• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【前代未聞“超”異種格闘技戦】シバター戦はやってよかったのか? HIROYA1万字インタビュー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【前代未聞“超”異種格闘技戦】シバター戦はやってよかったのか? HIROYA1万字インタビュー

2021-01-23 12:03
  • 3
d5dca1eabd344839383c16f2065744bc95af3420
YouTuberシバター戦の「X」として大晦日に参戦したHIROYAインタビュー。前代未聞の結果と反響をどう受け止めているのか?(聞き手/松下ミワ)


【1記事から購入できるバックナンバー】





――
RIZINのYouTubeで公開されている大晦日のシバター戦、再生回数がとんでもないことになってますね!

HIROYA ああ、なんか500万回いったみたいですねえ。凄いのか、どうなのか……。

――
いや、凄いですよ! HIROYA選手とシバターさんの対談動画も、軒並み100万回を超えていますし。

HIROYA
 まあ、全部シバターさんのおかげです(笑)。ただ、YouTubeの収益は凄く増えているんですけど、ボク自身は街に出て声をかけられる多さが変わったかというと、そうでもないんですよね。

――
というか、すでに有名選手ですもんね。

HIROYA いやいや(苦笑)。だから、何か変わったかというと、とくにそうでもないというか。

――
シバターさんと対談したということは、試合後に連絡を取り合ったということですよね?

HIROYA
 ああ、そうです。シバターさんのチャンネルで「HIROYA聞け」って動画があったじゃないですか。じつは、その前にRIZINのほうから連絡があって、「シバターさんが、HIROYA選手とYouTubeでコラボしたいと言ってるよ」と。

――コンタクトはシバターさんからだった。

HIROYA
 それで、ボクのLINEを伝えていただいて連絡を取り合ったんですけど。「じゃあ、対談しましょう」と決まってすぐに、「HIROYA聞け」の動画が上がっていたので、「こんな動画上げたんだ……」と。なので、ボクも「シバター聞け」というアンサー動画を上げた感じです。

――じゃあ、お互いに呼びかけ動画が上がることは知らなかった(笑)。

HIROYA
 そうなんです。その後、うちのジムに来てもらって撮影をして。翌日にもシバターさんの提案で大阪までパチンコ対決をしに行ったんですよ。

――
そういえば、シバターさんはリング上でも「次はパチンコ対決だ」と言われていたような。

HIROYA
 シバターさんはパチンコのYouTubeチャンネルもあるらしく。それがリベンジマッチだったという感じです(笑)。

――
実際のシバターさんはどんな方でした?

HIROYA
 それまで、そんなに動画も観たことなかったんですけど、なんとなく「どうせ、この人めちゃめちゃいい人なんだろうな」とは思っていて。で、実際に会ったら、やっぱり凄くいい人でした(笑)。

――
それはよかったです(笑)。

HIROYA
 試合の前にちょっと会って挨拶はしたんですけど、試合が終わってからは話もしてなくて。ちゃんと話したのはYouTubeでの対談のときだったんですけど、本当にいい人でした。LINEも凄く丁寧で、普通にビジネスのやりとりみたいな文面でしたね(笑)。

――
ハハハハハ! しかし、HIROYA選手のチャンネルって大雅選手と合同ですよね? 試合後に「こういう試合はしてほしくなかった」「あいつはムカつきますね」と言っていた大雅選手の気持ちもけっこう複雑というか。

HIROYA
 うーん、どうなんですかね? 大雅は大雅で自分だけのチャンネルを別に持っているんですけど。まあ、もともとボクらがYouTubeを始めたのはちょうど1年前ぐらいなんですよ。最近の格闘技の中では大雅のほうが知名度があるし、大雅のファンが多かったと思うんですけど、今回ボクがこういうかたちで注目されることになって、チャンネル登録者数も倍になったり。

――
倍になったんですか!

HIROYA
 だから、多少複雑な気持ちはあるとは思うんですけど、ボクは逆にそういうのは利用しろよと思うんですよね。

――
おお! さすがお兄さん。

HIROYA
 ボクはもう自分の中では裏方なので、あんまり表に出てガンガン有名になってやるというのは思ってなくて。だから、大雅は試合で結果を出すのはもちろんですけど、今回の件で知名度が上がったボクを利用して、いままで大雅のことを知らなかった人に知ってもらう、試合にも興味を持ってもらうというのが一番いいと思うので。

――
HIROYA選手って、考え方が柔軟ですよね。

HIROYA
 まあ、完全に引退したわけじゃないですけど、第一線で戦っている選手ではないから、こういう考え方ができるのかもしれないです。

――
そもそも、オファーがあったのは大会の2週間前だったそうですね?

HIROYA
 はい。そのときはRIZINから連絡をいただいて、単刀直入に「シバターとやらないか」と。

――
直球勝負だったんですか。

HIROYA
 そのときにYouTuberでボクシングをやっているローガン・ポールの話もされて。でも選手目線でいうと、あの華やかな舞台に、しかもボクもシバターさんもトップクラスの実力があるわけじゃないのに「出たい」という選手の中に割って入るのはどうなのかなあ、と。

――
しかも、今回は31日のみの興行だったから本当に試合数も限られていました。

HIROYA
 ボクは、『TRY HARD GYM』というジムの管理をしている立ち位置でもあるので、そういうヤツがそんなおちゃらけたことをやって、選手たちはどう思うのかな……? と。

――となると、当然返事は即答とはいかず。

HIROYA
 時間はなかったんですけど、1~2日は考えましたね。そのあいだにも大雅やジムのプロ選手とかに意見を求めたりはしていたんですけど。

――
大雅選手はどういう反応だったんですか?

HIROYA
 大雅にはLINEで伝えたんですけど「いや、舐めてるね(笑)」と。

――
けっこう手厳しいですねえ。

HIROYA
 まあ、とくに大雅はエンターテーナーというより職人タイプというか、とにかく実力で勝つことを大事にしている選手なので、よけいにそういう反応だったのかな、と。当然、大雅も年末出られるんなら出たかっただろうし。

――
たしかにそうですよね。

HIROYA
 だからこそ、ボクも言いにくかった部分はあったんですけどね。

――
それでも決断したのはなぜだったんですか?

HIROYA
 まあ、いいように言えば、ボクのこのフニャフニャの性格を言いくるめられたということなんでしょうね(笑)。

――ハハハハハハハ! フニャフニャなんですか(笑)。

HIROYA
 もう、フニャフニャです(苦笑)。ボクなら受けてくれるだろうと思って、ボクにオファーしたところはあったと思うので。大雅にそういう話をしたときも「どうせやるんでしょ?(笑)」みたいな反応だったんですよ。だから、大雅はボクのことを凄くわかっているな、と。

――
さすが兄弟!

HIROYA
 ほかの選手に聞いても、「HROYAさんもジムの知名度も上がると思うし、いい影響があると思うからいいんじゃないですか?」と。

――
そもそも、このカードに関しては直感で「面白そう」と思いました?

HIROYA
 絶対に面白くなるだろうとは思っていました。あとは、この試合を受けることに関してもいい評価につながるだろうな、と。そう思ったいやらしい部分もありましたかね。ボクが頼まれたということは、ボクにできるからというか、ボクにしかできないと思ったし、RIZINには大雅も出させてもらってお世話になっているので、少しでも力になれればという感じですかね。

――
立場的に、選手とイベント側に挟まれた“中間管理職”でもあるし。

HIROYA
 まあ、そうですね(苦笑)。

――
ただ、出場を決めたはいいものの、「X」として当日発表だったじゃないですか。そこがまた変則的でしたよね。

HIROYA
 そうなんですよ(苦笑)。どうせ出るならボクもYouTubeで宣伝して、注目されて出るというのが面白いんじゃないかと思ってましたけど、RIZINとしては当日まで「X」で貫いて、試合が終わってから後日談としてYouTubeで榊原社長との対談とかを流すのがいいんじゃない? と。まあ、ボクも全然それに反対でもなかったし。ただシークレットだっただけに、正直、ボク全然練習もできてなくて……。

――
ええっと、「練習できなかった」というのは?

HIROYA
 だって、会員さんの前でガンガン練習できないじゃないですか。

――
ああ、なるほど!(笑)。

HIROYA
 もう、普段はほとんど練習はしていないボクが、なぜか急に練習しているのもおかしいし……。

――
ハハハハハ! それは絶対に疑われます! 「X」じゃないかと(笑)。

HIROYA
 だから、ジムに人があんまりいないときにオープンフィンガーグローブをつけてサンドバックを打ったり、あとは年末でジムが閉まってから、プロ選手だけのときに練習したりして。

――
凄く忠実に秘密を守っていたんですね(笑)。

HIROYA
 でも、ちゃんとバレてなかったのって凄いですよね?

――
たしかに、いまの時代にどこからも情報が漏れないって凄いですよ!

HIROYA
 しかも「X」は、同じ時期に来日してたピーター・アーツなんじゃないかとか、いろんな人の名前が挙がっていたじゃないですか。だから、それも凄く不安で……。みんな「Xは誰だ?」と期待しているのに、ボクが出て「なんだ、HIROYAか……」みたいな反応になったらどうしようって、本当に不安でしたね。

――プレッシャーがキツいですよねえ。でも、煽りVで「X」が明かされたときは会場も沸いてましたよね。

HIROYA そのときにみんながザワザワしていたので「よかったあああ!」と思いました(笑)。

――
あのK-1のテーマ曲が流れたときはしびれました(笑)。でも、オファーを受けたとはいえ、ルールもイレギュラーで。とくにMIXルールというか、2ラウンド目MMAというのはHIROYA選手にとって不利ですよね。

HIROYA
 MMAに関しては、一度、K-1からRIZINに来た頃に「MMAに挑戦してもらうかもしれないから」ということで北岡(悟)さんのパンクラスイズム横浜に練習に行ってたことがあったんですよ。でも、行ったのは2回ぐらいで、それ以外は練習したことないし、やったうちに入らないですよね。

――
……あ! でも、シバターさんのセコンドについていたのは、同じくパンクラスイズム横浜の川村亮さんでしたよね?

HIROYA
 そうなんです。シバターさんが練習しているのも北岡さんのところだったんで、北岡さんたちも「HIROYAくんは、地の力が強いから気をつけて」みたいなアドバイスをしていたみたいで。もう、すべて知られているわけです(苦笑)。

――
知らないあいだに丸裸だった。

HIROYA そういうことだったのか……と。しかも、シバターさんがあそこまで対策をしてボクに挑んでくるとは思っていなかったので、やられたな……と思いましたね。

――シバターさんも「キックルールの1ラウンド目は、HIROYA選手がローを蹴ってきたら、抱きついて時間を稼ぐ」みたいな話をされていましたもんねえ。

HIROYA だから、ラウンドをまたいだときは「どうしよう。2ラウンド目になっちゃった……」と。それしか考えてなかったですけど、とりあえず寝技には持ち込まれないようにしないとな、と。

――
普段、MMAの試合はけっこう観るほうなんですか?

HIROYA
 全然ですねえ。まあ、観ることもありますけど、そんなに詳しくはわからないし。

――
グローブはどうでした?

HIROYA
 グローブはとくに違和感はなかったんですけど、オープンフィンガーだから薄いじゃないですか。だから「ガードしても意味ないだろう」というのが自分の中にあったり。逆に「こうしなきゃ、ああしなきゃ」というのを考え込んでしまったので、それがよくなかったですよねえ。もう、ボクはどんなグローブでも普通にもらったら倒れちゃうんで……。

――
ああ……。「打たれ弱くなっている」という発言もありましたが、やっぱり大変なんですねえ。

7a49e2f5f95adb6acee81d83908baace98f5d9d3

HIROYA
 「打たれ弱くて、ダメージが残っている」とか、そういうのはよくわからないんですけど、もらったら効いちゃうし倒れちゃうんで「そうなんだろうな」と。

――
もう50戦以上も戦っているので、蓄積があるというか。

HIROYA
 日常生活は普通なんですけどね。忘れっぽいとか、記憶力がないとか、滑舌が悪いとかはあるんですけど、それってもともとだから(笑)。

――
なるほど(笑)。

HIROYA
 だからYouTubeの企画とかで、ちゃんと調べてみたいですけどね。ただ、脳のCTを撮ったところで、結局それだけじゃわからないみたいで。そういう検査ができるところがあれば調べてみたいんですけど。

――
HIROYA選手ってまだ29歳ですよね。やはり、キックの選手は消耗が早いということなんですかね。

HIROYA
 打撃を受けるからってことなんですかねえ? まあ、キックよりMMAの選手のほうが寿命は長いとはいいますよね。

――
キックは耐久競技ですもんね。

HIROYA
 まあ結局の話……ボクはめちゃくちゃナメてました!(キッパリ)。

――
ええええ!?

HIROYA
 本当に「ナメてた」の一言ですよ。シバターさんの実力もあんまり知らなかったし、さっき「練習が全然できなかった」と言いましたけど、そういう言いわけは何もなく、単純に勝てると思っていたので。

――
でも、それを素直に言えるのが凄いですよ! 

HIROYA
 いやいやいや。本当にダメでしたから……。<10000字インタビューはまだまだ続く>
この続きと、堀口恭司、萩原京平、AKIRA、沢村忠、アポロ菅原、HIROYAvsシバター…などの1月更新記事が600円(税込み)でまとめて読める「13万字・記事17本の詰め合わせセット」はコチラ



この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事100円から購入できます!
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

次回配信予定
  • 2021/03/02
    レスリングエリートをMMAファイターに育てる方法■宮田和幸インタビュー
×
とにかく人柄!
1ヶ月前
×
HIROYAとシバターはいい人対決だったんだね!
1ヶ月前
×
HIROYAすっかり大人になったんだなあ。ジムに入会したくなるインタビューだ。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。