• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 4件
  • アクセスジャーナルNO.80(2019年10月28日)「五洋インテックス」仕手が狙う新たな銘柄

    2019-10-28 07:00  
    102pt
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            アクセスジャーナル <メルマガ版>
        政・官・財、マスコミ、闇社会と、あらゆる巨悪を追及!
                    2019年10月28日号:VOL.80
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    _/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
     1.今週の相場展望(10月21日~10月25日)&MY注目銘柄
     2.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(747)
        「五洋インテックス」仕手が狙う新たな銘柄
     3.「ストリーム」相場操縦・佐戸被告の4回目公判報告
     4.悪徳商法「LED高速通信」にもあの問題弁護士
       ――“同居”事務所は移転
     5.揉み消し!? 
       千葉県名門ゴルフ場での「産経新聞」幹部による傷害事件
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★1.今週の相場展望(10月21日~10月25日)&MY注目銘柄
    ----------------------------------------------------------------------
     ≪先週の相場振り返りと今週の見通し≫
     先週金曜日の日経平均株価の終値は22,493円と、先週比+694円
    (前稿+389円⇒ ▲469円→ ▲200円→ +91円→ +788円→ +496円→
     ▲7円→ +292円→ ▲266円→ ▲419円→ ▲517円)と2週連続の大幅
    プラスとなった。金曜夜の日経平均先物は、ブレグジット問題を目前にして米
    国NYダウが-256ドルと下がったにも関わらず、22,500円(※土曜
    時点)で引け、日本株の底堅さばかり目立ち週を終えた。
     日経平均株価指数は16日(水)に、年初来高値であった22,363円を越
    えてきた。この大きな節目を越えたからには、ここまで下がって下に行く動き
    がはっきり出てこないうちは、日経平均株価の崩れを心配する必要はなく、昨
    年来高値24,448円を目指してくる展開もじゅうぶん可能性としてはある
    だろう。
     しかし19(土)、英国・ジョンソン大統領のEUとのブレグジット合意案は
    採決に至らず、代わりに離脱案の先送り法案が可決するありさま。この結果を
    受けて、一応ジョンソン大統領は、法に則り、EU側へ離脱の延期申請をした
    ものの、署名もせずに申請した上に、「離脱延期は望まない」との書簡を送っ
    たようだ。加えて、22日(火)には、10月末のEU離脱に向けて、EUとの離
    脱合意の採決を予定すると言い、混乱はMAXになっている。
     さっそく今週のストラテジーへと移りたい。
     市場は先の見えない混乱を一番嫌う。よって週明けの日本市場がどこまで下
    げるか? ないしは崩れず堅調でいられるか? なのだが、まずは本年4月の
    高値であった22,363円が下値の目処として試されよう。
     そもそも今週は、米国決算がわんさか出て日本の決算も始まるということも
    あって、様子見ムードが漂う流れが必然。なにせ、日経平均株価は、1週間と
    少しの短期間で+941円もの大暴騰の後、2日もみ合っている状況なのだ。
    テクニカル的にもさすがに一服しやすい。為替に関しても、ドル円で109円を
    越えて円安が進むとは考えづらいだろう。109円台は200日線も通っている。ま
    た米国のFOMCを再来週に控えていることと、24日(木)にペンス副大統領
    が、「対中講演をする」と報道されている。内容はかなり過激なものになると
    の噂で、加えて「香港人権法案」の上院採決を控えている(※かなり近々な日
    程が想定されている)のだ。この法案は採決に向かえば上院で可決する流れは
    確実で、その後は、中国による強力な報復行為が待っているだろう。
     今週、日経平均株価が暴落するのか? 年初来高値である22,363円あ
    たりで止まるのか? 5日移動平均線である22,285円を下回ってしまうの
    か? 現時点では、筆者に回答はでていないが、仮に日経平均株価が22,0
    00円を割れてしまうようなことがおこれば、年末高に期待(※過去10月末→
    4月末の保有で12勝3敗)して半導体・5G関連株を買い漁るつもりだ。探す
    までもなく、2018年に人気化して現在までまるで株価が戻っていない、半導体
    関連の中小型株はたくさんある。
     

    記事を読む»

  • アクセスジャーナルNO.79(2019年10月21日)慶應アメフト部監督に反社関与重大疑惑

    2019-10-21 07:00  
    102pt
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            アクセスジャーナル <メルマガ版>
        政・官・財、マスコミ、闇社会と、あらゆる巨悪を追及!
                    2019年10月21日号:VOL.79
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    _/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
     1.現役販売員告発――「スマホ値引き」禁止等10・1改正は
       不正契約(全契約の7割!?)是正のため
     2.今週の相場展望(10月15日~10月18日)&MY注目銘柄
     3.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(746)
       「SESC課徴金命令取り消しが物語る相場操縦等摘発の難しさ」
     4.「東電」版、“元助役”的地元(福島)仕切り屋が死去していた
     5.慶應アメフト部、無期限活動自粛背後に監督の反社関与重大疑惑も
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★1.現役販売員告発――「スマホ値引き」禁止等10・1改正は
       不正契約(全契約の7割!?)是正のため
    ----------------------------------------------------------------------
     10月1日といえば、消費税が10%に上がったが、スマートフォン(スマホ)
    の新ルールを盛り込んだ改正電気通信事業法が施行されれたのも同日だった。
     これまで顧客を取るために、各社必死で、9月末までの最後の駆け込み販売
    では「iPhone8 1円」、「他社から乗換えで最大6万円お得」なんて
    サービスをやられたが、10月1日以降は、そんなことはできなくなった。
     通信の継続利用を条件とした端末値引きは禁止。継続利用を伴わない場合で
    もスマホ本体の値引きは最大2万円まで。従来、契約途中の解約違約金の相場
    は9500円だったが、こちらも1000円以下となった。
     この新ルールで、通信料金のさらなる自由競争を促すとされる。
     ところが、この10月1日新ルール施行の直前、あるベテランの業界関係者か
    ら告発があった。
     実は、スマホを大量に格安で購入し転売する俗に“Twitter乞食”ともいわ
    れる者(Twitterで取引するため)など買い手側と、それに協力して楽して営
    業実績を上げるスマホ販売側が相当数おり、それは2011年ごろから横行し、
    この間の全契約の実に約7割を占め、それを是正する狙いもあるというのだ。
     念のため断っておくが、現状、“Twitter乞食”のような個人が高額なスマ
    ホを安値で数台(直に)購入し、それを転売して儲ける行為は違法ではない。
    しかしながら、当然ながら、正規の価格で購入(契約)した者にはその分、高
    額負担となっており、正直者がバカを見るという実に不公平な状況になってい
    る。まして後述する不正に大量違法契約するケースは論外だ。
     とはいえ、これらひっくるめた不正契約がいくら何でも7割は多過ぎで、過
    半数ということもないだろうから最大3~4割では、と話を向けたのだが、
    「約7割は間違いない割合」と譲らない。
     

    記事を読む»

  • アクセスジャーナルNO.78(2019年10月14日)近く上場か――このご時勢に大手企業の株券出回る

    2019-10-14 07:00  
    102pt
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            アクセスジャーナル <メルマガ版>
        政・官・財、マスコミ、闇社会と、あらゆる巨悪を追及!
                    2019年10月14日号:VOL.78
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    _/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
     1.反原発町長「暗殺指令」の著者に聞く
       ――元助役の後ろ盾は「関電」の内藤元副社長。地元支社長らには
         自宅をプレゼントか
     2.口封じのため!? あの「武田病院グループ」(京都)から、
       理不尽な理由で追放された武田家長女一家
     3.今週の相場展望(10月7日~10月11日)&MY注目銘柄
     4.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(745)
       「近く上場!? このご時勢に大手企業の株券出回る」
     5.再建屋「オーロラ」が手掛ける「淡島ホテル」に第三者破産申立
       ――「被害者の会」設立で徹底追及も
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★1.反原発町長「暗殺指令」の著者に聞く
       ――元助役の後ろ盾は「関電」の内藤元副社長。地元支社長らには
         自宅をプレゼントか
    ----------------------------------------------------------------------
     「関西電力」(9503。東証1部)の幹部らが高浜原発(4機)のある福井県
    高浜町の元助役・森山栄治氏(故人)から多額の金品を受け取っていた問題で
    関電は10月2日、2回目の記者会見を開いた。
     だが、その席で、森山元助役がつい最近まで関電側に大きな力を持っていた
    のは、そもそも高浜原発の営業開始(最後の3・4号機が85年)まで、当時、
    原発の“裏仕事”まで関電側で担当していた実力者・内藤千百里元副社長(昨
    年1月、94歳で死去)の下、尽力した実績あってのことではないかと本紙では
    指摘していたが、その内藤氏の名前が出ることはなかった。
     今回の金銭など授受の背景には、その関電側との癒着、言い方を替えれば“
    恥部”を握っていたからだとすれば、スンナリ理解できるひじょうに重要な背
    景に関することと思うが、これは本紙のオリジナルではなく、今回、注目の森
    山氏が助役をしていた(77年から87年まで)同じ高浜町の今井理一町長(当時)
    に対する「暗殺指令」が下っていたことをレポートした『関西電力反原発町長
    暗殺指令』(11年12月発売。宝島社)の著書、齋藤真氏の受け売りに過ぎない。
     取材したのは関電の2回目の記者会見前日のことだった。
     以下、その主なやり取りを報じる。
     なお、10月3日に発売された『週刊文春』、『週刊新潮』の森山氏に関する
    記事のなかに、齋藤氏の発言の信ぴょう性を裏付ける箇所が何点かある。その
    部分は、インタビューのなかで注意書き(*)として入れた。
    ――今回の関電の問題が高浜町の元助役との報道を見て、真っ先に齋藤さんの
    本のことが浮かびました。それで保管していた著書を改めて見ると高浜町で
    「エムさん」と呼ばれる原発関係の影の仕切り人というのが出ていておや!? 
    と。これは森山さんのことで間違いないんですよね。
    齋藤「間違いありません」(以下、「」内はすべて同)
    ――ただ、そこには助役をやっていたとの記述はない。
    「私は、そうは聞いていませんでした。そうではなく、“同和の実力者”と聞
    いていました」(*『週刊新潮』で森山氏は若い時分から解放同盟の活動をし
    ていたとの関係者コメントを載せている。また、解放同盟福井県連は50年も前
    に1、2年だけとコメントも)
     

    記事を読む»

  • アクセスジャーナルNO.77(2019年10月7日)「関電問題」元助役の後ろ盾は内藤元副社長か

    2019-10-07 07:00  
    102pt
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            アクセスジャーナル <メルマガ版>
        政・官・財、マスコミ、闇社会と、あらゆる巨悪を追及!
                    2019年10月7日号:VOL.77
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    _/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
     1.「ソニー」の信用を悪用か
       ――「ジャスミー」の仮想通貨詐欺疑惑(3)
     2.今週の相場展望(9月30日~10月4日)&MY注目銘柄
     3.「関電」幹部金品受領問題――元助役の後ろ盾は内藤元副社長か
     4.あの傷害致死事件被告がやっていた「違法建築」の手口
     5.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(744)
       「ソフトバンク、レオパレス創業者のMDIと業務提携」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★1.「ソニー」の信用を悪用か
       ――「ジャスミー」の仮想通貨詐欺疑惑(3)
    ----------------------------------------------------------------------
     ソニーの元社長と幹部が設立した「ジャスミー」(東京都港区)。しかも、
    そのジャスミーが掲げる事業コンセプトが、ネットワークサービスの多くがGA
    FA(Google、Apple、Facebook、Amazon)などに代表される巨大な企業が独占
    するなか、そのデータ主権を我々生活者の手に取り戻した「ジャスミー IoTプ
    ラットフォーム」を展開すると、何とも魅力的だったこともあり、仮想通貨の
    名を借りたかなりの被害が出ていると思われることから、今年8月27日、8月
    31日と報じたこの疑惑、追加情報が入ったので報告する。
     本紙が注目しているのは、ジャスミーが7月16日、同社HPに、「近時、当
    社の名を語って仮想通貨を販売する者がいると問い合わせがあるが、当社は一
    切関係ありません」旨の注意喚起IRを出した件ではない。
     時価総額ではビットコインに継いで2位の仮想通貨「イーサリアム」(EH
    T)のかたちで、5億円ともいわれる借入れを行っている(仮想通貨消費貸借
    契約)と見られる件だ。
     この借入人、2回目記事ではB社に止めていたが、 

    記事を読む»