• このエントリーをはてなブックマークに追加
ハイエナがうろつくインターネット荒野で自分の心を守る方法とは?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ハイエナがうろつくインターネット荒野で自分の心を守る方法とは?

2017-12-19 07:00
  • 2
 前回の続きです。

 さて、前回の記事で「人に蔑まれることがいやだ」という気持ち、そして「自己肯定感を持ちたい」という望みがあきらかになった、ように思います。

 ここからさらにさらに話を展開していきましょう。

 ぼくはどうも「自己肯定感」が低い人間のようです。

 そのせいか、だれかに攻撃されたり、侮辱されたりすると、烈しい怒りを感じるのと同時に「自分に悪いところがあったせいではないか」と、自分の恥部が暴露されたような「恥」の感覚を覚えるのです。

 この「怒り」と「恥」の感覚は強烈で、それはもうめちゃくちゃ落ち込みます。

 冷静に考えれば、必ずしも自分が一方的に悪いわけではないこともわかるのですが……。

 そう、ぼくは「ぜんぜん自己肯定できていない人」。

 たぶん、そのせいでひきこもりやっているという側面も大きいと思います。

 とはいえ、そもそもわが日本は世界的に見て特に国民の自己肯定感が低
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

海燕さんは嫌いな人の自慢を聞いても気にならないタイプですか?
というかそもそも海燕さんがムカついて殴り付けたくなるような人っていますかね。

No.1 53ヶ月前
userPhoto 海燕(著者)

 嫌いな人の自慢話を聞いたことはないのでわかりませんね。ただ、いっぺん、飲み会である人の近くに呼ばれて話を聞いていたら、後から友人に「いやー、厭な奴でしたね」といわれたことはあります。ぼくは特にそうとは思わなかったので、「そうか、こういうのを厭な奴というのか」と驚きました。あと、殴りたい奴は普通にいます。

No.2 53ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。