• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 4件
  • アクセスジャーナルNO.32(2018年11月26日)本紙スクープ、安倍首相重大疑惑に新事実

    2018-11-26 07:00  
    100pt
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            アクセスジャーナル <メルマガ版>
        政・官・財、マスコミ、闇社会と、あらゆる巨悪を追及!
                    2018年11月26日号:VOL.32
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    _/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
     1.本紙スクープ、安倍首相重大疑惑に新事実ーー選挙妨害だけでなく
       参謀寝返り工作、安倍首相秘書暗殺未遂事件も!?
     2.「積水ハウス」地面師詐欺事件の主犯2人が、
        あの投資詐欺疑惑テキシア関連ビルに会社所有
     3.今週の相場展望(11月19日~11月22日)&MY注目銘柄
     4.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(701)
       「百十四銀行」が女性行員を“差し出した”取引先企業の名前
     5.「アルデプロ」秋元・椎塚コンビの化けの皮がますます剥がれて来た
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★1.本紙スクープ、安倍首相重大疑惑に新事実ーー選挙妨害だけでなく
       参謀寝返り工作、安倍首相秘書暗殺未遂事件も!?
    ----------------------------------------------------------------------
     本紙スクープ、安倍首相重大疑惑の追加情報をお届けする。
     最後に報じたラジオ出演の報告から早くも1カ月近く経つので、本紙がなぜ
    この疑惑を、大手マスコミや野党が後追いすれば安倍内閣が倒れるほどの重大
    疑惑であるといっているか改めて簡単に解説しておこう。
     安倍晋三首相の地元、山口県下関市で99年4月に行われた市長選挙で選挙妨
    害があった。地元の安倍事務所は、この選挙で安倍首相が推す江島潔氏(現・
    参議院議員)を当選させるため、以前から佐伯伸之秘書(当時。故人)と懇意
    で、安倍首相、昭恵夫人とも面識ある、暴力団にも通じる小山佐市氏にライバ
    ルだった古賀敬章氏(元代議士)への選挙妨害を依頼した。
     しかし、選挙妨害を依頼した本当の理由は別にあったと思われる。
     古賀氏は安倍首相とほぼ同い年で、保守系で、東大卒、県議2期、代議士1
    期務めていた。そのため、当時、代議士成り立ての安倍首相自身、古賀氏は自
    分の代議士の地位を脅かすと見て(2人は93年7月の衆議院選挙で共に同選挙
    区から初当選。当時は中選挙区。96年10月選挙で安倍首相は2選。この時、古
    賀氏は善戦するも落選)、古賀氏の政治生命を絶つことが最大の狙いだったと
    思われる。
     この選挙妨害疑惑、確かに20年近くも前のものだ。
     しかし、選挙妨害を依頼された前出・小山氏、安倍事務所の当時の筆頭秘
    書・竹田力氏(故人。元山口県警警視)が署名・捺印した選挙妨害の見返りを
    記した文書までもらっていたのに実行されないことから、約束を促すため、塀
    のなかで知り会った特定危険指定暴力団「工藤会」(福岡県北九州市)の組長
    に安倍氏の事務所、自宅に火炎瓶を投げ込むことなどを依頼。
     結局、その放火未遂事件で小山氏は13年服役するも今年2月出所。本紙・山
    岡に連絡して来て、6月にその証拠の文書を本紙は入手。
     その結果、安倍首相自身が選挙妨害後の99年7月、小山氏と地元事務所で2
    人だけで密談し、そこで見返りの件を約束していたと思われることまで明らか
    になったのだ。
     森友や加計疑惑には安倍首相自身は直に関与していないと思われる。しかし、
    こちらの疑惑は安倍首相が直に関与、しかも事は民主主義の基本である選挙妨
    害に関することだ。しかも選挙妨害を依頼した相手は暴力団に繋がる、いまで
    いう反社会勢力に属する人物だ。
     だから本紙はこの件を安倍首相重大疑惑と呼び追及しているわけで、ネット
    上で一時この件は「♯ケチって火炎瓶」と騒がれたが、そんなケチな疑惑では
    ないのだ。
     さて、前置きが長くなったが、追加取材の結果、実は小山氏、当時から安倍
    首相が解決を叫んでいた拉致問題に絡めて「古賀は北朝鮮生まれ。当選したら
    下関、否、日本が金王朝になる!」旨の虚偽、ヘイト丸出しのビラなどを単に
    撒くだけでなく、当時の古賀候補陣営の参謀を自分の側に寝返らせていた疑惑
    が浮上して来た。
     さらには古賀氏が選挙で敗北後、この元参謀が見返りを得れないこともあり
    激怒、選挙妨害の仕切り役だった安倍事務所の前出・竹田筆頭秘書に対し恨み
    骨髄となり、何と小山氏に竹田氏の殺害を依頼していた疑惑も出て来た。
     

    記事を読む»

  • アクセスジャーナルNO.31(2018年11月19日)地面師詐欺事件もう1人の主犯は国内逃亡中

    2018-11-19 07:00  
    100pt
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            アクセスジャーナル <メルマガ版>
        政・官・財、マスコミ、闇社会と、あらゆる巨悪を追及!
                    2018年11月19日号:VOL.31
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    _/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
     1.「積水ハウス」地面師詐欺事件ーーもう1人の主犯は国内逃亡中
     2.仮想通貨「ウォービット(wowbit)」巡る
        反社会勢力とのトラブルの具体例が判明(2)
     3.「積水ハウス」主犯も関与ーー投資詐欺疑惑会社テキシアの
        アリバイとしての仮想通貨「WFC」
     4.今週の相場展望(11月12日~11月16日)&MY注目銘柄
     5.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(700)
       「日経」--「東証システム障害の証券各社の損賠規模“小さく”」
        に異議あり
     6.本紙既報の社員3人自殺!? 福岡県内疑惑企業
       ーーそこの税務を見ていた片山さつき大臣秘書
     ※編集上の理由で、今号掲載は6本となります。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★1.「積水ハウス」地面師詐欺事件ーーもう1人の主犯は国内逃亡中
    ----------------------------------------------------------------------
     本紙は10月30日、「『積水ハウス』地面師詐欺事件で捜査情報を漏らした!?
     警官の正体」というタイトル記事を報じている。
     主犯(首謀者)と見られるカミンスカス(旧姓小山)操と土井淑雄(63)の
    2人に触れるなかで、フィリピンに逃亡中の小山同様、土井も海外逃亡中と書
    いたが、これは誤り。訂正するとともにお詫び申し上げます。
     土井は警官の捜査情報漏えいのお陰で一斉逮捕こそ免れ行方をくらませてい
    るものの、しかし国内で止まっているとのことだ。
     また、カミンスカス(小山)のように土井の実名は上げられず「会社役員の
    男」とされているが、この違いは何なのか?
    「土井にも既に逮捕状が出ているとの情報もあります。ただ、土井は小山や他
    の既逮捕者と違って実行犯ではなく、裏で事件の絵を書いた疑いのある人物。
    ですから、まずは実行犯の供述を得て、その上で逮捕予定のマークしている人
    物ということで実名を出していない可能性もあります。ただし、捜査員が土井
    の出入り先を徹底して当たり事情を聞いているのは間違いありません」(警視
    庁筋)
     では、この一番の事件のキーマンとも見られる土井とは、いかなる人物なの
    か。
     

    記事を読む»

  • アクセスジャーナルNO.30(2018年11月12日)仮想通貨ウォービット巡る反社会勢力とのトラブルの具体例

    2018-11-12 07:00  
    100pt
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            アクセスジャーナル <メルマガ版>
        政・官・財、マスコミ、闇社会と、あらゆる巨悪を追及!
                    2018年11月12日号:VOL.30
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    _/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
     1.「日立化成」--こんなデタラメ広報体制にして、今回の検査データ
        書き換え不正ありき
     2.今週の相場展望(11月5日~11月9日)&MY注目銘柄
     3.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(699)
       「秋元司代議士と大物仕手筋」
     4.仮想通貨「ウォービット(wowbit)」巡る
       反社会勢力とのトラブルの具体例が判明
     ※編集上の理由で、今号掲載は4本となります。次号は6本にしますので
      ご了承下さい。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★1.「日立化成」--こんなデタラメ広報体制にして、今回の検査データ
        書き換え不正ありき
    ----------------------------------------------------------------------
     日立グループの化学大手「日立化成」(4217。東証1部)が11月2日、自動
    車部品やディスプレー材料など29製品で品質に関する検査データ書き換えなど
    の不正があったと発表したのは大手マスコミ既報の通り。
     国内の全7事業所で不正があり、出荷先はのべ約1900社にも上がるとい
    う。
     同社では今年6月にも、産業用鉛蓄電池の検査書捏造が公表されたばかり。
     本紙はこの報道を知り、やはり「不正が横行していたか」と妙に納得してし
    まった。
     というのも、本紙は13年6月、「疑惑医師を放置ーー取材拒否をした『日立
    化成』のトンデモ広報対応」というタイトル記事を報じている。
     そこで、本紙・山岡はもうかれこれ20年以上、上場企業を相手に取材活動を
    行っているが、こんなトンデモ対応をされたのは初めてのことだと指摘してい
    た。
     東証1部上場企業であるには拘わらず、本紙が取材申し込みすると、「うち
    はつきあいのあるマスコミ以外、対応しない」、さらにその理由を問うと「答
    える必要がありません」と言い放ったのだ。
     

    記事を読む»

  • アクセスジャーナルNO.29(2018年11月5日)地面師詐欺事件で捜査情報を漏らした警官の正体

    2018-11-05 07:00  
    100pt
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            アクセスジャーナル <メルマガ版>
        政・官・財、マスコミ、闇社会と、あらゆる巨悪を追及!
                    2018年11月5日号:VOL.29
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    _/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
     1.今週の相場展望(10月29日~11月2日)&MY注目銘柄
     2.<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(698)
       「トンピン銘柄」に黒幕!?
     3.「積水ハウス」地面師詐欺事件で捜査情報を漏らした!? 警官の正体
     4.あの「豊田建設」元顧問の自殺にも関係か
        ーー社員が3人続けて自殺!? の福岡県内企業
     5.新宿・歌舞伎町近く
       ーー訳あり物件に手を出した「パナソニックホームズ」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★1.今週の相場展望(10月29日~11月2日)&MY注目銘柄
    ----------------------------------------------------------------------
     ≪先週の相場振り返りと今週の見通し≫
     先週末の日経平均株価の終値は21,185円となり、先週比-1,347円
    もの大暴落。そしてその夜のNYダウは、すさまじい動きをみせた。大幅に出
    来高を伴いながら右往左往を繰り返し、一時は+180ドル高があったものの、
    その後-519ドル安まで下げて恐慌入りかよと思われたのち(※その瞬間、
    日経平均先物は20,790円)、最終的な終値は24,688ドルの-296
    ドル安で引けた。その後NYダウのCFDは、27,730ドルまで小幅上昇
    し、日経平均先物は21,230円まで戻っている。
     この様子を深夜までにらめっこをしていた筆者であるが、感想をいうならば、
    株安がこれで終わったのか判断がつかない―――である。この日のNYダウは
    十字架のようなチャートで気迷いをみせたのだが、AM5:30から引けの6:00
    にかけて出来高は急速に減ってヨコヨコ状態となった強含んだことは、今週の
    株価に効く、と判断したい。また、出来高が505,313,987株もでき、10月12日
    に-832ドル時につけた522,876,538株と同水準まで膨らんだことでセリン
    グマックスであった可能性は非常に高い。ただナスダック市場は、グーグルと
    アマゾンの暴落もあり、引けにかけて売買代金を伴って少し株価を戻したもの
    の、売買代金の水準が上がってこなかったため、こちらは株安が止まったか判
    断ができない。
     他方、日本市場を振り返ると、先週は火・水・木と地合い悪化が極まってい
    たが、どうにも売買代金が膨らんでセリングマックスという、わかりやすい状
    況にはならなかった。2月の暴落の際は、5兆6000億円に達していたことを考
    えると物足りない。かろうじて、金曜日に寄り天で3億1857億円まで売買代金
    が膨らんだことをどうみるか!? といった程度か。
     そんな日本市場は、涙あふれるヒドイ惨状を呈している。マザーズ銘柄の信
    用評価率(松井証券)は▲27.91%と、チャイナショックがあった2015年
    時を下回ったようだ。ここだけに投資していた個人投資家は、市場からの退場
    を免れないだろう。もちろん、日経平均株価に関しても、悲惨な状況は変わら
    ない。25日移動平均線(23,124円)との乖離率をみると(現在株価21185円-
    移動平均線23124円)÷23124= ▲8.38%。通常、▲8%で底打ち間近、▲
    10%で反発に向かうといわれるが、本年2月につけた暴落開始時は▲8.51%
    (※チャイナショック時は▲12.24%)までいっていることから、まだもう少
    し下げる余地があるといえる。ちなみに金曜の夜に日経平均先物がつけた2079
    0円で計算すれば▲10%となり、底打ち水準であった。
     また、これから「リバンドが始まる!」と騒ぎ立てるには、少々様子がおか
    しい事象がでてきている。先週からスタートした2019年度中間決算。ポツポツ
    だが出揃いはじめ中身を確認すると、事前予想では中間決算で43%の企業が上
    方修正し、下方修正は15%程度の予測であったにもかかわらず、意外にも(こ
    うまで暴落してれば意外ではないか)下方修正が多少でており、加えて上方修
    正が予想よりも少ない。このため日経平均EPSは先週比で下がってしまって
    いる。しかし、それでも今期の「日経平均EPS予想」は、10月26日時点で1
    713円もあり、本年1月5日時点の日経平均EPSが1517円だったこと
    を考えれば、+29%もの水準で、よもやEPSが再び1500円台に落ち込む可
    能性はゼロであるため、現在の株価水準はおかしいと言わざるをえない。野村
    証券の予想数字をみると、中間決算前の日経平均EPS予想は、2019年度1770
    円、2020年度1900円と上昇する見立てであったので、最悪の事態が起こっても
    EPSが1700円を割ることはないだろう。
     さて、今週のストラテジーへと移りたい。
     世界の株価が全面安状態の中、ハイイールド債、CRB指数、新興国通貨に、
    直近そこまでの落ち込みは見られない。極端に動揺しているのは「株式」だけ
    (※それまでに前述3指数は早々と下落していた)ということらしいが、これ
    は現在の暴落局面が、ただちに世界の景気後退入りのサインではない可能性を
    示唆している。また、米国企業の決算が佳境に差し掛かれば、次に待っている
    のは数兆円規模の自社株買い。よって筆者は、先週金曜日のNYダウがセリン
    グマックスであったものと捉え、今週こそ株価底打ちの可能性が高いはずだと
    みている。
     ただ、週明けは日米ともに追証売りや、特に怖いのは米国年金基金などの売
    りが遅れて出てくる可能性があり、火曜日の寄りまでは様子見、ないしはデイ
    トレが鉄則だとも考えている。また、11月1日(木)のアップル決算は注目度
    が極めて高く、波乱が起こる可能性は高いが、おそらくはこのあたりで大きな
    反発局面もくるものと考えている。11月6日(水)の米国・中間選挙はトラン
    プ・共和党が追い上げをみせており、現時点では大きな波乱にはならない、と
    いう見立てがコンセンサスとなっているため、今週は株価の戻りを試す可能性
    が高い週となるだろう。日本株が3兆2000円を越えるような売買代金を伴って
    上昇を開始した時は、無条件に買い!のサインと捉えて戦いたい。
     そんななか、相場の戻り局面では「日経平均株価指数」から上昇していくの
    が常であることは忘れないようにしたい。こうなった局面では、日経平均先物
    を買うのが効率よく手っ取り早いが、口座開設ができていない方は「NF日経
    レバレッジ(1570)」がよいだろう。
     

    記事を読む»