP投資顧問は悪質HPで顧客を獲得しようとしていた上、
    経理が杜撰で投資家保護にも支障が出かねない問題会社であるわけだが、実は
    この会社オーナーはあのKAZMAXだったのだ。
     そう、本紙が「詐欺的投資塾入会を勧誘」しているとして、推奨する「ウル
    フ村田」と共に槍玉に上げたこともある、元々は現「オウケイウェイブ」(38
    08。セントレックス。東京都渋谷区)の松田元社長のこれまた問題セミナーに
    参加し、松田氏を師と仰いでいた人物。
     カネのトラブルで袂を分かち、現在は独自に活動しているようだが、相変わ
    らずデタラメなことをやっていたわけだ。
     

    記事を読む»

  • アクセスジャーナルNO.48(2019年3月18日)業務停止「WILL」の背後で黒幕が大儲けか

    2019-03-18 07:00  
    102pt
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            アクセスジャーナル <メルマガ版>
        政・官・財、マスコミ、闇社会と、あらゆる巨悪を追及!
                    2019年3月18日号:VOL.48
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    _/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
     1.命令無視し営業!?
       ーー業務停止15カ月の「WILL」。背後で黒幕が大儲けか
     2.「テキシアジャパンホールディングス」詐欺事件
       ーー債権交換の仮想通貨「WFC」提携団体理事長に詐欺疑惑
     3.今週の相場展望(3月11日~3月15日)&MY注目銘柄
     4.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(716)
       「ウルフ村田」が「RVH」と和解になった件で恐喝未遂被害!?
     5.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(717)
        新興仕手筋かーー問題上場企業4社の大株主に
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★1.命令無視し営業!?
       ーー業務停止15カ月の「WILL」。背後で黒幕が大儲けか
    ----------------------------------------------------------------------
     本紙でも報じたように、昨年末、特定商取引法違反(不実の告知など)で15
    カ月という、過去最長の業務停止命令を消費者庁から受けたマルチ商法(連鎖
    販売取引)の「WILL」(東京都渋谷区。大倉満会長)ーーところが、その
    命令を無視して営業をやっているとの情報が本紙に寄せられた。
    「逆に停止命令前よりパワーアップして、月に27箇所も温泉地やセミナー会場
    でやり、お年寄りから大金を集めています。
     この会社の幹部の大半はあのジャパンライフ出身。金集めの営業部隊にもジ
    ャパンライフの者が多くいます。そのジャパンライフ時代に騙して大金を出さ
    せた者数千人のリストを持っていて、ジャパンライフで被害に会った後、駅の
    掃除や立ち食いソバ屋などで働いて新たにコツコツ貯めたなけなしの100万
    円などを、また新しくWILL社員として勧誘に来た元ジャパンライフ営業マ
    ンに渡してしまった事例が多くあります」(情報提供者)
     

    記事を読む»

  • アクセスジャーナルNO.47(2019年3月11日)再生ファンド「MTM」に疑義あり

    2019-03-11 07:00  
    102pt
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            アクセスジャーナル <メルマガ版>
        政・官・財、マスコミ、闇社会と、あらゆる巨悪を追及!
                    2019年3月11日号:VOL.47
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    _/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
     1.「東レ」、元部長架空売上げ不正の闇ーー反社会勢力も関与で
     2.<芸能ミニ情報>第79回 大山倍達氏孫らの疑惑(3)
     3.「レオパレス」施工不良問題で、泣きっ面に蜂の「アルデプロ」
        並びに秋元オーナー
     4.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(715)
        再生ファンド「MTM」に疑義あり
     5.今週の相場展望(3月4

    記事を読む»

  • アクセスジャーナルNO.46(2019年3月4日)ついに浮上したHIS澤田会長の50億円詐欺被害

    2019-03-04 07:00  
    102pt
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            アクセスジャーナル <メルマガ版>
        政・官・財、マスコミ、闇社会と、あらゆる巨悪を追及!
                    2019年3月4日号:VOL.46
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    _/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
     1.「浜風の家」巡り
       ーー官製談合容疑で告訴した藤本義一氏遺族を、恫喝していた兵庫県
     2.「自社株43億円」担保差入れ
       ーーついに浮上した「HIS」澤田会長の50億円詐欺被害
     3.開催に必須のサブトラックが間に合わない!?
       ーー桜井翔の父「電通」取締役就任で、マスコミ封じか
     4.今週の相場展望(2月25日~3月1日)&MY注目銘柄
     5.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(714)
        強制調査の「東郷証券」オーナーは、巨人ドラフト1位元投手
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★1.「浜風の家」巡り
       ーー官製談合容疑で告訴した藤本義一氏遺族を、恫喝していた兵庫県
    ----------------------------------------------------------------------
     2月15日、直木賞作家の藤本義一氏(故人)の遺族らは神戸司法記者クラブ
    で記者会見し、昨年1月に閉館した「浜風の家」(兵庫県芦屋市)を巡り、兵
    庫県に借りていた土地の契約や入札に問題があったとして、同日、県と同地を
    落札した社会福祉法人につき、詐欺罪、公務員職権濫用罪、入札妨害罪、強要
    未遂罪などで神戸地検に告訴・告発すると共に、県を相手取り4700万円の
    損害賠償請求訴訟を神戸地裁に起こしたことなどを明らかにした。
     もっとも、この件は大手マスコミのごく一部しか報じていないから、ほとん
    どの読者は知らないことだろう。
    「浜風の家」は、95年1月に発生した阪神・淡路大震災の遺児・孤児の心のケ
    ア・ハウスとして、藤本氏が理事長に就任し、震災からちょうど5年目にオー
    プンした(藤本氏は12年10月に死去。妻が理事長に)。
     この間、のべ約20万人が利用。地域の一般の子ども同士、子どもと大人(特
    に高齢者)の交流も進み、記念館、一般の児童館として存続を望む声が高かっ
    た。
     ところが兵庫県は借地契約の更新を拒否。
     それでも入札(「浜風の家」建物ごと)するというので、浜風の家側はそれ
    に希望を繋いだものの、昨年3月、社会福祉法人「明倫福祉会」(神戸市)に
    落札が決まった。すにで浜風の家は取り壊されている。
     しかし遺族側が調べてみると、明倫福祉会はすぐ横の土地を兵庫県に随意契
    約で譲ってもらい、しかもその際、浜風の家が退出したら県が直ちに連絡し、
    同地を売却するとの「覚書」をしていたことが発覚。また、藤本氏の法的無知
    につけ込み、本来は借地借家法の適用で28年5月まで借りれたのに騙して契約
    を短くしていた事実も発覚したという。
     また、県は入札の形を取ったものの、それはアリバイ的なもので、最初から
    明倫福祉会の落札ありきと思わないわけにはいかない問題があったことも判明
    し、今回の訴えに至ったという。
     それにしても、訴えのなかに強要未遂罪もあるがこれはどういうことからな
    のか。
     実はこの件は大手マスコミでは一切報じられていないが、県がもっとも公表
    されることを嫌がっているとの見方もある。
     なぜなら、藤本氏遺族は今回の訴えに先立ち、昨年8月、官製談合防止法違
    反容疑で県職員らを訴えていたのだが、これに対し県側が遺族側に送りつけた
    文書内容が脅しをかけ、告訴取り下げを迫るとんでもないものだったからだ。
     

    記事を読む»