• このエントリーをはてなブックマークに追加
キマイラ鬼骨変 序
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

キマイラ鬼骨変 序

2013-06-12 00:00
  • 17






 桜の花びらが、舞いおりてくる。
 満開の桜であった。
 その満開の桜が、朝の光の中で散ってゆくのである。
 風はない。
 風もないのに、桜の花びらが、自らの重さに耐えかねたように枝からはなれ、光の中を散ってゆくのである。
 その桜の下に、ひとりの少年が立っている。
 いや、見た眼は少年なのだが、その面立ちの中には、もはや少年とは言えぬような大人びたものが漂っている。
 肌の色が白い。
 その薄い皮膚のすぐ内側の血の色が、透けて見えそうな肌の白さだった。
 濃紺の細いズボンの上に、麻の白いシャツを着ている。
 髪はゆるくウェーブしていて、眉が細い。
 眸(ひとみ)は黒だが、やや灰色がかっている。その灰色の中に、わずかに碧い色が溶けているようでもあった。
 それは、碧というよりは、その少年の内部にある哀しみの色が、そうやって見えてきてしまっているのかもしれない。
 西城学園へ向かって登ってゆく、古い石段の上――そこに、この桜の古木が生えているのである。
 小田原城が見え、その向こうに小田原の街が見えている。
 もう少し向こうには、相模湾が陽光に光っている。
 街は、まだ動き出したばかりだ。
 四月――
 ちょうど、この日から新学期が始まることになっている。
 しかし、まだ朝が早いため、誰も登校してきてはいない。
 その朝の光の中で、少年は桜の樹の下に立っているのである。
 久鬼麗一(くき れいいち)であった。
 学園は、すでに卒業式を終えている。
 しかし、久鬼は、三月に行なわれたその卒業式に出ていない。
 不思議なことがあった。
 桜の枝からはなれた花びらが、しきりと久鬼の上に注いでいるというのに、その花びらが、一枚も久鬼の上に積もっていないのだ。その黒い髪の上にも、白いシャツの上にも、花びらが一枚もない。
 よく見ていると、久鬼の上に落ちてきた花びらは、まるで、眼に見えない透明な力が久鬼を包んでいるかのように、触れそうになると、その身体を避けて舞い落ちてゆくのである。
 久鬼の、その紅い唇が、かすかに微笑している。
 ほんとうに笑っているのかどうか。
 何かをなつかしむような、愛しむような、そんな微笑だ。
 もう、帰れない。もう、もどれない。それがわかっている。
 帰れない、もどれない、それがわかっているからこそ、黙って、だから、なつかしむようにそれを眺めている。
 電車が動く。
 クラクションが鳴る。
 街のざわめき。
 どこからか届いてくる人の声……
 もう、そこへ、もどれない。
 わずか三年だ。
 わずか三年、久鬼はここにいた。
 あの大鳳吼(おおとり こう)が入学してきてからは、やっと一年が過ぎたばかりだ。
 しかし、そのわずかな時間のあいだに、なんと多くのものが詰めこまれていることか。
 九十九三蔵(つくも さんぞう)――
 真壁雲斎(まかべ うんさい)――
 阿久津(あくつ)――
 灰島(はいじま)――
 そして、菊地良二(きくち りょうじ)。
 そこへ、もう、帰ることはできない。
 もう、十年、二十年の歳月が、過ぎ去ってしまったような気がする。
 昨年の秋、自分は獣と化し、山の中を彷徨した。
 それも、本当に昨年のことであったのだろうか。
 石段の下方から、人が登ってくるのが見えた。
 学生服を着ていた。
 今年の、新入生が、独りだけ、早めに登校してきたらしい。
 その時、背後に人の気配があった。
 久鬼は、後ろを振り返った。
 そこに、亜室由魅(あむろ ゆみ)が立っていた。
「行きましょう」
 亜室由魅が言った。
 久鬼は無言でうなずき、もう一度だけ、振り返って街を眺めた。
「行きましょう」
 そう言った久鬼の唇からは、もう、あの笑みは消えていた。




 その少年は、ゆっくりと石段を登ってきた。
 一番上にたどりつき、ようやく、そこに生えている桜の樹の下に立った。
 十六歳――
 その顔には、まだおさなささえ残っている。
 あれ?
 と、思った。
 さっき、下から見あげた時、誰かがこの桜の下に立っているのが見えたような気がしたのだが。
 桜の下には、誰もいなかった。
 そこには、透明な虚空(こくう)が張りつめているばかりであり、そこに舞い落ちてくる花びらが、光の中できらきらと光っているのみであった。
 その虚空の中に、さっきまで立っていた人間のぬくもりのようなものが、何かの残り香のように、わずかにそこに漂っていた。


189ce259a2d681762da4030f1f01a4152d173a53




初出 「一冊の本 2013年6月号」朝日新聞出版発行

■電子書籍を配信中
ニコニコ静画(書籍)/「キマイラ」
Amazon
Kobo
iTunes Store

■キマイラ1~9巻(ソノラマノベルス版)も好評発売中
 http://www.amazon.co.jp/dp/4022738308/
他7件のコメントを表示
×
背景に生原稿が…。
こういうひとつの場面や情景をセリフではなく言葉を積み重ねて表現してくれるような小説がやっぱり好きだなぁ。
ここまで表現が巧みな小説であれば、絵はいらないという人も多いかもしれないですが(かくいう私も必要ない派ですが)、挿絵がきっかけで読む人もいるかもしれないので、あること自体は良いのではないでしょうか。
個人的には、どんなきっかけであれ良い作品はいろんな世代の目に触れてほしいと思っています。
76ヶ月前
×
懐かしす
76ヶ月前
×
獏さん、キマイラ読み始めてもう40才になっちまったよ。
76ヶ月前
×
キマイラシリーズ小学生のころに読んでたなぁ。
76ヶ月前
×
読み始めは小学生時代でした・・・
もう何も言いませんので、必ず完結させて下さい。
76ヶ月前
×
キマイラなつかいいい!
どこらへんまで読んだのかわからないくらい懐かしいw
76ヶ月前
×
あぁ・・・やっと続編・・・・・オレが死ぬか 夢枕先生が逝くか・・・・

はやく~~
さぁ既刊をよみなおし
76ヶ月前
×
無理やり完結させなくてもいいです。
書きたいように書いてください。
書きたいように書いて、完結してもらえれば一番いいんですけどねw
76ヶ月前
×
天野喜孝さんのイラストのイメージが・・・ まぁしょうがないのか。とにかく書いてくださればおk
75ヶ月前
×
中学から読み始めてもう40過ぎちまったよ・・・でも劇中じゃたった一年の話か・・・
あとがきの、四十の男でも悩むということに安心なさい。て言葉に勇気付けられて若いころを過ごしてきたけど、
もうあの頃の獏さんと似たような歳になったわ・・・作品楽しみにしてるよ。
最後まで付き合うからさ。
72ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。