• このエントリーをはてなブックマークに追加
皮肉の効いたログラインのつくり方。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

皮肉の効いたログラインのつくり方。

2016-11-09 21:50
     では、「ログライン」の話の続きです。一応振り返ってみると、「良いログライン」とは、

    1.独創的で(つまりまだ誰も書いておらず)、
    2.皮肉が利いていて、
    3.作品全体のイメージが広がり、
    4.簡潔にタイトルに象徴されるもの。

     という四条件を満たすものでした。いきなりこれらの条件を満たすアイディアを出すことはむずかしいので、自分がどんな作品を書きたいのか振り返ってみることにしましょう。

     ここで才能ある人なら明確なヴィジョンを提示することができるのかもしれませんが、ぼくの場合はあいまいです。

     それでも、まあ20年間も考えてきたので、「ダークで、残酷で、それでいてロマンティックな話」という程度のことはいえます。

     あまり明るく楽しく最後には正義が勝つような話は、まあ読むのはいいとしても、ぼくが書きたいと思う物語ではないようです。

     ぼくが書きたいと思うのは、ジェイムズ・エルロイの諸作
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。